FC2ブログ

静岡鉄道静岡清水線乗車記

天浜線の乗りつぶしを終えた日は、ちょっと時間が開くのですが、静岡鉄道静岡清水線も乗りつぶします。

静岡県の私鉄といえば、とても個性的な会社が多いのですが、この静岡鉄道も際立っていまして、簡潔にその特徴を上げれば、全線複線11kmの短い路線ながら、両端の新静岡と新清水は共にJR駅と接しておらず、2両編成の電車が地方鉄道としては超高頻度運転を行い、車両は東急7200系の静岡鉄道バージョンと言える、前面以外はそっくりの1000形に統一されている、といったところでしょうか。

強烈な個性を持ちながらも、変化の乏しい鉄道でもありまして、それが理由でいつまでも乗る機会が無かったのですが、この度ついに45年もの間この路線の主であった1000形の引退が始まり、半数程度が、これまた東急新7000系の前面以外そっくりなA3000形に置き換わり、急いで乗りに来なくてはと思っていたところであります。

I7051265dsc.jpg
雨の中、JR静岡駅から歩いて静岡鉄道の新静岡駅に16:30頃到着。駅ビル正面から入りたかったのですが、裏口から入ってしまいました。次の電車はA3000形、6分間隔ですので次を期待すれば、隣のホームにお目当ての1000形が入ってきました。

I7051270dsc.jpg
この1008Fに乗車することにします。

I7051271dsc.jpg
運転室の後ろに張り付いてみます。なんて大きい窓なんだ。前面の展望は最高。雨なのが残念です。

***

それでは出発。混んで来ましたので写真は控えます。複線線路の両側は一車線の道路、お洒落な駅ビルとは打って変わって生活観の感じられる風景の中を走ります。線路と道路を隔てる柵も低く、路面電車の専用軌道区間みたいです。すぐに減速して日吉町に到着、東京の私鉄では起点の次の駅は寂れていることが多いですが、ここはたくさん乗ってきます。3つめの春日町付近からは広い幹線道路(なんと国道1号線だ)の横をちょこまかと走ります。これも路面電車の専用軌道区間みたいな雰囲気です。対向列車とバンバンすれ違うのも、車両のラッピングがバラエティーに富んでいるので、次はどんなの来るかな?と、これまた楽しい。このへんも路面電車みたいです。

I7051273dsc.jpg
車両基地のある5つめの長沼で下車します。新清水へ向かう電車にシャッターを切ると、新旧4つの顔が並びました。

I7051275dsc.jpg
ストライプ帯がなく、原型に近い1005Fはお休みのようです。幕が「柚木ゆき」になっているのがポイント高い。

I7051280dsc.jpg
1005Fのいい写真が撮れるかと改札の外に出てみましたが、結果はこんなもんでした。

I7051281dsc.jpg
3番線に停車する赤い新型車は3002F、後ろには黄色いのも。沿線の利用者は、みんなそれぞれ好きな色があるのかな。

I7051282dsc.jpg
広告車で無塗装扱いの3006Fも来ました。シルバーがかっこいい。子供には、これが一番人気なんじゃないかなぁ。

I7051283dsc.jpg
次に乗るのは、午後の紅茶ラッピングの1012F。このカラーは、横から見たら引退した上田交通7200系なんちゃって丸窓電車を再現しているみたいです。

またもや運転室の後ろに張り付きます。古庄を出ると築堤を上がってゆきます。まずは国道1号線を跨ぎ、しばらくして東海道新幹線、東海道本線、コンテナターミナルを一気に斜めに跨ぎます。ジェットコースターみたいに築堤を駆け下り、2面4線の県総合運動場に到着。朝の急行運転時に追越がある駅です。そこから2つ目が草薙、一応、唯一の東海道本線との接続駅として扱われているみたいですが、それぞれの駅舎は100mぐらい離れています。

I7051284dsc.jpg
狐ヶ崎の手前からは東海道本線との並走区間。楽しみにしていた区間で、ちょっと写真でも撮ってみようか。貨物列車でも来ないかなぁ。しかし雨でいい写真はぜんぜん撮れないので、カメラはバックにしまいます。並走区間は思ったよりも長く、約2kmで3つの駅があります。最後の中間駅の入江岡を出ると東海道本線と別れ、しばらくすると終点新清水はまだ先だというのにシーサーズクロッシングが現れ、巴川を渡ります。

I7051288dsc.jpg
そして終点新清水が見えてきました。

I7051289dsc.jpg
新清水に到着です。新静岡から途中降りないで乗ると21分の所要時間になります。電車は3分ぐらいで折り返して出発、忙しいなぁ、静岡鉄道の電車は、ほとんど走りっぱなしのようです。

I7051292dsc.jpg
この駅の構造は面白くて、こちらは車止め側。後で知るのですが、左側に見える昔のホーム跡の左側に、市内電車とつながる連絡線があったようです。

I7051291dsc.jpg
そして新静岡側、18m級電車2両編成がギリギリ収まる短いホームですが、こっちにも構内踏切があって改札口があります。

I7051293dsc.jpg
どうも今日は清水の七夕祭りのよう。浴衣の女性も見かけます。

I7051298dsc.jpg
午後の紅茶ラッピングの次は、ちびまる子ちゃんラッピングが来るので待ってみます。こんどは海側のホームに入ります。降車ホームからドアが開く前に1枚。ここはちびまる子ちゃんの舞台となる街(あんまりよく知らないんですが・・・)、なんだか可愛いなぁ、ピンクだし。

I7051299dsc.jpg
表口になる方の改札を出て、駅舎を見てみます。この駅舎は昔見たことがあります。中学生の時、三保から清水港線に乗るために乗ったバスがこの駅の前を通ったのです。その時は2階建ぐらいで昔の映画館のような佇まいだった気がするのですが、記憶違いなのかなぁ。この記事を書くにあたりWikiを見れば、2008年に改修して平屋になったんだそう。

昔バスで通った、道路を地下道で横断し、駅舎を背に海側へ向かって見ます。途中、昭和な雰囲気の飲み屋さんのある街を横切りまして、そうだ、ここはちびまる子ちゃんだけでなく、1980年代に流行ったツッパリ映画の舞台でもあるんだ。とんでもない映画でして、静岡鉄道のシーンもあるのですが、今では絶対にロケの許可が出ないはず。

I7051303dsc.jpg I7051302dsc.jpg
そしてたどり着いた場所がここ。間違いなく清水港線の跡地です。

I7051306dsc.jpg
その先は有刺鉄線が張られています。テレビドラマの世界で、いかにも事件が起きそうな港湾地区の中を、DD13に牽かれてジャラジャラ走ったのを覚えています。

I7051312dsc.jpg
雨は止まないし暗くなってきましたが、せっかく来たのですから、もう少し新清水駅周辺に留まり、巴川を渡る鉄橋で少し写真を撮ってみます。

I7051313dsc.jpg
橋の向こう側から単線並列で交互運転ですので、今度は反対側に来ます。帰ってから思い出すのですが、ここはあの映画のあのシーンの場所だ。

I7051314dsc.jpg
やっと1000系が来ました。もう暗いし、今日は写真がダメだなぁ。

I7051317dsc.jpg
新清水駅の裏口改札のそばでもちょっと撮影してみます。この電車は1973年製のトップナンバー1001Fです。

I7051324dsc.gif
次は反対の線路、ここで午後の紅茶編成が来ましたので、次はちびまる子か。

I7051325dsc.jpg
これを撮って終了。急いで裏口改札から入り、この電車に乗車します。

I7051328dsc.jpg
静岡到着。帰りも運転室後ろに張り付いていたのですが、ワンマン運転だからか、暗くなっても運転室を客室を仕切る窓のカーテンを閉めないのがありがたい。そして今度はクモハ側でしたので、モーターの音も聞けて満足。

I7051332dsc.jpg
最後に新静岡駅待合室に飾られていた新型車の模型。格好いいなぁ。帰りは駅ビルの正面玄関から出てJR静岡駅に向かいます。なんだかとてもお洒落な街です。

(乗車は2019年7月)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: 静鉄

 コメントありがとうございます。なるほど、静岡鉄道は清水側だけでなく、静岡側も市内電車と繋がっていたんですね。LRTが見直されている現在、静岡鉄道市内線も、福井鉄道のようにJR駅前まで乗入復活なんて話になれば面白そうですね。

静鉄

 私は1976年に初めて静岡鉄道に乗りました。まだ清水市内線が走っており、新清水駅の構内では線路がつながっていました。車掌さんがキップを売っていました。今年の5月、久しぶりに静鉄に乗りました。清水の町は静岡市との合併以来かえって寂れているように思います。76年の初訪問時には賑やかだった新清水の駅前で混んだ食堂に入った覚えがあります。新静岡駅では国鉄駅~静鉄駅~城下町をむすぶ静岡市内線の廃線跡があったハズですが、見つけられませんでした。静岡市内線の車両は清水に転用されていました。温暖な静岡は他にも様々な軌道があり、ナローゲージの天下でした。

http://11.pro.tok2.com/~mu3rail/link23-shizuindex.html

Re: タイトルなし

鉄ちゃんです。ありがとうございました。

凄いルポ、また見せて下さい。
鉄ちゃんなのですか。

静岡鉄道、面白いですね。
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさん鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。2012年、ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになり、乗りつぶしをスタート。現在の未乗区間は約2,850kmで、今の生活パターンだとすべて乗りつぶすにはあと10年ぐらいかかりそうです。路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事をご覧になりたい方は下のカテゴリーの「年別目次」からどうぞ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR東日本 東武鉄道 JR西日本 井原鉄道 秩父鉄道 蒸気機関車 西武鉄道 養老鉄道 JR東海 地下鉄路線 名鉄 JR北海道 非冷房車 札幌市営地下鉄 静岡鉄道 天竜浜名湖鉄道 新幹線 愛知環状鉄道 新交通システム バスの旅 弘南鉄道 北陸鉄道 南海電鉄 ケーブルカー 駅そば JR九州 観光列車 船旅 鹿児島市電 路面電車 パノラマグリーン車 真岡鐵道 東海交通事業 上田電鉄 アルピコ交通 長崎電気軌道 島原鉄道 三井化学専用線 専用鉄道訪問 松浦鉄道 国鉄時代 貨物線・短絡線・渡り線 筑豊電気鉄道 西日本鉄道 平成筑豊鉄道 喫煙車 野岩鉄道 会津鉄道 JR四国 阿佐海岸鉄道 土佐くろしお鉄道 伊予鉄道 温泉 琴電 吊り掛け電車 猫登場 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 近鉄 伊勢鉄道 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 芝山鉄道 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 山陽電鉄 水島臨海鉄道 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR