fc2ブログ

鹿児島市電乗車記2(鹿児島中央駅前~谷山~鹿児島駅前)

九州旅行2日目の〆は、鹿児島市電未乗車区間の鹿児島中央駅前→谷山→高見馬場の乗り潰しです。

今朝購入した市電1日乗車券を手に、まずは鹿児島中央駅前を16:45ぐらいに出発する2系統の郡元行きに乗車します。2両連なった状態の後ろの電車でしたが、混んでいて座れません。信号待ちが多くて停車してばっかりでしたが、途中からはスイスイ走ります。隣の線路のグリーンベルトがきれいです。

神田(交通局前)という停留場には車両基地があり、古い電車が停まっているのが見えます。ここで乗務員の交替。また、時間調整のため1,2分停車したのですが、出発しますとすぐに前を走っていた電車に追い付いてしまいます。

H8047733dsc.jpg
純心学園前で運転席左側一番前の席に座れました。そこで撮影できた、終点の郡元に到着する寸前の光景です。写真の交差点の左から右に1系統(鹿児島中央を通らない系統)の線路があって、私の乗車する2系統の線路はここで二股に別れています。通常は左に曲がって、1系統との共用の郡元の停留場を使って折り返しますが、右に曲がって谷山まで直通する運用も、朝夜中心に車両基地への出入庫を兼ねるかたちで存在します。その谷山直通ルートの乗り潰しは今回はパス。

H8047735dsc.jpg
郡元に到着です。信号を渡り、1系統谷山方面、2系統鹿児島駅前方面ホームへ移動して撮影。右の白い電車が私の乗車した9503。左の赤い顔の電車は、私の乗った電車のすぐ前を、ずっと走っていたもので、1系統の本線上で折返ししてきたもの。

H8047737dsc.jpg
歩道橋の上から郡元のデルタ線を見下ろします。
写真下手前に郡元停留場があり、その先は1系統の鹿児島駅前方面。写真上奥に見えるのが郡元(南側)停留場で、その先は1系統の谷山方面。そして写真右側が2系統の鹿児島中央駅前を経由して鹿児島駅前方面へ向かう線路。それにしても来るのは2系統ばっかりだなぁ。今度は5連接の電車が来たぞ。

H8047740dsc.jpg
歩道橋から郡元停留場側を見下ろします。電車2本とも2系統の中央駅経由。私の乗車した白い電車は、ちょうど渡り線に乗ってるところ。

H8047741dsc.jpg
1系統の鹿児島駅前行きが割って入ってきます。忙しい停留場です。近鉄大和西大寺駅の路面電車版みたい。

H8047744dsc.jpg
またもや2系統の電車が到着、長崎にもいた高麗人参ラッピング車です。4本も続けて2系統が到着し、1系統の谷山行き電車を待つ人の列はどんどん伸び、安全地帯からあふれてしまいそう。それにしても2系統の電車は、ここ郡元で折り返すのではなく、デルタ線を挟んでもう1辺側の郡元(南側)で折り返すようにすれば、鹿児島中央駅前方面~谷山方面の乗り換えが同じホームで出来ていいのにと思うのですが、それでは上手くない理由というのがあるのでしょう。

やっと来ました1系統の谷山行き電車は、積み残しするほどの混雑で出発します。しばらくすると、いつの間にか専用軌道になっています。しかしそれほどスピードは出しません。

H8047747dsc.jpg
15分ほどの乗車で終点谷山停留場に到着します。天窓がある無機質な構内は、なんだかヨーロッパの終着駅みたいで雰囲気あるなぁ。なかなかいいぞ。

乗り潰しを初めてから各都市の路面電車にいろいろ乗車しました。どの都市のもそれぞれ特色があるのですが、鹿児島の特色を私の見解で上げるとすれば「両端の終着駅(停留場)がとても絵になる」となります。

H8047748dsc.jpg H8047749dsc.jpg
内部の雰囲気はいいのですが、外部(駅舎)は間抜けなデザイン。これは顔なのか。そして駅前には指宿枕崎線の高架。指宿枕崎線の谷山駅は500m離れているとのこと。

H8047755dsc.jpg
再び中に入りますと、古い電車が来てる!

H8047757dsc.jpg
車番は504、1956年製の電車です。しかし、どうして中途半端なところで停まってしまうのか。手前に来い!

H8047760dsc.jpg
手前に来ると想定し、駅構内の雰囲気が伝わるようなアングルでカメラを構えていたのですが、この位置から出発するようで、どんどん乗客が乗車します。私もカメラをしまって乗車します。

運転席左側の前の方の席に座って出発。一直線の線路を優しい吊り掛け音を奏でて走ります。路面電車ですので吊り掛けは珍しくありませんが、運転手さんがマスコンをガチャガチャ回す音が気持ちいいです。しかし停留場に停まる度に乗客は増え、2つ目か3つ目で前方も反対側窓も立つ人で見えなくなってしまいます。乗り潰しで往きも帰りも車窓が見れないなんて困ったなぁ。夕方のラッシュ時とはいえ土曜日なので混むことはないと思っていましたが甘かった。乗客には浴衣を着た男女、中高生のグループもいて、どうやら今夜は花火でも上がるみたいです。

郡元で2系統に乗り換える乗客が多数降りるかと期待していましたが、ほとんど降りず、その後も乗客は増え、空いて車窓が楽しめるようになったのは、高見馬場で再び2系統と合流した後の天文館通。結局ここなのか。今朝、2系統に乗ったときと同じです。

景色は見れませんでしたが、鹿児島市電はこれで完乗。予定ではここで降りてホテルへ向かうつもりでしたが、鹿児島駅前まで乗り通します。乗車している古い電車の写真が、谷山停留場で満足に撮れなかったので、鹿児島駅前で「きかんしゃトーマス」のように並ぶのを撮りに行きます。

H8047763dsc.jpg
一番前の座席に座って気になったのは、この豪快に開閉するドア。62年も走り続けている電車ですが、何回ぐらい開閉動作をしているんでしょうか。部品類は更新されているのでしょうが、メンテナンスも大変そう。

H8047766dsc.jpg
鹿児島駅前に到着。仲間がいません。

H8047767dsc.jpg
でもすぐにやって来る。来たのは新しいこいつか。

H8047772dsc.jpg
反対側(谷上側)に回ると、新しいのは車体が長い分、頭一つ飛び出てしまいます。

H8047781dse.jpg
5分経てば電車はこのように入れ替り。手前の黄色い新しいので天文館通に戻ります。この電車の運転手さんは、「鉄道むすめ」の世界から飛び出して来たかのような、可愛らしい女性でした。

この日の夜は、天文館通にある老舗温泉ホテルとやらに宿泊。こんな市街地に温泉なんてと、全然期待していなかったのですが、サウナも付いてるいい温泉でした。サウナ休憩所にある食堂の、生ビールとキビナゴの天ぷらでいい気分になって、夕食もここでとることにしました。予定していた山形屋デパートの見学は、また今度にします。

(乗車は2018年8月)

前の記事:指宿枕崎線乗車記2(指宿のたまて箱・指宿~鹿児島中央)
次の記事:フェリーにバスごと乗船、鹿児島中央駅-鹿屋間直行バス乗車(船)記
関連タグ:路面電車鹿児島市電
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさん鉄道ファンの日本の鉄道の乗車記録です。2012年、ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになり、乗りつぶしをスタート。その時の未乗区間は7,818.4kmでしたが、12年目にしてあと1,002.5kmになりました。すべて乗りつぶすには、今の生活パターンだと、まだ7,8年ぐらいはかかりそうですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事をご覧になりたい方は下のカテゴリーの「年別目次」からどうぞ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR西日本 阪急電鉄 神戸電鉄 神戸市営地下鉄 地下鉄路線 ケーブルカー 能勢電鉄 京阪電車 近鉄 大阪メトロ 新交通システム パノラマグリーン車 貨物線・短絡線・渡り線 JR九州 新幹線 長崎電気軌道 路面電車 東急電鉄 相模鉄道 弘南鉄道 JR東日本 観光列車 JR東海 明知鉄道 旧国鉄の第三セクター路線 名鉄 長良川鉄道 樽見鉄道 専用鉄道訪問 名古屋市営地下鉄 モノレール くろがね線 平成筑豊鉄道 西日本鉄道 バスの旅 代行バス 真岡鐵道 関東鉄道 南海電鉄 福井鉄道 えちぜん鉄道 富山地方鉄道 箱根登山鉄道 小田急電鉄 国鉄時代 温泉 広島電鉄 錦川鉄道 いすみ鉄道 小湊鐵道 函館市電 非冷房車 JR北海道 京浜急行 金沢シーサイドライン 長野電鉄 信楽高原鉄道 喫煙車 東武鉄道 井原鉄道 旧建設線の第三セクター路線 秩父鉄道 蒸気機関車 西武鉄道 養老鉄道 札幌市営地下鉄 静岡鉄道 天竜浜名湖鉄道 愛知環状鉄道 北陸鉄道 駅そば 船旅 鹿児島市電 東海交通事業 上田電鉄 アルピコ交通 島原鉄道 三井化学専用線 松浦鉄道 筑豊電気鉄道 野岩鉄道 会津鉄道 JR四国 阿佐海岸鉄道 土佐くろしお鉄道 伊予鉄道 吊り掛け電車 琴電 猫登場 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 京成電鉄 新京成 流鉄 夜行列車 伊勢鉄道 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 芝山鉄道 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 北条鉄道 山陽電鉄 水島臨海鉄道 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 京王電鉄 台湾の鉄道 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR