fc2ブログ

長崎電気軌道乗車記1(住吉~赤迫~蛍茶屋)

長崎電気軌道の路線は、後ろ指(と言うの?)がとても長い鶏の足跡みたいな形をしています。全長は10.5kmあるのですが、後ろ指側から前側3本の指の先(終着駅)を時計回りに回って乗り潰ししようと思います。

G8134562dsc.jpg
まずは途中駅である住吉停留場から1駅、後ろ指頂点の赤迫停留場まで乗車します。どんな電車が来るかと待っていれば、対向停留場にとても古そうな上り電車が来ました。

G8134564dsc.jpg
帰って調べてみれば1951年製の211形の216号というもの。この鉄道の古い電車の特徴であります、おへそみたいなヘッドライトの両端ドア車両に早速出会うことができました。(レアな存在かと思ってましたが実はいっぱい走っています)

G8134566dsc.jpg
赤迫行きとして来たのはカラフルな370形の376号。これも古いですが乗車ドアは中央にあるタイプ。

G8134569dsc.jpg
これに0.4km乗って終点赤迫に到着です。この1区間は路線名としては後から延長された部分なので赤迫支線として独立しています。乗ってきた電車は①号系統の正覚寺下行きとなるのでお見送り。

G8134572dsc.jpg
代わって入ってきた③号系統の蛍茶屋行き、今度はこれに乗車します。それにしてもずいぶん速そうな塗装です。車体を傾けて曲線を走り抜けそう、ソニック路面電車であります。

G8134575dsc.jpg G8134576dsc.jpg
車内に一歩足を踏み入れてなるほど。木質系の内装に組み木細工の飾り、これは水戸岡先生デザインの車両です。それにしても、せっかくこの時点で乗客は私一人なのに、この車両も乗降ドアが両端にあるため、かぶりつき席がありません。どうしよう、次のに乗ろうか、と迷っているうちに運転手さん準備完了、出発です。これが後で後悔することとなります。

G8134580dsc.jpg G8134581dsc.jpg
進行方向右側一番前の席からの眺めはこんな感じ。しかし次の駅住吉で半分以上の座席が埋まるほどの乗客があり、キリッとしたビジネスの装いのお姉さんが私の前に立ち、小さめのキャリーバックを私の座る座席とドアの間にある木のカウンター上にドンと置いてしまいます。これはちょうど良い荷物置き場だ。しかし前方の景色が見えなくなってしまいます。側面の窓も、小洒落たロールスクリーンがすべて下ろされ、西側でもあったので開けられる雰囲気ではありません。運転手さん右横のドア前に立とうか、ここには立っていいのか...と躊躇しているうちに、この場所も男子高校生の一団に先に奪われ、私の前に立つ乗客も増え、車窓が全く見えない状態になってしまいました。

そんなわけで、浦上にある車両基地は見えず。専用軌道区間ではビュンビュンすれ違う電車の本数の多さに路面電車の元気な町を感じることが出来ましたが、建物の中に電車が突っ込んで行く有名な箇所は車内が暗くなって、ここかな?と思ったぐらい。

G8134582dsc.jpg
やっと車内が空いて運転手さんの右横に立てたのは、そろそろ終着駅となってしまった公会堂前停留場。私の乗車した2017年8月は、度重なる脱線事故の影響で、③号系統の蛍茶屋→赤迫方面への電車が運行停止となってしまっており、この停留場の赤迫方面乗り場はカラーコーンで閉鎖された状態になっていました。

G8134583dsd.jpg
脱線事故が多発した公会堂前のデルタ線カーブを進みます。ここは私の乗車した後の2017年10月から11月にかけて、この箇所の運行を全面停止し、曲線半径を大きくすることで問題を解消し、③号系統の赤迫方面も運転再開に至ってます。

G8134584dsd.jpg
右手に見える桜町~賑橋を結ぶデルタ線の一辺は、通常使用しない線路でして、脱線箇所の線路改良工事の時に撤去されてしまった模様です。

G8134585dsd.jpg
写真は運休中の③系統赤迫行きに替わって運行されていた②系統赤迫行き。蛍茶屋から大波止経由で赤迫に向かいます。

G8134586dsc.jpg
諏訪神社前停留場からの景色です。前方に山が見えて坂を登って行く感じがいいではありませんか。私が一番長崎らしいなと思った光景がここになります。

G8134587dsc.jpg G8134588dsc.jpg
支線っぽい景色ですが、運転密度は高く頻繁にすれ違います。古いのも新しいものごっちゃ混ぜ。面白いなぁ。(左が⑤号系統3001、右が②号系統308)

G8134589dsc.jpg
終点の蛍茶屋停留場が見えてきました。次に乗りたいと思っていた16:05発④号系統の正覚寺下行きはタッチの差で間に合わず、すれ違ってしまいました。④号系統は(この時)20分間隔ですので、しばらくここで時間を潰すことになります。

G8134592dsd.jpg G8134593dsc.jpg
終点の蛍茶屋ですが、線路は複線のまま延びていまして、駐車場やファミリーレストランのある建物の中に吸い込まれています。建物の中を覗いてみますと、中に車両基地(留置線)がありました。

ここでは、近くのどこかでビルの解体工事が行われているようで、時おりドカドカ、ガラガラ爆音が響きます。しかし周囲には砂塵を上げてるような工事現場や重機の姿は一つも見えません。なんだろう?

(乗車は2017年8月)

前の記事:キハ66・67系で長崎本線・諫早~長崎の旧線乗車記
次の記事:長崎電気軌道乗車記2(蛍茶屋~正覚寺下)
関連タグ:路面電車長崎電気軌道
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさん鉄道ファンの日本の鉄道の乗車記録です。2012年、ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになり、乗りつぶしをスタート。その時の未乗区間は7,818.4kmでしたが、12年目にしてあと1,078.2kmになりました。すべて乗りつぶすには、今の生活パターンだと、まだ7,8年ぐらいはかかりそうですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事をご覧になりたい方は下のカテゴリーの「年別目次」からどうぞ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

旧国鉄の第三セクター路線 JR東日本 京阪電車 上毛電鉄 JR西日本 阪急電鉄 神戸電鉄 地下鉄路線 神戸市営地下鉄 能勢電鉄 ケーブルカー 近鉄 大阪メトロ 新交通システム パノラマグリーン車 貨物線・短絡線・渡り線 長崎電気軌道 新幹線 JR九州 路面電車 相模鉄道 東急電鉄 弘南鉄道 観光列車 JR東海 明知鉄道 名鉄 長良川鉄道 樽見鉄道 専用鉄道訪問 名古屋市営地下鉄 モノレール くろがね線 平成筑豊鉄道 西日本鉄道 バスの旅 代行バス 真岡鐵道 関東鉄道 南海電鉄 福井鉄道 えちぜん鉄道 富山地方鉄道 箱根登山鉄道 小田急電鉄 国鉄時代 温泉 広島電鉄 錦川鉄道 いすみ鉄道 小湊鐵道 函館市電 JR北海道 非冷房車 京浜急行 金沢シーサイドライン 長野電鉄 信楽高原鉄道 喫煙車 東武鉄道 井原鉄道 旧建設線の第三セクター路線 秩父鉄道 蒸気機関車 西武鉄道 養老鉄道 札幌市営地下鉄 静岡鉄道 天竜浜名湖鉄道 愛知環状鉄道 北陸鉄道 駅そば 船旅 鹿児島市電 東海交通事業 上田電鉄 アルピコ交通 島原鉄道 三井化学専用線 松浦鉄道 筑豊電気鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 阿佐海岸鉄道 土佐くろしお鉄道 伊予鉄道 琴電 吊り掛け電車 猫登場 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 伊勢鉄道 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 芝山鉄道 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 北条鉄道 山陽電鉄 水島臨海鉄道 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 京王電鉄 台湾の鉄道 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR