fc2ブログ

北九州複々線区間お復習&お名残乗車1(門司港~折尾)

G8113552dsc.jpg G8113555dsc.jpg
G8113557dsc.jpg G8113558dsc.jpg
かつての九州の玄関口門司港から乗車する電車は、14:18発の快速大牟田行き。この電車では一番前でがっつりかぶりつきを楽しもうと思います。

私にとって九州で一番見てて楽しいと思う車窓は、日本三大車窓でループ線やスイッチバックのある肥薩線でも、美しい海岸沿いを走る肥薩おれんじ鉄道や大村線でもなく、なんといっても鹿児島本線の門司港~折尾間と筑豊本線の黒崎・折尾~直方間であります。前者は九州の鉄道の最重要部で、車両基地に貨物線、複雑に絡み合う複々線線路に目が離せず、後者は石炭輸送で栄えた鉄道黄金時代を偲べる光景がたまりません。小倉より西は最後に乗ったのがたぶん1998年とずいぶん昔で、現在折尾付近の連続立体交差化工事による線路移設で廃線となる箇所もでてきます。今回はこの区間をじっくり見て、お復習&お名残乗車としておこうと思います。それでは出発。

しばらく市街地を走って、関門トンネルの出口を見て門司駅、だだっ広い構内は、ブルートレインが機関車の交換をしていた頃とほとんど変わってないようにみえます。この界隈では415系、しかもJR東日本ではとっくに絶滅したステンレス車でないパノラミックウィンドウの古いやつもよく見かけます。そうか、関門トンネルを潜って下関まで行ける交直両用の普通列車用電車は415系以降は登場していません、だからこんなに残っているのか。今の流れだと、この415系に代わる電車は、新しい交直両用電車ではなく、バッテリーを積んでパンタグラフを畳んで関門トンネルを走り抜けてしまう電車になりそうな予感もします。

G8113559dsc.jpg
門司を出ると小倉までの長い距離、上下線開きっぱなしで間に機関区や貨物ターミナルが見られる区間。しかし内側で見られる車両の内容は、昔より寂しくなってしまった感じです。生い茂った木々や雑草ばかりが目立ちます。写真は機関区で休むED76。

小倉到着前のダイナミックな立体交差は、今までどの線がどうなっているのかよく理解していなかったのですが、お復習してみると、鹿児島本線の旅客線と貨物線を方向別から線路別にし、かつ門司側から鹿児島本線と日豊本線を平面交差することなく別けるもの。後者については本州からじゃんじゃん優等列車の往来があった頃は、利用価値が高かったと思うのですが、今は門司側から日豊本線に直通する列車は朝夕の普通列車と快速列車のみ。一方でJR化後に博多発着の日豊本線特急は増発に増発を重ねたわけですが、こちらは博多側で平面交差しなくてはならないのはなんとも皮肉。

G8113560dsc.jpg
西小倉で日豊本線と別れたところで金太郎が来ました。その後、オーバークロスするくろがね線も一瞬見えます。(ここは見逃さないようにタブレットにGoogleマップを開きながらのかぶりつき)

G8113564dsc.jpg G8113565dsc.jpg
戸畑に到着、ここで降りて渡船に揺られて若松へというプランもあったのですが今回はパス。この先が重要なのです。

G8113566dsc.jpg G8113567dsc.jpg
戸畑を出ると貨物線と一旦別れます。直線で見えてくるのは枝光駅。

G8113568dsc.jpg
私の認識では北九州地区の重要な駅たと思っていた枝光をこの快速は通過。前方にくろがね線が見えてきます。ここからは1999年に線路の移設が行われたので、私にとって初めて乗車する区間。昔は左にカーブしてくろがね線を潜り、前方に見えるスペースワールドの左側を大きくぐるりと廻って八幡駅に至っていたはずです。この頃の枝光八幡間はブルトレ撮影スポットでもあり、1998年(←たぶん)の夏に行っています。

1998kyusyu010015.jpg
その写真がこれ。この時も暑かった。

G8113569dsc.jpg G8113570dsc.jpg
初めて乗る線路と、初めて通る駅スペースワールド。くろがね線と並走する区間が出来たので、車窓は面白くなったはずです。左写真に見える山は皿倉山、ここにも未乗車のケーブルカー路線がありますが、これも今回はパス。

G8113574dsc.jpg
八幡駅を出ると右手にくろがね線。何かいるかな、いた!DLだ。写真はご覧のとおり。

G8113579dsc.jpg G8113581dsc.jpg
そろそろ黒崎、この辺からが線路のクライマックスです。まず上り貨物線から上り旅客線への渡り線が見えます。ここは福北ゆたか線の小倉・門司港へ直通する列車が走るはず。もう一つの右側の渡り線は側線に入る貨物列車用。黒崎駅は1番線に到着。

G8113583dsc.jpg G8113584dsc.jpg
黒崎を出発します。まず、右側に工場へ延びる専用鉄道を見てから、複々線の4本の両端の線路が分かれ、6本の線路になります。それぞれ何が走るかというと、
左端:下り鹿児島本線(小倉・門司港)から福北ゆたか線へ直通する旅客列車
左から2本目(今ここ):下り鹿児島本線の旅客列車
左から3本目:上り鹿児島本線の旅客列車
左から4本目:下り鹿児島本線の貨物列車と黒崎始発の福北ゆたか線博多方面
左から5本目:福北ゆたか線の黒崎・小倉・門司港方面
右から6本目:上り鹿児島本線の貨物列車
たぶんこうだと思う。ちなみに左から4本目には本日また乗りに来る予定です。

G8113586dsc.jpg
そして左から2本目と3本目が、4本目と5本目をオーバークロス。左端に写っている線路は筑豊電気鉄道のもの。

G8113589dsc.jpg
交差完了、ピントが合ってませんが貨物列車が来ました。これは右に写っていますポイントで分岐し、二つ上の写真の右から6本目の線路を走るはず。

G8113590dsc.jpg
来たのは大牟田からのタンクコンテナ車、見れてラッキー。この貨物は確かお盆も休まないんだった。

G8113593dsc.jpg
見えてきたのは陣原駅。2000年開業なので私が前に来た時には無かった駅。ここはこの列車は通過。

G8113595dsc.jpg G8113596dsc.jpg
陣原を出ると、福北ゆたか線から下り鹿児島本線への渡り線が見えます。ここは下り鹿児島本線貨物列車が走るはず。上り鹿児島本線から福北ゆたか線へ通じる、上り貨物列車が走れそうな渡り線も、さっきと重複してありますが、線路は錆付いています。下り鹿児島本線を平面交差しなくてはなりませんので、使用されていないのでしょう。

G8113600dsc.jpg
そして昔の筑豊本線(今の福北ゆたか線)と鹿児島本線の複々線となる区間、なんと陣原から福北ゆたか線は単線化されて、左端の線路には草が生えている。いつからこうなってしまったのでしょう。

G8113601dsc.jpg G8113603dsc.jpg
そろそろ折尾駅、新しくなった高架を駆け上がります。おっ!ソニックだ。

G8113604dsc.jpg
出来立てホヤホヤの折尾駅新ホームに14:53着、ここで下車します。

G8113606dsc.jpg G8113608dsc.jpg
昔の鹿児島本線ホームは、取り壊されてしまって、面影は全く残っていません。北側では若松線の高架も絶賛工事中でした。

(乗車は2017年8月)

前の記事:平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線(北九州銀行レトロライン)乗車記
次の記事:北九州複々線区間お復習&お名残乗車2(折尾~直方)
関連タグ:JR九州
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

コメントありがとうございます。私は、昔の折尾駅といえばレンガ造りの狭い通路や階段が印象に残っていたのですが、すっかり取り壊されてしまっていました。

No title

 複雑な配線を復習しながら、とても参考になりました。折尾駅の木造駅舎取り壊しはもったいなかったですね。
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさん鉄道ファンの日本の鉄道の乗車記録です。2012年、ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになり、乗りつぶしをスタート。その時の未乗区間は7,818.4kmでしたが、12年目にしてあと1,078.2kmになりました。すべて乗りつぶすには、今の生活パターンだと、まだ7,8年ぐらいはかかりそうですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事をご覧になりたい方は下のカテゴリーの「年別目次」からどうぞ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

旧国鉄の第三セクター路線 JR東日本 京阪電車 上毛電鉄 JR西日本 阪急電鉄 神戸電鉄 地下鉄路線 神戸市営地下鉄 能勢電鉄 ケーブルカー 近鉄 大阪メトロ 新交通システム パノラマグリーン車 貨物線・短絡線・渡り線 長崎電気軌道 新幹線 JR九州 路面電車 相模鉄道 東急電鉄 弘南鉄道 観光列車 JR東海 明知鉄道 名鉄 長良川鉄道 樽見鉄道 専用鉄道訪問 名古屋市営地下鉄 モノレール くろがね線 平成筑豊鉄道 西日本鉄道 バスの旅 代行バス 真岡鐵道 関東鉄道 南海電鉄 福井鉄道 えちぜん鉄道 富山地方鉄道 箱根登山鉄道 小田急電鉄 国鉄時代 温泉 広島電鉄 錦川鉄道 いすみ鉄道 小湊鐵道 函館市電 JR北海道 非冷房車 京浜急行 金沢シーサイドライン 長野電鉄 信楽高原鉄道 喫煙車 東武鉄道 井原鉄道 旧建設線の第三セクター路線 秩父鉄道 蒸気機関車 西武鉄道 養老鉄道 札幌市営地下鉄 静岡鉄道 天竜浜名湖鉄道 愛知環状鉄道 北陸鉄道 駅そば 船旅 鹿児島市電 東海交通事業 上田電鉄 アルピコ交通 島原鉄道 三井化学専用線 松浦鉄道 筑豊電気鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 阿佐海岸鉄道 土佐くろしお鉄道 伊予鉄道 琴電 吊り掛け電車 猫登場 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 伊勢鉄道 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 芝山鉄道 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 北条鉄道 山陽電鉄 水島臨海鉄道 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 京王電鉄 台湾の鉄道 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR