FC2ブログ

特急ちちぶ・ニューレッドアローお名残乗車記

東武伊勢崎線沿線で用がありまして、早出して強引に秩父鉄道の寄居から羽生までの33.8kmを乗りつぶそうと思います。今回は急行秩父路にも乗ってみたい、そして急行秩父路に乗るんだったら寄居からでなく御花畑から乗ってみようか。

IA042604dsc.jpg
と、いうことで不思議な池袋に朝6時半、西の東武ではなく東の西武池袋駅へ。天気は雨です。写真はまだ人の少ない7番ホームをスルスル通過するむさし4号。

IA042606dsc.jpg
昔は特急券を持っていないと入れなかった特急ホームに到着しますと、通勤客がどっと吐き出されます。

IA042616dsc.jpg
この折り返しの6:50発ちちぶ3号に乗車し、特急ちちぶとして走る西武10000系ニューレッドアローのお名残乗車をしてきます。この列車は私の乗った2週間後に、新型Laviewに置き換わっています。

IA042613dsc.jpg
ちなみに特急ホームの一番池袋側はこんな風だったのか。バックヤードから出発する列車みたい。

IA042621dsc.jpg
新型車は際立った窓の大きさを売りにしていますが、この車両だって充分窓が大きい。それと方向幕の丸ゴシックフォントもあまり見なくなりました。

IA042625dsc.jpg
車内はガラガラです(シメシメ・・・)。特急ちちぶに乗る時に、とても重要なことでして、わざわざチケットレスサービスに登録して、一番空いているモハ車両の、一番空いている区画を狙って指定席を取ったのです。

6:50に定刻で出発。出発直後に、新型Laviewとすれ違ったはずですが、コンビニで買った朝食を食べてて見逃してしまいました。

このニューレッドアローこと西武10000系は、1993年登場ですので28年目も活躍してきたことになります。この電車には2000年台の前半に、所沢から新宿又は池袋までよく乗る機会がありました。乗るのは喫煙車の4号車で、空いている時はいいのですが、混んでいる時はほぼ全員が喫煙しますので煙い煙い。車内もヤニがベッタリだったような気がします。途中からは混みそうな時間帯は禁煙車に乗ることにしました。

そして足回りや機器類は1969年登場の101系ですので、走り始めて50年、長い活躍お疲れ様でした。101系といえば、山岳路線用の高出力車両。あくまで私の主観ですが、モーターの音は同世代の国鉄103系や東急8500系に比べて、静かで上品な音を奏でる感じです。西武の車両は全体的にそう感じるのですが、暖色系の優しい塗装が、そうイメージさせているのでしょうか。

練馬からの複々線から、その上品な音ながら特急らしい速度で走り、所沢に7:13に到着。平日の雨の日ですので、ガラガラのまま終点まで進むと思っていたのですが、ここから乗る人がとても多い。約3分の2の窓際の席が埋まり、私の前後にも人が来ます。わざわざ空いている車両を選んで、スイッチバックする飯能で、座席を回転させようと思っていたのですが、これは無理そうです。ちなみに前の乗客は二人とも大きなゴルフバッグを抱えて座っていて、身動き取れない状態。

途中京急カラーの鮮やかな9000系とすれ違い、7:35に飯能に到着、ここも降りる客よりも乗ってくる客の方が多く、ほぼ全ての窓際座席が埋まった感じです。

飯能停車中に、座席を回転させる音は一切せず。静かに全員後ろ向きで出発します。これぞ特急ちちぶ名物のバック走行?

この路線では、進行方向に合わせて座席を回転させることをしないのが昔からの習慣ですので、窓が大きく眺望が売りの新型特急Laviewに乗車した観光客も、おそらくガッカリしたことでしょう。著名な建築家がデザインしたそうですが、こういう建築家というのは、住宅にしても実際に人が住んで快適かより、見た目や写真映えを一番に考えている人が多いです(私の知ってる中では)。

次は人が座ったまま回転できる座席を開発するのはどうでしょう。フリーゲージトレイン実用化に匹敵する難しさかもしれません。

しかし後ろ向き走行も、しばらくすれば慣れてくるもの。坂を登るのを視覚的に実感しやすいのも後ろ向きです。昔の夏の窓全開のボックスシートでは、進行方向反対の座席から埋まっていったのも思い出しました。

武蔵丘車両基地では、こんな山奥に東急の電車がいるのを今更ながら驚き、高麗で8連の4000系普通と交換。武蔵横手付近からは線路側に彼岸花たくさん咲いています。昔は関東にこんなに咲いていましたっけ。こんな山間部でも都会を走る時と同じ上品な音でスルスル勾配を登って行きます。西武池袋線と西武秩父線の境である吾野付近から晴れてきました。山麓がきれいです。

IA042626dsc.jpg
正丸ではレッドアロークラッシックと交換します。急いでカメラを出して撮影しますが、ピントは窓ガラスの水滴に合ってしまいました。これは池袋に9:09に着く、ちちぶ14号なのですが、窓際の席は全て埋まった状態で、全員が後ろを向いて座っています。やっぱり特急ちちぶのこの区間は、後ろ向きで座るのが正しいのです。

正丸トンネルに入り、複々線区間の時のように飛ばします。耳をすませば、上品かつ力強いモーター音、車輪?歯車?がカラカラ回る音、何かが共振する音、時々バネなのかギコギコする音、正確に何の音かわかりませんが、いろんな音がします。これが50年続く101系の音です。トンネル内では4000系普通電車とまたすれ違います。そういえばこれも走り装置は101系だったんだ、まだまだ活躍が期待できそうです。

IA042629dsc.jpg
IA042631dsc.jpg
横瀬車両基地が見えてきました。シートをかけた歴代保存車両の横で、廃車車両が解体されるらしいカオスな場所です。解体されるのはラッピングされたニューレッドアローでしょうか。

IA042633dsc.jpg
S字のカーブ(ここはかぶりつきして見ると楽しいはず)を下って、8:13、終点西武秩父に到着します。

(乗車は2019年10月)

次の記事:秩父鉄道乗車記1(急行秩父路・御花畑~寄居)
関連タグ:西武鉄道
スポンサーサイト



プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさん鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。2012年、ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになり、乗りつぶしをスタート。現在の未乗区間は約2,850kmで、今の生活パターンだとすべて乗りつぶすにはあと10年ぐらいかかりそうです。路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事をご覧になりたい方は下のカテゴリーの「年別目次」からどうぞ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR東日本 東武鉄道 JR西日本 井原鉄道 秩父鉄道 蒸気機関車 西武鉄道 養老鉄道 JR東海 地下鉄路線 名鉄 JR北海道 非冷房車 札幌市営地下鉄 静岡鉄道 天竜浜名湖鉄道 新幹線 愛知環状鉄道 新交通システム バスの旅 弘南鉄道 北陸鉄道 南海電鉄 ケーブルカー 駅そば JR九州 観光列車 船旅 鹿児島市電 路面電車 パノラマグリーン車 真岡鐵道 東海交通事業 上田電鉄 アルピコ交通 長崎電気軌道 島原鉄道 三井化学専用線 専用鉄道訪問 松浦鉄道 国鉄時代 貨物線・短絡線・渡り線 筑豊電気鉄道 西日本鉄道 平成筑豊鉄道 喫煙車 野岩鉄道 会津鉄道 JR四国 阿佐海岸鉄道 土佐くろしお鉄道 伊予鉄道 温泉 琴電 吊り掛け電車 猫登場 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 近鉄 伊勢鉄道 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 芝山鉄道 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 山陽電鉄 水島臨海鉄道 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR