fc2ブログ

南海高師浜線とJR羽衣支線乗車記

毎年年末に日帰りで関西に行く用があります。いつもは東京から新幹線で往復するのですが、今回の帰りはJALの飛行機に乗る事にします。この年はお金を払ってJALには一度も乗っていないので、新幹線に比べ数千円プラスする出費で、毎年初回搭乗のボーナスマイル(2000マイル)を貰っちゃおうという魂胆です。これでクレジットカードの支払含めると、2年か3年ごとにマイルがたまって、九州や北海道にタダで行けるのですが、高い年会費も払ってますので、実際得しているのかどうかはよく解りません。そしてさらに今回は伊丹にしないで関空にしておいて、南海電車で下って行きながら未乗の小さな支線を乗り潰していこうと思います。

CC306270dsc.jpg
まずは南海難波駅から空港急行に乗車します。関東の鉄道ファンにとって、関西の主要路線でのかぶりつきというのは、血騒ぎ肉躍るというのはちょっと言い過ぎかもしれませんが、とにかく興奮します。

CC306276dsc.jpg
興奮し所の写真でして、線路別複々線が終わる高野線と分かれる所。この後すぐ南海本線は上り線、ちょっと間をおいて下り線が2本となり方向別複々線が始まります。

CC306281dsc.jpg
15分の乗車で羽衣駅に到着。これから初乗車となります高師浜線は出発したばかり、この時間帯は1時間に3本運転されているのですが、1,20,45分となんだかバラバラな運転間隔、なぜ 0,20,40でないんだろう。本線の急行列車が15分間隔なので、それに少しでも近づけているのでしょうか。何れにせよ一番間隔が長い(25分)の時に当たってしまったのが面白くない。

CC306282dsc.jpg
この路線については全く予習しないで来たのですが、本線上りホームの端に切欠きホームがあり、そこから発着します。ちょうど電車がやって来ました。

CC306286dsc.jpg
遠慮がちに停車します2両編成の電車。

CC306289dsc.jpg
南海の電車には詳しくないのですが、汐見橋線で走っているのと同じタイプのはず。

CC306290dsc.jpg
ガラガラに空いてましたので、優先座席ですが一番前に座らせて頂きます。出発してしばらくしますと本線と分かれ、後はひたすらカーブ。

CC306292dsc.jpg
90度曲がったぐらいで唯一の中間駅の伽羅橋駅。「きゃらばし」と読むんだそうだ。この界隈は鳳といい羽衣といいい煌びやかな名前が多い。

CC306293dsc.jpg
ホームは長いのですが先の方は通行禁止の柵があり、かつてこの線にはもっと長い編成の列車が走ったようです。起点の羽衣駅ホームは2両以上は無理そうだったのですが、後で調べてみますと羽衣駅の高架工事前は今のような切欠きホームではなかったようです。

CC306295dsc.jpg
今度は反対方向にひたすらカーブ。

CC306297dsc.jpg
また90度曲がりきったぐらいで現われます終点の高師浜駅。全長1.5km、所要時間3分ですがこれはこれで面白い。

CC306299dsc.jpg
すぐに折り返すだろう電車に乗るために、ドアが空いたら急いで階段を下り一番で改札を出て記念写真。可愛らしい駅です。

CC306300dsc.jpg
ステンドグラスがはめ込まれている。ところでこの路線が敷かれた目的はなんなんだろう。検索してみても良く解らなかったのですが、この界隈は、現在はごちゃごちゃしていてそんな風には見えないのですが昔からの高級住宅街だそうで、かつては海水浴も出来たらしい。

CC306304dsc.jpg
乗って来た電車ですぐに戻ります。

***

CC306310dsc.jpg
続いてJR阪和線の支線、通称羽衣線に乗車します。南海の羽衣駅とJRの東羽衣駅は地図上では目の前と言っていいほどの距離ですが、羽衣駅を出たところで東羽衣駅は見えません。しかしこの細い路地をちょっと進むと、

CC306311dsc.jpg
ジャーンと単線1区間の支線の終着駅には立派すぎるJR東羽衣駅が現われます。ちなみにこの支線は阪和電気鉄道時代に浜寺へ向う観光客輸送を目的に敷かれたもので、かつてはライバル南海との競争がここでも繰り広げられたらしい。

CC306322dsc.jpg
ホームだって凄い。左が乗車ホーム、右が降車ホーム。大屋根で中間に柱は1本も無い。高架になったのは1974年との事。降車ホームは階段が2箇所で屋根のある部分の面積も大きいのに対し、乗車ホームは階段が1ヶ所で屋根も狭く、一応経済的に作り分けられています。

CC306318dsc.jpg CC306319dsc.jpg
頑強な車止め。ここは暴走した電車を絶対に止めなくてはならない場所。

CC306327dsc.jpg
電車が来ました。103系だ。

CC306333dsc.jpg
お客さんは1両に5,6人乗る程度。

CC306335dsc.jpg CC306334dsc.jpg
先頭は昔ながらのクモハ103ではないですか。前面窓はHゴムのまま、客室窓も非ユニット窓のまま、原形にとても近い。なんだか嬉しくなってしまいます。

CC306341dsc.jpg
さて出発、ここはもちろん先頭のクモハでかぶりつきです。とにかく音がいいのです。スピードは出ませんがこれぞ103系初期車。懐かしいなぁ~。青梅線沿線で育ち、小学生時代に103系初期車が旧型国電置き換えのために京浜東北線から流れてきたのを、体験してきていますので、この音に関しては今でもしっかり記憶に残っているのです。

CC306342dsc.jpg CC306344dsc.jpg
とはいっても全長1.7kmの路線ですので、すぐにノッチは切られ高架を降りて鳳駅に到着。後は関空快速に乗って関西空港へ向います。

CC306353dsc.jpg
ところでこのクモハ103、ちょっと気になるのが豚鼻タイプのヘッドライトでして、このタイプのクモハ103は確か存在しなかったはず。車番を拡大して見るとクモハ103-2503とある。ん?2500番台?

帰って調べてみましたらこの車両はモハ103からの改造車でして、オリジナルのクモハ103ではなかったのでした。JR西日本の電車の改造車の番台区分については本当にチンプンカンプンだったのですが、この際103系については少し勉強してみる事にしまして、いやいや初めて知る事が多くありました。中でも衝撃的だったのが、オリジナルのクモハ103はなんと広島に1両しか残っていない(クモハ103-48)。播但線の3500番台については、クモハ102は別にしてもクモハ103は低運転台ですのでオリジナルからの改造と思っていましたが、実はどちらも中間車からの改造で、さらになんとすべてモーター音の違う後期車からの改造だった…といったところです。なるほどねぇ。

(乗車は2013年12月)
スポンサーサイト



プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさん鉄道ファンの日本の鉄道の乗車記録です。2012年、ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになり、乗りつぶしをスタート。その時の未乗区間は7,818.4kmでしたが、12年目にしてあと1,002.5kmになりました。すべて乗りつぶすには、今の生活パターンだと、まだ7,8年ぐらいはかかりそうですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事をご覧になりたい方は下のカテゴリーの「年別目次」からどうぞ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR西日本 阪急電鉄 神戸電鉄 神戸市営地下鉄 地下鉄路線 ケーブルカー 能勢電鉄 京阪電車 近鉄 大阪メトロ 新交通システム パノラマグリーン車 貨物線・短絡線・渡り線 JR九州 新幹線 長崎電気軌道 路面電車 東急電鉄 相模鉄道 弘南鉄道 JR東日本 観光列車 JR東海 明知鉄道 旧国鉄の第三セクター路線 名鉄 長良川鉄道 樽見鉄道 専用鉄道訪問 名古屋市営地下鉄 モノレール くろがね線 平成筑豊鉄道 西日本鉄道 バスの旅 代行バス 真岡鐵道 関東鉄道 南海電鉄 福井鉄道 えちぜん鉄道 富山地方鉄道 箱根登山鉄道 小田急電鉄 国鉄時代 温泉 広島電鉄 錦川鉄道 いすみ鉄道 小湊鐵道 函館市電 非冷房車 JR北海道 京浜急行 金沢シーサイドライン 長野電鉄 信楽高原鉄道 喫煙車 東武鉄道 井原鉄道 旧建設線の第三セクター路線 秩父鉄道 蒸気機関車 西武鉄道 養老鉄道 札幌市営地下鉄 静岡鉄道 天竜浜名湖鉄道 愛知環状鉄道 北陸鉄道 駅そば 船旅 鹿児島市電 東海交通事業 上田電鉄 アルピコ交通 島原鉄道 三井化学専用線 松浦鉄道 筑豊電気鉄道 野岩鉄道 会津鉄道 JR四国 阿佐海岸鉄道 土佐くろしお鉄道 伊予鉄道 吊り掛け電車 琴電 猫登場 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 京成電鉄 新京成 流鉄 夜行列車 伊勢鉄道 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 芝山鉄道 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 北条鉄道 山陽電鉄 水島臨海鉄道 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 京王電鉄 台湾の鉄道 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR