fc2ブログ

西九州新幹線乗車記2(N700Sかもめ17号)

M6046019_rxb.jpg
武雄温泉駅から、いよいよ昨年9月に開業した西九州新幹線に乗車します。乗車するかもめ17号は、武雄温泉11:01→長崎11:24で、途中停車駅は諫早のみ、66kmを23分で結ぶ西九州新幹線で最速のランナーになります。

M6046023_rxb.jpg
リレーかもめからの乗換時間は3分、席についたところで出発です。まずは右手の在来線と別れます。どんどん加速、そしてトンネル、その後も短いトンネルをいくつも潜り…

M6046027_rxb.jpg
あれれ!海?もしかしてもう大村湾なの?

最初の通過駅である嬉野温泉は、よそ見をしている間に通り過ぎてしまったようです。嬉野温泉駅のホーム長は160mだそうで、そこを260km/hで走れば、2.2秒で通り過ぎてしまいます。今回の旅行プランは、嬉野温泉での宿泊も検討していたところで、駅や街並みを見たかったのに残念。これから車窓に集中します。

右手に見える大村湾ですが、防音壁が高くてすっきり見えないのは、北陸新幹線や北海道新幹線と同じ、新しく出来た新幹線の残念なところ。その後大村車両基地が見えて、新大村を一瞬で通過。

ここ新大村駅は、長崎空港に近い駅。後で知るのですが、料金500円の予約制タクシーが15分で結んでいて、西九州新幹線の新大村〜長崎間も自由席利用だと1630円とお手頃価格。帰りに利用すればよかったです。

M6046038_rxb.jpg
諫早に到着。右側車窓からは在来線の線路は全く見えません。

M6046039_rxb.jpg
諫早を出ると、長崎本線がちょっと見えます。そしてトンネル、長めなので、これが新長崎トンネルか。

M6046044_rxb.jpg
トンネル内で減速し、出たところで右手に稲佐山。これが新幹線効果か、博多から1時間20分、長崎も近くなったものです。

M6046068_rxb.jpg

M6046062_rxb.jpg
さてこの長崎駅、昨年8月の“在来線特急かもめ”のお名残乗車の時にも書きましたが、大屋根の鉄骨のカーブが美しい素晴らしい駅だと思います。

しかし下に停車する列車が新幹線だと、どこかで見たことあるような気がするのです。

思い出した、中国の高速鉄道だ。
C9093891dscb.jpg V2284652bl2023.jpg
左は2013年上海近郊の金山衛駅、右は2010年天津駅。私が中国に行ったのは2016年が最後ですが、その後にもっと規模の大きい駅がたくさん誕生しているはず。今や中国の高速鉄道の方が、10年以上進んでいるのかもしれません。

* * *

今回の旅行は、同行者ありで、鉄分を約40%投入したプランだったのですが、その後の行動も書いてみますと、

M6042605_omdb.jpg
念願だった軍艦島に無事に上陸し、

M6042663_omdb.jpg
夜景が綺麗な大きな温泉ホテルに宿泊し、

M6056090_rxb.jpg
翌日は長崎から西浦上までYC1に乗車し、

M6052707_omdb.jpg
長崎電気軌道にも乗って来ました。ここは2017年に全区間乗車したものの、住吉から公会堂前までは、満員の水戸岡デザインでカーテン締切車にあたってしまい、全く車窓を見ることが出来ませんでした。今回は住吉から長崎駅前までを、かぶりつき席を確保の上で再乗車です。写真は注目の長崎本線並走区間。

M6052714_omdb.jpg
乗車したのは伊予鉄道の新しいカラーみたいな364。出島で下車し、中華街をぶらぶら。

そして帰路は長崎15:05→羽田16:55と、私の旅行にしては早い便だったのですが(理想のその次の便が取れなかったためです)、南風の吹く日だったので、勤務地である新宿上空を飛ぶ新ルートでの着陸を初めて体験出来ました。東京上空の飛行、素晴らしかったです。

M6056116cap.jpg
新宿の真上を飛びますので、西武新宿駅は見えても、JR新宿駅は全部見えません。

(乗車は2023年6月)

前の記事:西九州新幹線乗車記1(885系リレーかもめ17号)
関連タグ:新幹線JR九州長崎電気軌道路面電車

ネタが無いのでしばらく更新お休みします。
スポンサーサイト



西九州新幹線乗車記1(885系リレーかもめ17号)

6月初旬の日曜日、昨年9月に開業した西九州新幹線に乗車してきました。

M6042408_omdb.jpg
前日夜に空路で福岡入りして、ビジネスホテルの朝食をゆっくり食べ、乗車するのは博多10:04発のリレーかもめ17号。リレー号は振り子車885系運用で江北通過、西九州新幹線も諫早以外の途中駅通過で、博多長崎を1時間20分で結ぶ、最速のスジです。

M6045979_rxb.jpg
それでは出発。最速列車だけあって出発早々飛ばします。電車も揺れる揺れる。座席は、先頭グリーン車の一番前の1Cと1D席を確保しました。ご存知のとおり、885系はパノラマ仕様ではないので、座ってしまうと前方は空と架線しか見えませんが、

M6045981_rxb.jpg
1C席で立つと前方線路が見えます。

M6045984_rxb.jpg
鳥栖の手前、機関車はいるかと注目、EF81とEH500がいました。左の国鉄機関車EF81 403は1976年製、長い活躍で、50年目もあるかもしれません。

M6045988_rxb.jpg
鳥栖を出てから長崎本線へ、鹿児島本線をオーバークロス。昨年8月の特急かもめお名残り乗車でもここで撮ったな。

さて、問題の佐賀県を進みます。新幹線やリニアの建設に、自治体がNOと言ったら進まないなんて、残念な国になってしまったものです。何とかならないものか。

損得が出てしまう今の県境を見直したらどうだろう。長崎と佐賀はもう思い切って合併、二つ足しても面積は鹿児島・宮崎・熊本より小さいのでヨシ。静岡については、伊豆半島は神奈川、富士山麓と富士川流域は山梨、それ以外は愛知に分割でどうだろう。大井川問題もあるから長野も広げるか…、なんて考えるのは楽しいのですが、怒られるのでこの辺でやめます。

佐賀に停車。ここで隣の1A席含む他の乗客が降り、グリーン室が我々だけになったのをいいことに、その後は1C席の前に仁王立ちで、ほとんど前方を眺めてました。

M6045989_rxb.jpg
次に注目するのは鍋島駅。ここでも古い電機が見れるかと期待しますが、この時間帯は貨物列車不在のようです。

M6045996_rxb.jpg
肥前山口だった江北は通過。

M6046000_rxb.jpg
渡り線で佐世保線側に移ります。

M6046005_rxb.jpg
佐世保線にも複線区間があって、ここで783系4+4のみどり18号とすれ違います。783系も意外と長い活躍です。

M6046007_rxb.jpg
そろそろ武雄温泉、高架に上がると、

M6046009_rxb.jpg
左手に新幹線の高架が見えてきます。

M6046013_rxb.jpg
これが武雄温泉駅。西九州新幹線開業に合わせて高架化されたのかと思ってましたが、在来線の高架化は1975年とのこと。

M6046015_rxb.jpg
既存の高架駅に新幹線ホームをつなげて、上手いこと乗換駅を造ったもんです。新しいホームでは清掃スタッフがお出迎え。

M6046017_rxb.jpg
博多から50分で武雄温泉着。改めて885系のリレーかもめ17号を撮って、

M6046019_rxb.jpg
3分の接続で、同じホーム対面に停車している、かもめ17号に乗換えます。

(乗車は2023年6月)

次の記事:西九州新幹線乗車記2(N700Sかもめ17号)
関連タグ:新幹線JR九州

小倉で見られる国鉄型車両

北九州モノレールの終点、企救丘駅から暑い中歩いて、

L8074349_rx100.jpg
日田彦山線の志井公園駅へ、自動券売機で小倉までの切符を買って、

L8074350_rx100.jpg
13:49発の小倉行に乗ります。

切通しの中に作った1面1線の新しい駅で、モノレール開業と同時に出来たんだろうな…と思ってましたが、4年遅れて開業しています。ここから小倉までの運賃はJRの方が安いそうで、モノレールを運行する北九州市は、客を奪われるのを心配して、この駅の設置を当初は反対したとのこと(wikiに書かれてますけど本当かな?)。運賃はモノレールが320に対し、JRは280円。

L8074352_rx100.jpg
ワンマン運転ですので、1両目の後ろのドアから乗車します。写真には写ってませんが、10名ぐらい乗る人がいます。この時間帯は、1時間〜1時間半間隔での運転ですが、皆さん時間を調整されているようです。

空いた車内はエアコンが効き、一人でボックスシートに座れて快適です。日豊本線に接続する城野では6分も停車します。

L8074353_rx100.jpg
複線電化の日豊本線上を2駅走って、14:13に小倉に到着。

L8074354_rx100.jpg
添田側は幌付きで格好いい。しかしこうして見ると、時代遅れの化石みたいな列車だな。居心地が悪いのか9分の停車で添田に折り返します。

L8070924_omd.jpg
小倉はまだまだ国鉄車両が健在でして、隣のホームの14:27発の下関行きは、415系ステンレス車。

L8070925_omd.jpg
出発します。昼間の時間帯は30分に1本運転される小倉下関を結ぶシャトル列車は、交直両用車の必要があり、国鉄時代に製造された415系での運用となっていますが、そろそろ架線のないところも走れる、新しい電車に変わるんだろうな。

L8070927_omd.jpg
おっ!後ろに415系の鋼製車が隠れてる。

L8070928_omd.jpg
次の14:52発の下関行は415系の鋼製車でした。

L8070932_omd.jpg
この鋼製車、1ヶ月半後の2022年9月のダイヤ改正で、ひっそり全車引退してしまったとのこと。お疲れ様でした。

L8070933_omd.jpg
さて帰ろうか

L8070938_omd.jpg
モノレールを1枚撮って、小倉駅15:05発の北九州空港行のリムジンバスに乗ります。本当はもっと遅い時間まで九州に滞在し、福岡空港から帰りたかったのですが、特典航空券の利用だと、これが一番遅い番だったのです。空港へのバスは、ほぼ満席。企救半島の関門海峡の反対側に、石灰岩の鉱山があるのは意外です。

L8074355_rx100.jpg
空港の展望レストランで、生ビール飲んで、ちゃんぽん(とても美味)食べて帰ります。

残る九州の未乗車路線は、
①西九州新幹線 66km(この時は未開通)
②福岡市地下鉄七隈線 12㎞(来年3月延伸予定)
③別府ラクテンチケーブル線 0.3km
の3線。それとは別に来年夏には日田彦山線BRTも開業します。
乗りつぶしを始めてから6回目となる、次の九州旅行で、やっと九州の鉄道を完乗出来そうです。

これで2022年夏の、九州旅行の記事を終わります。

(乗車は2022年8月)

前の記事:北九州モノレール乗車記
関連タグ:JR九州

小倉発の福北ゆたか線直通列車が走る黒崎折尾間の渡り線

くろがね線を1往復分撮影したところで、枝光駅へ、ちょうどいい時間だ。

L8070752_omd.jpg
枝光駅下りホーム鹿児島側先端で待ってますと、415系ステンレス車が来た。ちなみに後ろの鉄橋はくろがね線。

L8070758_omd.jpg
8両編成の門司港行です。

L8070761_omd.jpg
ゴルフ練習場の向こうの貨物線を、ED76+EH500のコンテナ列車が通過します。こんな面白い運用があったのか。走ってるED76を見るのは、これが最後になるのかな。

L8070765_omd.jpg
目当ての列車が入線します。枝光10:02発の福北ゆたか線直通の直方行です。たった2両編成だったのか。

L8070767_omd.jpg
かぶりつき席(立席)は、ゴミ箱の前。邪魔にならないよう、かぶりつきさせてもらいます。

L8070775_omd.jpg
黒崎に到着します。レール輸送車にEH500がついてるぞ。戻って来た時に撮れればいいな。

L8070780_omd.jpg
黒崎を出発します。

私が乗車した2022年8月時点での、黒崎発の上り福北ゆたか線ですが、小倉・門司港・下関始発の列車は鹿児島本線ホームの1番線から(今ここ)、黒崎始発の列車は貨物線上に出来た福北ゆたか線ホームの3,4番線から出発し、走るルートもちょっと違います。前回2017年に乗ったのは黒崎始発でしたので、1番線発に乗るのは初めてになります。

L8070783_omd.jpg
しばらく走って、一つ上の写真の信号の通り、鹿児島本線から左に分岐します。

L8070788_omd.jpg
左に入った。ここが乗りたかった鹿児島本線から福北ゆたか線に直通する列車の通る線。1日に4本しか走りません。うち明るい時間に走るのは3本。

L8070792_omd.jpg
この渡り線からは筑豊電鉄が良く見えます。並走したりすれ違ったりを期待しますが、電車は来ず。

L8070796_omd.jpg
1日4本しか走らないからか、軌道が天然緑化されてます。

L8070798_omd.jpg
ここで右から、元は鹿児島本線貨物線〜筑豊本線の短絡線だった、黒崎始発の上り福北ゆたか線が走る線と合流します。こっちは1日5本の列車が走ります。

ところが2022年9月23日のダイヤ改正で、黒崎を始発・終点とする福北ゆたか線が、すべて小倉以遠へ直通することになってしまったため、この右側から合流する線を走る列車は、無くなってしまったようです。既に線路は錆び付いてしまっているのかも。

黒崎始発列車のかぶりつき写真は、こちらから見れます。

L8070802_omd.jpg
この不自然なカーブは、おそらく昔、信号場か何かあった名残りなんだろうな。

L8070804_omd.jpg
陣原駅の手前で、鹿児島本線下り貨物列車が通る渡り線があります。

L8070809_omd.jpg
陣原駅を出発すると、また鹿児島本線下り貨物列車が利用できる渡り線があります。どちらも線路が錆び付いていませんので、どう使い分けているのでしょう。どうでもいいことですが、とても気になる。

L8070813_omd.jpg
陣原〜折尾間の複々線一番南側を走ります。前回2017年に乗りに来た時は、この線は使用されていなかったのですが(隣の線に上り下り列車が走る)、折尾駅高架化完了と共に復活したようです。おめでとう。

L8070817_omd.jpg
左に短絡線の跡地を見て高架を駆け上がり、

L8070821_omd.jpg
折尾駅が見えてきました。この811系も長寿な車両になります。

L8070823_omd.jpg
折尾駅1番線に到着。これで黒崎以遠発の上り福北ゆたか線列車のみ走る渡り線の乗車を終え、目的は果たせましたが、せっかくなのでもう一駅。

L8070829_omd.jpg
折尾トンネルを潜って、

L8070832_omd.jpg
10:20、一つ先の東水巻で下車。

* * *

Suicaを改札にタッチして、ちょうどいいタイミングで来る10:26発の黒崎行に乗車し、

L8070836_omd.jpg
10:36に黒崎駅4番線に到着。

L8070841_omd.jpg
EH500を連結したレール輸送車は、まだ発車していませんでした。

L8070840_omd.jpg
しかしホームの先に停車してましたので、お顔は拝めず。

L8070843_omd.jpg
昨日に引き続き、150mレール輸送チキの写真が撮れます。

L8070846_omd.jpg

L8070856_omd.jpg
汽笛を鳴らして出発、どこに行くんだろう。そしてこのレールはどこで使われるんだろう。28本積んでるので、2.1km分になります。

L8070860_omd.jpg
カーブでレールがグニャリと曲がるところも、この目で観察出来ました。

L8070861_omd.jpg
次に乗る黒崎10:49発の門司港行は、415系の鋼製車でした。まだこんなのが走っていたのか、ロングシートなのが残念ですが、モハに乗車し、しばらくMT54サウンドに耳を傾けます。

(乗車は2022年8月)

前の記事:くろがね線を見に行く1(八幡側)
次の記事:くろがね線を見に行く2(戸畑側)
関連タグ:JR九州貨物線・短絡線・渡り線

福北ゆたか線 折尾駅高架化による新しいルートに乗車

前にも書きましたが、私が九州で一番好きな車窓は、鹿児島本線の門司港から折尾までと、福北ゆたか線の黒崎から直方の区間です。前者はJR九州在来線のエネルギーみたいなものが一番凝縮されたところですし(最近は衰えも感じますが…)、後者は石炭輸送での鉄道全盛期の名残りが数多く見られます。

2017年の夏に、門司港〜折尾折尾〜直方黒崎〜直方と乗車し、全線かぶりつきを楽しんだのですが、2017年から2022年の折尾駅高架化事業で、折尾駅付近のルートが完全に変わりました。以下の順で乗り直しをします。



① 6668M 直方16:06→折尾(16:28-31)→本城16:34


L8064090_rx100.jpg
直方駅にて、まずは若松行に乗ります。バッテリーを積んで非電化区間に直通できるBEC819系。

L8064100_rx100.jpg
久々に遠賀川橋梁を渡ります。かつては3線だったレンガ積の橋脚が残ります。

L8064103_rx100.jpg
中間駅です。石炭輸送全盛期はここから複々線となり、若松方面と黒崎・小倉方面を分けていた重要なジャンクション。

L8064106_rx100.jpg
東水巻で上下線が分かれ、

L8064108_rx100.jpg
かつての黒崎・小倉方面上り線(今走っている線)を、若松方面の上下線(今は撤去済)がオーバークロスしていた箇所付近です。オーバークロス部は、橋桁は撤去されていますが、レンガの橋脚が残ります。

L8064112_rx100.jpg
左手は若松方面への複線線路があった箇所ですが、すっかり自然に還ってしまい、野生動物が沢山住んでいそう。

L8064117_rx100.jpg
さぁ、いよいよ見えてきました。バラストが新しくなってるぞ。

L8064119_rx100.jpg
以前は直進して、折尾駅の地上ホーム、黒崎方面への短絡線に通じていました。新線は左へカーブ。今回は左側の信号が青です。

L8064123_rx100.jpg
2019年3月に開通した、折尾トンネルに入ります。しばらくしてトンネル内で左側に分岐、ここからは単線。

L8064124_rx100.jpg
鹿児島本線の下をくぐって、北側に出ました。

L8064128_rx100.jpg
右に鹿児島本線があります。

L8064131_rx100.jpg
新しくなった若松線の高架ホームに滑り込みます。右の鹿児島本線乗り場もすっかりきれいになりました。

L8064134_rx100.jpg
3分停車して出発、架線はここで終わり。

L8064135_rx100.jpg
高架を降ります。昔は右下の切り通しを走っていました。DD51+50系客車時代に、ここで写真を撮ってます。

L8064141_rx100.jpg
地上に降りて新線区間は終わります。この辺も石炭輸送全盛期は3線だったらしい。

L8064143_rx100.jpg
本城駅に到着。ここで下車します。

L8064144_rx100.jpg
橋上駅舎の改札出たところから乗ってきた列車を撮影。

② 6669M 本城16:44→折尾(16:46-58)→筑前垣生17:07


L8064145_rx100.jpg
10分後の直方行で折り返します。

L8064148_rx100.jpg
折尾駅手前のシーサースクロッシング。複線非電化で常総線の取手みたい。

L8064149_rx100.jpg
折尾駅に到着。ここで12分も止まります。この駅での長時間停車は高架化の前からあるのですが、これでは直通の意味がないかも。

L8064151_rx100.jpg
出発します。また折尾トンネルに入ります。折尾トンネルは3つの入口があり、うち一つが単線。

L8064152_rx100.jpg
途中で小倉・黒崎方面からの線路と合流し、出る時は複線。

L8064154_rx100.jpg
中間の次、筑前垣生で降ります。跨線橋の上から乗ってきた列車を撮影。

L8064156_rx100.jpg
ほっこりした可愛らしい木造駅舎です。

L8064157_rx100.jpg
今回の旅行では、乗り放題のフリー切符等は買ってません。suicaのタッチを忘れないようにします。福北ゆたか線ですが、こういう無人駅が増え、車掌さんも運賃・切符の収集しないとなると、無賃乗車する輩が増えてしまいそう。

L8064158_rx100.jpg
この駅筑前垣生には、ホーム先端から遠賀川橋梁を渡る列車の撮影に来たことがあります。これから登る皿倉山もくっきり見えます。

③ 628H 筑前垣生1713→折尾→(1721-22)→黒崎1728


L8064159_rx100.jpg
続いて黒崎行に乗車。今度は架線の下しか走れない817系。

L8064162_rx100.jpg
中間駅では、さっきと違うホームに入ります。今も若松方面と黒崎方面を分けていたのか。

L8064165_rx100.jpg
さっきと同じ、折尾駅手前の新線区間に入るところですが、今度は右の信号が青です。

L8064169_rx100.jpg
今度は分岐せず複線のままトンネルの外へ。出るのは鹿児島本線の南側になります。上り貨物列車と並走します。牽引機の姿は見られず。

L8064176_rx100.jpg
折尾は鹿児島本線の南側の2番線に到着します。

新しくなった折尾駅ですが、小倉方面は2番線か4,5番線ホーム、直方方面は1番線か6,7番線ホームに分かれてしまいます。せっかくトンネルまで掘って高架化するなら、福北ゆたか線を鹿児島本線の間に入れるなどして、乗り場を統一出来なかったのかなとも思うのですが、用地買収の問題や高低差やら、出来ない理由があったのでしょう。今まで直方〜黒崎を走る列車は、もっと離れた鷹見口という乗り場に停車していたのと、国鉄時代はホームがなくて通過していたことを考えれば、乗り換えは相当楽になってるはずです。

L8064179_rx100.jpg
折尾を出発します。

L8064183_rx100.jpg
高架から降ります。右側に、高架化前の福北ゆたか線複線、国鉄時代の筑豊本線短絡線がありました。

L8064194_rx100.jpg
昔からの地上区間に降りてきました。前回2017年に乗りに来た時は、右の線は使用されておらず、折尾〜陣原間の福北ゆたか線は単線だったのですが、ちゃんと復活しています。しかし1日9往復しか走りませんので、単線のままでも良かったのでは、と思わなくもありません。

L8064200_rx100.jpg
陣原前の渡り線は下り貨物列車が通る道。

L8064203_rx100.jpg
陣原駅、右隣のホームには、この列車が黒崎で折り返して来るのを待っている乗客が見られます。

L8064208_rx100.jpg
陣原出発、こちらにも鹿児島本線下り貨物列車が使用しそうな渡り線があります。どう使い分けるのでしょうか。

L8064215_rx100.jpg
鹿児島本線をアンダークロスします。ここの線路を整理しますと、右から
①現在乗っている線:福北ゆたか線の黒崎・小倉方面
②右隣の線でポイント左:福北ゆたか線の黒崎始発の直方方面
③右隣の線でポイント右:福北ゆたか線の小倉以遠発の直方方面
となります。
乗車した2022年8月時点で、②は1日5本、③は1日4本しか走りません。③には乗車したことがなく、明日、時間がうまく合えば乗ってみようと考えています。

※2022年9月23日のダイヤ改正で、黒崎始発の直方方面列車が無くなってしまったので、②には旅客列車が走らなくなったことと思われます。

L8064218_rx100.jpg
鹿児島本線の下を潜ると、左からの鹿児島本線上り貨物線と接続。

L8064225_rx100.jpg
渡り線を右へ進みます。

L8064228_rx100.jpg
鹿児島本線下り貨物線を逆走するみたいに走ります。

L8064231_rx100.jpg
黒崎駅3番ホームに到着します。

L8064238_rx100.jpg
鹿児島本線下り貨物線上ですので、4分で折り返し、直方に戻ります。

(乗車は2022年8月)

前の記事:平成筑豊鉄道糸田線乗車記
次の記事:皿倉山ケーブルとくろがね線
関連タグ:JR九州貨物線・短絡線・渡り線
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさん鉄道ファンの日本の鉄道の乗車記録です。2012年、ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになり、乗りつぶしをスタート。その時の未乗区間は7,818.4kmでしたが、12年目にしてあと1,002.5kmになりました。すべて乗りつぶすには、今の生活パターンだと、まだ7,8年ぐらいはかかりそうですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事をご覧になりたい方は下のカテゴリーの「年別目次」からどうぞ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR西日本 阪急電鉄 神戸電鉄 神戸市営地下鉄 地下鉄路線 ケーブルカー 能勢電鉄 京阪電車 近鉄 大阪メトロ 新交通システム パノラマグリーン車 貨物線・短絡線・渡り線 JR九州 新幹線 長崎電気軌道 路面電車 東急電鉄 相模鉄道 弘南鉄道 JR東日本 観光列車 JR東海 明知鉄道 旧国鉄の第三セクター路線 名鉄 長良川鉄道 樽見鉄道 専用鉄道訪問 名古屋市営地下鉄 モノレール くろがね線 平成筑豊鉄道 西日本鉄道 バスの旅 代行バス 真岡鐵道 関東鉄道 南海電鉄 福井鉄道 えちぜん鉄道 富山地方鉄道 箱根登山鉄道 小田急電鉄 国鉄時代 温泉 広島電鉄 錦川鉄道 いすみ鉄道 小湊鐵道 函館市電 非冷房車 JR北海道 京浜急行 金沢シーサイドライン 長野電鉄 信楽高原鉄道 喫煙車 東武鉄道 井原鉄道 旧建設線の第三セクター路線 秩父鉄道 蒸気機関車 西武鉄道 養老鉄道 札幌市営地下鉄 静岡鉄道 天竜浜名湖鉄道 愛知環状鉄道 北陸鉄道 駅そば 船旅 鹿児島市電 東海交通事業 上田電鉄 アルピコ交通 島原鉄道 三井化学専用線 松浦鉄道 筑豊電気鉄道 野岩鉄道 会津鉄道 JR四国 阿佐海岸鉄道 土佐くろしお鉄道 伊予鉄道 吊り掛け電車 琴電 猫登場 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 京成電鉄 新京成 流鉄 夜行列車 伊勢鉄道 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 芝山鉄道 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 北条鉄道 山陽電鉄 水島臨海鉄道 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 京王電鉄 台湾の鉄道 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR