fc2ブログ

妙見の森ケーブル・リフト

次は2023年12月3日を最終日に廃止されてしまった能勢電鉄の妙見の森ケーブルです。

ここは何年も前から乗りつぶしのスケジュールを組むにあたり、冬季休業だし、連絡バスはすべての時間帯でケーブルカーに接続してないどころか土曜日運休だし、早く乗っておいた方が良さそうだなと感じておりました。

2023年から水曜と木曜が完全に休業となり、2023年6月に廃止の届けが出され、廃止日が2024年6月24日と発表。中途半端な時期から、前倒しされるんじゃないかなと思っていたら、その通りになりました。



ケーブル黒川駅への連絡バス


M8113662_omd.jpg
夏の日の祝日の9:31に妙見口に到着、この電車は朝の1本目のケーブル黒川駅行連絡バスに接続するためか、登山ウェアの中高齢者で一杯です。連絡バスに乗り切れるかな?

M8113664_omd.jpg
ところが登山ウェアの皆様は、連絡バスには見向きもせず、妙見山目指して歩いて登って行くではありませんか。

M8113666_omd.jpg
麓から登ってきた9:38発のケーブル黒川駅行の連絡バス。これに乗るのはケーブルカーにお名残乗車目的と見られる、しょぼい格好でカメラを持った7名だけでした。

妙見口からケーブル黒川駅までは、徒歩だと約20分なのですが、連絡バスに170円払えば3分。しかしバスに乗る人はこんなにも少なかったんだな。連絡バスが9時台とお昼のケーブルカーに接続してなかったり、土曜日に運休してしまうのも、これで納得です。

妙見の森ケーブル


M8113672_omd.jpg
妙見の森ケーブルの黒川駅に到着、可愛らしい駅舎です。見上げる山の斜面にはケーブルカーも動いてる。

M8113680_omd.jpg
到着したほほえみ号、日本では珍しい標準軌のケーブルカーなんですが、車体は小さい。

M8113682_omd.jpg
一番前の座席に座れました。ここから見る線路は銀河鉄道999みたいにバーチカルカーブを描いていて、定員オーバーで車体の重量が増えたら、ワイヤーが浮き上がってしまいそうだな。

左側には登山道があって、妙見口まで同じ電車だった登山ウェアの中高年の人たちは、ケーブルカーにも乗らず、グングン妙見山目指して登って行きます。そんなわけで10時発のこのケーブルカーも実はガラガラ。よく考えたら、登山しにきたんだから、バスやケーブルカーには乗らないよな。ここを訪れるほとんどの人が、能勢電鉄にはお金をあまり落としてくれてないみたいです。(私もフリー切符で乗るだけ乗って、沿線に大してお金を落とさないので同類だったりします。)

M8113689_omd.jpg
標準軌のケーブルカー路線には初めて乗りますが、こうしてみると違和感ありません。1067mmのケーブルカー路線を想像してみる方が、脱線しそうで心配になります。

M8113698_omd.jpg
この路線は1925年開業、1944年に不要不急路線とされ撤去されてしまうのですが、1960年に復活。もう少しで100周年のお祝いが出来たのか。

M8113703_omd.jpg
ケーブル山上駅に到着します。距離は0.6km、乗車時間は5分でした。

M8113707_omd.jpg
小さいケーブルカーの車内。

M8113715_omd.jpg
混雑を予想してましたが、ぜんぜん空いていた。

M8113716_omd.jpg
山小屋風のケーブル山上駅をあとにします。

妙見の森リフト


M8113718_omd.jpg
ケーブル山上駅を背に、ゆるい坂道を300mほど進むと、

M8113722_omd.jpg
妙見の森リフトのふれあい広場駅に着きます。

M8113725_omd.jpg
リフトに乗るのは久しぶりだな。

この妙見の森リフトは、ただのリフトと違って、鉄道ファンなら乗っておかなくてはならない路線でして、元々はケーブルカー路線(上部線)だったという歴史があります。1925年にさっき乗った下部線(今の妙見の森ケーブル)と同時に開業するも、戦時中に不要不急路線扱いとされ廃止、その後上部線の機材は静岡県の十国峠十国鋼索線に転用されるのは有名な話です。

十国峠のケーブルカーが、僅か300mしかないことから、すぐに終点に着くのだろうと思っていたのですが、ぜんぜん終点が見えません。えらく長いぞ。

M8113727_omd.jpg
昔ケーブルカー路線だったなら、路盤が広くなる交換設備の跡があるはずですが、この辺かな?

M8113731_omd.jpg
それともこの辺かな?もうよく判らない。

M8113750_omd.jpg
やっと終点の妙見山駅が見えてきました。このリフトの距離は0.8kmもあって、乗ってた時間は12分でした。雨風が強い日や寒い日は、あんまり乗りたくないな。

M8113753_omd.jpg
駅のすぐ横にある展望台に登ってみます。空気が澄んだ日には、関西国際空港までくっきり見えるらしい。

M8113756_omd.jpg
近くにお店もないし、目的は果たせましたので戻ることにします。リフトの機械室というのは鉄道車両っぽい形状なのが楽しい。

M8113766_omd.jpg
下るリフトから撮った一枚ですが、今日は8月の祝日の山の日だというのに、ぜんぜん人がいないな。人はいるんだけど、リフトに乗る人が少ないのか。

M8113780_omd.jpg
ふれあい広場駅に戻ってきました。

シグナス森林鉄道


M8113783_omdb.jpg
なんだ?この遊園地の鉄道駅みたいなのは…、そういえば能勢電鉄が観光地に手作りのトロッコ列車を走らせてたのを、昔鉄道雑誌で見たことあるぞ。スマホで検索してみますと、シグナス森林鉄道、ここにあったのか。最後に運転されたのは、2021年11月とのこと。

M8113808_omdb.jpg
その誌面で、能勢電鉄職員の技術の高さを賞賛していたのが、このラックレール区間だ。

M8113805_omdb.jpg
ラックレールは取り外されてしまってますが、上から見るととんでもない勾配で138‰とのこと。

M8113789_omdb.jpg
途中で線路は剥がされてしまっています。

M8113797_omdb.jpg
さらに廃線跡を進むと、ここにループ線上の駅があったらしい。

ミニ鉄道がラックレールを登るのを体験してみたかったな。しかし運行時の写真を見ると、単独行動のおっさんが乗る乗り物ではない。家族連れで賑わう状況だと、私には無理っぽい。

帰りの妙見の森ケーブル


M8113822_omd.jpg
ケーブル山上11:00発のケーブルカーで下ります。やっぱり空いていて、一番前の座席後ろに立って前方を見ます。

M8113828_omdb2.jpg
登りのケーブルには、乗客が多く乗ってます。

M8113834_omd.jpg
黒川駅が見えてきました。

M8113844_omd.jpg
妙見の森ケーブルを後にします。長い年月の運行、おつかれさまでした。

M8113850_omd.jpg
接続する連絡バスは、私と登山帰りの高齢女性の2人でした。

川西能勢口に戻ります


M8113860_omd.jpg
ホーム先端で到着する電車を待ちます。リバイバル塗装車のいい写真撮れました。

M8113866_omd.jpg
この電車も110周年記念のヘッドマーク。能勢電鉄がこんなに歴史ある鉄道だとは知りませんでした。ガラガラですので帰りも優先席ですがかぶりつき席に座らせてもらいます。

M8113870_omd.jpg
光風台で交換する前パン5100系2両編成。ちなみにこの駅は大阪府でトンネルの向こうは兵庫県。

M8113876_omd.jpg
笹部を出発します。ここから単線並列区間です。山下止まりのこの電車は、直進して山下駅3号線に到着します。川西能勢口行は、左に分岐し山下駅4号線に入るのですが、早朝5時台にしか走らず、山下駅1号線経由日生中央行と同様に、乗るのが困難になってしまいました。

M8113882_omd.jpg
山下で同じホームで乗換えて、11:49に川西能勢口に戻ってきました。

(乗車は2023年8月)

前の記事:能勢電鉄2(山下~妙見口)
次の記事:阪急箕面線
関連タグ:ケーブルカー能勢電鉄
スポンサーサイト



能勢電鉄2(山下~妙見口)


山下駅で撮影


日生中央から山下に戻り、次は妙見線末端部の乗りつぶし。その前に山下駅で20分ほど滞在し、能勢電鉄の写真を撮っておきます。ここは大阪梅田から25.4km、郊外と言える地域の一番外れ、のイメージでしたが、どちらも10分間隔の2路線の分岐駅ですので、それなりに忙しい。

M8113595_omd.jpg
9:02、乗車して来た5100系5136Fの日生中央発川西能勢口行き電車をお見送り。

M8113594_omd.jpg
9:03、隣の3号線から5100系5148Fの妙見口行が出発。その後はしばらく静寂の時間。

M8113598_omd.jpg
山下駅の名物「1号線経由の日生中央行」が表示される2号線の出発案内。能勢電鉄に乗りに来る時は、これに乗るのを楽しみにしていたのですが、昨年12月のダイヤ改正で、平日は早朝3本(5:22、5:40、6:03)、土曜休日は2本(5:25、5:44)しか走らなくなってしまいました。もう沿線に泊まらないと無理、そして能勢電鉄の沿線には手頃なビジネスホテルがない。

M8113600_omd.jpg
使用してない階段、どういう経緯でこうなってしまったのでしょう。

M8113606_omd.jpg
9:10、1号線に日生中央行が到着して、9:11に出発。5108Fだ。3号線にも妙見口発が到着。

M8113609_omd.jpg
9:12、2号線に還暦越えの1700系川西能勢口行が到着。

M8113613_omd.jpg
9:12、川西能勢口行が出発

M8113616_omd.jpg
9:12、妙見口行も出発。山下と妙見口間の運用に就いているもう1本の5000系は、5124Fで川西国鉄前の路線で走っていた単行電車のリバイバル塗装。どこかでちゃんと撮れるといいな。

M8113621_omd.jpg
9:20、その次の日生中央行

M8113622_omd.jpg
同時刻に妙見口からの電車も到着します。

山下~妙見口でかぶりつき


M8113624_omd.jpg
一番に乗って、かぶりつき席を確保。川西能勢口発の電車から、登山ウェアの中高年の方々が続々と乗車し、2両編成の電車は立つ客が出るほどに混雑します。今日は山の日、妙見口からのバスは満員になりそうだな。

M8113628_omd.jpg
9:23発に出発。かぶりつきを楽しみます。

M8113629_omd.jpg
出発してカーブを曲がって単線になったところが次の笹部駅。山下からの距離は0.4km。周りに何もなし乗降客もいないし、秘境駅みたい。実際に能勢電鉄で最も利用客が少ない駅。

M8113634_omd.jpg
カーブをクネクネ、山の中に分け入ってゆきます。ケーブルカーに接続する路線らしくなって来ました。いいぞいいぞ。

M8113639_omd.jpg
短いトンネル手前で複線になって、交換駅の光風台。妙見線110年の歴史の中では新しく、日生線誕生と同じ年の1978年開業のニュータウンの利用者のための駅。ちなみにこのトンネルを越えたところから大阪府になります。

M8113644_omd.jpg
すごくいい雰囲気だ

M8113645_omd.jpg
勾配もきつめ

M8113646_omd.jpg
ときわ台駅。ここも1968年開業で、妙見線110年の歴史の中では新しい駅。

M8113647_omd.jpg
引き続き山の中へ

M8113650_omd.jpg
妙見口が見えて来ました。模型で再現したくなるような、コンパクトで美しい終着駅です。

M8113652_omd.jpg
9:31に到着。8分の乗車でしたが、中身の濃いかぶりつき光景でした。

M8113662_omd.jpg
多くの登山客が下車します。急いでバス乗り場に行って並ぶことにします。

(乗車は2023年8月)

前の記事:能勢電鉄1(川西能勢口~日生中央)
次の記事:妙見の森ケーブル・リフト
関連タグ:能勢電鉄

能勢電鉄1(川西能勢口~日生中央)

阪急宝塚本線の乗りつぶしを終えて、宝塚から川西能勢口に戻り、次は能勢電鉄です。

M8113555_omd.jpg
かぶりつき席に座りたいので、隣の乗り場に停車していた7200系の1本目を見送り、次のを待ちます。8:34発の2本目は5100系(5136F)で来てくれました。

M8113557_omd.jpg
無事にかぶりつき席をゲット、秘密基地を発車するみたいな景色だな。

M8113556_omd.jpg
運転台はこんなに近い、昭和の電車だ。

M8113558_omd.jpg
それでは出発。ちょっとだけ高架を走り

M8113559_omd.jpg
すぐに地上に降りて、絹延橋駅。

M8113560_omd.jpg
おっ!次にすれ違うのは1700系ではないですか。この1757Fの両先頭車は1962年製、中間の電動車は1960年製と1963年製、阪急で30年、能勢電鉄で30年、還暦越えのとんでもなく長寿な電車だ。もう1本待てば良かったな。

M8113561_omd.jpg
S字カーブを登り、

M8113562_omd.jpg
真新しいトンネルがあって

M8113563_omd.jpg
鉄橋を渡ります。この辺りは1969年に付け替えられた区間のようです。一瞬だけ見える橋の下は、意外にも美しい渓谷です。

M8113564_omd.jpg
次に来たのは5100系の5108Fで、能勢電鉄5100系4両編成で最後の幕車。

M8113565_omd.jpg
車両基地のある平野に到着。

M8113566_omd.jpg
2回目の鉄橋、ここもきれいな渓谷だった記憶です。

M8113567_omd.jpg
次も5000系で5146F。

M8113568_omd.jpg
お城?こんなところに立派なお城あったっけ?

帰って調べて見れば、大阪青山歴史文学博物館とのことで、1999年に竣工したもの。高台にあるからか、常総線で見た時のようなハリボテ感はありません。

M8113573_omd.jpg
日生線が分岐する山下駅が見えて来ました。

M8113575_omd.jpg
おっ、線路からホームまで綺麗なシンメトリー。こんなの珍しいのでは。そして中央に鎮座するダブルスリップスイッチは、この駅の名物「1号線経由の日生中央行です」の日生線の線内折返しで活躍します。昨年12月のダイヤ改正でなくなってしまったと思ってましたが、まだ早朝に3本(平日)だけ残ってます。

M8113576_omd.jpg
山下を出るところで、川西能勢口で見送った7200系7202Fとすれ違い。

M8113579_omd.jpg
1978年に開業した日生線をかっ飛ばします。全線高架とトンネルで、突然変わる線形と走りっぷり、神戸電鉄公園都市線そっくりです。

M8113582_omd.jpg
8:54、20分の乗車で終点の日生中央に到着します。大阪梅田からの距離は28.0km。私が毎日乗車する京王相模原線に当てはめると、京王永山と京王多摩センターの間になります。こちらは周辺に団地が無くて、航空写真を見ると戸建住宅がびっしりのようです。

M8113587_omd.jpg
乗車した5000系の日生中央側は前パンだったんだ、カッコいい。

M8113585_omd.jpg
ホームから車止め側を見ます。もう延伸することはなさそう。

M8113588_omd.jpg
一旦改札を出て、すぐまたホームへ。5分後に折返す電車で戻ります。

M8113590_omd.jpg
山下に到着する手前で1700系1757Fと二度目のすれ違い。ヘッドマークは「110周年」、能勢電鉄にはそんなに長い歴史があったんだ。ちなみに京王線にも「110周年」のヘッドマークを付けた7000系と9000系が走ってるところです。

M8113592_omd.jpg
山下に到着します。

(乗車は2023年8月)

前の記事:阪急宝塚本線
次の記事:能勢電鉄2(山下~妙見口)
関連タグ:能勢電鉄
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさん鉄道ファンの日本の鉄道の乗車記録です。2012年、ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになり、乗りつぶしをスタート。その時の未乗区間は7,818.4kmでしたが、12年目にしてあと1,078.2kmになりました。すべて乗りつぶすには、今の生活パターンだと、まだ7,8年ぐらいはかかりそうですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事をご覧になりたい方は下のカテゴリーの「年別目次」からどうぞ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

京阪電車 JR東日本 上毛電鉄 JR西日本 阪急電鉄 神戸電鉄 地下鉄路線 神戸市営地下鉄 能勢電鉄 ケーブルカー 近鉄 大阪メトロ 新交通システム パノラマグリーン車 貨物線・短絡線・渡り線 長崎電気軌道 JR九州 新幹線 路面電車 相模鉄道 東急電鉄 弘南鉄道 観光列車 JR東海 旧国鉄の第三セクター路線 明知鉄道 名鉄 長良川鉄道 樽見鉄道 専用鉄道訪問 名古屋市営地下鉄 モノレール くろがね線 平成筑豊鉄道 西日本鉄道 バスの旅 代行バス 真岡鐵道 関東鉄道 南海電鉄 福井鉄道 えちぜん鉄道 富山地方鉄道 箱根登山鉄道 小田急電鉄 国鉄時代 温泉 広島電鉄 錦川鉄道 いすみ鉄道 小湊鐵道 函館市電 非冷房車 JR北海道 京浜急行 金沢シーサイドライン 長野電鉄 信楽高原鉄道 喫煙車 東武鉄道 旧建設線の第三セクター路線 井原鉄道 秩父鉄道 蒸気機関車 西武鉄道 養老鉄道 札幌市営地下鉄 静岡鉄道 天竜浜名湖鉄道 愛知環状鉄道 北陸鉄道 駅そば 船旅 鹿児島市電 東海交通事業 上田電鉄 アルピコ交通 島原鉄道 三井化学専用線 松浦鉄道 筑豊電気鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 阿佐海岸鉄道 土佐くろしお鉄道 伊予鉄道 琴電 吊り掛け電車 猫登場 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 伊勢鉄道 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 芝山鉄道 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 北条鉄道 山陽電鉄 水島臨海鉄道 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 京王電鉄 台湾の鉄道 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR