fc2ブログ

相鉄鶴ヶ峰駅周辺で撮影

東急新横浜線と相鉄新横浜線に初乗車して、20年以上前に2年間住んでいたことのある鶴ヶ峰に到着。

相鉄の発展は、JR直通、東急直通に留まらず、今度は鶴ヶ峰駅周辺を地下化するんだそうで、現時点での完成予定は令和15年(2033年)とのこと。

そこで鶴ヶ峰駅周辺で電車の撮影をすることにします。生活感あふれる、駅から一番近い歩行者専用の踏切で待っていると、

M4112299_omdb.jpg
いきなり埼京線E233系が両側から来てすれ違い。とんでもない絵になりました。私の知ってる鶴ヶ峰じゃない!ここは十条か。

M4112300_omdb.jpg
次に車も歩行者も多い水道道の踏切。来たのは横浜ネイビーブルーの20000系、20年前の相鉄の色は、薄緑、アルミ素地、白の明るい雰囲気でしたが、変わったなぁ。この横浜ネイビーブルー、下町の鶴ヶ峰にはしっくりこない色です。

M4112301_omdb.jpg
次も横浜ネイビーブルーで9000系、私が鶴ヶ峰在住時は一番新しい電車でした。色が変わってしまいましたが、ギラリと光る外付けディスクブレーキに、相鉄らしさが残ります。

M4112304_omdb.jpg
鶴ヶ峰のメインストリートに続く道路(水道道)を昔からある歩道橋の上から見下ろします。ここは昔から踏切待ちで渋滞するところでしたが、相鉄都心乗り入れによる電車本数増で、更に渋滞が激しくなったのではないかと思います。早く地下化された方がいいんだろうな。

* * *

さて今度は駅の横浜側のS字カーブで撮ってみようか。駅南口の新しい高層複合ビルの横を通ると、テナントに、場違いな昔ながらの街中華屋さんが入ってます。お腹も空いたし、面白そうなので入ってみます。

全てのテーブルの上に灰皿があって、老人が紙巻きタバコをふかしてます。こんな店まだあったのか。店主も高齢です。これはもしかして…と、検索してみれば、やっぱりそうだ、ここにビルが建つ前からあった中華屋さんだ。20年以上前、毎日お店の前を通ってましたが、ここで食べた記憶がないのは、夜遅く営業してなかったからか。(この頃は毎日帰りが遅かった。駅北側の深夜営業のラーメン屋さんには、よく行ってました。)

* * *

サンマーメンでお腹を満たし、駅の横浜側で撮影します。

M4112307_omdb.jpg
相鉄20000系の各停横浜発湘南台行。

M4112312_omdb.jpg
相鉄11000系の快速海老名発横浜行。

M4112315_omdb.jpg
相鉄9000系の特急横浜発海老名行。

M4112320_omdb.jpg
東急のQシート車!こんな電車も鶴ヶ峰に来るようになったのか。座席指定車としての運用はまだのようですが、相鉄すごいな。

M4112322_omdb.jpg
左がQシート車組込み東急5050系4000番台の各停湘南台発本川越行(来る時に新横浜から西谷まで乗った電車でした)。右は相鉄12000系の各停新宿発海老名行。

M4112325_omdb.jpg
東急5050系4000番台の各停川越市発湘南台行

M4112326_omdb.jpg
相鉄11000系(そうにゃん10周年ラッピング車)の快速海老名発横浜行

M4112328_omdb.jpg
相鉄10000系の快速横浜発海老名行

M4112329_omdb.jpg
東急3000系の各停海老名発西高島平行。

M4112333_omdb.jpg
東急5080系の各停西高島平発海老名行。

M4112338_omdb.jpg
左はJR東日本E233系の各停海老名発新宿行。右は相鉄ネイビーブルー10000系の各停横浜発湘南台行。

M4112343_omdb.jpg
やっと相鉄8000系が来ました。各停湘南台発横浜行。8709Fで1995年に入籍した車両だそうで、登場して28年にもなるのか。

M4112344_omdb.jpg
相鉄に乗り入れるのは、JR車と東急車だけのようですが、これで全種類撮れたかな。暑くなってきましたし、そろそろ引き上げます。

鶴ヶ峰から乗るのは、東急車の西高島平行き。一番前に乗りますが、かぶりつき席(立席)には、必ず誰かいます。開業して間もない新線なので、みんな狙ってるようです。

行きに乗った相鉄新横浜線と東急新横浜線を一本の列車で引き返し、多摩川駅ホームで撮影しようかと降りるつもりでいましたが、多摩川駅東京側のホーム先端は、撮り鉄がびっしりで、入れそうな余地がありません。撮影は諦め、そのまま乗り通すことにし、今日はこれで帰ることにします。

(撮影は2023年4月)

前の記事:東急新横浜線・相鉄新横浜線乗車記
関連タグ:相模鉄道東急電鉄
スポンサーサイト



東急新横浜線・相鉄新横浜線乗車記

4月の中旬の平日、開業して1か月の東急新横浜線と相鉄新横浜線に乗ってきました。

20年以上前、2年間だけ相鉄の鶴ヶ峰に住み、渋谷に半年、駒込に1年通勤した私にとって、夢物語だった路線がついに現実になりました。

この日はりんかい線沿線で午前中に用があって、その後は自由時間。都会の電車なので予定は組まず、行き当たりばったりで行動します。

M4115607_rxb.jpg
東急には大井町から乗車します。ホームに上がると、右に9000系の各停溝の口行、左に6000系の急行溝の口行、大岡山には後から発車の急行の方が早く着くそうで、いつの間にか東急で一番古い車両になってしまった9000系はお見送り。

M4115608_rxb.jpg M4115612_rxb.jpg
後から発車の6000系急行の細い窓から、しばらく大井町線のかぶりつきを楽しみます。9000系は各駅停車で最後の活躍中、この車両は田園都市線の2000系だった9020系というやつだ。平日夜に座席指定車になる車両を組み込んだ6020系も来た。

M4115615_rxb.jpg
大岡山に到着、下車して写真を撮っていると、同じホームの反対側に東京メトロ9000系の急行新横浜行が到着です(写真は撮れず)。これに乗り換えます。

大岡山駅が方向別で地下化されたのは1997年。その時の目蒲線と大井町線は、短距離短編成のマイナー路線同士で、とても過剰な設備に思えたのですが、どちらの路線もネットワークを拡大、編成も長くなり、急行同士が接続するなんて立派になったものです。

新横浜線に直通する急行は、一番前に乗車しましたが、地下区間でもカーテンを閉めない右側窓のかぶりつき場所には先客がいます。新線の初乗車は是非ともかぶりつきしたみたい。次のにすればチャンスがあるかなと日吉で下車します。

ちょっと目黒側のホーム先端で写真でも撮るか。

M4112245_omdb.jpg M4112246_omdb.jpg
東急5000、東京都6300、東京都6500

M4112249_omdb.jpg M4112253_omdb.jpg
東京メトロ10000、東京メトロ9000

M4112256_omdb.jpg M4112261_omdb.jpg
埼玉高速2000、東急3000

これは面白い、たった10分でこれだけの種類が撮れました。他にも東武、西武、相鉄の車両が来るわけで、沿線に住む子供たちからは鉄道マニアが量産されてそうです。帰りにもっと綺麗に撮れる多摩川駅に寄ってみようかな。

最後の東急3000は相鉄に直通する急行海老名行です。最後尾の乗務員室を見ると、東急内はワンマン運転なので、車掌さんがいません。これなら乗務員室越しに後方を、気兼ねなくガン見したりカメラを向けられます。これに乗車します。

M4112276_omdb.jpg
新しく開業した新横浜線に入ります。日吉を出たところで、すぐに地下へ。

新綱島に止まって7分で新横浜に到着。菊名乗換から比べたら革命的な速さです。

ここからは相鉄の車掌さんが乗車、後方風景を見にくくなりますので、一旦下車することにします。

M4112281_omdb.jpg
新横浜駅ホームは2面3線。左が日吉から新横浜まで乗った東急3000、右が大岡山から日吉まで乗ったメトロ9000系。

長いエスカレーターで地上を目指します。それにしても地下深くに駅を作ったな。

M4112283_omdb.jpg M4112282_omdb.jpg
やっと地上まで出ました。私の知ってる新横浜の街だ。

エスカレーターを歩かない条件で乗換したら、従来通り菊名乗換の方が、場合によっては早かったりするかもしれません。新幹線の改札まで行ったところで、また地下に戻ります。

M4112285_omdb.jpg
新横浜駅の出発案内を見ます。相鉄方面は20分間隔があく時間があるのか、ここに羽沢横浜国大からJR側の直通車が入ってくるのでしょう。東急方面は10分間隔で都営三田線、東京メトロ南北線、東京メトロ副都心線の順、改めて凄い路線が出来たと思う。

乗車する各停湘南台行は東急5050系4000番代で来ました。一番前に乗車しますが、この電車、地下でもかぶりつきできる、乗務員室ドアの窓がない。大人しく座席に座ります。

M4112286_omdb.jpg
新横浜から鶴ヶ峰までの乗車時間は9分なのか、凄い。昔は横浜と東神奈川乗換えで、1時間以上かかったぞ。

M4112289_omdb.jpg
西谷に到着、同じホーム反対側に停車していた横浜発の各駅停車海老名行の方が早く出発するそうで乗り換えます。西谷駅の二俣川寄りの留置線には、横浜西谷間区間運転の電車がいます。相鉄の横浜西谷間は、東武の浅草北千住間にみたいになってしまったのかな。

M4112290_omdb.jpg
昔住んでた鶴ヶ峰に到着します。2年前のJR直通に乗りに来て以来ですが、ホームドアが出来ていて、また進化している。

隣のホームは急行西高島平行、巣鴨まで乗換なし、1時間8分で着のか。

M4112295_omdb.jpg
横浜側ホーム先端にて、新横浜から西谷まで乗車した、東急5050系4000番代を撮ります。

(乗車は2023年4月)

次の記事:相鉄鶴ヶ峰駅周辺で撮影
関連タグ:東急電鉄相模鉄道

久々の相鉄線乗車と、相鉄・JR直通線の復路

初めて相鉄・JR直通線に乗車して着いた、昔住んでいて18年ぶりになる鶴ヶ峰駅は、南口が再開発されただけでなく、バリアフリー化され、構内にコンビニが出来てたりで、しっかり進歩しています。それではここから久々に横浜まで乗ってみることにします。

J6234907.jpg
上りホームに各停新宿行が来ました。私が住んでいた頃に、これが走っていたら通勤が楽だっただろうなぁ。車内はガラガラでして、実際のところ今は、二俣川・鶴ヶ峰・西谷ぐらいの人しか乗らないのでしょうか。二俣川から新宿で、相鉄・JR直通線と大和から小田急乗換えで比較してみると、早いのは前者でその差は5,6分、安いのは後者でその差は129円。

写真を撮り損ねてしまいましたが、次に来た各停横浜行は、新宿行とは違って、ほとんどの座席が埋まるぐらいの混雑で来ました。横浜ネイビーブルー塗装の9000系で、車内もスタイリッシュなモノトーン調のものに更新されています。乗客の相鉄沿線住民も、なんだかお洒落に見えてきます。

J6234908.jpg
でも運転室の中は緑色のままでして、ここだけ空気が違ってます。運転手さんも野暮ったく見えます。ここで横浜までかぶりつきします。

J6234909.jpg
都心へワープする入口が出来た西谷駅、元は上空を新幹線が通過するという屈辱的な駅でした。鶴ヶ峰在住時代、朝早く新横浜からこだまで静岡県に行く用がよくあったのですが、これも大変でして、横浜、東神奈川乗換で、30分に1本のこだまに乗り遅れないよう、余裕をもって新横浜に行かなくてはなりません。やっとこだまに乗車して、家を出て1時間以上が過ぎた頃、家から歩いて数分の鶴ヶ峰病院の横を通過するのを見るのは、腹が立つったらありゃしません。しかもこだまで座ってられる時間は、立って家から新横浜まで移動する時間より短い。それももうすぐ東急との直通で解決するのか。

J6234912.jpg
上星川で8000系8710Fがきれいに撮れました。私がいた頃は、この8000系と9000系が同時に増備されたバリバリの新車でした。色もこれでなくて赤でした。

J6234913.jpg
上星川を出ると、見えてきました。これがそうなのか。

J6234915.jpg
2018年に高架化された星川駅へ坂を登って行きます。

J6234916.jpg
おおーっ!あの星川駅が、こんな近代的な駅になったんだ。ここは、各停に乗車すると急行通過の退避で数分足止めされる、忌わしい感じの駅でした。とはいえ私もこの駅には仕事で1年弱通ったことがありまして、いろいろ思い出のある駅です。駅前に製糖工場があった頃になります。駅は電留線で昼寝する電車がいて、長閑な雰囲気でした。高架化工事の開始前に、写真撮りに来れば良かったなぁ。

J6234919.jpg
天王町側には再び電留線を作っているみたいです。将来、何かしらのトラブルで、JRや東急への直通運転を取りやめた時、折返しをするために設備になるらしい。

J6234923.jpg
天王町駅が見えてきました。昔のこの辺は、いくつかの踏切を越えた後、急な上り坂で高架の天王町駅に至った記憶ですが、今は下り坂になってしまってます。

J6234926.jpg
天王町から先はあまり変わっていないようで、ここ横浜駅進入の光景も昔のままです。

J6234928.jpg
でも横浜駅はホームドアが出来たんだ。

相鉄横浜駅といえば「星のうどん」でしょう。おろし生姜をたっぷり入れて、久々にいただきます。やっぱ美味しいなぁ。昔はカウンターに皮をむいた生姜とおろし金が置かれていて、自分ですりおろしていたんだよな。みんなが素手でつかむので、今考えるとちょっと不衛生でしたが、開店時(確か6時半だっけ?)に入ると、誰も触ってないきれいな生姜をおろせます。

***

その後、延伸した金沢シーサイドラインに乗車しに行って、上りの相鉄・JR直通線にも乗るべく、再び横浜から相鉄に乗車します。ちょっと駅で写真を撮っていこう。

J6234998.jpg
降りたのは天王町駅。いきなり今は1編成しかない20000系が来ました。

J6234999.jpg
後追いで順光になるのですが、太陽光の下で、この色を正確に出すのは難しいんだろうなぁ。そしてこの20000系は東急東急線側に乗り入れる10両編成と、東急目黒線側に乗り入れる8両編成が出来るそうで、ずいぶんと複雑な運用となりそうです。

J6235003.jpg
横浜ネイビーブルーの9000系9703F。前面の黒い部分の面積が大きいので、12000系や20000系ほどのキラキラ感がありません。

J6235006.jpg
あんまりきれいに撮れないので星川駅に移動。まずは8000系8705F。最初に製造されたのは30年の活躍になり、廃車も始まっています。

J6235008.jpg
各停が本線に停車します。今は日中は星川駅で優等列車に追い越されないんだ。(昔もそうでしたっけ?)

J6235014.jpg
JR東日本E231系ベースの10000系10705F。私が相鉄を利用しなくなってからデビューした電車。

J6235015.jpg
今度はJR東日本E233系ベースの11000系11003Fそうにゃんラッピング。

J6235018.jpg
そうにゃん可愛いなぁ。そういえば昔、相鉄にはペンキで絵を描いた新6000系が何種類も走っていました。そこに描かれたキャラクター?はちょっと怖かったなぁ。

J6235027.jpg
30分待って現在相鉄で一番古い新7000系の7751Fが来ました。

J6235028.jpg
長年相鉄の顔であった元祖7000系と、これも個性的な8000系や9000系の間に挟まれて地味な存在でしたが、そろそろひっそり引退となりそうです。

***

復路も相鉄・JR直通線に乗車します。乗車するのは西谷16:02発の特急新宿行、相鉄12000系運用です。やっぱりガラガラですので、余裕でかぶりつき場所も確保出来ました。それでは上り列車でのかぶりつき風景のダイジェストです。

J6235039.jpg
西谷駅は2面4線の外側が羽沢横浜国大方面、ホームを出たらすぐにトンネルです。

J6235044.jpg
羽沢横浜国大を出た先にある分岐、外側がJR鶴見方面、内側が東急新横浜方面。

J6235053.jpg
鶴見駅を通過。往路に割畑信号所で見たDE10 1662に、ここでも会いました。私にお別れを言いに来たんじゃないだろうな。

J6235061.jpg
鶴見の先、左の東海道本線・京浜東北線をオーバークロスします。右は東京貨物ターミナル方面。

J6235070.jpg
上りならではの見所は、新鶴見機関区の北側を走るところでしょう。EF65PFは、ずいぶん国鉄色が増えました。それとEH500は新鶴見にこんなにいたっけ。北海道に乗り入れなくなった分、首都圏に顔を出す機会が増えたのでしょうか。

J6235082.jpg
新鶴見信号所が終わって、右のトンネルに入る線路は武蔵野南線。その後、横須賀線の線路と合流し、武蔵小杉駅に着きます。

写真省略しますが、その後の新宿までも、新幹線と並走、2回も平面交差がある大崎支線、目黒や代々木付近の独特な雰囲気の山手貨物線地上区間と見どころは一杯です。

私の思う、かぶりつきが最も面白い路線、今までは都市部では、新宿湘南ライン、京急本線、成田スカイアクセス線・・・いろいろあって決められない状態でしたが、相鉄・JR直通線が誕生し、これがぶっちぎりの1番となります。特に武蔵小杉から羽沢横浜国大は濃すぎます。トンネル区間のため、運転室仕切り窓はドア部分以外カーテンで閉められてしまうので、かぶりつき場所の定員が1名なのが難点です。

(乗車は2020年6月)

前の記事:相鉄・JR直通線乗車記(往路)
次の記事:全通した金沢シーサイドラインに乗車
関連タグ:JR東日本相模鉄道

相鉄・JR直通線乗車記

昨年2019年の11月、横浜羽沢から鶴見までの貨物線を利用し、相鉄の電車が都心に乗り入れる、「相鉄・JR直通線」という、とんでも路線が誕生しました。この計画が発表された15年前、そんな夢みたいな話・・・と思っていたのが本当に実現してしまったわけで、時代は変わるもんです。

J6234812.jpg
新型コロナによる都道府県を跨いでの移動制限も解除され、やっと私も初乗車出来ます。乗るのは新宿9:53発の各停海老名行で、相鉄12000系での運用です。

J6234813.jpg
無事にかぶりつき場所もゲットしました。ちなみにこれより前に出発する相鉄直通電車は、先頭車が女性専用車になってしまうので、男性は大崎からでないとかぶりつきが出来ません。それでは出発。湘南新宿ラインは首都圏で一番かぶりつきが楽しい路線だと思います。

J6234815.jpg
先月移転したばかりの渋谷駅埼京線ホームは、旧ホームも通路として利用されてるみたいで、端から端まで歩いたら何メートルになるんだろう。東急東横線は、渋谷も横浜も地下化によって、旧駅スペースをJR東日本のライバル路線に譲り、利便性を良くさせてしまう結果になってしまっています。

蛇窪信号場をゆっくり走り西大井、ここから先頭車は、運転室後ろに張り付いている私一人だけになってしまいます。その後、新幹線と並走する区間を100kmを越えるスピードで走るのを見て思うのは、相鉄も立派になったなぁ~。

J6234823.jpg
多摩川を渡ります。新宿から乗ったので言うのを忘れてしまいましたが、相模鉄道さん、悲願であった東京への乗り入れおめでとうございます。

武蔵小杉で、先頭車は私1人から3人になります。少ないなぁ。さぁ、ここからが相鉄・JR直通線の核心部になります。

J6234829.jpg
武蔵小杉を出るとポイントを右へ、

J6234830.jpg
横須賀線上り線の下をくぐります。東海道貨物線は上り湘南ライナーでしか乗車したことがないので、ここを通るのは私は初めて。

J6234832.jpg
右の武蔵野南線からの線路と繋がります。ちょうど相鉄から来たE233系とすれ違い。

J6234835.jpg
今日は新鶴見信号所には貨物列車が1本もいません。いたのはEH200の単機のみ。

J6234837.jpg
新川崎駅の横をすり抜けます。ここのホームは撮り鉄さんがよくいるところ。この路線は武蔵野南線~横浜方面への臨時列車で乗ったことのある区間ですが、かぶりつきは出来ませんでしたので、見る景色すべてが新鮮です。

J6234838.jpg
割畑信号所でDE10 1662。そろそろDE10もお別れかな。

J6234839.jpg
左に分かれる尻手につながる貨物線は、まだ未乗車。

J6234842.jpg
貨物来た!

J6234843.jpg
そろそろ鶴見、ダイナミックな立体交差が始まります。まずは横須賀線の下をくぐり、

J6234845.jpg
鉄橋で京浜東北線・東海道本線を跨ぎ、盛土で東海道貨物線も跨ぎ、東海道方面の在来線線路すべての10本が並ぶ区間の一番南側を走ります。

J6234847.jpg
鶴見川を渡ります。ここも撮り鉄スポットのはずですが、今日は誰もいません。

J6234849.jpg
鶴見駅構内を走り抜けます。私は何年かしたら、ここの貨物待避線の1,2本を減らしてホームを作り、JR・相鉄直通線が鶴見に停車するようになるのではないかと思っています。いや、ひょっとしたら東京駅や下北沢駅でやったような技術を使い、東海道本線や横須賀線にもホームが出来て、一大ターミナルになるかもしれません。そして鶴見線も大化けするかも。相鉄が新宿に乗り入れたことに比べたら、はるかに現実的で実現も簡単そうです。

J6234852.jpg
鶴見駅構内が終わります。東海道本線が品川を出てから最初に京急と並走する区間で、鶴見線の鉄橋の下をくぐる部分のみの僅かな複線区間。

J6234855.jpg
さぁいよいよです。注目のポイント群が見えてきました。武蔵野南線からの臨時列車はここで右へ分岐して東海道本線の旅客線に行ってしまうので、ここを真っ直ぐ走るのは初めてです。

J6234856.jpg
左に分岐するのは桜木町につながる貨物線。ここも私が生きてるうちに旅客列車が毎日走るようになるかな。

J6234858.jpg
横浜羽沢につながるトンネルに入ります。首都圏で一番謎めいた貨物線に通勤電車が日中30分間隔で走るようになるなんて時代も変わるもんだな。大口付近の高架部分は、しっかりシェルターで塞がれていて、光は見えません。途中で埼京線E233系とすれ違い。

J6234861.jpg
約5分でトンネルを出ます。ずいぶん緑の多い場所だな。

J6234863.jpg
EF66 117に福山通運のコンテナ列車だ。

J6234864.jpg
ポイントだ。

J6234867.jpg
横浜羽沢駅だ。

J6234869.jpg
横浜羽沢駅の全体が見えてきそうなところで地下に入ってしまいます。

J6234871.jpg
すぐに光が見え、右から新横浜からの東急・相鉄直通線と合流して、

J6234874.jpg
羽沢横浜国大駅に到着。長かったなぁ。こんなにかぶりつきが楽しい区間は他にあるまい。ここで乗務員の交換。ここからは相鉄新横浜線、再び地下を走ります。

J6234875.jpg
地上に出た。西谷駅だ。

J6234877.jpg
西谷に同時に到着した。右の快速が先に発車するとのことで乗り換えます。

J6234882.jpg
同じ新型車の12000系かと思いきや、運転室の造りが全然違う、これは東急に直通する予定の20000系だ。西谷駅の北側には引き上げ線出来たんだ。

J6234887.jpg
緑の多いS字カーブを登って行きます。鶴ヶ峰駅だ。懐かしい光景です。

J6234890.jpg
新宿から47分で鶴ヶ峰に到着。速いなぁ。

実は私、約20年前に2年間だけ、ここ鶴ヶ峰に住んでいたことがあるのです。当時は横浜に本社がある会社に勤めていて、半年から2年の間隔で、横浜市内での勤務地が変わる生活でした。ところが鶴ヶ峰に住んで半年で東京に進出することになり、渋谷に半年、駒込に1年、ここから通うことになってしまいます。通勤辛かったです。帰るのが面倒になって池袋のインターネットカフェによく泊ってました。そして次は王子に2年との命令で、もう耐えられんと王子に引っ越してます。それが渋谷へは乗り換えなしで、数年後には駒込にも王子にも乗り換えなしで行けるようになるなんて、凄いなぁ。

J6234893.jpg
話には聞いてましたが、私の利用していた南口には、こんな高層マンションにショッピングモールが出来たんだ。20年前のここは不思議な場所で、しょぼい不動産屋さんに回転すし屋、奥に入ったところに幽霊屋敷みたいな居酒屋さんがありました。そして横浜側は、駅から歩いて1分の栗畑でした。南口にこんなのが出来て、さぞかし北口側は寂れてしまったんだろうと歩いてみましたが、昔のままのゴチャゴチャした雰囲気で、私が住んでいた時よりも賑やかになっている感じです。ただ、よく行った銭湯(確か名前は鶴の湯)は、無くなってしまったようで見つかりませんでした。

(乗車は2020年6月)

次の記事:久々の相鉄線乗車と、相鉄・JR直通線の復路
関連タグ:JR東日本相模鉄道
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさん鉄道ファンの日本の鉄道の乗車記録です。2012年、ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになり、乗りつぶしをスタート。その時の未乗区間は7,818.4kmでしたが、12年目にしてあと1,078.2kmになりました。すべて乗りつぶすには、今の生活パターンだと、まだ7,8年ぐらいはかかりそうですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事をご覧になりたい方は下のカテゴリーの「年別目次」からどうぞ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

京阪電車 JR東日本 上毛電鉄 JR西日本 阪急電鉄 神戸電鉄 地下鉄路線 神戸市営地下鉄 能勢電鉄 ケーブルカー 近鉄 大阪メトロ 新交通システム パノラマグリーン車 貨物線・短絡線・渡り線 長崎電気軌道 JR九州 新幹線 路面電車 相模鉄道 東急電鉄 弘南鉄道 観光列車 JR東海 旧国鉄の第三セクター路線 明知鉄道 名鉄 長良川鉄道 樽見鉄道 専用鉄道訪問 名古屋市営地下鉄 モノレール くろがね線 平成筑豊鉄道 西日本鉄道 バスの旅 代行バス 真岡鐵道 関東鉄道 南海電鉄 福井鉄道 えちぜん鉄道 富山地方鉄道 箱根登山鉄道 小田急電鉄 国鉄時代 温泉 広島電鉄 錦川鉄道 いすみ鉄道 小湊鐵道 函館市電 非冷房車 JR北海道 京浜急行 金沢シーサイドライン 長野電鉄 信楽高原鉄道 喫煙車 東武鉄道 旧建設線の第三セクター路線 井原鉄道 秩父鉄道 蒸気機関車 西武鉄道 養老鉄道 札幌市営地下鉄 静岡鉄道 天竜浜名湖鉄道 愛知環状鉄道 北陸鉄道 駅そば 船旅 鹿児島市電 東海交通事業 上田電鉄 アルピコ交通 島原鉄道 三井化学専用線 松浦鉄道 筑豊電気鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 阿佐海岸鉄道 土佐くろしお鉄道 伊予鉄道 琴電 吊り掛け電車 猫登場 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 伊勢鉄道 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 芝山鉄道 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 北条鉄道 山陽電鉄 水島臨海鉄道 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 京王電鉄 台湾の鉄道 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR