fc2ブログ

樽見鉄道樽見線乗車記

JR関西本線・近鉄名古屋線に乗ると、弥富・桑名間で、木曽川・長良川・揖斐川の、3本の川を連続で渡りますが、今回の旅行では、それぞれの川の支流を含む上流を走る、岐阜県の旧国鉄第三セクター路線の三兄弟、明知鉄道、長良川鉄道、樽見鉄道の乗りつぶしをします。先ずは大垣から樽見鉄道樽見線です。

L8201410_omdb.jpg
乗車するのは大垣10:41発の樽見行、切り欠きホームの6番線から出発します。

L8201414_omdb.jpg
CC Netの全面広告車。聞き慣れないCC Netという会社は、中部地区のケーブルテレビ局とのこと。

写真では車内ガラ空きですが、ホームでキヤ95の出発シーンなどを、のほほんと撮ったいるうちに、いつのまにか人が増えてます。そして今日は8月後半の土曜日だからか同好の士が何人もいて、運転室横のスペースは人がいっぱい。国鉄車両だと思って前面展望は諦め、進行方向右側のクロスシートに座ります。それでは出発。

L8201423_omdb.jpg
しばらくは東海道本線と並走。

L8201425_omdb.jpg
ちょっと離れたところで、1面2線の東大垣駅に到着。

L8201432_omdb.jpg
揖斐川を渡ります。向こうに見える鉄橋は東海道本線。かつて大垣夜行やムーンライトながらに乗車し、この樽見線が近づいて来るのを見て「そろそろ大垣だ(ダッシュの準備だ)」となったところ。揖斐川を渡ると東海道本線は見えなくなり、初めての土地に入って行きます。

L8201436_omdb.jpg
北川真桑駅(人の名前みたい)でMALeraラッピング車のハイモ330-702と交換。MALeraとは、この先にあるショッピングセンター、モレラ岐阜のこと。そして交換する列車は、土曜休日に本巣大垣間で運転される、お買い物列車みたいです。

そして次がモレラ岐阜駅で、乗客の半分がここで下車し、一列になってショッピングセンターまで歩いて行きます。樽見鉄道利用者の2割がこの駅を利用するそうで、こんな成功例があったのか。

L8201437_omdb.jpg
11:07、樽見鉄道の中心駅、本巣に到着します。ここで交換するのは樽見発の列車で、ホームに出てぶらぶらしている人が多いので、こっちも乗り鉄さんが多いようです。

L8201440_omdb.jpg
11:08、乗り鉄さんをたくさん乗せて、樽見鉄道オリジナルカラーのハイモ295-516が大垣に向けて出発。

L8201447_omdb.jpg
私の乗った列車も、ここで11分停車しますので、ホームに降りてみます。鉄印帳を持って駅舎に走って行く人もいます。あちこちのローカル線を乗りつぶしていますが、鉄印帳を持ってスタンプを集めている人を見るのは、実は初めてです。乗ったのはハイモ295-617、廃線になった三木鉄道にいた車両で、樽見鉄道唯一のクロスシート車とのこと。

L8201443_omdb.jpg
新型の樽見鉄道オリジナルカラー、ハイモ330-703もいますが、こちらは入庫。これで樽見鉄道に在籍する車両の6両のうち4両を見ました。

L8201450_omdb.jpg
樽見鉄道といえば、石灰石輸送の貨物列車と、ラッシュ時には通学する高校生のための客車列車も運転していましたので、機関車と客車も保有し、旧国鉄第三セクター鉄道の中では大企業みたいな存在でした。ところが貨物列車も客車列車も2006年3月に運行停止、今は保有車両6両になってしまったとは、すっかりコンパクトになってしまったものです。

本巣を出発します。次が織部駅で、ここは駅前に道の駅があります。道の駅はローカル線の終着駅に建てて頂けると、我々のような車に乗らない旅行者も食事を楽しめて、少しはお金を使って沿線の経済にも貢献できるのですが、どうなんでしょう。せっかく終着駅にあっても、九頭竜湖駅のように、滞在時間がなくて何も出来ないのも困りもの。

L8201453_omdb.jpg
ここからは左手の車窓が見どころで、セメント工場が見え、石灰石の採掘場が見え、今度は砕石?の採掘場(上写真)が見えます。そして川の対岸には名鉄谷汲線の廃線跡があるはずですが、ここからはよくわからない。帰りは反対側に座ろう。

木知原(「こちぼら」と読む)で多くのハイキング客が降りて、車内はボックスシートの半分が空くぐらいになります。国鉄時代の終着駅の神海は、可愛らしい駅舎がある島式ホームの交換駅というだけで、周りは何もなさそう。ここから1989年に開業した区間。

L8201454_omdb.jpg
横を流れる川は根尾川で何度も渡ります。

L8201456_omdb.jpg
岐阜県にも高尾駅があったのか。ホームに苔が綺麗に生えていて、降りる人はごく僅かの模様。

L8201457_omdb.jpg
山間を進み、最後に渡る根尾川は、細くなって流れが速い。雨も降ってきました。

L8201463_omdb.jpg
11:51、終点樽見に到着します。撮っている後側が大垣方面です。

L8201462_omdb.jpg
大垣方面を向きます。長いホームです。確か樽見駅にはかつて、桜を観にくる観光客輸送のDE10が牽く客車臨時列車が走っていたんだよな。ちょっと検索してみれば、客車はオハフ33、50系、12系、14系だけでなく、トキ25000を改造したトロッコ風客車まで存在していたんだそう。そして蒸気機関車(C56 160)が走った実績もあります。樽見鉄道の全盛期は凄かったんだなぁ。1989〜2006年ぐらいの頃です。

L8201459_omdb.jpg
機回し線で、線路はこれ以上もう伸びません。

L8201471_omdb.jpg
外に出ます。面白いモニュメントです。駅前のトイレを借ります。

L8201473_omdb.jpg
12分後の大垣行で帰りましょうか。

L8201475_omdb.jpg
帰りは往きと反対側のボックスシートに座ります。

L8201489_omdb.jpg
こちら側の景色で注目したいのは名鉄谷汲線の跡、これがそうなのか?

L8201494_omdb.jpg
こちらは石灰石の採掘場。

L8201498_omdb.jpg
本巣に着きます。かつて石灰石貨物列車がたむろしていだだろう側線です。ここまでガラガラでしたが、ボックスシートの私の前の席に人が座り、カメラをしまうことにします。

13:06、大垣に到着。大垣から別れる2本の支線に乗ったし、養老鉄道にも2019年に乗ったし、普通列車で東海道本線を乗り継いで行くことも無さそうだし、当分大垣に降り立つことは無いかもしれません。

* * *

おまけで大垣から美濃太田への道中で撮った写真

L8201500_omdb.jpg
5分の接続で乗った東海道本線上り特別快速から見る、樽見鉄道の東大垣駅。

L8201501_omdb.jpg
揖斐川を渡ります。気になっていた丈の低い古い橋は道路橋になってます。その奥の緑の橋が樽見鉄道。

L8201503_omdb.jpg
今度は長良川を渡ります。11分で岐阜に到着し、

L8201505_omdb.jpg
岐阜駅では、そろそろ引退となりそうな311系、

L8201507_omdb.jpg
福山通運のコンテナ列車が来たぞ、EF210 300番台で黄色いライン合います。

L8201509_omdb.jpg
気動車特急の最高傑作(だと私の思う)キハ85ひだ。

L8201504_omdb.jpg
次に乗るのはこれ、太多線直通の多治見行、キハ75-3404…3400番台って、どんな番台?
武豊線用のワンマン車400・500番代を、武豊線電化→美濃太田転属に伴い寒冷向に改造したのが3400・3500番台だそうだ。

L8201518_omdb.jpg
名鉄各務原線と並走して昨日来た新鵜沼駅を見ます。鵜沼ですれ違うのは、ロングシートのキハ25。

L8201519_omdb.jpg
今度は木曽川を見ます。

L8201526_omd.jpg
美濃太田では、特急ひだのデビューしたばかりの新型車、HC85系が見れました。豪快なエンジン音を残して名古屋に向けて出発する様子は、見た目、ほぼディーゼル特急でして、クモハやモハを名乗るのは、ちょっと無理があるのでは…と、思うところです。

(乗車は2022年8月)

前の記事:美濃赤坂で石灰石の貨物列車を見る
次の記事:長良川鉄道乗車記1(美濃太田~美濃市)
関連タグ:旧国鉄の第三セクター路線
スポンサーサイト



プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさん鉄道ファンの日本の鉄道の乗車記録です。2012年、ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになり、乗りつぶしをスタート。その時の未乗区間は7,818.4kmでしたが、12年目にしてあと1,078.2kmになりました。すべて乗りつぶすには、今の生活パターンだと、まだ7,8年ぐらいはかかりそうですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事をご覧になりたい方は下のカテゴリーの「年別目次」からどうぞ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

京阪電車 JR東日本 上毛電鉄 JR西日本 阪急電鉄 神戸電鉄 地下鉄路線 神戸市営地下鉄 能勢電鉄 ケーブルカー 近鉄 大阪メトロ 新交通システム パノラマグリーン車 貨物線・短絡線・渡り線 長崎電気軌道 JR九州 新幹線 路面電車 相模鉄道 東急電鉄 弘南鉄道 観光列車 JR東海 旧国鉄の第三セクター路線 明知鉄道 名鉄 長良川鉄道 樽見鉄道 専用鉄道訪問 名古屋市営地下鉄 モノレール くろがね線 平成筑豊鉄道 西日本鉄道 バスの旅 代行バス 真岡鐵道 関東鉄道 南海電鉄 福井鉄道 えちぜん鉄道 富山地方鉄道 箱根登山鉄道 小田急電鉄 国鉄時代 温泉 広島電鉄 錦川鉄道 いすみ鉄道 小湊鐵道 函館市電 非冷房車 JR北海道 京浜急行 金沢シーサイドライン 長野電鉄 信楽高原鉄道 喫煙車 東武鉄道 旧建設線の第三セクター路線 井原鉄道 秩父鉄道 蒸気機関車 西武鉄道 養老鉄道 札幌市営地下鉄 静岡鉄道 天竜浜名湖鉄道 愛知環状鉄道 北陸鉄道 駅そば 船旅 鹿児島市電 東海交通事業 上田電鉄 アルピコ交通 島原鉄道 三井化学専用線 松浦鉄道 筑豊電気鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 阿佐海岸鉄道 土佐くろしお鉄道 伊予鉄道 琴電 吊り掛け電車 猫登場 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 伊勢鉄道 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 芝山鉄道 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 北条鉄道 山陽電鉄 水島臨海鉄道 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 京王電鉄 台湾の鉄道 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR