fc2ブログ

弘南鉄道大鰐線乗車記

青森旅行の2日目です。

この日の予定は、弘南鉄道大鰐線に乗ることと、大鰐温泉に入ること。大鰐線は中央弘前駅側から乗ります。

LB285048_rxb.jpg
昭和な街並みの弘前中心部を歩いて、やっと着いた中央弘前駅。意外と遠かった。

中央弘前駅のシンボルといえば、これも昭和の香りでいっぱいの渋い駅舎でしょうか。前回(30年ぐらい前ですが)来た時は、雪が降る薄暗い日だったので、とても重厚な雰囲気でしたが、今日みたいな朗らかな天気の日に見ると全然違って、昔の街の小さな映画館みたいです。写真は逆光なので上手に撮れません。

着いたのが出発数分前で、構内や駅周辺をゆっくり見る時間は無く、自動券売機で切符を買い、改札が始まってホームへ。

LB285056_rxb.jpg
乗車するのは、中央弘前11:30→大鰐12:04の電車。旧東急7000系オリジナル顔の7033+7034で、1964年製とのことですが、まだまだ現役です。

LB285059_rxb.jpg
車内はりんごの提灯?をぶら下げています。りんご列車?

それでは出発、ローカル私鉄の高くない規格の線路を、もっさりと加速します。その加速もすぐに終わり、ゆっくりと減速して鄙びた駅に停車。

この電車が東横線で、各駅停車ながら全力で疾走していた時代を知っているのですが、一線を退き、静かに余生を過ごすというのは、正にこういうことだな。

それにしても東急時代が24年で、弘南に来て34年…、余生が長すぎる。こんな人生もいいかもしれません。

沿線の風景は、収穫が終わったリンゴ畑。すべて収穫せず1個だけ残しておくのは、鳥の分でしょうか。

ワンマン運転ですので、一番前でかぶりつきをしては、運賃収集の邪魔になるかと、座席でおとなしくしていましたが、そろそろ交換駅の津軽大沢、ちょっと一番前に立たせてもらいます。

LB285060_rxb.jpg
右も左もずっとリンゴ畑、いい風景です。

LB285066_rxb.jpg
津軽大沢に着きます。ここで交換するのは7031+7032。レンガの建物をイメージしたラッピングのようですが、関係がよくわかりません。

LB285068_rxb.jpg
津軽大沢駅の右側には車両基地があって、6000系、ED221、キ105が見えます。ホームから語らいながらじっくり撮影したいところですが、次の電車は1時間後、窓からの撮影でよしとします。

大鰐線車窓のクライマックスは、奥羽本線をオーバークロスするところでしょうか。義塾高校前を出たとろこで、また前に立ち、動画で撮影してみました。動画を再生してみますと、たいしてスピードが出ていないのに横揺れが大きく、非常に見苦しいのですが、これが弘南鉄道大鰐線、音も良くてしびれます。(以下3枚キャプチャー画像)

LB285072_rx_v1.jpg
奥羽本線を跨ぎます。

LB285072_rx_v2.jpg
このコンクリート橋は、奥羽本線から見ると、どこかの遺跡みたいに見えます。架線柱の建て方が独特で、これはメンテナンスが大変そう。更新も難しそうだな。

LB285072_rx_v3.jpg
石川駅の側線にはバラスト運搬のホキがいました。

LB285074_rxb.jpg
34分の乗車で、終点大鰐に到着。降りたのは私たちの他に10名程度のお年寄りの方々。夕方になれば高校生で賑わうんだと思います。

LB285084_rxb.jpg
JRのホームから撮影します。いい光線です。

LB285086_rxb.jpg
パンタグラフ付きの7034は形式写真みたく撮れるぞ。

LB285092_rxb.jpg
パン無し側の7033は架線柱にかかってしまいます。

* * *

大鰐温泉に寄って行きます。30年ぐらい前に来た時は、公共浴場の素晴らしさに感激した思い出があるのですが、今日は2004年に出来たという道の駅が併設されている日帰り温泉施設へ。今は都内にも似たようなスーパー銭湯がたくさんありますので、風情みたいのは感じられなくなってしまいましたが、温泉はいいし、風呂上がりにお食事処で生ビールも飲めて最高です。大鰐もやしのラーメンも美味しかった。道の駅の売店で、全国旅行支援のクーポンを使って、お土産を買って帰ります。

LB285099_rxb.jpg
大鰐駅に戻ると、2時間前に乗った7033+7034と、また対面出来ました。斜光線を浴びて、ステンレス車体がギラリと輝き、いい感じです。

帰りは、特急つがる3号(大鰐温泉14:35→新青森15:14)、はやぶさ34号(新青森15:52→東京19:04)で帰りました。つがる3号は、弘前からビジネス客と外国観光客が自由席に大勢乗車し、通路までびっしりの満員になりました。こんな混んでる特急に乗るのは久しぶりです。

(乗車は2022年11月)

前の記事:JR大湊線 リゾートあすなろ下北号 乗車記
関連タグ:弘南鉄道
スポンサーサイト



弘南鉄道弘南線乗車記

10月の穏やかな一日、弘前に用があって来たのですが、午後に時間が作れましたので、弘南鉄道弘南線の乗りつぶしをしてしまいます。

HA258782dsc.jpg
スタートは黒石から、塩っぱいラーメンを食べて、駅に着いたのは14時過ぎ。駅にはタイプの違う3編成の7000系が並んでます。左から7011、7012、7102。模型みたいな情景です。いいなぁ。

HA258789dsc.jpg HA258788dsc.jpg
青い空、輝くステンレスボディ、なんか神々しい雰囲気です。北陸鉄道のとは違って、こちらはオリジナルの台車を履いています。

HA258797dsc.jpg HA258800dsc.jpg
改札は電車が出発する10分前に始まるとの事。駅の内部は事務室が見えて、中に駅員さんがいて、改札のラッチもあって、昔ながらの地方ローカル線の終着駅の情景をしっかり残しています。右写真の屋根の無い片側ホームは弘南鉄道黒石線が発着していたホームに違いありません。このホームには公衆トイレがあって、自由に出入りできます。

HA258803dsc.jpg
改札が始まってホームへ

HA258807dsc.jpg HA258808dsc.jpg
弘前側のお顔それぞれ。左の中間車改造顔ですが、窓回りを黒く塗っていないので、ツルツル感というか、ステンレスそのまんま感が際立っています。これは弘南鉄道だけで見られる顔でしょうか。右のオリジナルの方も、絶妙な角度の光線で、キリリと顔が引き締まって格好いい。

HA258813dsc.jpg
とにかく弘南鉄道の7000系は車体がきれいです。今更ですが、東急7000系って、こんなに格好良かったんだ、そして昔のステンレス車って、こんなに美しかったんだと、ちょっと印象が変わりました。

実は日比谷線直通として最後の活躍をしていた1990年頃、東横沿線に縁があったので、さんざん乗り・・・いや、来るんじゃねーヨ!と舌打ちしつつ見送っていた嫌いな電車でした。私にとっては渋谷にも行かないし、横浜にも行かないし、急行にも抜かれて遅くて冷房もない、車内も汚れていて、そのくせ混んでいる・・・そんな役回りの電車だったのですから。

HA258816dsc.jpg
右の赤い帯のオリジナル顔の方に乗車します。低そうな屋根、でかくて威圧感のあるパンタグラフは、懐かしいなぁ。そうそう、嫌いだった電車です。

HA258818dsc.jpg
外観は帯色以外あまりいじられてないようですが、運転室仕切りは改造を重ねたみたいで、ここは旧型車両の装いです。

HA258820dsc.jpg
14:20、出発します。右手には車庫があり、中にはラッセル車、キ100のシルエットが見えます。また、国鉄黒石線を引き継いだ弘南鉄道黒石線の線路跡がしばらく右に見え(上写真)、別れる所はソーラーパネルのスペースになっています。後で知ったのですが、国鉄時代の黒石駅は別の場所にあり、この線路跡に列車が走ったのは、弘南鉄道時代の僅か14年になります。

地方ローカル私鉄の割には軽快に走ります。沿線の所々にリンゴ畑があり、リンゴが枝いっぱいに実っています。3つ目は田んぼアート駅です。すぐそばに展望台があり、今日は晴れていて風もなく絶好の見学日和ですが、平日ですので誰も降りず、誰も乗りません。

HA258826dsc.jpg
尾上高校前を出てしばらくすると、撮影名所のコンクリート橋です。ここで撮影された渋いツートンカラーの17m旧型国電の写真を昔雑誌でたくさん見て、行ってみたいなぁと思っていたのですが、中学生の私には青森県は遠すぎました。その頃はローカル私鉄らしくないと思っていたコンクリート橋ですが、今はだいぶ草臥れてきたようで、よく揺れます。ちょうど保線作業も行なっています。

HA258832dsc.jpg HA258834dsc.jpg
14:36、平賀に到着、ここで下車します。車両基地のある中間駅ということで、ここで30分、次の弘前行きを待つ間に、基地で休む電車でも眺めて過ごそうと降りたのですが、思ってた駅とは全然違って、駅舎はJAが入る巨大なビル。ホームに残ることも出来ず、また、改札外に出ても車両基地には近づけそうにありません。

HA258836dsc.jpg HA258839dsc.jpg
ということで、7分後の黒石行きに乗車することにします。写真は改札後、電車が来るまでの僅かな時間で撮影できたホームと車両基地の様子。無装飾ツルツルの7100形と除雪用の電気機関車が見えます。

HA258842dsc.jpg
14:43発の黒石行きは中間車改造の7100形で来ました。

HA258844dsc.jpg HA258846dsc.jpg
14:49、双六遊びではありませんが、黒石側に2駅戻って津軽尾上で下車します。

HA258847dsc.jpg HA258849dsc.jpg
昔は終着駅だったそうで大きな駅舎がありますが、今は無人駅。ホームには3両の停車位置が残っていまして、17m旧型国電時代の名残のようです。

HA258850dsc.jpg HA258851dsc.jpg
津軽尾上15:01発の弘前行きは、中間車改造で前面窓周りが黒塗りしていないツルツル顔のが来ました。空いている後ろの車両に乗車します。どうして座席の更新は半分だけなんでしょう。

HA258852dsc.jpg
岩木山が綺麗に見えます。

HA258853dsc.jpg
最後尾から見る柏農高校前駅。駅そばのリンゴ畑では収穫の作業中です。

HA258859dsc.jpg
平賀を過ぎて車両基地を弘前側から、

HA258864dsc.jpg
館田で交換、最初に乗った赤帯編成です。

HA258866dsc.jpg
新里では綺麗に整備された蒸気機関車が保存されています。国鉄蒸機とは縁がなかった路線ですが、2011年に鰺ヶ沢町役場から移されたんだそうです。

HA258869dsc.jpg
この日はちょっと汗ばむくらいの陽気で、この電車の後ろの運転室ドア窓は開いたまま。爽やかな空気を客室側からも感じられます。ちなみに弘南鉄道の電車は、全車非冷房ですので、夏に乗りに来るのも楽しそうです。

HA258871dsc.jpg HA258874dsc.jpg
弘前東高前を過ぎたら奥羽本線の横を1区間走ります。弘前到着手前では渡り線があります。7000系に代わる電車が入る時に使用されるのでしょうか。

HA258876dsc.jpg HA258878dsc.jpg
15:19、弘前に到着です。701系で新青森へ戻ります。

***

さて、乗りつぶしを始めたのが2012年の夏。その時の未乗車区間の距離は、JR・第3セクター・私鉄合わせて7,800km弱だったのですが、6年ちょっとで5,300km乗車し、今回の乗車で残り3001.3kmとなりました(計算が合わないのは、北陸・北海道新幹線等、新規開業路線があったためです)。頑張ったなぁ~(?)。もう少しで3,000kmを切るまでになったのですが、路線数で数えると細かいのが164もあり、すべて乗り尽くすには、まだ後10年はかかりそうです。

(乗車は2018年10月)

関連タグ:弘南鉄道
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさん鉄道ファンの日本の鉄道の乗車記録です。2012年、ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになり、乗りつぶしをスタート。その時の未乗区間は7,818.4kmでしたが、12年目にしてあと1,002.5kmになりました。すべて乗りつぶすには、今の生活パターンだと、まだ7,8年ぐらいはかかりそうですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事をご覧になりたい方は下のカテゴリーの「年別目次」からどうぞ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR西日本 阪急電鉄 神戸電鉄 神戸市営地下鉄 地下鉄路線 ケーブルカー 能勢電鉄 京阪電車 近鉄 大阪メトロ 新交通システム パノラマグリーン車 貨物線・短絡線・渡り線 JR九州 新幹線 長崎電気軌道 路面電車 東急電鉄 相模鉄道 弘南鉄道 JR東日本 観光列車 JR東海 明知鉄道 旧国鉄の第三セクター路線 名鉄 長良川鉄道 樽見鉄道 専用鉄道訪問 名古屋市営地下鉄 モノレール くろがね線 平成筑豊鉄道 西日本鉄道 バスの旅 代行バス 真岡鐵道 関東鉄道 南海電鉄 福井鉄道 えちぜん鉄道 富山地方鉄道 箱根登山鉄道 小田急電鉄 国鉄時代 温泉 広島電鉄 錦川鉄道 いすみ鉄道 小湊鐵道 函館市電 非冷房車 JR北海道 京浜急行 金沢シーサイドライン 長野電鉄 信楽高原鉄道 喫煙車 東武鉄道 井原鉄道 旧建設線の第三セクター路線 秩父鉄道 蒸気機関車 西武鉄道 養老鉄道 札幌市営地下鉄 静岡鉄道 天竜浜名湖鉄道 愛知環状鉄道 北陸鉄道 駅そば 船旅 鹿児島市電 東海交通事業 上田電鉄 アルピコ交通 島原鉄道 三井化学専用線 松浦鉄道 筑豊電気鉄道 野岩鉄道 会津鉄道 JR四国 阿佐海岸鉄道 土佐くろしお鉄道 伊予鉄道 吊り掛け電車 琴電 猫登場 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 京成電鉄 新京成 流鉄 夜行列車 伊勢鉄道 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 芝山鉄道 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 北条鉄道 山陽電鉄 水島臨海鉄道 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 京王電鉄 台湾の鉄道 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR