fc2ブログ

名鉄小牧線・名古屋市営地下鉄上飯田線乗車記

次は名鉄小牧線を犬山側から乗りつぶします。小牧線は全長20.6km、他の名鉄路線と接続するのは終点側の犬山のみで、起点側は日本一短い地下鉄路線に乗り入れる路線です。私にとっては、名鉄の中で最も興味が湧かなかった路線でもありまして、ほとんど下調べしないで乗車しました。

L8194464_rx.jpg
小牧線を走るのは300系、ピンクのラインが可愛いです。また、鶴舞線乗り入れの100・200系と同じ、名鉄では特殊なサイズの20m4扉車です。

L8194465_rx.jpg
乗車するのは14:42発の平安通行。この車両の側面は毎日利用する京王線の9000系そっくりだな。2002年にデビューだそうで、20年目になります。

L8194469_rx.jpg
車内は、20m4扉の地下鉄直通車なのに、一部転換クロスシートを装備しています、さすがは名鉄さんです。

L8194471_rx.jpg
でも一番前が空いていたので、豪華な座席には座らず、立ってかぶりつきします。

L8194472_rx.jpg
出発します。小牧線の走る線路は、ほんの少しですが広見線の上り線と重なってるみたいです。この箇所は1時間あたり、小牧線が上下8本、広見線上りが4本、更に犬山線から広見線に直通するのが上下4本、合計16本も走るのか。ポイントと信号の操作がややこしそうです。

L8194475_rx.jpg
広見線が左に、犬山線が右に別れると草生した単線路線です。枕木も木製だぞ。

L8194478_rx.jpg
ここも複線用地は確保済みです。架線設備は時折複線用のが建てられていて、知多新線と同じような光景です。

L8194479_rx.jpg
左の路盤にスライドします。交換駅かな?いや信号所だ。

L8194482_rx.jpg
五郎丸信号場だそうで、ほぼ同時に上下列車が到着して交換します。

L8194485_rx.jpg
五郎丸信号場を出発。

L8194486_rx.jpg
長閑な風景で、これが最後は地下鉄路線になっちゃうのかと思うと、どう変化するか先が楽しみ。

L8194487_rx.jpg
最初に停まるのは棒線の羽黒駅。

L8194490_rx.jpg
田県神社前で2度目の交換。

L8194491_rx.jpg
味岡は2面2線のホームが完成しているものの、線路が片側にしか敷かれていません。京成千原線でもこんなのは見たな。

L8194492_rxb.jpg
小牧原から先、右手に見える細い高速道路みたいな構造物はなんだ?一回途切れてまた現れます。

L8194493_rx.jpg
あっ!これはもしかして、ピーチライナー?そんな新交通システムが存在していたことを、今思い出しました。まだ遺構が残っていたんだ。廃止されたのはいつだっけ?

ピーチライナーこと桃花台新交通桃花台線は、開業が1991年、廃止が2006年、私より後から誕生して廃止された日本の鉄道路線は、ここが唯一だと思います。走っていた車両は、路線の両端をループ状にしたため、バスのように運転台が片側にしかなく、ホームもすべて進行方向右側に設置したため、ドアも片側のみという、とても個性的な車両だったようで、一度乗ってみたかったな。(山万にももう一度乗りに行ってみようかな…)

L8194494_rx.jpg
ピーチライナーの遺構だと気付いたところで、地下に入ってしまいます。もう少し見たかった。

L8194496_rx.jpg
小牧線のほぼ中間地点にある主要駅、小牧に到着します。2面3線の駅で朝夕のラッシュ時には、この駅始発の名古屋方面へ向かう列車が走ります。

L8194497_rx.jpg
地下から地上に出ると、おっ!複線になってる。地上に上がるスロープの途中に小牧口駅があります。

L8194499_rx.jpg
間内を出て分岐する怪しい線路は何だ?これが航空自衛隊小牧基地への引込線の跡なのか。帰って確認してみれば、小牧線の車両基地の予定地(間内車庫予定地)だったんだそうで、今はその予定は無くなり、資材置き場として使用しているとのこと。

L8194504_rx.jpg
すれ違います。この路線には名鉄300系の他に、名古屋市交通局7000形というのも2本走っているらしいですが、見るのは名鉄車ばっかりでした。地下ですれ違ってしまったのかな?

L8194506_rx.jpg
読めない漢字の味鋺駅、「あじま」と読みます。地上の最後の駅です。

L8194508_rx.jpg
地下再び地下に入ります。

L8194510_rxb.jpg
上飯田に到着します。ここで名鉄犬山線は終わり。ここからは全長0.8㎞の日本一短い地下鉄路線の名古屋市営地下鉄上飯田線となります。

2003年まではここが小牧線の起点でした。当時の駅舎は10階建ての公団住宅の2階だったそうで、これも見てみたかったな。今も公団住宅は健在のようです。

* * *

名古屋市営地下鉄上飯田線を進みます。特に印象は残っていませんで、

L8194512_rx.jpg
15:16、終点の平安通に到着します。

L8194514_rx.jpg
降りて写真を1枚。地下鉄上飯田線が開通する前は、上飯田駅から平安通間は、皆さんバスに乗るか歩いて移動していたらしいです。1971年までは市電も走っていたとのこと。

* * *

上飯田からは、地下鉄の名城線左回りと東山線で名鉄名古屋駅に戻ります。名城線の平安通から栄までの5.2kmも、初めて乗る区間で、ここも乗りつぶしkm数に計上します。

(乗車は2022年8月)

前の記事:名鉄犬山線のパノラマスーパー後方風景
次の記事:名鉄尾西線乗車記
関連タグ:名鉄名古屋市営地下鉄地下鉄路線
スポンサーサイト



名鉄豊田線・名古屋市営地下鉄鶴舞線乗車記

梅坪からは、名鉄豊田線と、直通する名古屋市営地下鉄鶴舞線の、合計35.6kmをまとめて乗りつぶします。

I9110041dsc.jpg
乗車する梅坪9:56発の電車、来たのはなんと、名古屋市営地下鉄の3000形だ!
名古屋市営地下鉄鶴舞線は、現在、車両の世代交代の真っ最中。この引退する3000形に乗れて、ちょっとは写真が撮れればいいなと思っていたのですが、運用数の減る昼間の時間帯は滅多に来ないとの事で、無理に待つのは止めようと思っていました。それが一発で当たるとは、ここで運を使い果たしてしまったみたいで、ちょっと怖いなぁ。

I9110042dsc.jpg
昭和59年というと1984年か。35年の活躍というのは、最近ではまだまだ、という感じもします。3000形は、最初に登場したのが1977年でして、1984年製は最終ロットに当たります。

I9110045dsc.jpg
運転室ドア後ろの窓から、かぶりつきを楽しみます。写真左に見えるのは愛知環状鉄道線の高架で、その上を跨ぎます。その後は100km/hで飛ばす飛ばす。先頭車ですが電動車なので、モーターの音もうるさくて、なかなか楽しいぞ。(ちなみにこの3000形は全車電動車でした)

I9110050dsc.jpg
写真は浄水と三好ヶ丘の間の光景。緑の多い新興住宅地の中、線路はアップダウンも多く、トンネルもあり、走りの豪快さといい、狭い窓から前しか見てないですが、まるで東急田園都市線です。緑豊かな大きな池(愛知池)も車窓に花を添えます。

I9110053dsc.jpg
ピントが汚れたガラスに合ってしまいましたが、日進駅では3000形とすれ違い。けっこう走っているんだな。

I9110055dsc.jpg
しかし赤池駅手前で見える名古屋市交通局の車両基地には3000形の姿は無し。

I9110056dsc.jpg
ここから地下区間になります。

2面3線の赤池に到着。ここで名鉄豊田線から名古屋市営地下鉄鶴舞線となります。乗務員も交代です。やはり、ここで運転室仕切り扉の窓のカーテンは下ろされてしまいました。後ろの座席に腰掛けます。

7人がけの座席に6人が均等に座るのも、久々に見る光景で、このへんはやはり昭和の電車です。それと壁のパネルはずいぶん黄ばんでしまってます。昔からこんな色だったのでしょうか。そういえば営団3000系もこんな感じでした。

キンキンの冷房が気持ちよく、ウトウトしてしまい、気づけば環状線内で、車内も混んできました。駅はどこも対面ホームの同じような作りで、壁のタイルは同じように色褪せ、柱に巻いたアルミパネルも光沢を失い、この電車と同じように草臥れかけています。

伏見でどっと下車、座席一列に2人しか座らないぐらいになります。そういえば名古屋の地下鉄の車内放送は、何カ国語かでされてた気がしますが、この路線は日本語だけです。丸の内から島式ホームになり(開通時期が違うからか?)、最後の地下駅の庄内緑地公園手間には、ここが終点だった名残なのかポイントがあり、乗客の数が座席一列に一人しか座ってないぐらいに減り、いよいよ地上に出ます。

地下から高架まで坂を上りきり、10:52、上小田井に到着しますと、隣のホームにも3000形が停車しているぞ!

I9110058dsc.jpg
犬山線の岩倉まで乗車するのは止めて、ここで下車します。3000形の並びを収める事が出来ました。(左は3818、右は乗車した3822)

I9110060dsc.jpg
ステンレス車で切妻なんだけど、パノラミックウィンドウ、面白い顔してます。他に似たようなのはないはず。ダサいけど、いや、ダサいところが格好いいタイプです。2本の編成は同時に発車して、視界から見えなくなりました。

さて、岩倉に行った3000形、日進ですれ違った3000形は、何分後にここ上小田井に来るだろう。調べてみれば、だいたい40分後になります。乗車券の運賃計算方法が、ややこしそうなところなので、一回外に出ます。

I9110065dsc.jpg
せっかく上小田井で降りたのだから、近くにある城北線の小田井駅を見に行こう、と足を進めるも、これを見て止めにします。9月になりましたが、まだ日差しも強く、汗だくになってしまいました。

I9110066dsc.jpg
上小田井のホームに戻りまして電車の撮影です。これはN3100形のN3103。3000形に替わって現在増備されている新車です。

I9110069dsc.jpg
11:34、私の乗車した3000形3122編成が岩倉から戻って来ました。

I9110070dsc.jpg
急いでホーム移動し、11:37、日進ですれ違った3000形3120の編成が、地下から顔を出して到着します。

I9110072dsc.jpg
赤池側でも3000形の並び(3120と3122)の撮影が出来ました。この日はツキまくり、やはりここで鉄道の運は使い果たしてしまったようで、翌日の朝はしっかり外れクジを引くことになります。

I9110073dsc.jpg
3120の方はこの駅止まりなので、一旦引き上げ線に入ります。

I9110075dsc.jpg
名鉄豊田線と名古屋市営地下鉄鶴舞線に乗車しておいて、この車両の紹介を後回しにしてました。犬山方面ホームに移動して撮影した名鉄100・200系です。ヘッドマークと言うのか、系統板のステッカーは「ラグビーワールドカップ2019日本、ホストシティー豊田」。

I9110076dsc.jpg
名鉄100・200系というのも、Wikipediaの解説を見れば実に奥が深い(私はすべて100系で同じものだと思ってました)。写真の左の先頭車の車番は241で、200系ではなく、100系4次車にあたる200番台の車両。右に来たのは車番が146で、100系3次車という1本だけの存在。細かい解説はここでは省略で、6次車まであり、抵抗制御車はVVVF車に更新され、全車健在。兄弟車である名古屋市交通局3000形が引退するのに対し、いつまで走るんだよ、といった感じです。子供の頃は名鉄らしくない車両と思っていましたが、今は、最後まで残る昭和末期生まれの、いかにも名鉄らしい車両になりそうな予感がします。

I9110077dsc.jpg
引き上げ線から3000形3120編成が出てきました。

I9110078dsc.jpg
撮っておきたかった場所です、3000形は4両→6両化する際、車両を新造せず先頭車を中間車に改造して組み込んでいます。

I9110081dsc.jpg
側面だけ見ると、ステンレス車体に窓が小さめ、なんだか韓国の地下鉄がこんな感じではなかったでしたっけ。

I9110083dsc.jpg
地下へ下ってゆくのをお見送り。満足に3000形の写真が撮れました。名古屋に戻ります。

I9110090dsc.jpg
上小田井から名古屋まで乗車した普通電車はなんと2両編成。激混みかと思いましたがガラガラで、かぶりつき席に座れました。新しい電車は楽しいです。本日乗車した名鉄6000系、名古屋市交通局3000形といった昭和の電車は、写真を撮る被写体としてはいいのですが、前面展望が楽しめないのです。写真は名鉄の線路の面白いところで必ず紹介される枇杷島分岐点です。

(乗車は2019年9月)

前の記事:名鉄三河線(知立~猿投)乗車記
次の記事:関西本線のDD51をちょっと見る
関連タグ:名鉄名古屋市営地下鉄地下鉄路線
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさん鉄道ファンの日本の鉄道の乗車記録です。2012年、ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになり、乗りつぶしをスタート。その時の未乗区間は7,818.4kmでしたが、12年目にしてあと1,002.5kmになりました。すべて乗りつぶすには、今の生活パターンだと、まだ7,8年ぐらいはかかりそうですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事をご覧になりたい方は下のカテゴリーの「年別目次」からどうぞ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR西日本 阪急電鉄 神戸電鉄 神戸市営地下鉄 地下鉄路線 ケーブルカー 能勢電鉄 京阪電車 近鉄 大阪メトロ 新交通システム パノラマグリーン車 貨物線・短絡線・渡り線 JR九州 新幹線 長崎電気軌道 路面電車 東急電鉄 相模鉄道 弘南鉄道 JR東日本 観光列車 JR東海 明知鉄道 旧国鉄の第三セクター路線 名鉄 長良川鉄道 樽見鉄道 専用鉄道訪問 名古屋市営地下鉄 モノレール くろがね線 平成筑豊鉄道 西日本鉄道 バスの旅 代行バス 真岡鐵道 関東鉄道 南海電鉄 福井鉄道 えちぜん鉄道 富山地方鉄道 箱根登山鉄道 小田急電鉄 国鉄時代 温泉 広島電鉄 錦川鉄道 いすみ鉄道 小湊鐵道 函館市電 非冷房車 JR北海道 京浜急行 金沢シーサイドライン 長野電鉄 信楽高原鉄道 喫煙車 東武鉄道 井原鉄道 旧建設線の第三セクター路線 秩父鉄道 蒸気機関車 西武鉄道 養老鉄道 札幌市営地下鉄 静岡鉄道 天竜浜名湖鉄道 愛知環状鉄道 北陸鉄道 駅そば 船旅 鹿児島市電 東海交通事業 上田電鉄 アルピコ交通 島原鉄道 三井化学専用線 松浦鉄道 筑豊電気鉄道 野岩鉄道 会津鉄道 JR四国 阿佐海岸鉄道 土佐くろしお鉄道 伊予鉄道 吊り掛け電車 琴電 猫登場 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 京成電鉄 新京成 流鉄 夜行列車 伊勢鉄道 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 芝山鉄道 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 北条鉄道 山陽電鉄 水島臨海鉄道 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 京王電鉄 台湾の鉄道 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR