fc2ブログ

やくも9号 パノラマ型グリーン車乗車記

F1266558dsc.jpg F1266560dsc.jpg
 香川県をちょっと一回りの寄り道の後、次に乗車します列車の入線風景を撮影します。岡山駅11:05発のやくも9号。

F1266563dsc.jpg
 奮発しましてこの車両に乗っちゃいます。クロ380-6、パノラマ型グリーン車。

F1266566dsc.jpg
 はやる気持ちを抑えて車内へ。ガラガラのようですが、高い背ずりの陰に人がいて25%ぐらいの乗車率です。

F1266567dsc.jpg
 ジャーン!今回はこの1C席が確保出来ました。インターネットのおかげで自宅にいながらこの席が取れるなんて本当に便利になりました。この席の確保が出来たことから、今回の旅行のスケジュールの検討を始めたわけで、一番のお楽しみがこれになります。

F1266568dsc.jpg
 高山本線ワイドビューひだでは2C席に甘んじましたが、今回はこの眺めを始発駅から独占、嬉しいのであります。ワイドビューひだで一番前方眺望の良い座席は2人掛け席通路側の1B席でしたが、この車両の1B席はちょっと座ってみましたが、運転台右横の大きな箱(なんかの計器)が邪魔で、1C席がダントツによい眺望になります。

F1266570dsc.jpg
 さぁ出発、まずは山陽本線をかっ飛ばします。気持ちいい。運転席では何というシステムかわかりませんが、停車駅やその場所の制限速度が音声で流れます。その声が舌足らずな女性のアニメ声。カーナビみたいにいろいろな声が選択できるのでしょうか。

 山陽本線上り線をオーバークロスして倉敷に停車、ここで運転席には運転助手?が乗り込み運転席横に座り、隣の1AB席には仲の良い中年カップルが座ります。さぁ伯備線に入ります。伯備線は私の乗り潰し地図は赤く塗りつぶされていますが、約15年前に上りサンライズ出雲で日が暮れてから通り抜けただけですので初めて乗るようなもの。しっかり景色を見ておこう。倉敷を出ますと上下線が分かれ、左に高梨川が寄り添います。上り線はトンネルに入ってしまいますので川は見えないのかもしれません。清音から総社までは伊原鉄道と吉備線の乗り潰しにまた来るだろう区間。総社を出ますと急カーブが連続する区間になりまして、振り子特急381系の本領発揮。

 右へ左へと車体を傾けながらズンズン突き進んで行きます。乗り心地が悪いと言われる自然振り子式の381系ですが、 こうして前方を見ていると実に痛快。この自然振り子式381系もくろしお号からの撤退でこのやくも号だけになってしまいました。それよりも制御付き自然振り子式の車両自体も時代遅れなシステムになってしまったようで最近新造されていません、381系くろしお号後継車は普通の電車、JR四国の新型特急とスーパーあずさ後継車は車体傾斜方式、JR北海道のキハ285系は開発中止だ。パノラマ型車両だって減っている。乗客への安全面の不安だけでなく、283系くろしお号の運転手が熱中症で倒れてしまうなんて想像できなかった事件も発生してしまいました。せっかくのこの機会、存分に楽しんでおこう。写真も撮っておこう。

F1266573dsc.jpg
 備中高梁を過ぎどんどん山中へ、急カーブでは下からゴロゴロ音がします。これは振り子機能が発生する音なのか、それとも内輪と外輪差による線路と車輪の擦れ合う音なのかどっちだろう。

 方谷では運転室に対行列車が遅れているとの無線が流れます。ここでやくも12号と交換。対向列車の写真を全部撮ってやろうと思ってましたが島式ホームなのでここは無理。

F1266577dsc.jpg
 広石信号場からは線路に雪、だんだん凄いことになって来る。

F1266588dsc.jpg
 新見駅はご覧の通り、芸備線はこの日どうだったんだろう。何もメモに残していないので運転再開していたようです。

F1266595dsc.jpg
 備中神代でやくも14号と交換のため停車、コンパクトな4両編成が楽しい。足立でも信号停車、この時点で14分の遅れとの事。この先で石灰石の工場があります。昔は鉄道で運んでいたんだろうなと帰って調べてみると、伯備線D51の3重連はここの石灰石輸送がメインだったらしい。

F1266601dsc.jpg
 冬の上越国境みたいな雰囲気の新郷駅、ここで交換する2両編成の普通電車の乗客はわずか1名しか見られません。伯備線が重要な陰陽連絡路線と選定されず、優等列車の走らない非電化路線であったなら、今は三江線や木次線と同じような状態だったと思います。

 トンネルを越え鳥取県へ、膝ぐらいまで雪が積もる上石見駅ホームでは対向ホームで撮り鉄さんが写真撮影。私のバカ面が写りこんでしまったかもしれません。

F1266607dsc.jpg F1266608dsc.jpg
 車体もこんなに傾けて25パーミルの下り勾配をどんどん下ります。次に現れた下石見信号場は対向線路が除雪されていません。ここでDE15ラッセル車なんか登場したら最高なのですが、そんな事は起こらない。

F1266611dsc.jpg
 黒坂でやくも16号と交換。遅れはどんどん増してゆく。根雨にはラッセルヘッドを付けたモーターカーがいました。DE15の出番はないのかもしれません。

F1266614ds2.jpg
 そろそろすれ違うのではないかとずっと狙っていたEF64 1000番台の貨物列車は江尾で交換。コンテナ満載だ。1024号機なので高崎機関区時代に青梅線でおそらく遭遇している機関車。上溝口信号場も対向線路が除雪されていませんでした。里に下りてきました、直線区間を120km/hでかっ飛ばします。右に大山は全く見えません。

F1266622dsc.jpg
 伯耆大山手前右側コンテナヤードには可愛らしいスイッチャーが2機、そしてEF64 1000番台貨物がここでも見られた。1035号機で、これも元高崎機関区車だ。ここでやくも18号と交換、2両しかないパノラマグリーン車を連結した編成です。

F1266627dsc.jpg F1266628dsc.jpg
 昔ながらの地方の大きな駅の佇まいの米子に到着します。DE15もいました。この時点で遅れは14分。停車しますと名称不明の運転システムがアニメ声音声で「お疲れ様でした」と喋ります。ここで運転手交換。今度は「よろしくお願いします」かな、それとも「安全運転でお願いします」でスタートするのかなと耳をすませていましたが何も喋りませんでした。ここからも運転助手?が乗り込みますが、今までは運転手左後ろ隣に座っていたのが、今度は助手席の1C席の前に座るのであまり見通しが利かなくなります。

F1266633dsc.jpg
 松江は激しい雨、続いて見える宍道湖、米子で空いた1AB席にも座ってみる。玉造温泉は、ここを過ぎると岡山からの距離が200kmを越え、特急料金とグリーン料金が跳ね上がるので、計画時にはここで降りようかと迷った駅。結局乗り通します。高い運賃分楽しまなくては。

F1266643dsc.jpg
 山陰本線に入ってからは信号待ちの連続で、車内放送はお詫びを繰り返し、遅れは25分となって終点出雲市への最後の一区間。確かこの辺で14系の出雲3号を昔撮影したのですが、雰囲気は変わっています。

F1266647dsc.jpg
 出雲市に到着します。2面4線のあまりにも無機質な高架駅ですが、ブルトレ出雲4号の増結風景を見たり、駅近くに宿をとり客車時代の上りだいせんをバルブ撮影したり、私にとっては思い出多いホームです。

F1266654dsc.jpg
 到着して5分ぐらいでやくも22号となって岡山に向けて慌ただしく出発。出雲市到着前に車内清掃員が来たのはそのためだったか。

 改札を出てまずは一畑電車を見に行ってみます。電車は駅に来ているはずなのですが、160円の入場券を買わないと見られず、しかも改札は出発10分前開始なので時間が合わず、これは諦め。そうだ、出雲そばでも食べよう、出雲市駅は約15年ぶり、昔はおばあさんが一人でやっている立ち食いだったのが、場所が変わってテーブル席やカウンターもある、値段もずいぶん高くなっている。出てきたおろしそばは、これも美味しいそばの一つである事に異論はありませんが、思ってたのと全然違う。昔はいりこだしの強い香りの独特なそばだった記憶なのですが、それは違う駅だったのかもしれません。

***

 次に乗車しますスーパーおき5号を待つ間に来た、パノラマでないやくも号の写真もせっかくですので掲載。
F1266667dsc.jpg F1266666dsc.jpg
左:クロ381-130、右:モハ380-80

F1266665dsc.jpg F1266664dsc.jpg
左:モハ381-80、右:サハ381-230

F1266663dsc.jpg F1266662dsc.jpg
左:モハ380-78、右:クモハ381-1
 登場して約35年、短編成化でクモハが誕生し、それが中間に組み込まれるようになったり、普通車とグリーン車が入れ替わったり、塗装は3回も変わったり、いろいろと変化が多かった伯備線の381系ですが、これが最終形態になるのでしょうか。最後と思えますこの濃いピンクにミントグリーン塗装はとても良い。さて、今後どんな後継車が登場するのでしょうか、振り子式やパノラマ形は継承されるのでしょうか。全く予想ができません。

(乗車は2016年1月)

前の記事:南風6号(琴平~岡山)乗車記
次の記事:スーパーおき5号(出雲市~益田)乗車記

高山本線(特急ワイドビューひだ)乗車記

高山本線は1991年の年始に、確か金券ショップから買った残り2日分の青春18きっぷを使用して乗車した事があり、私の乗り潰しマップは赤く塗りつぶされています。

しかしこの時は富山出発する時点で日が暮れ車窓は真っ暗。高山ではユースホステルに宿泊し、朝ちょっと観光した後に岐阜へと抜けたのですが、乗車したのは満員のキハ11の2両編成で、座る事も車窓を楽しむ事も出来ず、覚えているのは途中長時間停車駅でのトイレの行列ぐらいなのです。

と、いうわけで22年もの月日が経ってしまいましたが、今回はこの路線を乗り直しします。この路線に乗車するのなら、特急ワイドビューひだの先頭グリーン車の一番前の展望席を選択するのが一番でしょう。急に決った旅行ですので指定券購入は前日、残念ながら1番前の座席は3席とも埋まっており、あるのは2列目のC席。これで我慢する事にします。

CB195397dsc.jpg
乗車します名古屋8:43発の特急ワイドビューひだ3号。7両編成ですが後ろ4両は高山で切り離し、前3両のみが高山まで行きます。

CB195403dsc.jpg
最初は後ろ向きで名古屋を出発します。これが2列目C席からの展望。1列目が欲しかったなぁ。高校生時代「お前は1番にはなれるタイプではない」と言われたっけ、なんだか嫌な事まで思い出してしまった。

岐阜で方向転換の後、前回は全く車窓を見る事が出来なかった高山本線へと入って行きます。正直なところ乗車から3ヶ月が経ちまして、だんだんどんな様子だったか思い出せなくなって来てしなっているのですが、印象に残ったのは、かつて特急北アルプスの走った鵜沼駅の連絡線はもう撤去されていた。美濃太田では外国人ツアー客がどっと乗車して来た。緩やかにカーブした鉄橋があり、ここがこの路線で良く紹介される有名な撮影地かと思ったのですが、カーブした鉄橋など、この路線ではいくつもある。すれ違う普通列車はキハ40系ばかりでキハ11は見なかった。景色はとにかく素晴らしい、しかしあまりにも長く続くのでだんだん飽きてしまう…といったところでしょうか。

CB195406dsc.jpg CB195415dsc.jpg CB195418dsc.jpg
それと11月中旬で紅葉の季節。山を登って行くうちにどこかで紅葉のピーク、一番美しい所が見れるだろうと、周りの山々を注意して見て来たのですが、やはりガラス越しで見るからか、残念ながら特に素晴らしいと思うような紅葉を見つけ出す事は出来ませんでした。一番きれいに色づいていたのは下呂駅前の街路樹か、これは単に私に見る目が無いのかもしれません。

CB195421dsc.jpg
高山に到着。ここではキハ40の国鉄標準色(朱色+クリーム色)に出会えました。リバイバル塗装ブーム(これの始まりは茶色いEF63あたりか)が始まって、実際には存在しなかったにせよ、どうしてキハ40系列を朱色+クリーム色にしないのかといつも思っていたのですが、2011年にJR東日本とJR東海でやっと登場。欲を言えば酷寒地仕様小窓タイプを保有するJR北海道さんにも是非やってもらいたい。ファンに喜ばれる事は間違いないでしょう。

そして高山駅で一番嬉しかったのは、最前列の3席が空席になった事。出発してここから乗ってくる乗客がいない事を確認した後に移動させてもらいます。

CB195422dsc.jpg
いいなぁ先頭座席は、ここは1C席からの眺め。写真を見て気付くのですが、紅葉のピークはこの辺だったのかもしれません。

CB195425dsc.jpg
最前列3席を座り比べてみます。前面展望が一番良いのは窓際でない1B席でしょう。という事でこっちに移動。1C席には3列目に座っていたおじいさんも移動してきました。おじいさんもニコニコ顔。いいですよね一番前は。

CB195423dsc.jpg
1B席は対向列車の撮影も可能。ここで朱色+クリーム色のを捕えられないかなぁ。

CB195428dsc.jpg
カーブした鉄橋なんてのは、この路線では次から次へと出てくる。

CB195435dsc.jpg CB195436dsc.jpg
スノーシェルターのある打保駅で、朱色+クリーム色のキハ48に遭遇。残念ながら逆向きで、塗装変更によっていかつい顔から一転して優しい顔になった(と、私は感じている)前面は見る事が出来ず。

CB195440dsc.jpg
猪谷に到着。ここからハンドルを握るJR西日本の運転手さんと、キハ120がお出迎え。

CB195443dsc.jpg
猪谷を出ると右手に廃線跡っぽい地形が見え、その後川面(実際はダム面)にはかつてここに巨大な鉄橋が有った事を示す、二つのコンクリート基礎が見えます。

国鉄神岡線を引き継いだ神岡鉄道の廃線跡か…、廃線は最近のはずですが(廃線は2006年12月)、鉄橋は壊してしまったのか、残しておいたところで危険ですし保守も必要、壊してしまうのが一番なんだろうな。乗っておくべきだったなぁ…。

しかし神岡鉄道は猪谷から岐阜方面に分岐してたのではなかったっけ?、気になって調べてみますと、この鉄道の深い歴史を知る事になります。

神岡鉄道は私の記憶通り岐阜方面に分岐していました。そして私が見た富山側にあった鉄橋跡は別の鉄道のものでして、1966年開通(←意外と新しい)した国鉄神岡線以前に存在した、軌間610mmの神岡軌道の物だったのです。この鉄道の廃止は1967年3月31日、なんと私が生まれる前に役目を終えた鉄橋跡だったわけです。

CB195445dsc.jpg
写真は取り損ねてしまったのですが、この川面に神岡軌道の橋脚の基礎が見られます。

CB195446dsc.jpg
いい雰囲気の楡原駅。この駅に停まる朱色+クリーム色のキハ40・48はさぞかしいい絵になるだろうなぁ。しかしここにはキハ40・48は来ない。

CB195448dsc.jpg
お祭りで有名な越中八尾を過ぎ、ひなびた沿線風景から一転、突如現われる貨物ターミナルを持つ速星駅。タンクコンテナも見られます。ここで見たDE10の車番は3501。そんな番台あったっけ?、除雪モーターカー導入で余剰となったDE15を改造(というかスペックダウン)したDE10だそうで、2009年に登場したらしい。知らなかった…

さて、そろそろ終点富山に到着。線路の配線はどんな感じだろう、どんな風に北陸本線と合流するのだろう。ここを座ってしっかり見られるのが展望座席の特権。なんだか興奮してきます。

CB195454dsc.jpg
まずは北陸新幹線の高架が見えて来ました。

CB195456dsc.jpg
北陸新幹線の下を潜った所で、北陸本線と並走。ここで北陸本線への渡り線があるのですが、単線非電化の高山本線の専用線(という表現は間違いか?)をまっすぐ進みます。

CB195457dsc.jpg
高山本線用に作り分けられた鉄橋を渡り、

CB195459dsc.jpg
工事中の在来線高架アプローチ部分と強引なカーブ。高架に切り替わったら、ここから先は見られなくなる風景になります。

CB195460dsc.jpg
そして切欠きホームの1番線に到着です。

CB195463dsc.jpg
0番線的な(実際は1番線)切欠きホームに停まる、特急ワイドビューひだ。この日のこの列車の富山到着時の乗車状況は、1号車グリーン指定席が4,5名、2号車自由席も4,5名でガラガラ、しかし3号車指定席はほぼ満席という状況でした。この写真の背後の1番線的な(実際は2番線)メインのホームには、2両編成のキハ120、高山本線普通列車越中八尾行きが出発待ち。発着するホームが逆ではないかと思うのですが、そうなる理由があるのでしょう。その後、富山地方鉄道の電車でも見れないかと2番ホームの一番東へ行ってみますが、工事中の新幹線在来線高架駅に挟まれて全く見えませんでした。

CB195466dsc.jpg
切欠きホームに停まる3両の特急列車はなかなか絵になります。よその会社に乗りいれたからといって遠慮しないで、もっと手前に来ればいいのに…と声をかけたくなるような感じです。安全面の理由でこうなってしまうのでしょう。

CB195469dsc.jpg CB195470dsc.jpg CB195471dsc.jpg
せっかくなので1両1両記録。左からキロ85-4、キハ84-305、キハ85-1119。この系列は私にとっては今でも新車のイメージですが、1989年デビューですので、もう結構古い。そろそろ代替車の話も出てくるのかもしれません。安全面の問題が度々指摘される前面展望可能なスタイルが引き継がれるのかが気になるところです。

(乗車は2013年11月)

前の記事:旅の始めも喫煙車(700系ひかりG車・JR東海車)
次の記事:JR七尾線・のと鉄道七尾線乗車記1
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさん鉄道ファンの日本の鉄道の乗車記録です。2012年、ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになり、乗りつぶしをスタート。その時の未乗区間は7,818.4kmでしたが、12年目にしてあと1,002.5kmになりました。すべて乗りつぶすには、今の生活パターンだと、まだ7,8年ぐらいはかかりそうですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事をご覧になりたい方は下のカテゴリーの「年別目次」からどうぞ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR西日本 阪急電鉄 神戸電鉄 神戸市営地下鉄 地下鉄路線 ケーブルカー 能勢電鉄 京阪電車 近鉄 大阪メトロ 新交通システム パノラマグリーン車 貨物線・短絡線・渡り線 JR九州 新幹線 長崎電気軌道 路面電車 東急電鉄 相模鉄道 弘南鉄道 JR東日本 観光列車 JR東海 明知鉄道 旧国鉄の第三セクター路線 名鉄 長良川鉄道 樽見鉄道 専用鉄道訪問 名古屋市営地下鉄 モノレール くろがね線 平成筑豊鉄道 西日本鉄道 バスの旅 代行バス 真岡鐵道 関東鉄道 南海電鉄 福井鉄道 えちぜん鉄道 富山地方鉄道 箱根登山鉄道 小田急電鉄 国鉄時代 温泉 広島電鉄 錦川鉄道 いすみ鉄道 小湊鐵道 函館市電 非冷房車 JR北海道 京浜急行 金沢シーサイドライン 長野電鉄 信楽高原鉄道 喫煙車 東武鉄道 井原鉄道 旧建設線の第三セクター路線 秩父鉄道 蒸気機関車 西武鉄道 養老鉄道 札幌市営地下鉄 静岡鉄道 天竜浜名湖鉄道 愛知環状鉄道 北陸鉄道 駅そば 船旅 鹿児島市電 東海交通事業 上田電鉄 アルピコ交通 島原鉄道 三井化学専用線 松浦鉄道 筑豊電気鉄道 野岩鉄道 会津鉄道 JR四国 阿佐海岸鉄道 土佐くろしお鉄道 伊予鉄道 吊り掛け電車 琴電 猫登場 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 京成電鉄 新京成 流鉄 夜行列車 伊勢鉄道 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 芝山鉄道 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 北条鉄道 山陽電鉄 水島臨海鉄道 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 京王電鉄 台湾の鉄道 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR