fc2ブログ

くろがね線を見に行く2(戸畑側)

本日2回目のくろがね線の撮影に挑みます。
1回目はこちら

今度は九州工大前で降ります。時間は11時過ぎ、暑いです。駅前には商店が一軒もなく、まずはコンビニをスマホで探して、食料(おにぎり2つ)と水分(ポカリ900ml)を調達。最近批判の多い趣味活動の最中に、熱中症で倒れても笑われるだけですので、気をつけたいところ。

汗だくになって目当ての撮影地に到着します。今回も同業者なし。住宅地の中のくろがね線を跨ぐ歩道橋の上で、見た目は暑そうですが、上ってみれば、風が吹き抜けてそんなに苦ではありません。まずはここでコンビニおにぎりの昼食。

時刻表がなく、いつ来るか分からないくろがね線。この後の予定は、北九州モノレールの乗りつぶしと、北九州空港16:40発の羽田便で帰ること。来なければモノレールは中止し、帰りの飛行機ギリギリまで、待つ覚悟で臨みます。

と、食べてる途中で、八幡側から列車が来ているではありませんか。

L8070866_omd.jpg
朝と同じディーゼル機関車のD705が先頭です。ここもフェンスがあって、高く掲げたデジタル一眼のライブビューで撮影するのですが、しんどいなぁ。

L8070867_omd.jpg
フェンスの隙間から撮ることにする。そのうちトリミングしよう。

L8070871_omd.jpg
後ろに振り返って、続く貨車は、産廃コンテナみたいな熱塊カバー台車が4両。上から見ると、こんな蓋があったのか。

L8070875_omd.jpg
K2車と書かれた、防水フード付き長物車が3両。

L8070876_omd.jpg
無蓋車が1両。なんか載せてる。

L8070879_omd.jpg
ロール物を積む治具を付けた長物車は、ホットコイル台車だそうで、これが4両。

L8070880_omd.jpg
最後尾に電気機関車E8501。

いいなぁ、いいなぁ、でも今度は、上からでなく、線路際で車両と同じ高さから見たいなぁ。

* * *

くろがね線の運転パターンは、八幡側を基点とし、戸畑側に行ったら直ぐに帰ってくるとのこと。朝の便は1時間以上待ちましたが、今度は20分で戻って来たぞ。ずいぶん効率がいい。

L8070890_omd.jpg
朝と同じ、戸畑発はELが先頭です。

L8070892_omd.jpg
高曇りで影が消えていい感じ。

L8070896_omd.jpg
後ろへ

L8070900_omd.jpg
ホットコイル台車が4両。積んでいるのはロール状の鉄板みたいですが、これがホットなのか。カタツムリの行列を見ているみたいでユーモラス。

L8070904_omd.jpg
K3と書かれた防水フード付き長物車が3両

L8070910_omd.jpg
巨大文鎮のようなスラブ?を積載した長物車が6両。

L8070912_omd.jpg
最後にDL。

L8070916_omd.jpg
僅かに白煙を残して、ゆっくり去って行きます。

本日のくろがね線の撮影、2箇所で往復共ほぼ思い通りに撮れましたので、これで良しとしましょうか。

時間も余ってますので、次に来る時のため、線路沿いをゆっくり歩いて戻ることにします。撮り鉄基本構図や、大きいレンズに拘らず、フェンスの隙間からコンデジで撮るなら、撮影出来そうな箇所は意外と多いです。

L8074287_rx100.jpg

L8074290_rx100.jpg

幹線道路までたどり着き、小倉側にある地下道で鹿児島本線の北側に出ます。港湾地区独特の風景の中をしばらく進むと、戸畑側の操車場に出ました。

L8074295_rx100.jpg
くろがね線の人気撮影地はここだったか。ここは脚立がないとしんどいや。ここにも同業者は無しでした。

L8074294_rx100.jpg
同じ場所で八幡側を見ます。ここで時間が許すまで3本目を待ってみようか。やっぱりやめて九州工大前駅に戻ります。

L8074297_rx100.jpg
くろがね線を越える道路の上から戸畑側のヤードを見ます。入替機が近くまで迫って来ているのですが(写真左上にちょっと見える)、こっちまで来てくれません。錆だらけの架線ビームが車両の撮影に目障りですが、ドイツ製の新型機関車はディーゼルとのことで、そのうちに電化設備を撤去するなんてこともあるかも。くろがね線の架線ビームには、1本おきぐらいで、可愛らしい照明が付いていて面白い。夜中に点るのでしょうか。

L8070886_omd.jpg
これは別の箇所で撮った、架線ビームの照明。

L8070920_omd.jpg
くろがね線を後にし、九州工大前から小倉へ向かいます。13:08発の門司港行は、またもや415系鋼製車で来ました。運行番号を見れば、さっきも乗ったFo-123で、この日は門司港~折尾間を行ったり来たりしていたようです。

(撮影は2022年8月)

前の記事:小倉以東発の福北ゆたか線直通列車が走る渡り線
次の記事:北九州モノレール乗車記
関連タグ:専用鉄道訪問くろがね線
スポンサーサイト



くろがね線を見に行く1(八幡側)

九州旅行の3日目は、今回一番の目的もある、くろがね線を朝から見に行きます。

くろがね線とは、日本製鉄九州製鉄所八幡地区(旧八幡製鐵所)の戸畑側と八幡側を結ぶ全長6kmの専用鉄道です。JRと繋がった1067mm路線ですが、製鐵所の専用鉄道ですので、機関車も貨車もすべてここでしか見られない、超ヘビー級オリジナル車両なのが魅力です。開業は古くて1930年、開業時から600Vで電化されています。最近、ドイツ製の新型機関車を輸入し、これがまた独特の風貌で、鉄道好きの間では、にわかに注目を浴びている感じでもあります。

L8070677_omd.jpg
昨日下見をした、枝光駅から歩いてすぐの撮影地には7時に到着しました。八幡側を望みます。高いフェンスがあるため、デジ一眼を高く掲げて、下に向けたモニターを見ながらの撮影になります。うまく撮れるかな。

L8070678_omd.jpg
戸畑側は宮田山トンネルがあります。1930年開通だけあって渋すぎる佇まい。

しかし、待っても待っても列車が来ません。この路線は、運転時刻が決まっていない鉄道なのですが、年中無休で走ってるとのこと。しかし今日は日曜日なので心配になってきました。同好の士も一人も現れません。9年前に大牟田の三井化学専用線に行ったら運休だったことを思い出します。

待つこと1時間半、来た!来てくれた。ここの列車は、編成両端に機関車が付くのですか、通常は前に電気機関車、後ろにディーゼル機関車での運転です。今日はディーゼルが前で来たぞ。最近このような変則的なパターンがふえているとのこと。ドイツ製新型機を迎え入れる準備でしょうか。

L8070687_omd2.jpg
適当にバシャバシャ撮って、縦にトリミングしてみました。

真下を走る列車を生でじっくり見たいのに、高く掲げたカメラで上を見て撮影するのは、自分が何しに来たのかわからなくなります。そこで後ろの撮影は、橋の上から撮るのはやめて、線路の横のフェンスの隙間からします。スピードが遅いので、余裕で移動出来ます。

L8074269_rx100.jpg
後ろは無骨な貨車が続きます。左に見える陸橋が、さっきまでいたところ。

L8074274_rx102.jpg
後に電気機関車E8501。運転整備重量が85tonという、1067㎜ゲージではとんでもない軸重の、ここでしか見れない機関車です。数年前まではワニが描かれていて、あんまり撮りたい欲が湧いてこなかったのですが、この色こそ正義です。

L8074275_rx102.jpg
ゆっくり宮田山トンネルに吸い込まれてゆきます。

* * *

戸畑側に行ったら、すぐに折り返して来るとのことで、その場で待ちます。

L8070700_omd.jpg
戻ってきたのは1時間後、今度は電気機関車が先頭だ。前も後ろもライトの付け方が同じなので、上の写真となんだか変わらない。

L8070705_omd.jpg
真正面からだとよく見えませんでしたが、茶色い国鉄電気機関車みたいにデッキが付いていたのか。ここだとデジ一眼のファインダーで撮れるので、チラチラ列車を生で見れます。

L8070710_omd.jpg
後ろの貨物も面白い、巨大文鎮(スラブというらしい)を積んだ長物車が7両。

L8070714_omd.jpg
産廃コンテナを2つ積んだみたいな複式ボギー車が4両。熱塊カバー台車だそうで、戸畑から八幡へ向かうのは高温で、歩道橋の上で出くわすと、熱気を感じられるほどとのこと。

L8070725_omd.jpg
最後の1両は台車がちょっと違う。複式ボギーだと、「タタタタン、タタタタン…」という楽しそうなジョイント音を奏でそうですが、騒音に気を使ったこの鉄道では、ジョイント音など一切聞こえません。機関車も防音カバーが効いて超静か。しかし走行音は存在しまして、静かなる貨物列車の音、鉄が伸びたり縮んだり歪んだりする時の音なのでしょうか、カタカナにすると「メキメキ」「キュキュ」「ビクン」という音がします。

L8070729_omd.jpg
いいなぁ、いいなぁ、ディーゼル機関車D705、こいつも70トンあるんだそうで、軸重はEH500より重い。

L8070732_omd.jpg
振り返ります。

それにしても、助手席側の前面窓から配管突き出しているなんて、どういう改造よ。そこが最高にカッコイイ。電気機関車もデッキにエアコン室外機を積んでました。

同じ九州の専用鉄道であった大牟田の三井化学は、形状や色の様式がしっかりと定まっていて(しかも完璧に美しく)、スイスの鉄道車両のようでした。こちらのくろがね線は、機能を満たせば見た目は関係なし!の激しい改造っぷりで、アメリカの鉄道車両みたい。(個人の感想です)

L8070693_omd.jpg
コンデジはフェンスに引っ掛けてビデオ撮影。音もちゃんと拾って撮れてて大満足。これでここでの撮影を終わりにします。

L8070742_omd.jpg
カメラを片付けて下に降りると、まだここにいたのか。

L8070743_omd.jpg
さてこの鉄橋、左側の下に、鹿児島本線が走っていました。

L8070744_omd.jpg
今のアウトレット北九州の敷地を回り込むように、複々線できれいなカーブを描いていた箇所ですが、その面影は全く残っていません。

* * *

今回、くろがねの情報収集については、こちらのサイトを大いに参考にさせていただきました。
Aux Amis des Trains様
くろがね線・専用線を扱う超有名サイトです。ありがとうございます。

(撮影は2022年8月)

前の記事:皿倉山ケーブルとくろがね線
次の記事:小倉発の福北ゆたか線直通列車が走る黒崎折尾間の渡り線
関連記事:くろがね線を見に行く2(戸畑側)
関連タグ:専用鉄道訪問くろがね線

皿倉山ケーブルとくろがね線(皿倉山からくろがね線を見る)

福北ゆたか線の高架化してルートが変わった折尾駅周辺の乗りつぶしを終えて黒崎に到着。

L8060626_omd.jpg
側線には、八幡の製鉄所出来立てレールを積んだ長物車が停まっています。

L8060622_omd.jpg
ロングレール(150m)の輸送車を近くで見るのは初めです。9両編成で、編成中央に位置するのが、レールを押さえつけて固定しておくチキ5450。

L8060624_omd.jpg
両側は、レールを固定しないで前後にスライドさせる仕様のチキ5500(両端は5400)。これがカーブをくねくね走る姿は面白いだろうなぁ。

* * *

次は皿倉山ケーブルの乗りつぶしですが、ちょっと寄り道して、明日の撮り鉄の下見をしておこうと思います。鹿児島本線上り電車で枝光へ向かいます。よく見ないで乗ったのは快速で、枝光は通過でした。戸畑まで行って戻ります。

枝光駅の改札を出ると…
L8060628_om2.jpg
うわっ!橋の上にいるじゃないの。

初めて近くで見るくろがね線の貨物列車。歩くぐらいのスピードで八幡側への坂を静かに下って行きます。鉄橋を渡っているというのに、貨物列車が鉄橋を渡っている音が全くしません。でも重圧感が凄い。

L8060633_om2.jpg
後ろもごっつい機関車だなぁ。最高にカッコいい。

L8064243_rx102.jpg
明日の撮影場所の下見もOK。もう数分早ければ、ここで撮れたんだけど、明日に期待することにします。

* * *

今度こそ皿倉山ケーブルです。鹿児島本線普通で八幡に戻り、八幡駅前18:25発の皿倉山ケーブルの無料送迎バスに乗ります。今日は8月の第一土曜日の夕方、これから夜景を見ようという人で、バスはほぼ満員です。

約10分でケーブル山麓駅に到着、ケーブル乗り場も長い列が出来ています。列の後ろに並ぶと職員さんに、何故か住所を聞かれ、東京と答えると、切符売り場へ案内されます。どうやら今日は、北九州市民は無料の日のようです。それでこんなに混んでいたのか。切符売場で切符を買うのは私だけでした。

再度、乗り場の一番後ろの列に並びます。いつもは20分間隔で運転ですが、今日は10分間隔で運転、並んでから2本目で改札に入れました。

L8064249_rx102.jpg
これに乗ります。ゆっくり写真を撮ってる時間はない。定員いっぱい(112名とのこと)まで詰め込んで出発。

皿倉山ケーブルは全長1.1km、標高差は441m、通路に立って乗車時間は6分で山上駅に到着。

すぐにスロープカー乗り場へ並びます。スロープカーは山頂まで登るレール長159mの自走式モノレールで、法規上は鉄道ではなくエレベーターに分類される乗り物。定員40名とのことですが、運良く次の便に乗れました。

L8060634_omd.jpg
そしてこれが山頂からの景色、素晴らしい!
これは35mmフイルム換算で、24mmレンズ相当での撮影になります。

L8060640_omd.jpg
これだとよく分からないので、この地域のランドマークの若戸大橋を真ん中に持ってきて、40mmまでズームイン。

L8060646_omd1.jpg
若戸大橋からちょい右下で最大望遠200mm。ここが見たかったところです。右上にさっき行った、くろがね線の枝松駅近くのトラス橋が見えます。線路の右の広い駐車場がある場所が、スペースワールドの跡地に出来たジ・アウトレット北九州。スペースワールドの前は八幡製鐵所の敷地で、その頃の鹿児島本線は、くろがね線のトラス橋の下を潜り、大カーブで画面右外まで迂回していました。撮影スポットだったので、40代以上だと知ってる方も多いはず。

L8060646_omd2.jpg
そしてこの写真を800mm換算までトリミング。
空気が澄んだ天気の良い冬の日には、ここでくろがね線の撮影できそうだぞ。

L8060657_ome.jpg
八幡側も200mmで適当に撮ってみます。右下に、皿倉山ケーブルの無料送迎バスに乗った八幡駅前のロータリーが見えます。

L8060657_omd.jpg
帰ってから、ウォーリーをさがせ!みたいに製鉄所内を端から眺めてみると、いた!入替機と3両の防水フード付台車が写ってます。これは1600mmになります。こういう写真は大っぴらに公開するべきではないのかも。

L8060660_omd.jpg
日が暮れます。スロープカーから夜景を見ようとする人が、どんどん登ってきます。ケーブルカー路線の乗りつぶしと、皿倉山山頂からくろがね線を見る目的も果たせました。混む前に早く下山しよう。

L8064252_rx100.jpg
帰りのスロープカーからの光景です。乗客は7,8人。

L8064256_rx100.jpg
下りのケーブルカーもまだ空いていて、座ることが出来ました。

L8064261_rx100.jpg
下りケーブルカーの道中から見れた夜景です。日本(新)三大夜景に選ばれるだけあって素晴らしいの一言です。夜景の灯りは、街や工場だけでなく、海の漁船の灯りもあったのか。昔の絵葉書みたいに、フォトショップで紫を強くしてみました。夜景が綺麗だったので、スイス製だという新型ケーブルカー車両については、ぜんぜん印象に残っていません。

ケーブル山麓駅19:55発の無料送迎バスで八幡駅に戻り、駅北側のビジネスホテルで遅めの夕食を取って寝ます。

(乗車は2022年8月)

前の記事:福北ゆたか線 折尾駅高架化による新しいルートに乗車
次の記事:くろがね線を見に行く1(八幡側)
関連タグ:ケーブルカー専用鉄道訪問くろがね線
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさん鉄道ファンの日本の鉄道の乗車記録です。2012年、ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになり、乗りつぶしをスタート。その時の未乗区間は7,818.4kmでしたが、12年目にしてあと1,002.5kmになりました。すべて乗りつぶすには、今の生活パターンだと、まだ7,8年ぐらいはかかりそうですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事をご覧になりたい方は下のカテゴリーの「年別目次」からどうぞ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR西日本 阪急電鉄 神戸電鉄 神戸市営地下鉄 地下鉄路線 ケーブルカー 能勢電鉄 京阪電車 近鉄 大阪メトロ 新交通システム パノラマグリーン車 貨物線・短絡線・渡り線 JR九州 新幹線 長崎電気軌道 路面電車 東急電鉄 相模鉄道 弘南鉄道 JR東日本 観光列車 JR東海 明知鉄道 旧国鉄の第三セクター路線 名鉄 長良川鉄道 樽見鉄道 専用鉄道訪問 名古屋市営地下鉄 モノレール くろがね線 平成筑豊鉄道 西日本鉄道 バスの旅 代行バス 真岡鐵道 関東鉄道 南海電鉄 福井鉄道 えちぜん鉄道 富山地方鉄道 箱根登山鉄道 小田急電鉄 国鉄時代 温泉 広島電鉄 錦川鉄道 いすみ鉄道 小湊鐵道 函館市電 非冷房車 JR北海道 京浜急行 金沢シーサイドライン 長野電鉄 信楽高原鉄道 喫煙車 東武鉄道 井原鉄道 旧建設線の第三セクター路線 秩父鉄道 蒸気機関車 西武鉄道 養老鉄道 札幌市営地下鉄 静岡鉄道 天竜浜名湖鉄道 愛知環状鉄道 北陸鉄道 駅そば 船旅 鹿児島市電 東海交通事業 上田電鉄 アルピコ交通 島原鉄道 三井化学専用線 松浦鉄道 筑豊電気鉄道 野岩鉄道 会津鉄道 JR四国 阿佐海岸鉄道 土佐くろしお鉄道 伊予鉄道 吊り掛け電車 琴電 猫登場 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 京成電鉄 新京成 流鉄 夜行列車 伊勢鉄道 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 芝山鉄道 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 北条鉄道 山陽電鉄 水島臨海鉄道 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 京王電鉄 台湾の鉄道 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR