あけぼの号乗車記 その4(青森到着)

あけぼの号乗車記の翌朝編、
途中ちょこっと新津で目が覚めましたが、まぁ良く寝られたみたいです。秋田到着前の車内放送で目が覚めます。秋田では降りる乗客は多いみたいで、隣のゴロントシートからも10数人の下車する客がいます。しばらく起きて土崎工場(現、秋田車両総合センター)を右に見てからまた就寝。セットされた目覚ましで次に起きたのは大鰐温泉到着前です。

C6192133dsc.jpg C6192134dsc.jpg
弘南鉄道大鰐線、この線も廃止の話が出ましたが、一昨日にまだ存続させる事にしましょうとの発表がされました。ここは1990年代に一度乗りに来ました。乗車したのは6000系の快速電車で、今思えば貴重な体験が出来たなと思うのですが、その時はどうしてもっと早く、17M元旧型国電や元西武車が走っていた時代に来なかったのか、こんなつまらないステンレス電車になんかになっちゃって・・・と、もうひたすら後悔というか悔しい思いをしながらの乗車でした。

その後、駅近くの誰もいない公共温泉にゆっくり入り、駅近くの食堂で肉鍋定食(←しっかり覚えている)を食べている中、北海道積丹半島で起きた余りにも悲惨なニュースに言葉を失います。豊浜トンネル岩盤崩落事故、こんな形で人の命が失われてしまっていいものなのか。1996年2月の事です。

***

さて寝台を畳んで座席にセットして朝食です。朝食は上野駅構内改札外のスーパーで買った「めはり寿司」、これも20年ぐらい前に、紀伊勝浦か新宮駅で買って食べて、たしか300円ぐらいのあり得ない安さなのに、めちゃくちゃ美味しく感動したものなのですが、今回のはご飯は柔らかく、高菜は硬く芯も残り、あれ?こんなんだったっけ・・・とちょっと残念。

峠越え区間の大釈迦付近では、雨にもかかわらず撮り鉄さんも多数見かけました。日の長い今の時期、この界隈ではED79牽引のはまなすが撮れますので、皆さんそのおまけ撮影でしょうか。

C6192136dsc.jpg
初めて見るこんな電車の出迎えで、終点青森に到着。前に来たのは青森・盛岡間に485系と583系のはつかりが走っていた時ですので本当に久しぶりです。

C6192138dsc.jpg
鉄道ブーム?ここでも6月の平日だというのに写真を撮る方がたくさんいます。

C6192141dsc.jpg C6192142dsc.jpg
客車と切り離して引き上げ線へ、長岡から牽引してきたのは双頭連結器付きで物々しさが魅力のEF81 136。右写真に写る青函連絡船乗り場へ繋がっていた跨線橋は一度だけ通った事があります。

C6192148dsc.jpg
上野寄りには既にDE10が連結されています。
隣のホームに移ってこの日のあけぼの号の客車1両1両を上野側から記録に残しておきます。

C6192152dsc.jpg
まずはDE10 1764から、
DE10をこうして間近に見られるチャンスも今はあまりないのでは…

C6192153dsc.jpg
1号車 オハネフ24 10 レディースゴロンとシート
金帯に引戸ですので北海道乗り入れ用として改造されたものでしょう。

C6192154dsc.jpg
2号車 オハネ24 7 B寝台
白帯に折戸、原形をしっかり保っている車両。

C6192155dsc.jpg
3号車 オハネ24 3 B寝台
同じオハネでも金帯に引戸ですので北海道乗り入れ用として改造されたもの。

C6192157dsc.jpg
4号車 オハネフ24 21 B寝台
白帯に折戸で原型に近いのですが、雨樋が外付けのあまり美しくない残念な顔になってしまったもの。

C6192158dsc.jpg
5号車 オハネ24 555 B個室(ソロ)

C6192159dsc.jpg
6号車 オハネ24 554 B個室(ソロ)

C6192161dsc.jpg
7号車 スロネ24 553 A個室(シングルDX)
3両存在して3両とも種車が違うというやつです。

C6192163dsc.jpg
8号車 オハネフ25 125 ゴロンとシート
この車両だけ寝台側の窓が低い24系25型100番台のオハネフ。金帯に折戸ですので元あさかぜの車両ですね。

C6192166dsc.jpg
カニ24 102 電源車
平面顔で最後に製造されたブルトレ電源車、これも元あさかぜ用車両(たぶん)

C6192172dsc.jpg C6192174dsc.jpg
編成スナップ
それにしてもオハネ24 550番台以外、全部1両1両違うと言うのは、大糸線や飯田線の旧型国電時代みたいになってしまいました。この面白さにもっと早く気付けば良かったのですが、今や現役のブルートレインは、このあけぼの、北斗星、はまなす(も含めていいのかな?)だけなんです。

C6192180dsc.jpg
牽引してきたEF81 136は津軽線ホームから見えるいい位置に止まっています。

C6192179dsc.jpg
私があけぼの号で青森に到着して30分後、新青森発函館行きのスーパー白鳥11号が到着します。東京発6:32のはやぶさ1号に乗車すればこの電車で青森に到着できます。

そしてあけぼの号のシングルデラックスに乗車する費用があれば、はやぶさ号のグランクラスに乗車が可能です。このグランクラス、そろそろ飽きられてサービス内容の見直しがされるのではないか、特にお酒好きの方以外にはあまり嬉しくないだろう、飲み放題サービスは無くなるのではないかと私は思っておりまして、どっちに乗って青森まで来ようか最後まで迷っていたのです。私の未乗区間第2位の盛岡・新青森間178.4kmの乗りつぶしもついでに出来ます。

まぁ、もしグランクラスを体験して来たとしましたら、貧乏性な私は朝から飲み過ぎて真っ赤な顔でフラフラになりながら、今頃この駅のホームに降り立っていた事でしょう。

ちなみに青森駅では跨線橋にあるトイレを借りたのですが、なんとシャワートイレ付き!
JR東日本さん、ありがたいです。

(撮影は2013年6月)

前の記事:あけぼの号乗車記 その3(懐かしの国鉄灰皿と冷水機)
次の記事:津軽線乗車記
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR東日本 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 伊予鉄道 温泉 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 新幹線 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 観光列車 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 JR東海 喫煙車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 JR九州 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR