玉里の温泉旅館

台東線のだいたい中間に位置する玉里駅。
ここは朝夕しか運転されないDR2700型ディーゼルカーの普通列車の運用が別れる所で、昼間や夜間は常にDR2700型が駅本屋のある1番線と2,3番線島式ホームの間の中線に留置されている有名な駅。この車両の聖地というか、古い車両を見ては乗っては喜んでいる鉄道ファンにとっては、故宮博物院、九份、太魯閣峡谷に匹敵するほどの重要な場所です。(ちなみに上記3か所、私は全部行った事がありません。)

しかしこの玉里については、地球の歩き方、台湾の鉄道本を見ても全くといっていいほど情報がありません。どうしてもここで1泊したかったのでいろいろネット探してみると、駅前にも民宿があるようなのですが、タクシーでちょっと行った所に日本統治時代からある温泉旅館があったので泊まってきました。鉄道とは関係ないですが旅行記としてうまくつながるように、ちょっと記事にしたいと思います。

チェックインしてまずは内湯で汗を流して食堂へ。お一人様用の夕食はお弁当風容器に盛り付けられた定食なのですが、メインは説明だとイノシシのお肉。中国語では豚肉の事を猪肉と書きますので、そのまま日本語でイノシシと誤訳したのかと思ってましたが、今までに経験した事がない歯ごたえだったので本当にイノシシだったのかもしれません。面白いのはココナッツのお刺身で、わさび醤油で食べます。グルメでない私は説明が無かったらイカだと思って食べてたところです。どちらも美味しく頂きました。

B5162760.jpg B5172766.jpg
露天風呂は水着と帽子着用(これは台湾のルールで日本から持参しました)なのですが、とても良かったです。泳げるぐらいの広さです(泳ぐのも駄目です)。

B5172768.jpg B5172770.jpg B5172771.jpg
保存されている日本式家屋

B5172773.jpg
ワンコ。ちなみに猫もいます。

B5172774.jpg B5172777.jpg B5172782.jpg
朝はホテル前の川を散策、清流とは言えませんが心癒される田舎の風景です。

B5172779.jpg
今まで見た事無い黒いトンボ

朝エレベーターで一緒になった御老人は日本語が堪能。遠い所によく来たねぇ、今度は家族と一緒に来て下さいねと声をかけて頂きました。私は自己紹介で一人で鉄道に乗りに来てここに泊まったというのも恥ずかしく、えぇ…まあちょっと台湾出張で…折角なので温泉に来てみました…とウソをついてしまいました。

来るまでは外国で初めて経験する温泉旅館でとても不安だったのですが、なんと宿の中も日本語が通じ、旅の素人にも優しく、平日で空いていましたので一人客の私にもとても居心地の良い所でした。ちなみに日本語HPもあってWeb予約も可能、平日ならビジネスホテル並みの価格です。「安通温泉ホテル」で検索すると出て来ます。

(訪問は2012年5月)

前の記事:DR2700型ディーゼルカーで台東線乗車記(台東→玉里)3
次の記事:朝の玉里駅でDR2700型の撮影
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR東日本 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 伊予鉄道 温泉 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 新幹線 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 観光列車 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 JR東海 喫煙車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 JR九州 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR