FC2ブログ

東海交通事業城北線乗車記

用があって名古屋に来ました。午後にちょっと時間がつくれましたので、2本の面白い小路線を乗り潰ししてきました。まずは東海交通事業城北線。枇杷島14:46発の勝川行きに乗車します。

H5166526dsc.jpg H5166523dsc.jpg
来たのはキハ11 305でJR東海の所属車両。枇杷島駅の城北線ホームは東海道本線の貨物線上に設置されたとのことですが、この列車が到着する寸前に、下り貨物列車が旅客線を通過します。

H5166520dsc.jpg
これがその偶然撮れた貨物列車で、EF64+赤ホキ。いいものが見れました。青梅線から姿を消して何年になるんでしょう。撮り鉄もしようと欲を出して、貨物時刻表で下調べをしていたら、貨物線側に構えていて撮り損なっていたはず。この辺の線路はどうなっているのかよくわかりません。

さて、城北線の乗客は私含めて4名。かぶりつきは止めてボックスシートに座ります。それでは出発。すぐに分岐して複線になって東海道本線をオーバークロス。そして高度を上げて、架線柱の無いスッキリして見通しのよい非電化の高架複線路線を進みます。これは楽しい。こんな路線があったんだ。これはここでしか見られない独特の車窓ではないでしょうか。ちなみにこの路線が複線だと知ったのは、乗車する数日前でして、それまでは京成千原線のように片側だけ線路が敷かれてるものと思ってました。

1駅目の尾張星の宮で、私以外の乗客全員3名が下車。これがこの路線の昼時の現実のようです。

H5166533dsc.jpg
尾張星の宮を出てからの車窓が凄かった。上下線がダイナミックに別れ、高低差もこんなに。これこそ中京地区の武蔵野線になれなかった瀬戸線の夢の跡、ここで稲沢方面からの線路が合流し、デルタ線が形成される予定だったところです。2本の単行軽快ディーゼルカーが行来するだけなのに、贅沢な路線です。しかも昼間の時間帯は1本しか走らないので、すれ違いは無い。

H5166535dsc.jpg
ここで名鉄犬山線をオーバークロスしますが電車は見られず。小田井に到着し、3名の乗客あり。この路線の中間駅のホームは、ちょっとした展望台のような高い位置にあるので、上ってくるのは大変だろうな。この駅にはエレベーターがあるようでしたが、無い駅もある。

H5166536dsc.jpg
ちょっと最後尾からの景色を見てみます。架線柱のない複線区間はスッキリして気持ちいい。もしも中央西線の山間部が今も非電化で、特急しなのがキハ85系で運転されていたら、バイパス線として成り立つこの線路を、最高速度で駆け抜けていたかもしれません。その後は進行方向左側(この写真では右側)に高速道路がピタッと並びます。

H5166540dsc.jpg
名鉄小牧線をオーバークロス、ここでも電車は見られず。

H5166541dsc.jpg H5166544dsc.jpg
もうすぐ終点の勝川、運転席後ろに立ちます。本線上にポツンと留置されるみたいな、もう1両の車両が見え、最後は単線となって駅ホームに着きます。

H5166548dsc.jpg H5166554dsc.jpg
16分の乗車、15:02に勝川に到着します。開業して28年になりますが、今だ中央西線勝川駅とは500mも離れている仮設駅。そしてすぐ脇を走る中央西線は、長い211系10両編成という格差です。ホームで待っていた枇杷島方面への乗客がいつまでたっても乗車出来ないので、?と思ってたところ、中央線勝川駅方の奥へと引っ込んでしまい・・・

H5166557dsc.jpg H5166558dsc.jpg
本線上にいたキハ11 302が入線して車両交換です。一旦引っ込んだキハ11 305は、2時間以上休憩して勝川17:18発の列車から再活動するようで、ここから2本体制となり、複線上でのすれ違いが実現するようになります。出てきたキハ11 302は、東海交通事業所属車。ステンレスボディーに窓回りがオレンジというカラーは、日本では今までありそうであまり無かったカラーではないでしょうか。

H5166564dsc.jpg H5166566dsc.jpg
ホーム末端から、中央本線勝川駅へと通じる連絡通路を進みます。車両検査施設があって、これも仮設らしい。

H5166573dsc.jpg H5166576dsc.jpg
城北線の高架がプッツリ切れるところです。中央西線も高架になってしまったので、将来立体交差とするなら大工事が必要になります。

H5166577dsc.jpg H5166580dsc.jpg
ブラブラ寄り道しながら辿り着いたので何分かかったかはわかりませんが、到着した中央西線の勝川駅は、城北線が乗り入れるスペースはしっかり確保されています。そのうちにビックリするような変化が見られるかもしれません。

(乗車は2018年5月)

次の記事:名鉄築港線乗車記
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさん鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は3,700km以上あり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

路面電車 鹿児島市電 JR九州 パノラマグリーン車 地下鉄路線 非冷房車 JR北海道 JR西日本 JR東日本 観光列車 真岡鐵道 蒸気機関車 名鉄 東海交通事業 上田電鉄 アルピコ交通 長崎電気軌道 島原鉄道 船旅 専用鉄道訪問 三井化学専用線 国鉄時代 松浦鉄道 貨物線・短絡線・渡り線 筑豊電気鉄道 西日本鉄道 平成筑豊鉄道 喫煙車 新幹線 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 温泉 伊予鉄道 琴電 吊り掛け電車 ケーブルカー 猫登場 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 JR東海 夜行列車 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 芝山鉄道 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR