FC2ブログ

筑豊電気鉄道乗車記

駅前に元大関魁皇の銅像が立つJR直方駅を出て、次の乗り潰し路線の筑豊電気鉄道の筑豊直方駅まで暑い中を歩きます。JRの線路沿いを折尾方面にしばらく進み、右に折れると、全く人通りのないアーケードの終端部があります。これが今の直方を象徴する光景なのか・・・、おそらく多くの地方都市がそうであるように、駅周辺が寂れ、幹線道路沿いは賑やかなのでしょう。東京の多摩地区だって、似たような場所はあります。

G8113678dsc.jpg
数分間ほとんど人とすれ違わずに到着した筑豊直方駅、立派な高架駅ですが駅前にも人の姿はなし。

G8113681dsc.jpg G8113682dsc.jpg
殺風景な階段を上って行きますと、

G8113685dsc.jpg G8113687dsc.jpg
・・・意外にもほっこりとした空間が存在してまして、私の写真ではうまく伝わりませんが、屋根の日陰にはベンチがあって、7,8人の乗客が座って電車を待っています。何よりも線路とホームの段差がほとんど無いことから、皆さん線路際に座り込んでるみたいで、実際には暑くて大変なのですが、実にほのぼのとした光景なのです。

G8113691dsc.jpg
電車が来ます。この写真だけ見ると、背後の山を越えてきたみたい。

G8113700dsc.jpg
やって来た電車のアイスのあずきバーみたいな色は、西日本鉄道の旧塗装に違いない。これはいい電車に当たったぞ。ヘッドマークも付いていまして、「開業60周年、開業当時塗装色電車、旧西鉄電車カラー、マルーン&ベージュ」とのこと。60周年というのは意外にも新しく感じ、西鉄との関係もどうだったのかしっかり理解していませんでして、この鉄道については帰ったらお復習しないといけません。

G8113696dsc.jpg G8113699dsc.jpg
光線は悪いですが、対向ホームのおかげで形式写真みたいのが撮れました。

G8113701dsc.jpg
車内の様子。のんびり外で写真を撮っていたおかげで、かぶりつき席は当然確保できず、仕方なく最後尾の座席に収まります。以下の車内からの写真はすべて後方(筑豊直方側)の景色になります。

G8113705dsc.jpg
15:41に出発です。すぐに高架が鉄橋になって遠賀川を渡ります。吊り掛けの音が素晴らしい。さて、このあずきバー電車は3000形の3005番。車内の製造プレートには「平成元年・アルナ工機」とありますが、足回りはバス窓の2000形からの流用で、2000形というのも元は西日本鉄道の1000形だそうで、Wikipediaでルーツを辿ると1961年生まれの電車になります。

G8113706dsc.jpg G8113707dsc.jpg
とにかくこの路線は線路(路盤や架線柱など)が立派。駅さえ見なければ、ここを西鉄の特急車8000形が100km/h強で走っても全く違和感はないはず。たしかこの路線は福岡まで延伸する計画だったはず。もしもそれが篠栗線全通前に実現していたら、九州の鉄道事情は今と大きく違っていたことでしょう。

G8113709dsc.jpg G8113711dsc.jpg
新幹線を潜ると楠木、ここで初めて対向する電車とすれ違いですが、路面電車のスタンダードになりつつあるリトルダンサーシリーズで来ました。併用軌道区間はもうありませんので、ホームをかさ上げして、普通の電車を走らせてもよさそうですが、一度にすべての車両を取り替えなくてはなりませんし、それ以前に車両限界や架線高さなど素人には見えない複雑な事情があるのでしょう。この駅を出ると小さな車両基地が見えます。現在乗車している3000型の他に、別色のリトルダンサーもいました。

G8113715dsc.jpg G8113716dsc.jpg
筑前香月を出ると細かいアップダウンが多く、路面電車の走る専用軌道らしい光景で、先程の大型電車がビュンビュン走る雰囲気ではなくなってきます。希望が丘高校付近では「廃線跡」とメモを残しているのですが、どんな廃線跡が見えたのかは忘れてしまいました。おそらく国鉄香月線の廃線跡が見えたんでしょう。

後ろ向きだからか、この辺りから初乗車というのにウトウトしてしまいます。JR複々線区間のかぶりつきで集中力を使いきってしまったみたいです。

G8113719dsc.jpg G8113720dsc.jpg
ここは西山駅で、峠にあるみたいな雰囲気の駅。

G8113722dsc.jpg
穴生あたりからは高架区間。この辺りはもうすっかり都市鉄道。
そろそろ黒崎で鹿児島本線が見えて来ます。ちょうどこの場所は鹿児島本線が筑豊本線をオーバークロスする所。

G8113729dsc.jpg
西黒崎の横には車庫があり、3連接車2000形の青いのと黄色いのが見えます。確か半年ほど前に引退したようなニュースを見ましたが、今にも走りだしそうな雰囲気です。

G8113733dsc.jpg G8113734dsc.jpg
16:16、黒崎に到着です。駅員さんはいないようで、乗務員(運転手さん)がバスのように精算しますので、降りるのに時間がかかります。

***

さて、今までよく解っていなかった筑豊電気鉄道について、意外にも浅い歴史と西鉄との関係中心に、自分のためにお復習して記載しておきます。

まずは戦前の時点で、北九州地区には一大軌道路線郡が存在していました。これが戦時中に統合されて西日本鉄道(以下は西鉄と略)北九州線となります。内訳は北九州本線(今の門司港付近~折尾)に、戸畑線、枝光線、北方線の3つの支線で、路線長は合わせて45kmぐらい。

1951年、黒崎から福岡までの鉄道建設を目指し、西鉄が100%出資する筑豊電気鉄道が設立されます。そして1956年に西鉄北九州線の4番目の支線のようなかたちで熊西から筑豊中間まで開通。1958年に木屋瀬、1959年に筑豊直方まで延伸し、現在の状態となります。ところがこの先は資金難により延びることなく、筑豊~福岡を結ぶ鉄道は、1968年の篠栗線全通により国鉄に先を越されてしまいます。直方から福岡までの免許は1971年に失効し、この鉄道は北九州の一つの地方鉄道で終わってしまうのです。また、筑豊電気鉄道は1976年まで車両を保有しておらず、すべて西鉄の乗り入れ車で運行されていました。

親会社の西鉄北九州線に話を戻します。路面電車が各都市で一気に廃止された時代には生き残れたものの、1970年代から製鉄所の事業縮小、そしてなんと国鉄電車の運転本数が増えたことから乗客は減り、路線はどんどん縮小されてゆきます。まずは1980年に北方線廃止(これは後にモノレールに生まれ変わる)。1985年に北九州本線の門司(今のJR門司港付近)~砂津(小倉付近)と戸畑線、枝光線が廃止。1992年に北九州本線の砂津~黒崎駅前が廃止、2000年に北九州本線の熊西から折尾も廃止され、現在の状態となります。

最後に西鉄北九州本線として残ったのは、黒崎駅前から熊西までの0.6kmのみ。この区間はこの時点で軌道から鉄道に変更され、筑豊電気鉄道が第2種鉄道事業者、西鉄が第3種鉄道事業者となります。2015年3月、西鉄の会社分割により第2種・第3種の関係を解消。すべての線路が筑豊電気鉄道のものとなって現在に至ります。

そうか・・・そうだったのか。知ってから乗れば直方駅や熊西駅周辺をもっと違う目で見れたのに惜しいことをしました。他に面白い点は、2016年3月まで全列車に車掌さんが乗務していた。3連接車の2000形は、1編成がまだ現役のようで、運が良ければラッシュ時に走るらしいです。

(乗車は2017年8月)

前の記事:北九州複々線区間お復習&お名残乗車2(折尾~直方)
次の記事:北九州複々線区間お復習&お名残乗車3(黒崎~直方)
関連タグ:筑豊電気鉄道西日本鉄道
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 筑豊電鉄

railwayさま、コメントありがとうございます。この路線は、2016年の春まで全列車に車掌さんが乗務していたとのことです。その時に乗りに来ればよかったです。それにしても素晴らしい環境下で幼少期を過ごされましたね。

筑豊電鉄

 こんにちは。いまワンマン化が進行中なのですね。車掌さんがマイクを握ってだみ声で放送していたのが懐かしいです。単車も乗り入れていたのに、いまは連接車ばかりになりましたね。初めて筑鉄を見たのは、新飯塚駅前に住んでいた小学1年生のころで、父がバイクの後ろに私を乗せて、遠賀川の鉄橋下に遊びに来たのが最初です。
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさん鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は3,700km以上あり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

新幹線 観光列車 JR九州 バスの旅 船旅 路面電車 鹿児島市電 パノラマグリーン車 地下鉄路線 非冷房車 JR北海道 JR西日本 JR東日本 蒸気機関車 真岡鐵道 名鉄 東海交通事業 上田電鉄 アルピコ交通 長崎電気軌道 島原鉄道 三井化学専用線 専用鉄道訪問 国鉄時代 松浦鉄道 貨物線・短絡線・渡り線 西日本鉄道 筑豊電気鉄道 平成筑豊鉄道 喫煙車 東武鉄道 野岩鉄道 会津鉄道 JR四国 阿佐海岸鉄道 土佐くろしお鉄道 温泉 伊予鉄道 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 モノレール 京成電鉄 新京成 流鉄 JR東海 夜行列車 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 芝山鉄道 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR