1987年の姫新線の時刻表

今回は旅行から帰ってから、現在は優等列車はほとんど走らず、しかもキハ120のみとなってしまった線区の多い中国地方ですが、かつてはどうだったのかかと興味を持ちまして、昔の時刻表を引っ張り出してみました。

どの時代の時刻表を…という事ですが、

私が一番乗り鉄・撮り鉄に夢中になった時代、かつアルバイトも出来て、親の脛も齧らずに長期間の旅行も出来た1983年~1988年ぐらい、その中でちょうどキリのいい、国鉄の歴史が終わり、JRとなった時の1987年4月号を選んでみました。

BA230113.jpg
表紙は新幹線100系。量産車が増備されて1時間ピッチで東京・博多間を走り始めた頃でしょうか。今までの0系の丸っこくて親しみやすいフォルムから一転、吊り目というかサングラス顔で、今度のはずいぶん怖い顔だなと思ったものです。この頃の私は時間は有り余るほどあってもお金は無しで、東海道を移動するときはいつも在来線をひたすら普通列車で移動していましたので、この車両に初めて乗るのは社会人になった後のおそらく1993年ぐらい。展望のよい明るい食堂車に、広くで快適な座席、0系と全く違うのにびっくり。ここで新幹線にも興味を持つきっかけにもなりました。

BA230112.jpg
裏表紙も面白いので貼っておきます。
スティングが缶ビール持って飛び跳ねてます。まだ若いです。

それでは姫新線の頁をめくり、当時の状況に思いを馳せてみます。

姫新線といえば、何といっても急行みささ・みまさかの存在です。
みささ・みまさか・みささ・みまさか…
この、どちらも「み」から始まる軽快な平仮名の愛称名は、東海道山陽本線のページにおいて、掲載される欄は小さくても存在感はとても大く、どこへ行くのだろうととても興味を引かれる存在でした。漢字だと三朝・美作と非常に重々しい感じになってしまうのですが、東京発の夜行急行列車だったらこちらの方が似合ったかもしれません。

時刻ですが
下りは大阪発8:47、姫路発10:08、姫新線内は本竜野・播磨新宮・佐用・美作江見・林野・勝間田の順に停車で、津山着は11:51。ここでディーゼル急行お得意の分割併合の大作業となります。まずは11:58にみまさかが普通列車になって中国勝山に向けて出発、次に12:06着の岡山から来た砂丘4号と併結、そして因美線を鳥取に向けて12:14に出発して、終点鳥取着は13:40。所要時間は4時間53分。

現在のこれに相当する列車は、スーパーはくと3号でしょうか。大阪発は9:24で鳥取着は11:57、所要時間は2時間33分という事で、ルートの変更も大きいですが、半分にも短縮されています。

今の倍もの時間もかけて、とてものんびりだったのか。いや、おそらくは姫路までは高速で走る電車に追いつかれないように、須磨の海岸あたりもエンジン音を高らかに大激走し、非電化区間も今のような極端な速度制限区間も無しで、小さな駅をどんどん通過して軽快に、当時の気動車急行としては、それなりに奮闘していたのではないかと思います。

編成は大阪出発時先頭から
1:普通車自由席(急行みまさか・中国勝山行き)
2:普通車自由席(急行みまさか・中国勝山行き)
3:普通車指定席(急行みささ・鳥取行き)
4:グリーン車指定席(急行みささ・鳥取行き)
5:普通車自由席(急行みささ・鳥取行き)

津山で併結される砂丘4号は全車自由席なので編成内容はこの時刻表に掲載されていないのですが、グリーン車がついています。確かここはキサロキロハだったと思います。そして津山から鳥取間は、模型で再現したくなるような短い編成(たぶん6両か7両)に、グリーン車が2両も連結された豪華編成だったはずです。

指定席グリーン車が連結されるぐらいですので、車内販売員も乗車して冷凍みかん(これはもっと古いか?)なんかも売っていたのでしょうか。

下りのこの列車ですが、時刻表から判断する限り、乗客の都合のよい時間というより、明らかに車両運用の都合のよい時間で運転されているようで、鳥取発は14:01、津山では同じように岡山行き砂丘5号と分割、中国勝山発のここまでは普通列車のみまさかと併結して大阪へ帰ってゆきます。中国勝山に行ったみまさかは、時刻表から一回津山まで普通列車で1往復しているようです。

客車列車はどうでしょう。
姫路から、今も運転系統が別れ写真を取っておいた上月駅まで朝夕3往復運転されています。

BA199311.jpg
上月駅、ここで50系客車編成の機回しが行われていたとは…

末端部の中国勝山から新見までの運転本数、これはこの頃も8往復、今も8往復で変わりません。

今回のスケジュールを1987年に当てはめてみたら、
2012年現在、
姫路6:55→7:30播磨新宮7:45→8:16佐用8:25→9:24津山10:11→11:47新見
1987年当時、
姫路7:02→9:37津山9:54→11:45新見
とほとんど同じ時刻で辿る事が出来ます。

駅弁マークは津山と新見についています。
津山:うなぎ弁当(1000円)、かに寿司(700円)、しいたけ弁当(600円)
新見:おこのみ弁当(800円)、ちらし寿司(800・600円)、たきこみ弁当(800・600円)
津山のしいたけ弁当というのに引かれて、どんなものかと検索してみますと、なんと今も存続しているみたいで津山の名物らしい。ちゃんと調べてから行けば良かったです。

にほんブログ村 鉄道乗車記録
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

ご指摘ありがとうございます。おっしゃる通りです。修正いたしました。

キサロではなくキロハ(キロハ28-100)だと思います。調べてみてください。
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR東日本 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 伊予鉄道 温泉 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 新幹線 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 観光列車 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 JR東海 喫煙車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 JR九州 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR