最後に池谷駅と徳島駅で撮影

F8230471dsc.jpg
16:01池谷駅着。鳴門線乗り潰しの帰りはこの駅で1時間弱撮影して行きます。

F8230473dsc.jpg F8230472dsc.jpg
この駅は高徳線と鳴門線のホームがV字形になり中央に駅舎のある面白い配置で有名ですが、どちらも単線の分岐駅かつ交換可能駅すので運転も複雑で楽しい。跨線橋から撮った写真でうまくパノラマ風につながっていませんが、右端4番線に停車しているのが私の乗車してきた鳴門発徳島行。左端1番線に停車しているのが徳島発板野行で鳴門方面からの乗換客を拾って16:04に出発。この列車は8分ここで停車してました。

F8230479dsc.jpg F8230481dsc.jpg
次に徳島発鳴門行が3番線に16:08に到着。2本の列車はまだ発車しません。

F8230482dsc.jpg F8230477dsc.jpg
跨線橋には時刻表がありまして、現状どうなっているのか、どういう順番で出発するのかを把握。ホームには通過列車の時刻表もあり、撮り鉄にも親切です。

F8230483dsc.jpg F8230486dsc.jpg
そして2番線に高松発徳島行の特急うずしお17号が、16:11着16:12発で慌ただしく去ってゆきますと、

F8230489dsc.jpg F8230490dsc.jpg
うずしお17号からの乗換客を拾って鳴門行きが16:14に出発、最後に私の乗車してきた鳴門発徳島行が16:15に出発。この列車は14分もここで停車していました。14分というのは普通列車が池谷から徳島までかかる時間でもあります。のんびりしていていいなぁ~なんて思うのは旅行者の感想で、こんな事書いたら毎日利用している方々には不愉快に感じるかもしれません。

F8230492dsc.jpg F8230497dsc.jpg
10分弱の時間で駅を出てみます。左写真は駅舎を構内から見たところ。右は駅舎から構内の三角形のスペースを見たところ。この洗面台はちゃんと生きていて、蛇口をひねると火傷しそうなぐらい熱いお湯が出ました。

F8230495dsc.jpg F8230493dsc.jpg
無人の駅舎を抜けて外へ、駅前には商店があるのですが今日はお休みみたい。海部と同じ火曜定休日なのでしょうか。

F8230499dsc.jpg F8230512dsc.jpg
V字型構内の三角地帯は庭園になっていまして、立看板があるので読んでみますと、ここはただの庭園ではなく段四郎大明神というものでした。その歴史は、昔ここに段四郎という総領狸が住んでいたのですが駅が出来たことで住処を奪われる形になってしまいました。その後、不吉な事が多く発生し、祀ってあげないといけないということで、これを作ったようです。そんな重たい歴史があったのか。池が渇れてしまっているのが残念です。

F8230503dsc.jpg F8230505dsc.jpg
F8230507dsc.jpg F8230509dsc.jpg
その後は16:28から16:35にかけて高徳線キハ1500形同士の交換。

F8230513dsc.jpg F8230516dsc.jpg
そして16:48、ここでの真打登場、徳島発鳴門行キハ47の2連です。

F8230521dsc.jpg F8230526dsc.jpg
この列車もここでは5分の停車。冷房化と塗装の変更がされていますが、原型に近いスタイルは格好いい。JR四国のキハ40系についてはもう一つ大きな魅力がありまして、エンジンが高出力のものに交換されておらず、今も国鉄時代の車体の重さに釣り合わない非力なものであること。この事については帰ってからWikipedia見て知ったので本当に残念。知っていたら乗るスケジュールを組んだのに。エンジンの音が轟音を立てているのに、全然加速しないという走りをもう一回味わってみたかった。

F8230528dsc.jpg

F8230529dsc.jpg F8230531dsc.jpg
16:53にキハ1500形の鳴門発徳島行が来て、鳴門行キハ47は出発。これでここでの撮影は終了、徳島行は55分発なので乗れてしまうのが嬉しいところ。

F8230533dsc.jpg
ガラガラの徳島行最前部には若い女性がカメラを持ってかぶりつきしてまして、横に並ぶのも何なので豪華な座席におさまります。

F8230546dsc.jpg F8230570dsc.jpg
徳島到着。帰りの最終羽田便まで時間があるのでまた撮影です。駅併設のヤードはキハ40系だらけであります。

F8230551dsc.jpg F8230573dsc.jpg
今回乗ることがなかった特急うずしおのN2000系に、特急剣山のキハ185系。このキハ185系は車端部だけラッピングされています。運転台とトイレを持たないジョイフルトレインの「アイランドエクスプレス四国Ⅱ」キロ186に連結するキハ185なんだそう。

F8230576dsc.jpg F8230596dsc.jpg
鳴門に行く前に見たアンパンマン車両連結の特急剣山が帰ってきました。回送されたと思ったら凄い早業で中間キロハを抜いている。

F8230588dsc.jpg F8230590dsc.jpg
私が特急むろと4号で乗車したキハ185も帰ってきました。むろと3号→6号で牟岐まで1往復してきたのですが、今度はホームエクスプレス阿南1号となるかたちで、今貫通扉を内側から開けてサボを交換しているところ。

F8230585dsc.jpg F8230598dsc.jpg
夕方の帰宅ラッシュ時間ですので、キハ40系列がジャラジャラ出てきます。左は鳴門行き、右は牟岐行き。

F8230610dsc.jpg
もう一回美味しかった構内にある駅そばを食べようかと迷いましたが、空港でビールを飲むことにしまして、これで徳島駅を後にします。徳島県と言えば日本で唯一電車の走らない都道府県ですが、自動改札機もまだでラッチの中に人が立つ光景が見られるんです。

空港へ向かうバスでは、この日も(なんと旅行中4日連続)夕焼け空でして、オレンジに染まる吉野川を見ることが出来ました。空港のフードコートで生ビール飲んで徳島ラーメン食べて四国とお別れ。良いことか悪いことか、これで四国の鉄道は乗り潰してしまいました。もう一回乗り直したい路線、今乗っておきたい車両はまだまだあるのですが、今後の鉄道旅行は未乗車の路線がある地域を優先しますので、当分四国を訪れることはなさそうです。これで昨年8月の四国鉄道旅行記は終わりです。

(乗車は2016年8月)

前の記事:JR鳴門線乗車記
関連タグ:JR四国
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR東日本 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 伊予鉄道 温泉 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 新幹線 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 観光列車 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 JR東海 喫煙車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 JR九州 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR