伊予鉄道 郡中線乗車記

F8219567dsc.jpg
伊予鉄道郊外線乗り潰しのラストは郡中線、松山市駅で待っていたのは、またも元京王井の頭線の3000系。

F8219563dsc.jpg
話が逸れますが、ここ松山市駅2,3番線ホームから、片運転台車1両の増結車回送シーンを望遠レンズで追って撮影したら面白そう。しかし記事を書きながらいろいろ調べてみますと、今は増結車の切り離しはやっていないみたいです。

F8219570dsc.jpg
ここでもかぶりつき席に座る事が出来ました。17:45に高浜線と同時出発、最初に目に飛び込んでくるのは、ガード下の留置線で休む元京王5000系。琴電長尾線も分岐してすぐのガード下に電車が留まってましたっけ。

F8219571dsc.jpg
ごちゃごちゃした住宅街をのんびり走り、2つ目の土居田駅で交換するのは、旧塗装のままの元京王5000系です。帰りは1本電車を見送って、これに乗ってみようと思います。

F8219573dsc.jpg
4つ目の鎌田を過ぎると鉄橋。この辺りから視界が開けてきます。

F8219575dsc.jpg
岡田駅で次に交換するのも元京王5000系のタラコ色。

F8219577dsc.jpg
15分間隔での運転ですので、だいたい7分30秒ごとすれ違うのですが、地蔵町駅での最後の交換は元井の頭線の3000系。今日の郡中線は2両編成が2本、3両編成も2本という事になります。面白いなぁ。これは毎日決まっている事なのか、それとも今日たまたまこうなったのか、どっちだろう。

F8219579dsc.jpg
郡中駅に到着、ホームは広めで照明もレトロな感じで、ここが終着駅だと席を立ちかけましたが、もう1駅続きがあります。

F8219580dsc.jpg
こっちが本当の終着の郡中港駅、18:09に到着です。

F8219583dsc.jpg F8219584dsc.jpg
松山市を出る時は座席の半分が埋まる程度でしたが、郡中港で降りる客は10名ぐらい。

F8219586dsc.jpg
郡中港駅と国道を挟んで向かい合う形でJR伊予市駅がありまして見に行ってみます。ちょうど松山行きのキハ54が停車中、発車する気配がないので交換待ちかなと松山方を見ると、何だ!?私の脳内の車両図鑑にのっていない緑色した変な顔の車両が向かってきます。

F8219587dsc.jpg
飄々と現れた謎の車両の正体はこれ、トロッコ列車でした。

F8219593dsc.jpg F8219594dsc.jpg
このトロッコ列車、この駅からトロッコ車両に乗車が可能になるようで、後ろのオリジナルカラーのキハ185から、順に乗客が前の車両に移ってきます。車両の構造から車内アナウンスは外に筒抜け、生ビールは飲み放題ですよとか言ってたような記憶です。ここからは瀬戸内海を望む旧線をのんびり走り、有名な下灘駅ではしばらく停車するのでしょうか。出発まで見送りたかったですが、もうすぐ元京王5000系が来ますので、この駅を後にします。

F8219595dsc.jpg
走って郡中線の線路際まで戻り、旧塗装2連に間に合いました。

F8219601dsc.jpg F8219602dsc.jpg
今回の旅行でやっと乗車が叶います伊予鉄道の元京王5000系は、私にとってとても思い入れのある電車でして、幼少期のこの電車との出会いが、私が鉄道好きになった原点になります。左がモハ718で、右がクハ768。

F8219604dsc.jpg
さて乗車、またもかぶりつき席に座っちゃいます。40年以上前の私も、この座席に座って目を輝かして前方を見ていたのかもしれません。昔この車両は新宿側八王子側どっちを向いていたんだろう。帰ってちょっと調べてみれば八王子側だったのですが、このクハ768の京王時代の車番はクハ5862、相方のモハ718はデハ5112で、2両はデビューから約半世紀ずっと一緒で間に中間車も入った事がない編成(夫婦愛の象徴、カップルで乗れば別れないなんて売り出すのはどうだろう)。また、伊予鉄道では増結車も付かない(変な虫も付かない、2+2で夫婦同士の交流はあり)。そして私にとって一番興味深いのは、デハは京王時代は吊り掛け車だったのでした。そういえばそんなのいたなぁ。今は当然カルダンなのですが、今回伊予鉄道ではクハしか乗りませんでしたので一度もモーターの音を聞くことがありませんでした。

F8219606dsc.jpg
待ち構えていました地蔵町駅でのタラコ色5000系との交換。

F8219607dsc.jpg F8219608dsc.jpg
左写真モハ716の顔のライト回りは茶色く汚れ、まるで国鉄気動車。一方右写真クハ766の顔はツルツルできれい。モハ716は、増結車のパンタグラフの鉄粉をまともに顔に受けるようです。この編成の増結車はモハ726になるはずで、先程古町の車両基地でパンタグラフを上げっぱなしで留まっていたやつだ。それにしてもタラコ色単色もイケてると思います。

F8219609dsc.jpg F8219610dsc.jpg
松前(マサキと読む)を過ぎて夕陽が沈みます。今日も電車の中からきれいな夕陽が見られました。古泉では多くの乗車があります。

F8219612dsc.jpg F8219614dsc.jpg
18:53、松山市駅に戻ってきました。いずれ消える旧い塗装は、2色のラインが運転室扉後でカーブを描いているのが、あんまり好きになれません。元々曲線の多い5000系に更に曲線を増やしてしまい、プヨプヨに太った小動物みたいではないですか。

F8219619dsc.jpg F8219617dsc.jpg
駅を裏口側に出て、郡中線側の留置線を見に行ってみました。頑丈なフェンスに囲われ、琴電の留置線のようなユルい雰囲気は全く無く、暗いので写真も上手く撮れません。

(乗車は2016年8月)

前の記事:伊予鉄道 横河原線・高浜線乗車記
次の記事:伊予鉄道 市内線乗車記
関連タグ:伊予鉄道
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

貨物線・短絡線・渡り線 筑豊電気鉄道 西日本鉄道 JR九州 観光列車 平成筑豊鉄道 喫煙車 新幹線 東武鉄道 JR東日本 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 温泉 伊予鉄道 琴電 吊り掛け電車 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 モノレール 京成電鉄 新京成 流鉄 夜行列車 JR東海 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR