京成千葉線乗車記

次の乗り潰し路線は京成千葉線、北初富から乗車しました新京成線の電車がそのまま乗り入れますので効率がいい。

F3257103dsc.jpg
11時05分、京成津田沼を出発します。写真の先に見えるポイントで京成線に入るのですが、これが親会社子会社を結ぶ唯一の線路。
改めてこの京成津田沼駅を見ますと、本線と千葉線(路線同士)は立体交差するのに、本線下り線と千葉線上り、それと千葉線➡新京成線直通列車も千葉線下り線と平面交差が発生するという、近鉄西大寺には敵いませんが、線路マニアにとってはなかなか面白い配線ではないかと思います。

F3257106dsc.jpg
京成津田沼を出るとすぐに、JR総武線との並走区間になります。ここをJRで乗車する時は、幕張車両センターばかり注目してしまい、反対側の京成千葉線はほとんど見ない区間。しかしやっぱり今日も車両センターに注目。中は209系がすごい数で、千葉県のローカルエリアは完全制覇したと言えるでしょう。この電車は前面展望が良いので、乗るんだったら113系や211系より断然楽しいと私は思ってます。

F3257107dsc.jpg
この京成千葉線、快速や急行といった優等列車の設定は一切無し、都心直通列車も朝夕のみで、京急のようにJRと張り合う気力は数十年前に失ってしまったようで、JR接続駅の幕張本郷では、敗北感、格下感を感じてしまうのは私だけでしょうか。

F3257109dsc.jpg
幕張本郷を出ても車両センターは続き、485系改造のニューなのはなの姿も見えます。そろそろ引退だそうで、一度はこの手の車両にも乗ってみるべきでした。

F3257110dsc.jpg
車両センターが終わると右にカーブしJR線と離れ、京成幕張駅に到着、ここで春休み中の鉄道好き小学生と、幼稚園ぐらいの子とそのお母さんがやって来まして、私は運転室後ろを離れ座席に座ることにします。小学生の子は幼稚園児の子に知識をひけらかすかのように、何かぶつぶつ言っている。私も昔はそうだったかもしれません。と、検見川付近で習志野のタヌキこと新京成8000形とまたすれ違い、ついさっきまで運転室後ろでカメラ構えていたのに何とも残念。

その後はあまり記憶に残っていないのですが、北側の座席で南側を向いて座っていたので、ずらりと並ぶ似たような大きさの、戸建て住宅の裏側(北側)をひたすら見続けたような感じです。

F3257111dsc.jpg
京成千葉に着きます。ここで小学生や幼稚園児含めほとんどの乗客が下車し、再びかぶりつき。

F3257114dsc.jpg
JRと並んでちょろっと走り11時22分、終点の千葉中央に到着します。すぐ横のJRには駅がないので、昔の東急東横線の高島町駅みたいです。

F3257116dsc.jpg
長い時間乗車しました8800形。

F3257118dsc.jpg
フェンス越しに209系を撮ったりしながら、後続のちはら台行き電車を待ちます。

(乗車は2016年3月)

前の記事:新京成電鉄新京成線乗車記
次の記事:京成千原線乗車記
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

railwayさま、返信遅くなりました。
千葉県内の乗客の流れについては、東京の西に住んでいる者としては、全く以外でした。それにしても新京成線は、単一路線で目立たない鉄道会社ですが、歴史を知れば知るほど、奥が深くて面白いですね。ちょっと調べてみますと、第2工場は1981年まで、京成津田沼から新津田沼まで京成が所有していたのも1987年までと、本当に近年までだったんですね。もう一度乗ってみたくなりました。

No title

こんにちは。千葉や習志野では、縦に走る鉄道線がないため(バス路線のみ)京成本線⇔八千代台方面の需要は旺盛です。
 別の例ですが、常磐線⇔総武線の縦需要も多く(小岩~金町系統の京成バスはドル箱)、鉄道利用者は上野・秋葉原経由で通っています。新金貨物線が旅客化ができればありがたいのですが。
 元へ戻って、京成津田沼~新津田沼間は新京成沿線から総武線へ流れる旅客を何とが奪おうとする意図よりも(高根公団など沿線開発にあたった住宅公団は総武線駅への乗り入れを要望)、車両回送の都合上の事由が大きかったと思います。新津田沼には京成第2工場があったため、京成津田沼から頻繁に京成の車両が通過していました。京成津田沼~新津田沼間の所有権は近年まで京成電鉄が保有していました。

Re: 京成千葉線

railwayさま、コメントありがとうございます。
国鉄101系を追い越す京成吊り掛け車、体験してみたかったですね。
旅客流動に関しては、新津田沼から京成津田沼へのS字カーブを進む中、どうして東京上野側に直通できるようにしなかったのかなと、記事にも書いてみようと思ったのですが、千葉まで乗車して、これはこれで正解で、千葉側にもしっかり需要があるんだと私も感じました。八千代台方面も東京側より千葉側への乗客が多いとは以外でした。東葉高速鉄道開通の影響でしょうか。

京成千葉線

前編に続いて楽しく拝読!! 津田沼=幕張間は幕張本郷がなかったころは、京成と国電とで熾烈なスピード競争が繰り広げられる区間でした。釣り掛け駆動の京成電車が国鉄101系を追い越してゆくのが痛快でした。
 いまは本線と直通運転する価値がなくなってしまいましたね。旅客流動では、千葉線⇔八千代台方向、千葉線⇔新京成線の方が多いのです。東京志向より地元の足となっています。その意味で新京成との直通運転はニーズに合った策で、いっそのこと、千葉線の運行を新京成電鉄に委託してはどうかと思います。
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR東日本 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 伊予鉄道 温泉 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 新幹線 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 観光列車 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 JR東海 喫煙車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 JR九州 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR