厚狭から山口宇部空港へ(クモハ123に再会)

美祢線を乗り終え、後は帰るだけ。久々の2泊3日という私にとっては長い鉄道旅行もこれで終わりです。厚狭からは電車で草江に行って、山口宇部空港から特典航空券(簡単に言うとタダ券)を利用して最終の羽田便で帰ります。

F1276927dsc.jpg
上写真は厚狭駅で乗車する1本前に来た下関発岩国行の普通列車。窓も雨樋も車内もほぼオリジナルの115系300番台です。幡生では窓も雨樋も更新された113系が解体されているのを見たばかりなのですが、まだこんなのも走っているんだ。

F1276933dsc.jpg
こちらが乗車します下関から来た厚狭18:14発の宇部線直通宇部新川行き。105系で来るとは想定外でした、しかも3両目は車体断面が違うぞ、クモハ123だ!ホームを走って移動し、それに乗車します。長いロングシートの車内は3分の1の座席が埋まる程度の乗車率です。

この電車は2012年に小野田線を乗り潰しした以来なのですが、車内は更新工事が行われているみたいで、様子が少し変わっています。まずは足元が滑る(なんなんだこの床材は)。窓は茶色っぽいスモークフィルムが貼られたみたいで、反射して外が良く見えない。そして何よりトイレが付いている。

山陽本線区間は思い切りスピードを出すのですが、モーター音はとても静か。これはこの車両特有の気密性と遮音性が高そうな固定窓のおかげでしょうか。小野田では小野田線クモハ123との並びが見れるかと期待しましたがその姿は見られず。

もう一駅高速走行して宇部、ここでは降りる人いません。みんな宇部線直通客のようです。ここからはノッタリとした走り、信号所では対向列車と交換です。

F1276935dsc.jpg
宇部新川に到着です。降りたらすぐにまた高校生たちが乗車、5分後に厚狭行きとなって折り返しだそうで忙しい。

F1276939dsc.jpg
トイレが付いたところは窓が一つ埋められています。個性の強すぎるこの電車、まだまだ活躍しそうな感じです。ちなみにこれはクモハ123-3。

F1276942dsc.jpg
3番ホームにいたクモハ123-4、こっちもトイレ付だ。前回来たときもそうですが田の字窓のとはなかなかタイミングが合いません。

F1276941dsc.jpg
宇部新川から草江まで乗車します新山口行きの105系3連。運転室後ろの座席が残り、無人駅でもドアが全部開きます。ワンマン運転に対応していない105系というのも存在するんだ。

F1276946dsc.jpg
草江に到着です。山口宇部空港に歩いて向かいます。2012年秋の乗り潰し旅行以来なのですが、こんなにすぐまた来るとは思ってはいませんでした。前回入りそびれたローカルお好み焼き屋さんは残念ながら無くなってしまったようです。これでサンライズ瀬戸号から始まった1月の中国地方2泊3日の鉄道旅行記は終わりです。またしばらく更新をお休みします。

(乗車は2016年1月)

前の記事:美祢線(厚狭~美祢)乗車記
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR東日本 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 伊予鉄道 温泉 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 新幹線 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 観光列車 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 JR東海 喫煙車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 JR九州 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR