美祢線(長門市~美祢)乗車記

F1276313.jpg F1276306.jpg
次は美祢線に初乗車します。長門市9:57発の厚狭行きはキハ120の2連で、どちらも可愛らしいラッピング車。

F1276314.jpg
一番前の座席に荷物を抱えて座ります(ここには網棚が無いのです)。暖房が効きすぎて少し暑い。おばさんが運賃箱横にくくりつけられたチケットのようなものを取っています。見ると美祢線利用証明書と書いてあります。観光施設や温泉が割引になるんだろうと思っていたらその通り、美祢市・長門市・山陽小野田市で結成されたJR美祢線利用促進協議会(~堅苦しい名前だ)というところが発行しているもの。ここのHPを見ると、観光客向けだけでなく沿線住民へも定期券代や回数券代の税金を使った補助制度があるようです。

出発します。すぐに左カーブで山陰本線と分かれちょっと走って板持駅。ここから山間に入って行き、隅っこですので距離は短いですが、一応これでも陰陽連絡ルートだぜ!との主張が感じられます。それにしてもどのトンネルも古びていて歴史を感じます。美祢線の全通は1924年、山陰本線全通よりも古いのだ。

長門湯本駅ではカメラを首からかけた観光客が大勢乗車し、2両編成に見合った乗車率になります。出発しますと左手にきれいな川と温泉街。ある温泉旅館では従業員数名が玄関前に立ち列車に手を振っています。そしてここに宿泊したらしい乗客のほぼ全員がそれに応えます。なんだか見ているこっちまで嬉しくなるような光景です。

標高が高くなっているようで、だんだん雪が深くなります。渋木駅では跨線橋階段部分が除雪されていなく危険な状態。しかし降りる乗客はいないので、心配は無用・・・というのもなんか悲しい。

さぁ峠越え区間、エンジン音を高らかに響かせ坂を登って行きます。ブルーシートで保護された斜面の横だけは最徐行で通過。そして分水嶺をトンネル内で越えると下り坂を軽やかに駆け下ります。こういう一つの仕事を終えた場面というのは清々しくて大好きだ。太陽がサンサンとし、山陽側に来た事を肌でも実感します。於福駅ではおばさん観光客3人が下車、こんなローカルな無人駅に何があるんだろう。よく情報収集しているなぁと感心です。もう一度ここを通る時に知るのですが、原泉かけ流しの温泉のある道の駅、ジオパークなる観光施設があるんだそう。次は重安駅。ここからは立って前方をかぶりつきします。美祢線を貨物列車が走った遺構をしっかり見届けたいのです。

F1276317.jpg
美祢の手前で左手に広がる貨物ヤード、線路は撤去されずそのまんま残ってるんだ。凄いぞ。

F1276319.jpg F1276321.jpg
ヤードが収束して一回単線になったところで踏切を渡りすぐに美祢駅に到着です。10時32分、ここで下車します。

F1276322.jpg F1276326.jpg
ホームは長く、駅本屋は大きく、雰囲気は昔の中央本線の特急が止まる中間駅みたい。2,3番線は何時から使われなくなったんだろう。さぁ外に出て美祢駅から宇部興業伊佐セメント工場まで通じていた貨物専用線跡を見に行って見ます。この駅に滞在できます時間はちょうど30分、ちょっと急ぎます。

F1276332.jpg
駅の長門市側踏切からヤードを見ます。厚狭方面からの貨物列車はポイント右側を進み一旦ヤードへ。ここでスイッチバックして専用線に入り、工場へ向かっていました。

F1276333.jpg
踏切から歩いてすぐの専用線の鉄橋。春は桜の名所なんだろう。

F1276336.jpg
それにしてもだ。貨物列車が走らなくなって2年以上、JR貨物の第二種鉄道事業まで廃止され貨物時刻表の路線図からも消されて2年近く経つというのに、ここもそのまんまではないか。こういう場合よく鉄橋の上を人が歩かないように(そして川に落ちないように)有刺鉄線なんかで塞がれるものですが、そういうのは一切無し。なんだか今にも貨物列車が走ってきそうです。

F1276341.jpg
そして踏切、これだって遮断機の先に竹竿をくくりつけて、通電テストでもすればすぐに復活できるような状態。

F1276350.jpg F1276353.jpg
古そうな遮断機はプレートを見ると昭和50年製。右下写真はこの先2km続く工場への専用線。何より一番印象的だったのが、貨物列車が来なくなって2年以上経つというのに、踏切を渡る車の約半数が、今もしっかり踏切手前で一時停止する事。これは生きてる踏切なのだ。どうしてこうもそのまんまなんだろう。災害の復旧に手一杯だっだのかもしれませんが、貨物輸送の復活を見込んで残しているんじゃないかとも思えてきます。

赤字ローカル線問題で私の思う事、私も一応鉄道ファンですのでローカル線が廃止されるのは残念で寂しいです。しかし現実問題、多額の税金が補助金として使われているとしたら話は別で、少子高齢化でどんどん税収が減り、自治体を維持する事すら困難が予想される地方において、ローカル線なんていう重要でないインフラはとっとと切り捨てるべきではないかとも思っています。そんな中この美祢線は、2010年の豪雨で橋梁や路盤が流出し1年以上不通となってしまい、無事復旧したわけですが、石灰石輸送も終わり、キハ120しか走らない、ほぼ使命を終えたと言える路線に、よく山口県は復旧に多額の税金を投入したなと思っていました。しかしこの光景を見て、美祢線はちょっと違うぞと、これは残しておくべき路線なんだと思うようになってきました。考えてみれば企業保有の専用高速道路だって維持も大変だろうし、ドライバーだって将来は高齢化による不足が予想されます。5年後、10年後、もしかしたら地方鉄道、鉄道貨物輸送の復権というのもあり得るかもしれません。

F1276362.jpg
美祢駅に戻って来ました。美祢線乗り潰しですが、ここで厚狭へは行かず一旦長門市に戻ります。今日はそこから山陰本線で幡生、山陽本線で厚狭と回り、そこから美祢線の南半分の厚狭美祢間を乗り潰します。これが山陰本線益田以西と美祢線を日中に乗り潰せる唯一のスケジュールで、我ながら完璧だと思っていたのですが、もっと凄い事に(これは偶然ですが)、この日美祢線は2ヶ月に一度の保守工事の日で、日中の3本の列車は代行バスによる運転。これから乗る美祢から長門市への列車が工事前の最終列車、5時間半後に厚狭から美祢まで乗るのが工事後の始発列車なのです。私の鉄道旅行史上屈指の美しいスケジュールが完成し、実施する事となりました。

F1276365.jpg F1276363.jpg
11時2分、こちらのラッピングのキハ120で一旦美祢を後にします。ホームには雪だるま。

F1276369.jpg F1276372.jpg
美祢を出て貨物ヤードをもう一度しっかり見ます。いつかまたここに貨物列車が集まってきますように。

F1276373.jpg
来る時に気になっていたレンガ造りの美しいアーチ橋、これ一体何なんだろう。人や車が渡る橋では無いはず、かつての石灰石の運搬施設だろうか。帰って調べてみたら用水路として作られたものなんだそうだ。

F1276374.jpg
再度重安駅。ここからも2009年まで石灰石運搬列車は出発していたのですが、線路右側にあった積み込み施設は撤去され、その跡は自然に帰りつつあります。ここの復活はもうないでしょう。

F1276378.jpg
空いていましたので、ずっと一番前で立って前方を見ていたのですが、気になったのは741Dに限定した制限速度標識。741Dはこの線路を朝一番最初に走る列車で、JR西日本のローカル線らしい。

F1276384.jpg
そして貨物列車のための標識もありました。重安から長門市側の貨物列車は廃止されて約30年ですが、バラストを散布する列車用でしょうか。

F1276390.jpg
11時37分、屋根付歩道橋のあります長門市に到着します。駅構内はキハ40系がずらり、国鉄形ディーゼルカーの最期のパラダイスです。

次の列車まで50分、外に出て昼食です。地元の勤め人で一杯の中華料理店で食べた美味しいチャンポンには、コリコリのイカが乗っていまして、たぶん地元で捕れた新鮮なものなのでしょう。

(乗車は2016年1月)

前の記事:山陰本線(益田~長門市)乗車記
次の記事:山陰本線(長門市~仙崎)乗車記
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR東日本 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 伊予鉄道 温泉 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 新幹線 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 観光列車 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 JR東海 喫煙車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 JR九州 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR