和歌山線乗車記1(和歌山~橋本)

F1216294dsc.jpg
 私の乗車します和歌山10:50発、和歌山線・桜井線経由の奈良行き電車。乗り潰しが目的なのですが、この古い105系電車との出会いも楽しみにしておりました。

 JR西日本は古い車両に延命工事や体質改善工事を施工して大切に使う会社です。その代表例としてJR東日本ではとっくに引退した103系電車がまだ現役で多数走っているのですが、工事によって外観も内装も大きく変わり、オリジナルの雰囲気は大きく損なわれてしまっています。しかしここ和歌山線と桜井線で活躍します105系電車、そのほとんどがたいした工事が行われていないのは、どうしてなんだろう。元々は1970~1972年製という古い電車なので、早期に置き換える前提で工事が行われないのでしょうか。しかし置き換えのアナウンスを私は聞いた事が無く、現在量産中の227系電車が置き換えるのは、この和歌山線・桜井線105系よりも新しく、延命工事や体質改善工事がされているんだろう広島地区の電車です。存在自体を忘れられているのだろうかと思ってしまうぐらいです。

F1216298dsc.jpg
 高田側は元地下鉄千代田線直通用クハ103形1000番台のクハ105形0番台。ユニットサッシでない初期形103系のR窓も未改造、戸袋窓も一つも埋められず、何より凄いのは屋根にグロベンが7つ並ぶ事(空調機器が床上設置の簡易型冷房車なのだ)、もう奇跡的と言っていいくらいに国鉄時代そのまんま。貫通幌が取り付けられているのがオリジナルと違っているのですが、これによって顔がキリリと引き締まり、この電車史上最も格好いいのが今だと思うのは私だけではないはず。

F1216304dsc.jpg
 さぁ乗車いたします。4ドア全開でお迎えです。このJR西日本単色化塗装の一つ、和歌山エリアの青緑色ですが、これだけで見ると青緑というよりも、京浜東北線スカイブルーとほとんど変わらないように思えます。一度阪和線103系と並べてその違いをはっきり見てみたい。

 2両編成後ろのクモハで懐かしいモーター音を聞きながら、まずは左手に注目。線路は左から阪和線・紀勢本線(和歌山市方面)・和歌山線と並び、きれいに3方向に分かれ、カーブを90度曲がり方角を東に変えたところで、和歌山市方面からの線路跡地が見えてくる。和歌山線は昔は和歌山市に通じていた、現和歌山駅は昔は東和歌山駅だった名残で、路線の歴史を辿れる和歌山線車窓一番の見どころかもしれません。見どころは続きます、すぐに和歌山線・桜井線105系のねぐら、日根野電車区新在家派出所が展開されます。

F1216313dsc.jpg
 2編成並ぶ105系。奥のクモハ105型500番台は前パンだ。これもこの電車史上で一番格好いいのは今と言えるパターン。そして手前の編成はクモハが集中クーラーで、クハが分散クーラー。いろんなバラエティーがあるんだな。写真は撮れませんでしたが、この2編成のクハは両方ともクハ103型1000番台の改造車。

F1216307dsc.jpg F1216315dsc.jpg
 車内から見られた117系の写真も2枚。左は和歌山発車直後に見えた青緑色、右は新在家派出所にいた白帯付き和歌山色。この和歌山線にも朝夕に117系の運用があるみたいです。105系に比べたらグリーン車に匹敵するほど豪華で、私にとっても思い入れのある車両なのですが、和歌山線では乗るべきではないんじゃないかなと思う(~事にします)。車両基地の線路が途絶えると、周りは畑が広がり、早速ローカル線らしい風景になります。次の駅、田井ノ瀬では105系2連と交換。

 田井ノ瀬からは駅間距離がとても短い、ちょこっと走っては止まる。しかし電車は健気にしっかり加速減速を繰り返し、元103系らしい走りを堪能できます。駅を一つ一つ過ぎる度に、スピードは速く、モーター音・ジョイント音は大きく、揺れも激しくなっていくように感じるのは気のせいか。船戸を過ぎて渡る紀ノ川の鉄橋はとても古そうだ。

F1216318dsc.jpg F1216319dsc.jpg
 打田駅で交換するのは前パンのクモハだ。後追いの写真ですが、この存在感はまるで機関車。そういえば2009年4月に見た時は、前側パンタグラフは畳んでいたんだよな。最近になって両方上げるようになったのか、それとも冬に来たからこの姿が見られたのか、どっちだろう。

F1216325dsca.jpg F1216320dsc.jpg
 交換する列車はありませんが、粉河では4分の停車。この間、綺麗に清掃された駅トイレで用を足します。

F1216323dsc.jpg
 隣のホームでお昼寝中のクハ104型500番台。和歌山線・桜井線105系では、105系らしいパンダ顔のこちらは少数派。101系の台車を転用しているんだそうだ。そしてこのクハも屋根上にグロベンが7つ並びます。105系に改造された時は非冷房だったんだと改めて思うのですが、今までキハ30系が走っていた路線ですので、文句を言う人はいなかったでしょう。

F1216327dsc.jpg
 車内の様子。こう見ると103系時代とほとんど変わりません。変わったのは広告が少ない事ぐらいでしょうか。いつも青梅線を利用している身としては、4ドアでローカル線運用なのにドア半自動扱いが無い事に驚いたのですが、4ドアすべて開くのは主要駅到着時のみ(長時間停車時は一旦全ドア閉めて一つだけ開放)、そして私の乗る2両目は小さな駅ではドア一つも開きませんので、車内は保温が効いてポッカポカ。乗客の皆さんは体形を大きく崩し、気持ちよくお昼寝されている方がほとんどです。ローカル線に4ドア車を持ってくるのも有りなんだなと感じます。

 車窓はというと、西笠田付近で右手に紀ノ川が見えます。かつてはこの路線に急行紀ノ川というのが走っていましたが、紀ノ川が望めるのは僅かな区間しか無いように思います。そして畑には和歌山県らしい柑橘類、鮮やかに実っているのですが、どの木もかなりの数の実が鮮やかな色のまま地面に落ちている。なんだか勿体ない。

 笠田駅では予想外の事が待ち受けます。ホームは高校生でびっしり。ドアをすべて開き彼らを迎え入れると、座席はほぼ埋まり、立つ客で反対側の景色はほとんど見えないくらいの混雑に。しかし直ぐに出発出来る点は、流石は元103系だ。この辺りから標高が高くなったのか、畑に雪が残るのが見られるようになります。柑橘類が落ちていたのは雪が原因かもしれません。

 高野口という駅が現れます。この先にある吉野口駅は近鉄吉野線乗換駅で文字通り吉野への玄関口なのですが、ここは接続路線は無し。しかしホーム屋根の重圧な造りを見れば、ここは駅名の通り、かつては高野山への玄関口であった歴史ある駅である事が一発で読み取れます。帰って調べてみれば、高野山参詣道と交差する地点だっだとの事。その次の紀伊山田駅の駅名標はモザイクタイル貼り、モザイクタイルの絵画もある。タイルの生産地といえば岐阜県や愛知県が有名ですが、ここもそうなのか。いや、あまりに殺風景な駅なので、近くの高校の生徒が製作して寄贈したんだそうだ。車内の高校生の数は駅ごとに減ってゆき、和歌山から1時間7分で南海高野線との接続駅、橋本に到着します。

F1216331dsc.jpg F1216333dsc.jpg
 ここでは10分の長時間停車。ほとんどの乗客が下車し車内はガラガラになります。

 長くなるので続きは別記事で。今回は鮮やかなブルーの電車の写真が沢山で、旧型国電時代の大糸線のアルバムでも見てるかのようです。思い出してみれば大糸線の旧型国電の引退は、私が中学生時代の1981年、その時の主力であったモハ41,42,51系電車の車歴がざっと調べて38~49年だっだので、103系1000番台改造なので44~46年目となるこの105系も、今の中高生ファンから見たら、それぐらい古くて貴重な電車に見えることなのでしょう。

(乗車は2016年1月)

前の記事:阪堺電気軌道阪堺線(住吉~恵美須町)乗車記
次の記事:和歌山線乗車記2(橋本~王寺)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

貨物線・短絡線・渡り線 筑豊電気鉄道 西日本鉄道 JR九州 観光列車 平成筑豊鉄道 喫煙車 新幹線 東武鉄道 JR東日本 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 温泉 伊予鉄道 琴電 吊り掛け電車 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 モノレール 京成電鉄 新京成 流鉄 夜行列車 JR東海 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR