東金線乗車記

昨年9月に続いて、飛行機には乗らないのですが成田空港に用があり、行きがけにちょいと寄り道をして東金線の乗り潰しをして来ました。

まずは京葉線の各駅停車に東京から50分揺られて蘇我へ。到着しますと京葉臨海鉄道の水色のDD13タイプのディーゼル機関車が止まっています。写真撮って行きたいのですが今日は時間がありません。急いで外房線下りホームへ。

E1191696dsc.jpg
乗車するのは千葉始発で蘇我を12:04発の東金線直通の成東行き。車両は209系の6連。車内は座席が全部埋まり、ドア付近に2~3名の立ち客、かぶりつきをするには最適の乗車率です。

それでは出発します。
蘇我の次の鎌取は駅周辺がだいぶ開発されて乗降客も多い。確か昔は快速が通過していた駅ではなかったっけ。その快速が停車していた次の誉田駅の方が乗降客が少なく、立場が逆転してしまったように見られます。同じく昔は快速が通過していました土気を過ぎると、規模は小さいですが峠越え区間、林の中をカーブを切って走り、しっかりトンネルもあり、貯水池も見える。さぁ、そろそろかな。

E1191699dsc.jpg E1191701dsc.jpg
場内信号が現れました、左の「4場」が黄色なのに注目。そして大網駅が見えてきます。

E1191703dsc.jpg
直進しますと安房鴨川方面、かつ外房線の大網駅ホームなのですが、電車はこのポイントを左へと進みます。

E1191705dsc.jpg
分岐した側に入りますと約120mの単線区間で東金線の大網駅ホームにたどり着きます。東金線では、千葉・東京発着の直通列車のみが走る、この区間にもしっかり乗ってみたかったのです。確か昔はここを走る列車は朝の上り列車、夕方以降の下り列車数本しかなかったような気がしますが、今は東金線列車の約半数が千葉発着となっていますので、簡単に乗ることが出来ます。

E1191714dsc.jpg
大網駅に到着、しばらく停車するみたいですのでホームに降りてみます。屋根が無くて開放的、今日は1月というのに風もなく暖かく外出には最適の日。

E1191711dsc.jpg
行き止まりの3番線、左奥に見えるのが外房線のホームになります。

大網駅を出発します。左にカーブを切りますと、すぐに右手から安房鴨川方面からの線路跡(写真は撮れず)と合流。1996年まで貨物列車が走っていたんだそうだ。

E1191718dsc.jpg
そして左手に絶妙な空間、保線車両の基地が広がります。東金線の見どころはここでしょう。ここは1972年まで大網駅が存在した場所で、当時の外房線(その時点での線名は房総東線)はここでスイッチバック。さらに歴史を遡りますと東金線の方が本線だったのです。ちょうど1968年の千葉駅移転で、外房線・内房線のスイッチバック解消したのと同じパターンになります。40年以上の歳月が流れているにもかかわらず、ここまで当時の面影を辿れるのはなかなか凄い。旧大網駅だった保線車両基地の東金方の線路の末端が第3種車止めで終わっているのもいい。

E1191723dsc.jpg
ひたすら直線区間で現れたのは片面ホームの福俵駅。ホームに喫煙所があるのを見て、けっこう遠くまで来たんだなぁと思います。今日はいい天気ですので、次の電車が10分後ぐらいに来るのであれば、ちょっとここで一服して行きたい。

E1191725dsc.jpg
この路線のメインの駅であります東金に着きます。右の空いたスペースは九十九里鉄道の駅跡?廃止されて半世紀も経っていますのでそんな事はないだろう。

E1191729dsc.jpg
島式ホームの求名駅は屋根のない歩道橋がいい感じ。ここも構内が広く昔は貨物の取り扱いを行っていたみたい。Wikipediaによると1962年までやっていたそうだ。なんと半世紀前、よくそのまんま残っているなぁ。

E1191730dsc.jpg
最後の1区間をひとっ走り。この路線は両端部を除いて、ずっと気持ちのいい直線です。右側は数キロ先に海。海面は見えませんが、海がある事はなんとなく雰囲気で分かります。

E1191735dsc.jpg
そろそろ終点の成東です。カーブが始まりました。信号機から0番線に入るようです。

E1191738dsc.jpg
右から総武本線が近づいてきまして合流。

E1191741dsc.jpg
行き止まりの0番線に進入します。この電車の折り返しの千葉行きを待つ乗客もたくさんいます。これに乗ると12:47に成東を出発し13:33に千葉に着きます。右奥に見えます209系も総武本線経由の千葉行きで、12:44に成東発、13:29に千葉着。成東以東の人は千葉以遠に行くのに2つのルートが選択できるのです。普通乗車券の場合は途中下車しなければどちらにも乗れますのでいいですが、定期券の場合はどっちのルートで購入すべきか迷いそう。

E1191747dsc.jpg
隣のホームに入ってきたのはE257系のしおさい5号の銚子行きなんですが、ここ成東からは普通列車として運転。ここでもまた成東以東の人が羨ましい。

次はガラガラの総武本線経由千葉行きの209系クロスシートで佐倉まで。209系も千葉のローカル地区と言ったらこの電車というくらいすっかり馴染んできました。113系や211系よりも、かぶりつきに適してますし、僅かですがクロスシートもあっていいではありませんか。私もだんだん好きになってきました。

(乗車は2015年1月)

12月終盤から頑張ってほぼ毎日更新で、今まで乗車した分をやっと書き終えました。これでネタ切れでして、次回の新規乗車はたぶん8月か9月、それまでの間は1か月に1回程度、懐かし写真ネタの更新といたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 西新井駅大師線ホーム

成東駅の渡り線は私も気になります。記事の下から3番目の写真では線路が光っていますし、wikipediaの成東駅の解説では、東金線の一部列車は3番線から発着となっていますので、この列車を探し出せば乗車できますね。3番ホームで総武線の同系209系と並べば、向きが逆の電車が並ぶのが見られるのも面白いかと思います。

西新井駅大師線ホーム

 過分なご返信痛み入ります。これからもよろしくお願いします。普段は旅客列車が走らない線区の走破は、深みにはまると抜け出せなくなりますのでほどほどにしています。でも乗りたくなります。
 今回の東金線は大網駅構内の渡り線だけでなく、成東駅の総武本線との渡り線を走る列車が気になります。私はE655系乗車の際に偶然乗れてしまいました。
 勉強になったのは、東武大師線の西新井駅の2番線ホーム。貴ブログで初めて知りました。今度乗りに行こうと思います。本当にありがとうございました。


Re: No title

 こちらこそ初めまして、railway様からコメント頂けて光栄です。
 railway様のブログは、私もブログ村鉄道乗車記録より興味深く拝読させて頂いておりまして、既に全線完乗済で、現在は通常営業列車の走らない連絡線や引込線を乗り歩きをされる姿勢に、凄い方がいらっしゃるなぁと思っておりました。特に八木西口連絡線と橿原神宮駅8番線の記事は、こんな路線があって乗車するチャンスもあるのかと、乗り潰しの奥深さに感動さえしてしまいました。私も東金線乗車には千葉発列車にこだわったり、伊豆箱根鉄道駿豆線に特急踊り子号で乗り直したりするのは、実はrailway様の影響でもあります。
 ブログ更新が2014年3月で止まってしまったので、何かあったのかと心配していたのですが、BIGLOBEの方で新設されていたのですね。これからじっくり読ませていただきます。今後ともよろしくお願いします。

No title

 はじめまして。「眠れないマクラギをかぞえて」さんのブログから飛んできました。乗車記たいへん楽しく拝読させて頂いています。私が乗った区間が走馬灯のように甦ってきました。私も乗り歩きをしています。カメラは持たない主義で、携帯画像だけですが、宜しかったら一度お越しください。
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR東日本 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 伊予鉄道 温泉 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 新幹線 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 観光列車 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 JR東海 喫煙車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 JR九州 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR