北陸本線を走る「急行型電車」お名残乗車記

北越急行ほくほく線を特急はくたかで乗車した後は、やはり北陸新幹線の延伸により、路線はJRから第3セクター鉄道会社へと移管され、走る車両も電車からディーゼルカーがメインとなり、激変する区間の一部、直江津から糸魚川まで普通列車で行って帰ってくることにします。

E1051342dscb.jpg
乗車しますのは12:08発の普通列車の富山行き、お目当ては最後に残った急行型電車475系だったのですが、残念ながら近郊型に改造された413系。車内に入ります、いい席はみんな埋まってます、辛うじて先頭車の進行方向左の山側に一つだけボックスシートが空いていたのでそこに座ります。青春18きっぷシーズンの普通列車での旅行のコツは、まずはいい座席の確保なんだろうな。ほとんどの座席は荷物だけ置かれていて人はいない。

さて、買った駅弁でも食べよう。直江津駅では30分の接続時間の間で立ち食いそばを食べる予定だったんですが、今は無くなってしまったよう。仕方なく駅弁にしたのですが、ここも昔は立ち売りもやっていて駅弁ファンにとっては有名な所、買ったのは一番安かった親子にしん弁当950円。

美味しい弁当でしたが食べ方を失敗した。出発間際に混んでくるかもしれないので、その前にと、寒いホームから車内に入ってすぐの冷え切った体のままで食べたので、重たい冷や飯を胃袋の中に放り込んだ感じしか味わえず終わってしまった。まずは席に座ったらゆっくり休み、温かいお茶でも飲んで一服、体が暖まったところで上着を脱いで、それからおもむろに駅弁を開く…、ぐらいの余裕で今度は望みたい。それと、急行型車両のボックスシート窓際についているテーブルで、駅弁を広げるのを楽しみにもしていたのですが、この近郊型に改造された413系は取り外されてしまっていて無い。

それでは出発、少年期に青春時代に数々の思い出のある急行型電車、相当乗ったと言えるでしょう。ここではその懐かしさを充分に味わうつもりだったのですが、デッキを失ったことにより急行型電車特有の静寂性というか雰囲気が全く損なわれてしまっている。昔の国鉄時代からのデッキ付の特急電車や急行電車の車内は独特の匂い(喫煙車の匂いとは別のもの)がしていたはずですが、それも感じられません。残念ながら私の求めていた急行型電車とはここで出会う事は出来ませんでした。

車窓はほとんどがトンネルで、トンネルを出た僅かな区間に駅があるの繰り返し。しかし私にとってこの区間は、夜行列車では何度も通過しましたが(唯一下りトワイライトエクスプレスで夕方も通過)、日中は初めてなのでとても新鮮です。

3つ目の名立は昔から降りてみたかった駅で、複線の通過線の両側にそれぞれ待避線を作り、そこにホームを置いた、新幹線の途中駅にあるような駅、ここで降りて通過する特急列車の写真でものんびり撮ろうかなと(次に通過する金沢行きはくたかは赤・赤編成だし…)、一瞬思いかけたのですが、次の筒石駅もこれから初めて見るわけですし、乗り続けることにします。

すぐにトンネルに入り、外に出ることなく減速して止まってしまったところが、トンネル内にある事で有名な筒石駅。ホームには駅員さんの他に、2名のおそらく地元の女子学生さんと、2,3名の鉄道ファン。今まで何度も気付かずに通り過ぎ、今日初めて見るその姿。ここでも降りてみたいなぁ、でも乗り続ける。

次の能生は海岸ギリギリにホームがある駅だと思っていたのですが違った。ここ能生付近は、1969年の北陸本線複線電化前は海側に線路が敷かれていて波をかぶって走ったと言われた所、その辺について書かれた読み物を見て、現在もそうなんだと勘違いしたようだ。

浦本を出発する前、運転席後ろのカーテンが巻き上げられガチャンと音がします。この先にトンネルは無いようだ。さっそくカメラを持った鉄道ファン2人(一人は20代、一人はかなりの高齢)が座席から飛び出してきてかぶりつき。ちょっと見苦しい。自分も同じような行動をしているのかと思うと少し恥ずかしい、今度からはさりげなくやるように気をつけよう。

糸魚川到着寸前、かぶりつきの二人が左側車窓にカメラを向けてバシャバシャ撮影していたので、何がいるのかと見てみれば、えちごトキめき鉄道のキハ122同系の気動車。これは姫新線で乗りましたが、速いし快適だし電車に全く劣らない素晴らしい車両、第3セクターになってからのこの路線を盛り上げてくれる事は間違いないでしょう。

E1051357dsc.jpg E1051364dsc.jpg
糸魚川で乗ってきた電車のお見送り、左写真は左から乗車しました413系、大糸線のキハ120、赤いはくたか、バックは2か月後に開業します北陸新幹線の駅。

E1051349dsc.jpg E1051344dsc.jpg
こんなのもいた、左のラッセル車は大糸線のDD16だろう。右のDE10 1596はどんな用途でここにいるんだろう。

次に乗る直江津行き普通列車まで46分もあるので外に出てみます。まずは新幹線側の南口へ、ここには赤レンガの車庫があったんだよな、全部撤去されてしまったのか…と外に出てみると。

E1051368dsc.jpg
まずは新幹線の駅なのに駅前が普通の住宅地なのに驚いてしまうのですが、赤レンガ車庫は広場にちゃんと保存されていました。切断して別の場所に向きを変えてまた組み立てたみたいですが、レンガだからボロボロ崩れて大変だったのではないかと想像します、鉄骨で補強するにも相当費用がかかったはずです。柱だけは再現できなかったみたいでコンクリート製のようで白く塗られています。また駅構内にはキハ52が1両保存され、線路があるので屋外に引っ張り出せるようです。

20080406_99.jpg
昔の写真も引っ張り出してみた。2008年4月の撮影ですが、この時から柱はこうだったんだ。

とにかく、これがレンガの重み、質感でです。
ここで思うのは復原されたと話題の赤レンガ駅舎の東京駅。まだ私はじっくり観察した事なく、中央線のホームから外観ぐらいしか見てないのですが、どう見たってレンガというよりタイルである(解説には厚み15㎜の化粧レンガと書いてある=つまりレンガではない)。ドーム内部の装飾品だってほとんどが軽い材質で作られているようにしか見えない。地震大国日本において、これだけ公共利用客の多い場所で、当時と同じ本物の材料の使用は不可能な事は充分承知ですが、これで保存したとか復原したとかで通ってしまったら、歴史的文化財を扱うにおいて、日本は可笑しな国になってしまうのではないかとちょっと心配です。

E1051379dsc.jpg
まだまだ時間もあったので北口にも出てみる。海が見えたので歩いて行ってみた。しかしこの道路を潜る地下道が閉鎖されていて海までたどり着くことは出来ず。

E1051384dsc.jpg
帰りに乗車します糸魚川13:33発の直江津行き普通電車。また413系だ、でも一番後ろの1両は急行型車両のままのクハ455だ。しかし車内を見るとデッキは撤去され急行型らしさは薄れ、何よりこの車両だけやけに混んでいる。モーター音を聞けるモハに乗車します。

E1051391dsc.jpg
通路側シートでトンネル内に熱く響く、国鉄MT54モーターの音を楽しむこと40分、直江津に到着。写真が一番後ろに連結されたクハ455-702。サハ455からの改造車だそうだ。後で知るのですが475系は、2014年3月のダイヤ改正で運用が縮小され、糸魚川・直江津間ではもう走っていなかったのでした。いくら待っても413系しか来ません。そんな中でこの413系に組み込まれたクハ455に出会えたのはラッキーだったと言えるでしょう。また、413系の方も種車は471系、車体もモーターも更新されたとはいえ、1962年製造なので半世紀以上走り続けた車両、本当にお疲れ様でしたとしか言いようがありません。さようなら、国鉄急行型電車。

(乗車は2015年1月)

前後の関連記事
前:北越急行ほくほく線を走る「特急はくたか」お名残乗車記
次:普通列車妙高号 お名残乗車記
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR東日本 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 伊予鉄道 温泉 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 新幹線 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 観光列車 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 JR東海 喫煙車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 JR九州 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR