青春18きっぷで関東近辺日帰り乗りつぶし、快速むさしの号と大宮→小山

東海・北陸・関西の旅行から帰って中1日空けての8月の某日曜日。またまた日帰りで廻ってきました。JR水戸線・鹿島臨海鉄道・JR鹿島線・JR成田線(一部)を乗りつぶしに行きます。

まずは東京都西部のとある駅を出発して立川駅へ、7:30発のむさしの号で大宮へ向かいます。

中央線の立川方面というのは、鉄道利用においては本当に不便というか遅れているところで、JRの横浜・千葉・常磐・大宮4方向すべて複々線以上の路線なのに対し、中央線はまだ複線(三鷹までは一応複々線ですが、基本的に快速運転では無いので意味無し)。最も我慢ならないのが休日は6:12発の特別快速まで各駅停車しかない事。朝早い新幹線に乗るのに、東中野・大久保・代々木・千駄ヶ谷とちんたら停車し、時間を掛けなくては東京駅にたどりつけないのは本当にかったるい。ちょっと遅らせて特別快速に乗っても混んでて座れない事も多く、これまたかったるい。そういう場所なので、このむさしの号は本当に空いていて快適で便利。現在、寝台列車以外は長距離列車に始発駅から乗りたいという拘りもありませんので、大宮より先への鉄道旅行プランは、むさしの号を利用する事をまず前提に考えるくらいです。

そんな本日のむさしの号は205系、一つのロングシートに1,2人の乗車率。国立を通過して短絡線に入り地下へ潜ります。

国立・西国分寺間の地下へ潜っていく路線は毎日中央線を利用し眺めていましたが、昔は決して乗る事の出来なかった線。これに初めて乗って、武蔵野線側から地上に出た時はそれはそれは感動したものです。途中ではヘッドマークを付けた湘南色の115系とすれ違い、なんだ?と後で調べたら大宮発奥多摩行きの臨時列車、面白そうな列車です。西浦和から大宮までの短絡線もさまざまなルートと分岐・合流し面白い車窓なのですが、眠ってしまい、気が付いたらさいたま新都心を通過中でした。

大宮では11分の待ち合わせで快速ラビット宇都宮行きに乗車、E231系です。どこもかしこもこのグループの電車だらけとなってしまい、趣味的には面白くないですが、乗る分には快適でいい電車です。まずはロングシートが7人定員座れるようになっていて、マナーの悪い人にイライラする事もなく、座りごこちもそんなに悪くない。日よけのカーテンが無いのも車窓を楽しむには有利です。高速で走っているときのモーター音もけっこう大きくて好きなんです。

久喜では東急8500系がいました。日本の地方鉄道だけでなくインドネシアで第二の人生(電車生)を送っている仲間もいますが、果して本家では現在何本ぐらい残っているのでしょうか。また眠くなってウトウトしているうちに小山に到着です。

小山では両毛線のホームへ行って107系を撮影。この線もまだ全線乗ってないのでそのうちに…。この電車も改造されてもう20年経つのですよね。登場した時は魅力ないなぁと思っていましたが、だんだん味が出てきた感じです。
B8198083.jpg

にほんブログ村 鉄道乗車記録
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR東日本 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 伊予鉄道 温泉 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 新幹線 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 観光列車 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 JR東海 喫煙車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 JR九州 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR