芝山鉄道乗車と昔の京成成田空港駅

山万ユーカリが丘線の次は芝山鉄道、ユーカリが丘駅から京成成田までは8駅ですが、普通京成臼井行、快速京成佐倉行、特急成田空港行と3本の列車を乗り継がなくてはなりません。しかも末端部なので全部各駅停車、30分以上もかかる。京成成田でも次の芝山千代田行きまで30分待ち。構内にパン屋さんがあったのでそこで昼食にします。こういうパン屋で飲み物も注文すると高いんだよな、でも仕方ない。

D9120092dsc.jpg
やっとやってきました京成成田12:32始発の芝山千代田行き、車両は新型の3000系、サボは「(東成田)芝山」となっています。かぶりつきをしたかったのですが先客がいまして座って過ごします。

D9120096dsc.jpg
だいぶ走ったところで両方複線の平面交差の分岐、ここから先は現在の成田空港駅へのルートが出来る以前に乗ったきりですので23年ぶりになります。この右へ分岐する線路もスカイアクセス線の開業によりメインルートではなくなり、最後に乗ったのは2008年ぐらいだ。この界隈は短期間で2度もメインルートの変更がされましたが、メインでなくなった方も廃線になったりせず、きちんと有効活用されているのは嬉しい。

D9120099dsc.jpg D9120100dsc.jpg
東成田でかぶりつきをしていた人が降り、今度は私がかぶりつき、ここからが全長2.2㎞、日本一短い私鉄の芝山鉄道で、私の初めて乗る区間。出発してしばらく続く地下区間前方を見ていると、確かに不自然なカーブがある。空港敷地内に残ってしまった住宅を避けているというのがここだろう。そして地上に出て高架を一気に駆け上がり芝山千代田に到着。

D9120102dsc.jpg
現在の線路の終わり。九十九里海岸まで延伸する計画があるようですがどうなるのでしょう。千葉県の鉄道については、今度のJRダイヤ改正の特急列車の削減がとても痛い、完全に高速道路にやられてしまった訳で、ブルートレインが毎年1本1本消えて行ったように、これからもどんどん削減されそうな気がします。

D9120106dsc.jpg
駅を出てみます。駅前にはいかにも簡単に建てられたかのような売店があり、中にはカウンターがあって人が何か食べてる。壁には「しょうが焼き定食600円」の貼り紙、こういう店に入ってみたかった。さっき成田駅でパンなど食べるのではなかった。

D9120109dsc.jpg
すぐに駅に戻ります。ホームは長く、京成上野行きの直通列車が来る時は一杯に停車するのでしょう。

D9120108dsc.jpg
上野方面を見ると、もうすぐそこが成田空港、右に見えるのは第1ターミナル。

D9120110dsc.jpg
近くに駐機しているのはLCCの春秋航空だ。この辺に第1、第2とは非常に格差の激しいLCC専用の第3ターミナルを造って、この駅は空港第3ビル駅に昇格したら面白いなと思いましたが、そんなに格差のない、フードコートがあって、むしろ楽しそうなのが第2の横に出来るんだそうだ。

D9120119dsc.jpg
乗ってきた電車で戻りまして、次の東成田で降ります。

D9120121dsc.jpg
2面4線、昔の成田空港駅です。インターネットで、この駅の使われていない側のホームが時間が止まってしまったかのように、昔のまんまで残っているというので興味を持って来たのですが本当だった。

D9120118dsc-1.jpg
使用されていないホーム側の駅名板は成田空港のまま。1989年の夏に初めて海外に行くのに期待と不安一杯で降り立った駅の現在の姿、いいものが見れたなという気はあまりしない。

D9120122dsc.jpg D9120123dsc.jpg
この木目調で真中が水色のベンチを見るのも久しぶり、昔は至る所にあったような気がします。これは両方のホームにある。

現在使われていない静寂に包まれたホームは照明が落とされ誰一人いない。そして現在使われているホームも私一人なので、うーん、何と言ったらよいのだろうか、この雰囲気。考え方を変えれば、ここが厳重警備が敷かれてなく自由に居られる場所であるならば、座禅でも組んで瞑想にふけるには最高の場所ではないだろうか。長居する場所ではないので外に出ます。

D9120127dsc.jpg
コンコースは半分に仕切られている。壁の向こうには飲食店が昔のままで残っているそうだ。

D9120128dsc.jpg
改札を出ると第2ターミナルへの500メートルもの地下道。今日は第1に用があるのでこっちには行かない。

D9120131dsc.jpg
そして地上へ出る広い階段、そうそう思い出したぞ、階段を上がると広い駐車場があって空港へ向かうバス(バスは路線バスと同じ)が何台も並んでいて、係員にこっちこっちと、どんどん詰め込まれるように乗り込んだんだっけ。

D9120132dsc.jpg
広い階段側を出たところはこんな感じ、こちら側は地元の利用者用で空港へは行けない、なのでセキュリティーチェック無しで出られる。空港へはまた階段を下りて別の小さい出口からセキュリティーチェックを受けて出る。今日は歩いて第1ターミナルまで行ってみようと思います。昔連絡バスに乗った時はとても時間がかかったような気がしますが、地図を見るに数分歩けば着くはず。それに昔は必ずバスに乗せられて歩くことは出来なかった(←もしかしたら歩けたのかもしれません)、今日はこれを体験してみたい。でもその前に無料循環バス乗り場にも行って見てみよう。

D9120135dsc.jpg
こんなに遠回りするのか、これなら歩いた方が絶対に早い、と思ったらバスが来てドアが開いたんで乗り込んでしまった(バス停にいたのは私一人)。バスは予想通りのろのろ走り、第2で2回、その都度数分停車し、やっと第1に到着。失敗したなぁ。

(乗車は2014年9月)

***

DC220915dsc.jpg
おまけ写真で、別の日に撮った第1ターミナル展望デッキ南端からの風景、FedExの飛行機の鼻先に芝山鉄道の高架と芝山千代田駅が見えます。

前の記事:山万ユーカリが丘線乗車記
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

貨物線・短絡線・渡り線 筑豊電気鉄道 西日本鉄道 JR九州 観光列車 平成筑豊鉄道 喫煙車 新幹線 東武鉄道 JR東日本 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 温泉 伊予鉄道 琴電 吊り掛け電車 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 モノレール 京成電鉄 新京成 流鉄 夜行列車 JR東海 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR