京都→木津→京橋→尼崎 奈良線・片町線・JR東西線 初乗車記

ここからはJRの奈良線・片町線・東西線とまだ乗ったことがない路線を、3本まとめて乗りつぶします。

まずは京都で6分の接続時間でJR奈良線・13:04発のみやこ路快速に乗り換え。私は年に最低1度、用があって奈良県に行くのですが、訪問先へのアクセスの都合もあって、新幹線を降りてからは毎回近鉄を利用、JRの奈良線には一度も乗った事がありません。

B8178075.jpg
関東在住者にとっては、まだ走っているのか!という感じの奈良線各駅停車の運用に入っている103系低運転台車。乗るのはこの後ろに停車している221系です。

さて出発。いつもは近鉄で東海道本線を右に見てカーブし南下していくのに対し、逆方向に進んで南下していくので違和感があります。隣は小さめのキャリーケースを持った若い女性の一人旅で、奈良のガイドブックを熱心に見ています。

私のJR奈良線に対して抱いていたイメージは、近鉄京都線が木津川流域の中央線というか人口密集地を走るのに対し、ひたすら木津川西側の山沿いを走る線。確かにこれは間違っていませんでした。左側の車窓はずっと山でした。JR京都線の全通は1896年(当時は奈良鉄道)、近鉄京都線の全通は1923年(当時は奈良電気鉄道)との事で、その当時の鉄道建設に対する沿線住民の考え方を、小学校の社会科の授業で教える絶好の題材のような感じです。

もう一つのイメージは遠回りで時間がかかるという事。これは間違っていました。近鉄での京都~西大寺~近鉄奈良が39kmに対し、JRでの京都~木津~奈良が41.7kmでほとんど変わりません。京都~奈良間の所要時間は、近鉄特急の35分にはさすがにかないませんが、近鉄急行48分に対し、このJRの快速は44分でいい勝負出来ているんです。

他にはまだ未乗の京阪宇治線の宇治駅とJR奈良線の宇治駅。全然離れた場所にあるのですね。川の対岸に位置しているとは。これも知らなかったです。

ほとんどが単線区間ですが、多数の列車と器用に交換、1本の普通列車の追い越しまでして快適に飛ばし、37分で木津に到着。これで奈良線完乗。

写真は奈良線後続の103系。これが来たら自然とカメラを向けたくなってしまいます。
B8178080.jpg

ここからJR片町線に乗り換えます。今は学研都市線というのが正しいのでしょうか。カーブを切って入線する電車は321系。
B8178077.jpg

乗車したのは13:58発の快速塚口行き。出発してしばらくしてからは年に一度は乗車する近鉄京都線と並走。
B8178081.jpg

いつも反対からこちらを見ていたのですが、私にとっては初めて片町線側から近鉄電車を見る事になります。この写真の奥、木津川の対岸に先ほど乗ってきたJR奈良線の線路があります。片町線は生駒山地を迂回する形で、半円を描くように奈良~大阪を結んでいますので、このあたりの区間は、今まで乗ってきた区間の川の対岸を戻っていくような感じになります。それもかなりの距離を。

右側に行き止まりの線路の片面ホームのある駅に到着します。この線路、現在は使われていないようで線路は錆び、ホームも閉鎖されています。興味を持ってどこだろうと駅名票を見たら同志社前。ここは大阪方面からの折り返し列車が多数設定されている駅で、時刻表から想像するに2面4線程度の大きな駅かと思っていたのですが、こういう駅だったとは。1本の線で上下それぞれ30分間隔で発着する列車と、30分に1本の折り返し列車をやりくりするとは、なかなか芸が細かいです。

長尾から快速運転になり快適に飛ばします。前記しましたが半円を描くような路線のため、今まで北へ向かい、この日は強い日差しだったので進行方向左側の窓はすべてカーテンが下ろされていました。今度は南へ下っていくので、次々と進行方向右側の窓のカーテンも下ろされていきます。乗った車両でカーテンを降ろしていないのは私が一人で座っているロングシート部分のみ。混んできたら下ろすしかなさそうなので、立って車窓を楽しもうかとも思いますが、運よくほとんどガラガラのまま京橋まで進みましたので、カーテンを下ろさず最後まで車窓を楽しむ事が出来ました。こう考えるとカーテンが無いJR東日本の209系以降の電車は、鉄道ファンには良い電車かもしれません。

途中では片町線をまたぐ立派な高架線、何線だろう?後で調べたら京阪交野線。それにしても京阪とJRは全然駅が離れているのばっかりみたいです。

左からおおさか東線が現われて合流、一駅走って右に吹田へつながる貨物線と分かれるとすぐに京橋に着きました。これで片町線を完乗。

そのまま乗り通してJR東西線へ、このあたりの地理感は全く無いので、どの辺を潜って走っているのかあまり良く分かりませんが、大阪駅のちょい南、福島駅のちょい南、JRと阪神本線の間を走っている事を頭の中でイメージして走ることしばらく、東海道本線複々線区間、下り2本の真ん中にひょいと出て、鉄橋を渡って尼崎に到着しました。これでJR東西線も完乗。

この電車はもう1駅、福知山線に入って塚口が終点なのですがここで降りて大阪へ戻り。市内をしばらく徘徊して大阪を味わってから、阪急梅田駅地下でビールを飲んで串カツを食べて、阪急宝塚線・モノレールで伊丹空港へ、今回は新幹線は使わず飛行機で羽田まで戻りました。

(乗車日:2012年8月)

にほんブログ村 鉄道乗車記録
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR東日本 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 伊予鉄道 温泉 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 新幹線 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 観光列車 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 JR東海 喫煙車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 JR九州 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR