東京都交通局日暮里・舎人ライナー乗車記

なかなか遠出することが出来ません。前回、西巣鴨に用があった際に都営三田線の末端部を乗りつぶしたのですが、この際その勢いで、近場東京都の5つの未乗車路線を1日で、やっつけてしまう事にします。

まずは2008年に開通した新交通システムの東京都交通局日暮里・舎人ライナー、地元の人や日本史をしっかり勉強していた人以外は、絶対に読めないだろう舎人(とねり)という地名、「いわて銀河鉄道」「いすみ鉄道」「のと鉄道」のように、これこそ、ひらがなで表記すればよかったのになぁと前々から思っていたのですが、読めない地名だからこそ、漢字表記でアピール出来るのかもしれません。

日暮里駅で700円の都営フリー切符を購入してホームへ、もちろん一番前の車両に乗車します。ここの車両もゆりかもめや横浜シーサイドラインのように無人運転で運転席に座れる形状。右側二人席には親子連れが座り、左側一人席は空席だったのですが、まだ乗ってくるだろうお子様に譲ることにして立つことにします。(おばあさんが座りました)

D8309480dsc.jpg
それでは出発、最初の見どころは日暮里出発直後の直角カーブ。なんと急カーブの中に渡り線がある。新交通システムではどうと言うこともないんだろう。

常磐線・京成線の順に跨いで西日暮里駅。京成線・常磐線の順でないところが注目点で、この辺の鉄道路線の立体交差は複雑なのです。西日暮里を過ぎると貨物線、明治通り、熊野前を過ぎると都電荒川線を跨ぎます、ここでは昔の都電カラーの車両がちらりと見えました。次がこの路線最大のハイライト?、隅田川・荒川を渡ります。そして高速道路。

D8309484dsc.jpg
2005年まで王子に住んでいて、その頃は車にも乗っていたので、個人的な事なのですが、この辺はとても懐かしい。よく神奈川方からここを走って、江北ジャンクションを左へ曲がるとやっと渋滞から解放されて、着いたなぁ~と安堵感に浸った場所なのです。(その頃、中央環状王子線は板橋ジャンクションまでだったのでとても空いていました。今はどうなんだろう。)

ここから先は私にとっては初めて来るエリアになります。単なる知らない土地なだけあって、住宅街の中を真っ直ぐ走るんだなぐらいの感想しかありません。一駅ごとに乗客はどんどん減り、途中駅で一番前のシートが空きます、もうガラガラですので座らせてもらってもいいでしょう。座ってみると見える景色がぜんぜん違う、いいぞいいぞ!やっぱり新交通システムを楽しむのは一番前の座席に座るに限ります。

D8309486dsc.jpg D8309487dsc.jpg
車両基地のある舎人公園駅の配線はこんな感じ。見沼代親水公園側に基地へと続く下に降りて行く軌道があるのですが、右側にも左側にも下に基地が広がりません。どうも地下にあるようです。せめて地下へ通ずるトンネルの入り口ぐらい見たかった。ちなみに左の写真が今回の乗車で唯一の車両の写真になります。

D8309491dsc.jpg
一番前の座席に座ると軌道がすぐ下に見えるので、なかなかのスピード感が味わえます。周りの景色を見るよりもこっちの方が楽しい。意外と揺れます。

D8309496dsc.jpg
渡り線をぐいっと曲がって終点の見沼代親水公園に到着、改札を出て周辺地図を見ると駅名になった親水公園がすぐあるみたいなので行ってみます。

D8309502dsc.jpg
これが親水公園。公園というより水路沿いの遊歩道です。1.7㎞の長さがあるんだそうだ。中には10センチぐらいに成長した金魚が高速で泳いでおり、金魚も狭い水槽を出るとここまで逞しくなるのかと少し感動さえしてしまいます。小さい鯉だったのかもしれません。

さて戻ります。帰りは一人用シート座りたいと思っていたのですが、人気のある座席のようで、すべて埋まっており、ロングシートで我慢します。ロングシートに座って正面の一人用シートは、シートピッチはかなり広く、窓際には荷物が置けるテーブルもあります。ドア間でロングシートは6人掛けですが、一人用シートの方は3人分しかない、占有する面積は2倍以上の差、なんだか飛行機のエコノミーとファーストぐらいの違いがあります。私の真正面に座る、足を伸ばしてスマホをいじっているおばさんが、だんだんセレブに見えてきます。

D8309493dsc.jpg
(これが一人掛けシートとロングシートの関係、行きの車内で撮ったものです)

西新井大師西という、最初と最後に西の付く駅で下車します。西西新井大師にすれば、面白い駅名として取り上げられて、この地域の活性化にも繋がったのではないかと、ちょっと思います。

(乗車は2014年8月)

次の記事:東武大師線乗車記
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR東日本 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 伊予鉄道 温泉 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 新幹線 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 観光列車 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 JR東海 喫煙車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 JR九州 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR