三井化学専用鉄道を再訪問3

午前中のお仕事は終わったようですので、時計回りに宮浦操車場を回ってみます。まずは機関車が留置してある詰所の前へ、

CB165118dsc.jpg
前回来た時は拝見できなかった、お昼休み中の11号機の愛らしいお顔。ちょっと薄めのエンジ色の独特な車体色と、緑色ナンバープレートの組み合わせが何とも素晴らしい。パンタグラフは下がったままなので、バッテリーはまだビンビンだぜ…という事なんでしょう。

CB165124dsc.jpg
そしてサイドビュー
「T6-8」というのは大正6年製なのか…と言う事はなんと今96歳!、大正製なのは今は引退したオリジナルのシーメンス機の事だと思っていたのですが、調べてみるとこれは明治44年製。明治時代の設計の機関車が今も現役で動いていると言う事か。「H29-12」が検査切れ年月を表すとすると、ちょうどこの年に、この機関車は100歳の誕生日を迎える事になります。保存ではなく現役である事、しかもこんなにも美しい姿で…、まぁ何というかファンとしてはありがたい事でして、こうしてゆっくりとフェンス越しに眺められるのは至福の時。ちなみにこの日は見れませんでしたが9号機はもっと古くて大正4年製です。

CB165135dsc.jpg
19号機だって「S12-2」と書かれてますので1937製で76歳。凄いよなぁ。

先へ進みます。

CB165143dsc.jpg
停車中のコンテナ車をこんなに間近で見るのは初めてか、コンテナを固定するパーツはこんな風になっていたのか。

CB165149dsc.jpg CB165150dsc.jpg CB165152dsc.jpg
車止めに廃車体。
中央は明治生まれのシーメンス製の2号機、前と後ろは何号機だったんだろう。
(追記)手前から20,2,4号機。情報提供はUTXC様。ありがとうございます。

CB165161dsc.jpg
宮浦石炭記念公園から見下ろす宮浦操車場。天気も良いし素晴らしい眺め。そして2機並ぶ機関車の色合いは、なんて美しいんだろう。絶景と言って良い。

CB163854_e3.jpg CB163856_e3.jpg
望遠レンズで11号機と19号機をそれぞれ。
さて、ここ大牟田は三池炭鉱関連施設の産業遺産で世界遺産の登録を目指しているとの事で、もしも実現したら、この鉄道にも炭鉱のあった頃からの100年前の機関車が走っていると、良い事か悪い事かは別にして、観光客がわんさかと押しかけてくるのようになるのではないかと予想されます。変なトラブルだけは起きないで欲しいと願うところです。

CB165165dsc.jpg
東泉町2号踏切に戻って来ました。銀色と黄色のタンクコンテナは形状も全く違うんだ。

この時点で12時半、朝から歩き回ってお腹すいたなぁ。次に動き出すのはお昼休み後の13時からなのだろうか?、コンビニを探して食料を買ってくるのも中途半端な時間だし、どうしよう。とりあえず13時まで待つか…

この日の予定していた行動パターンは次の3通りでして、
1、1日中、三井化学専用鉄道を見学している
2、午前中は三井化学専用鉄道、午後は三角線を乗り潰し
3、午前は西鉄甘木線と甘木鉄道乗り潰し、午後は三角線
  (これは三井化学専用鉄道がまたもや運休だった時の予定パターン)

13時、チャイムだったかサイレンが鳴り、詰所から乗務員の方が下りて来て11号機に乗りこみました。今度は単機のまま工場へ向かって行きます。今日の午後は空になったタンクコンテナ車を1両1両引き出すようです。

CB165173dsc.jpg CB165176dsc.jpg CB165177dsc.jpg
CB165178dsc.jpg

素晴らしい光線状態になって来たところなのですが、折角九州まで来た事ですし、いろいろ見た回りたい。今日はこれで終わりにして三角線に向かう事にします。名残惜しいですが、ここにはまた来る事にいたしましょう。

急いでホテルに戻り預けた荷物を受取り、ホテル前に待機していたタクシーで大牟田駅へ、空いた時間で駅構内のうどん屋さんのかしわうどんで空腹を満たします。うどんだけでは足りないだろうと、わかめごはんも追加。ご飯にふりかけまぶしただけなのに200円以上もし、ずいぶん高いなぁ…と思っていたのですが、このご飯がなんとも美味しい。いいお米を使っているんだろうなぁ。ふりかけで食べるのは勿体ない、400円、いや500円ぐらい払ってもいいんで明太子の半分でも乗せてもらいたいぐらいです。

CB165180dsc.jpg
大牟田駅構内で休むDE10 1054。
三井化学専用線に貨物を運ぶために、1日に大牟田駅~仮屋川操車場を1往復するだけの、人に例えるなら楽で美味しい仕事をもらって羨ましいような、機関車本来の活躍っぷリからしたら残念な事なのか。まぁ穏やかな午後の温かい日差しを半身浴びて、満足出来た趣味活動を終えてお腹も一杯になった私にとっては、とてもいい光景なのであります。

13:50発の快速熊本行きではロングシート車ながら快適に寝て過し、荒尾駅も全く気付かずに通り過ぎてしまいました。3件前の記事に荒尾駅について余計な事を書いてしまったのですが、しっかり見ておけばよかったです。

(訪問は2013年11月)

前の記事:三井化学専用鉄道を再訪問2
次の記事:三角線(特急A列車で行こう)乗車記
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: またの訪問をお待ちしています

UTXC様
外出していまして返信遅くなってしまいました。最後まで読んで頂き、そして嬉しいコメントありがとうございます。おかげさまで今回は充分に楽しんで来る事が出来ました。時間が取れれば大牟田はまた行くつもりでいるのですが、今年はちょっと無理かもしれません、行けるとしたら8月に、専用線の西の横綱?くろがね線も見てみたいと思っています。

UTXC様のブログ効果についてですが、確かに大きそうで、中にはそっとしておいて欲しいという人もいるかもしれませんね。Web等で公開するには扱いがちょっと難しい専用鉄道ですが、その辺のルールもしっかり守られていますし、気にする事は無いでしょう。地元の方でないと得られない貴重な数々の写真が見られるという事は、この趣味界において大きな共有財産になるものと思っていますので、今後も楽しみにしています。

廃車体の情報ありがとうございます。追って本文の追記を致します。リンクの件はもちろんOKです。とても光栄です。よろしくお願い致します。私のブログにも差し支えなければリンク貼らせて下さい。

またの訪問をお待ちしています

こんばんは
三井化学専用鉄道は堪能出来て良かったですね。
1日べったり三井化学専用鉄道を撮られる方は滅多にいません(笑)。この私でも午後はちょっとだけで、ずっといる事はありません。午前は入れる時間などがはっきりしているのに対し、午後は不明確で待ち時間が長くなり、他の私用を全部投げ出す覚悟で臨む必要があります。また機会がありましたら、ゆっくり訪問して下さい。たいへんお疲れ様でした。

私も宮浦石炭公園からの眺めは大好きですよ!唯一の俯瞰場所ですからね。

車庫付近の廃車(部品取りらしい)は、2号機・4号機・20号機です。2年前に再塗装された時はかなり話題になり、それを見に来られたファンもいました。

現地でお目にかかった方々の訪問記録をブログで書かれるのを楽しみにしています(又は会わなかったとしても検索します)。私とは違う視点・構図で見られた景色や感想は非常に参考になります。私には気付かなかった事など大発見もあります。今回の訪問記事は読んでいて楽しかったです。

三井化学専用鉄道は「私のブログ効果やその影響を受けた人達の訪問者の口コミもあり随分知れ渡りました」と言っても過言じゃないです。ひょっとしたら私は静かにしておいてというファンの期待を裏切ってメジャー?に仕立て上げた大罪人の汚名を背負っているかもしれません。ここまで活動して良かった感が大きいので、ネガティブにはなりません。

なおここ数日、妙な運用になっておりウヤを臭わすような状況であります。1月31日の夕方に宮浦操車場を見に行ったら、22t電車は充電していませんでした。

ところで、御ブログのリンク貼っても宜しいでしょうか?
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR東日本 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 伊予鉄道 温泉 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 新幹線 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 観光列車 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 JR東海 喫煙車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 JR九州 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR