(大牟田到着)大牟田の衰退をJR時刻表に感じる事について

夜の9時半過ぎ、新幹線の新大牟田駅に到着し、連絡バスも無くタクシーで駅近くのホテルへと向かうのですが、表題の件につき、ちょっと記事にしておきたい事があるのです。この日の朝、博多に到着し、今後乗る予定の列車時刻をみどりの窓口に置かれたJR時刻表でチェック中、どうも事前に調べていた時刻と合わない。そして、そんな馬鹿な!嘘だろう!信じられない…と、いう事実を知ったのです。

***

私は小学校低学年の頃から時刻表に興味を持ち、見知らぬ遠い土地や見た事も無い列車に対して思いを寄せては空想旅行を楽しみ、挙句の果てには架空の鉄道の時刻表まで作成してしまうという、とても根暗な少年だったのですが、駅には格というものが時刻表上にはあると思っています。

まずは主要な駅とそうでない駅=大きな文字と小さな文字の駅。
主要な駅は、すべて(ほとんど)の列車がここを始発・終着駅とする東京駅や上野駅等を除いて、出発時刻と到着時刻が表記されるため、時刻欄は2行になり、左端の駅名は大きな文字で表記されます。そうでない駅は出発時刻だけですので、時刻欄は1行ですみ、右端の駅名は小さな文字で表記されます。

大きな文字の駅にも、さらに格付け見たいのがありまして、駅表記の左横にマークがいくつ付いているかで表されます。
マークは4種類
「+マーク」が医務室がある駅
「帽子マーク」が赤帽(ポーター)のいる駅
「弁マーク」が駅弁を販売している駅
「みどりの窓口マーク」がみどりの窓口のある駅
勲章バッチみたいなもんで、マーク4つすべて揃っているのは東海道を下って行くと、東京、名古屋、京都、新大阪、大阪、岡山、博多ぐらいだったと思います。次にマーク3つ、これもそんなに数は多くない、第1級では無いにせよ非常に格の高い駅。マーク2つ、これは一気に数が増える、ほとんどが駅弁販売とみどりの窓口なのですが、普通の大きな駅。ちなみに大きな文字でもマーク0というのもローカル線の乗り換え駅などでいくつも存在します。

下の写真は交通公社の時刻表1979年8月号の鹿児島本線下り1ページ目。
CB185366dsc.jpg CB185368dsc.jpg

当時の大牟田駅はもちろん大きな文字で3つのマーク、駅弁を販売していて、みどりの窓口マークがあって、赤帽までいるという、小学生時代の私は、九州旅行なんて出来る裕福な家では無かったので、想像するだけで行った事も見た事も無いのですが、私にとっては非常に格式の高い駅という認識なのです。実際に未明に通過する寝台列車1本を除いてすべての列車が停車し、炭鉱もまだまだ存在し、飛行機もまだ一般的でない時代ですので、お偉い方々の利用も多く赤帽も必要とされた重要な駅だったんでしょう。


そして下が2013年のJR時刻表
CB154630dsc.jpg

なな…なんと、大牟田駅が小さい文字になってしまっているのです。駅弁も販売されずマークは一つも無し、いくら衰退した街とはいえ、これではそのへんの無人駅と全く変わらないではないか。大牟田を馬鹿にしすぎではないか。

代わりに大きな文字に昇格されたのは荒尾駅、優等列車が走らない今、昔から小倉・博多方面からの普通列車は荒尾を終点としているので、時刻表としてはこの方が多くの情報を盛り込めるのかもしれませんが、大牟田は西鉄との乗り換え駅で、島原港へ向かう高速船の発着する三池港への連絡バスも発着する交通の要所である事には今も変わりないはず。ひょっとしたら世界遺産に登録されるかもしれない街なんだぞ。

いったいどういう事なんだ、これは。
2013年に2回来ただけの外部の人間がこんな事書くのは問題かもしれませんが、大牟田と荒尾の関係はちょっと複雑でして、この二つの街は炭鉱を中心に炭鉱鉄道も含め一体として発展(そして衰退)してきたようですが、大牟田は福岡県、荒尾は熊本県に位置します。

昔は大牟田がメイン、荒尾もかつては市電が走っていた街なのに優等列車はほとんど通過。荒尾の人たちは苦汁をなめる思いで、大牟田に対してライバル心を持ち続けていたのではないか。そして実はJR時刻表の編集者に荒尾出身の人がいて…なんて事もあるんじゃないかというのは考え過ぎか。

ちなみに私が通常使っていますJTBの時刻表は、今も大牟田が大きい文字だった気がします(今手元に無いので断言できない)です

***

タクシーは夜の幹線道路を走ります。途中には大牟田駅付近には見られなかったショッピングセンター、ますます車社会になって、鉄道(特に在来線)自体が衰退の流れにある中、そして石炭産業なんてとっくに終わっていますので、時刻表上の駅の格なんて小さな事でマニアの戯言にすぎないのでしょう。

この日に宿泊するのは大牟田で一番大きいと思われるガーデンホテル。私が趣味の旅行で泊まるホテルとしては非常に高級な部類に入ります(寝るだけですので個室で入浴出来て浴衣かパジャマがあれば充分なので…)。前回の駅前旅館でも良かったのですが満室のようで、他に探すのも面倒だったのでここにしたのですが、部屋から線路が一望出来るのが嬉しい。

CB154989dsc.jpg
写真は西鉄5000系の特急電車

CB154991dsc.jpg CB154992dsc.jpg
そして三井化学専用鉄道を目的とする場合、ここは最高の立地条件でして、ホテル目の前が旭町1号踏切なのです。前回ここで待ちぼうけを食らったところですが、今回はちゃんと線路が輝いている。思わず触ってしまった。明日は天気も良さそうだし期待できるぞ。

さて、行きつけのラーメン屋さん(…といっても2回目ですが)に美味しいチャンポンと餃子を食べに行く事にします。

(訪問は2013年11月)

前の記事:人吉~新八代~熊本~新大牟田乗車記(800系つばめ乗車記)
次の記事:三井化学専用鉄道を再訪問1
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 大牟田駅

UTXC様、コメントありがとうございます。

> 鳥栖以南は平行在来線扱いで、車両性能を発揮できないような速度制限がかけられています。
知らなかったです。昔は783系や787系が130kmでかっ飛ばしていた区間だったのですが、新幹線が開通するとこういう事もありえるんですね。

> 大牟田と荒尾が仲悪いのは聞いたことがありません。
大牟田と荒尾との関係…、勢いで余計な事まで書いてしまいました。実際はそうなんでしょうね。街並みに良さやチェーン店の進出度は荒尾の方が上なんですか、これはちょっと意外でした。

> 大牟田ガーデンホテル…宿から専用線が見られたらラッキーでしょうね。
そうですね。実は翌日の朝、ホテル内共用部のどこかで1便を俯瞰撮影出来そうな所がないか、ちょっと探してみたんですけど見つかりませんでした。(あんまり探しまわっているのも変質者かと怪しまれそうですし…)ちなみに1151レは部屋から撮影しました。

> グーグルマップの風景ビューワー
早速見てみました。いやいや便利な世の中になりました。工場内の20トン電車の行きつく先、時間があったら行って見ようかと思ったのですが、ここは高いブロック塀があって線路は見られないんですね。南側の駐車場も工場敷地内ですし。

次の記事、楽しみにして頂けるとはとても嬉しいです。もうちょっと待ってください(来年になるかもです)。

大牟田駅

こんにちは
大牟田駅は昼間の特急がなくなり衰退しました。来春のダイヤ改正で朝晩の有明が1往復減便です。私はほとんど利用していませんが、時速95キロの特急はもはや快速と同じでばからしく思います。鳥栖以南は平行在来線扱いで、車両性能を発揮できないような速度制限がかけられています。その速度制限がないとみんな新幹線に乗らないからという・・・。何て卑劣な扱い(笑)。

私が使っているJTBの時刻表の大判は大牟田駅が発着時刻表記あります。土日は荒尾折り返しが大牟田折り返しになったりするので、果たしてどっちが2行がいいのやら。私も5年以上大牟田に住んでいますが、大牟田と荒尾が仲悪いのは聞いたことがありません。街並の良さやチェーン店の進出は荒尾の方が格上ですね。大牟田のJR線の東西にある大手2大マンモスSCだけが活気ある妙な街に成り下がっています。

大牟田ガーデンホテルは専用線撮影者の御用達宿ですね。街で一番リッチなのは良いですが、大牟田駅から遠いのは仕方がありません。宿から専用線が見られたらラッキーでしょうね。私がまだ大牟田に転勤する前にこのホテルに泊まったとき、窓の下に専用線のレールがありました。当時は何も知らない非撮り鉄だったので、今にして思えば実に惜しいことをしました(笑)。

さていよいよお次は三井化学専用鉄道の再訪記事ですね。楽しみに待っていますよ。

ところで昨日気付きましたが、グーグルマップの風景ビューワーで宮浦操車場を完全に見渡せることが出来るようになっていますね。これで行った気分になれますよ(2013年4月の風景だと)。
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR九州 平成筑豊鉄道 観光列車 新幹線 喫煙車 東武鉄道 JR東日本 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 伊予鉄道 温泉 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 モノレール 京成電鉄 新京成 流鉄 JR東海 夜行列車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR