懐かし写真(1984年) 東海道新幹線開業20周年記念号

先日は東海道新幹線開業50周年の記念日、早朝からいろいろと催し物が行われ、各駅は賑わったようですが、なんと30年前の10月1日、偶然にも東海道新幹線20周年記念号というのを田町駅の東京側先端で撮影しておりましたので、ここに掲載します。

BW101_35.jpg
今でこそ鉄道ブームですし、最近妙に増えたなと思う、日本人の功績を称え、日本の技術の優秀さを扱うテーマにもぴったりですので、テレビやさまざまな書面で新幹線が取り上げられていますが、30年前の国鉄時代は、新幹線なんてただ速いだけで全くつまらない乗り物という扱いがほとんどだったように記憶しています。

鉄道ファンだって、新幹線を趣味の対象としていた人はほとんどいなかったと思います。私もそうでして、この頃の東海道山陽新幹線は0系しか存在せず面白くなく、新型の0系だって3人席の半数は後ろ向きという、今では考えられないほどの低スペックの車両でぜんぜん魅力がなかったのです。この写真を撮ったのも本当に偶然、私の本来の目的は下の列車の写真を撮りに来ていたようです。

BW101_34.jpg
東海道本線を下るEF65PF+サロンエクスプレス東京なのですが、この頃はまだEF58が現役でしたので、東京駅に回送される時点で牽引機がPFと解り、皆さん関心を失ったようで、人気列車が走る時はいつも人一杯の田町駅もガラガラ。この列車が通った後で新幹線20周年記念列車が通ったのですが、撮影していたのは4,5人で、皆さんついでに撮っておくといった感じでした。

この記念列車、写真をよく見れば国鉄側もやる気のなさを感じさせる面もあり、今でしたら最新型の車両(といっても小窓の0系)を使用すると思われますが、大窓の古いやつ、しかも12両編成で食堂車無しのこだま編成。

しかしこの半年後の1985年3月、新幹線も国鉄民営化を数年後に控え劇的な変化を遂げます。20年たって初めてのフルモデルチェンジ車・100系が登場するのです。登場してすぐは、私はまだ学生の身分で乗車する事が出来ませんでしたが、1990年代になって晴れて社会人になり、小遣いにも余裕が出来て趣味の旅行で新幹線にも乗れるようになり、そして食堂車で食事やお酒も楽しめるようになり、100系って素晴らしいじゃないか!特に2階建て食堂車は最高!と、新幹線に対する認識を180度改めるのでありました。
スポンサーサイト

赤穂線乗車記

水島臨海鉄道の次はJR赤穂線です。倉敷駅で英賀保駅(姫路の一つ手前)までの乗車券を、タッチパネル式の指定席券売機で購入します。画面では山陽本線上郡経由か赤穂線経由を選択するようになっており、もちろん赤穂線経由を押したつもりだったのですが、出てきた切符は何故か上郡経由と書かれています。注意力の足らない私が単に押し間違えただけなのだろうか、それともどちら経由も値段が同じ、そして途中下車も出来ない100㎞未満の距離なので、どっちを選択しても上郡経由になるのだろうか。どうもすっきりしない。まずは混んでて座れない糸崎発相生行きという3両編成の115系で岡山へ、19分の滞在なのですが、この駅ならではの車両が見られてとても楽しい。
D9031801.jpg
381系のやくも。これも乗りたいなぁ、出来れば展望グリーン車の一番前の席で。伯備線は日が暮れてから上りサンライズ出雲で通り過ぎただけなので、車窓を全く見ていないのです。

D9031806.jpg D9031803.jpg
四国にも行きたい。実は数年前から四国乗り潰し旅行のスケジュールは出来上がっている。

D9031815.jpg
私の乗車します岡山13:23発の赤穂線長船行きは213系、いいのが来たぞ。伯備線の新見発でして、100%乗客が入れ替わるのかと思いきやそうでもない。

この電車だってかつては四国へ渡るスター的な存在だったのだ。岡山側のクモハで瀬戸大橋を何度かかぶりつきしました。1987年デビューですので27年目、ローカル落ちしてから11年目になります。ローカル落ちしても塗装も変わらず岡山を離れないでいられるのは、いい人生(車生)を送っていると言えるでしょう。

それでは出発です。しばらくは新幹線と左手に見て山陽本線上を東岡山まで。東岡山を出ると山陽本線下り線と平面交差し、私の初めての乗車となる赤穂線へと入っていくのですが、線路は単線で右へ右へとそれほど急ではないカーブがずっと続きます。さらば友よ…といった感じの、潔い線路の別れっぷりです。そしてスピードも速く、クモハのモーター音も高らかで気持ちがいい。西大寺駅で多くの乗客が下車し車内は1両に10人ぐらいになってしまうのですが、それでも電車は健気にしっかり加速、それなりに高速で走って終点の長船駅に到着です。

この駅までは30分間隔での運転でしたが、ここから先は1時間間隔、後続の電車を30分待ちます。2面2線の交換駅で213系の記録をするのにもってこいの駅。

D9031829.jpg
クモハ213-11側(備中高梁行きとなって出発するときに撮影)。

D9031822.jpg
そして元サハ213であるクハ212-104。運転台ユニットを付けるのに窓の途中で車体をぶった切ってしまう点や、トイレを車体中央に付け、その部分の多くの窓を塞いでしまったので“クハニ”みたいになってしまった点など、非常に面白い改造です。

D9031818.jpg D9031816.jpg
クハ212-104の車内も記録しておきましたので載せておきましょう。運転台後方はこんな風になっている。そして車椅子対応のトイレ。

元からクハだったものは、製造時からトイレが付いていたはず。今はこちらも車椅子対応に改造されているのでしょうか。未改造だとしたら、元サハ、元々クハは共通運用なのか、しっかり運用が分けられているのかも気になります。

D9031833.jpg D9031834.jpg
乗ってきた213系が行ってしまうと、駅には次の姫路方面行きを待つ人が5,6人。静かなもんです。駅前にはタクシーが3,4台待機中。ちなみにこの長船駅は、黒田官兵衛ゆかりの地「備前福岡」なんだそうで、そのうち「備前福岡」に改名されるかもしれません。

D9031841a.jpg
私が乗車するのと交換する岡山方面行きで、こんな電車もやってきました。非貫通平面顔のクモハ114-1000番台です。好きなんだよなぁこの顔。これは湘南色にすれば絶対にカッコいいはず。

D9031846a.jpg
私の乗車しますのは普通の115系3連。面白みに欠けるのが来たなと思ったものの、車内は転換クロスシートに改造されているやつでとても快適。長船の次の香登を出ると、左側に新幹線の線路がまたしばらく並走し、白い車体が遠慮なく一気に抜き去ります。山陽新幹線から見たら赤穂線との並走区間なんてあっという間に終わりなんだろうな。

電車は軽快に飛ばします。さっきの213系よりも明らかに揺れが大きい。バネでぴょんぴょん飛び跳ねる感じです。毎日赤穂線を利用する方々には申し訳ないのですが、趣味の旅行で乗る分にはなかなか楽しい。これが空気ばねのボルスタレス台車と、昔ながらのコイルばね台車の違いなんだろうと思っていましたが、赤穂線のWikiを見ると長船を境に最高速度が95km/hから85km/hに落とされており、これは線路の違いだったんだろう。

電車はそろそろ西片上に到着します。ここは1991年に廃止された同和鉱業片上鉄道の起点があった街でして、じっくり見ておきたいところ。廃線跡やかつての鉱石を船に積み替えていた跡なんか見られるのでしょうか。

D9031848a.jpg
西片上到着寸前に撮った片上の町並みでして、期待していた風景は展開されませんでしたが、写真の川を300m程下った所に貨物ヤードが広がっていたんだそうだ。この鉄道が健在だった頃、私は3回か4回、青春18きっぷを持って山陽本線の和気駅を通り過ぎている。どうして乗りに来なかったんだろう。悔しいなぁ。西片上駅を出るとすぐに、明らかに廃線跡だと分かる、細い道路(自転車専用?)が見えました。

D9031851a.jpg
漢字で書くと保険会社を略したのと同じですが、読みは瀬戸内らしい暖かな響きの“ひなせ”駅。ここは小豆島への玄関口なんだ。降りてみたくなります。

D9031854a.jpg
またまた素敵な響きの天和駅。ここは電機工場があって変圧器輸送のシキが出没するところ。年に何回ぐらい走るのでしょうか。川を渡り左に廃止となった貨物ヤード(西浜駅)を見て、終点の播州赤穂駅に到着。これで私にとっての未乗車区間の乗りつぶしは終わり。ここから先は35年か36年前のなんと小学生時代に乗車したことがあるのです。行きも帰りも80系電車でして、赤穂線よりも山陽本線上の姫路相生間を豪快に吊り掛け音を轟かせて走り抜けていたのを今も鮮烈に記憶に残っています。久々の播州赤穂駅で降りてみたいですが、途中下車できない切符ですし、先も急ぎたいので、1分の接続の、隣のホームの新快速に乗り換えます。一度乗ったことがあるからか、気が緩んで急に眠くなってきました。

(乗車は2014年9月)

前の記事:水島臨海鉄道乗車記
次の記事:山陽電鉄網干線乗車記

(ウソ電)JR西クモハ114-1000番台や秩父鉄道1000系などを湘南色にし、プラレールの“かいそくでんしゃ”を再現する。

ジャーン!!
D9031841d2.jpg
前回、JR西日本のクモハ114-1000番台を湘南色にしたら絶対にカッコいいなんて書きましたが。どんな風になるのか試しにやってみました。

まずはこの電車の特徴ですが…
1、101・103系のような国鉄通勤電車顔
2、湘南色
3、前パン

私のフォトショップの技術はまだまだ未熟ですが、やっぱりカッコいいなぁ~と一人悦に入ってます。そして懐かしい。えっ!?こんな電車存在していたの??との声が聞こえてきそうですが、1970年代に幼少期を過ごした現在オッサンの方々の中でご存知の方もいるかと思います。実はプラレールの世界にこういう電車が存在しておりました。私も昔持っておりまして特に大切な車両だったので懐かしいのです。

プラレールでのこの製品、インターネットで調べてみますと「かいそくでんしゃ」として販売されていたものでして、東海道線湘南電車や急行電車をイメージしたものと思われますが、「山手線」や「中央線」といった国鉄通勤電車と同じ形状のモノを湘南色に塗り替えただけの代物でして、さらに当時のこの製品は運転台付車両と中間車の造り分けをせず、すべて両運転台車両だったことから前パンだったのです。「プラレール かいそくでんしゃ」で画像検索してみると出てきますのでお暇な方はぜひ確認してみてください。今では相当のビンテージ物らしいです。

広島地区で227系デビューが決まり、岡山の115系も先は長くなさそうですが、最後は湘南色にして再現してもらえたら嬉しい。

***

そういえば湘南色にすれば、もっと“かいそくでんしゃ”に近い電車があったっけ。まずは秩父鉄道の1000系、旧国鉄101系で前パン、こちらも早速やってみた。

U1020469.jpg
いいなぁ~痺れるぜ。こっちはスカ色も似合うはず、御殿場線の72系全金車のような仕上がりになる事でしょう。

D9052425b.jpg
そして元西武401系も外せません、近江鉄道の820系です。こっちはオレンジの面積をもう少し広く取った方がよかったか。

山陽電鉄網干線乗車記

JR赤穂線の次の乗りつぶしは山陽電鉄網干線。山陽本線の英賀保駅で降りて、山陽電鉄網干線の西飾磨駅まで約1㎞歩いて乗り換えることにします。2駅の関係はこんな感じ。
D9031854b.gif

山陽電鉄は初めてですので、まずは支線を片付けてすっきりした上で本線を姫路から神戸まで通して乗りたい。JR網干駅~山陽網干駅と移動して起点から乗車するのがベストなのでしょうが、両駅は2km以上離れていて、バスも走っているみたいなのですが、調べるのも面倒でこうなりました。

D9031855.jpg D9031856.jpg
JR英賀保駅から調べておいた道を一直線に進む事約10分、山陽電鉄の西飾磨駅が見えてきました。東急池上線や目黒線にあるような、住宅地の中の小さな駅を想像していたのですが、予想を覆す高架駅です。

D9031857.jpg
券売機で1400円の三宮・姫路1dayチケットを購入しホームへ。鉄とコンクリートだけのシンプルで無機質な駅ですが、これはこれでいい雰囲気ではないですか。すぐに網干へ向かう予定でしたが、せっかく縁あって訪れた駅です、1本見送って下り上り列車それぞれ、反対ホームから撮影していくことにします。

D9031862.jpg D9031864.jpg
まずはやってきましたのは山陽網干行きの3200系3206F。

D9031869.jpg D9031872.jpg
次に飾磨行きの3000系3006F、どちらも“ひめじ官兵衛”のヘッドマークを付けています。

山陽電鉄をこうして近くで見るのは初めて、車両については例によって帰ってから調べてみるのですが、この3000系という電車、製造期間が1964年から1985年までと長かったために非常にバラエティーに富んでおりまして実に面白い。鋼製車とアルミ車が存在するぐらいは知っていましたが、鋼製車なのにアルミ色の塗装を施したものや、アルミ車なのに鋼製車と同じ塗装を施したものも存在するんだそうだ。この辺は玉手クラブ様の山陽電車解説ページがとても参考になります。写真も美しい。

そして私がここで写真に収めた3200系3206Fの電動車2両は、ネットで得られる情報だと、1970年に3000系として製造されたのですが、1990年に廃車となった旧型車2000系の主電動機・駆動装置に交換した車両で、余った主電動機・駆動装置は新型の5000系に転用したとの事。これを国鉄電車に例えてみると、主電動機は101系のMT46モーターの103系車両となり、なんだかよく解らないのですが、とにかく奥が深いのだ。

それでは山陽網干に向かいます。運転台の後ろでかぶりつきです。この3000系は戸袋窓の無い車両と思っていましたが、運転席の直後のみ、つまりクモハ・クハに相当する車両の1か所だけ戸袋窓が存在するのが私にとっての小さな発見。高架区間から地上に降りて夢前川という素敵な名前の駅で交換。次も交換駅、その次も交換駅、この路線の中間駅はすべての駅が交換可能駅なようです。それと構内踏切がこの列車の進行方向側にある駅があるのですが、列車が停止すると一回開き、改札口へ向かう下車客を先に通してから列車は出発します。こういうのも普段JR東日本の青梅線や中央線しか利用しない私にとってはちょっと新鮮。2,3駅で終点網干かと思っていましたが、なかなか着かず5駅目でやっと到着。たいした印象を残さずに終わってしまった感じです。

D9031875.jpg
駅の風景。特に見どころも無さそうですので、すぐに引き返すことにします。

D9031876.jpg D9031878.jpg
帰りも乗ってきたのと同じ電車、西飾磨駅で撮影した車両でもあります。今度は飾磨側の先頭車で座って過ごします。リニューアル車体更新車でして車内は明るく、車端部の窓なんかは大きな固定窓でして、昭和の電車のイメージは全くありません。後で知るのですがこの先頭車の3006は1967年4月に竣工した車両。私の生まれる1か月前でして、製造銘板でも見つけられて気が付いていれば、もっと親近感が湧いて楽しい乗り鉄になった事でしょう。

D9031884.jpg D9031885.jpg
この路線の起点である播磨駅の配線はちょっと面白く、下り本線と平面交差して、本線の上下線の間のホームに進入します。神戸方面・姫路方面どちらも階段を使わずに乗り換えが可能でして、まぁ関西では普通なんだろうな。そして行き止まりの網干線線路の先には立ち食い蕎麦屋さんの「山陽そば」があり、これもなかなか便利そうな場所にあるなと感じたのでありました。

(乗車は2014年9月)

前の記事:赤穂線乗車記
次の記事:山陽電鉄本線乗車記

山陽電鉄本線乗車記

山陽網干線の次は山陽電鉄本線の乗りつぶし、まずは普通電車で山陽姫路駅へ。

D9031892.jpg
歴史ありそうな4面4線の頭端式櫛形ホーム、上が百貨店で少し暗めなところなど、いい雰囲気で素敵な駅です。じっくり見てみたい、そしてホーム付け根から先端からさまざまな電車がずらりと並ぶ写真を撮っておきたいと思っていたものの時間帯が悪かった。夕方5時という事で通勤通学帰りの人が多く、そしてホームも狭いので写真なんか撮っていたら邪魔で迷惑。

D9031893.jpg
という事でこの駅には7分の滞在で隣のホームに止まっていた直通特急の阪神梅田行きに乗車します。ちょうど転換クロスシートの山陽電車で、次のを待ってロングシートの阪神電車が来たら嫌だなというのもあります。電動車進行方向右側の窓割と座席のちょうどいい場所に座って出発します。ここ姫路は乗りつぶしをするようになってから縁があるところで、2012年秋、2013年秋と訪れて宿泊までしているのですが、これでしばらく来ることはなさそうです。あっ!えきそば食べていくつもりだったのを忘れてしまった。

D9039675dsc.jpg
姫路を出て最初によく見ておきたいところはモノレールの遺構でして、柱は残っているもののレールは取り外されてしまっています。解体工事が始まったようです。大将軍駅の団地はまだそのまんま。

約20分前に来た飾磨駅手前で進路を東に変え一路神戸方面へ、平坦な住宅地を走るものと思っていましたが、なんと山中を走る区間もありトンネルもあったんだ。ドアカットの大塩駅、高砂駅と停車し、別府駅を通過。あぁ別府鉄道…30年前、ここにはお伽の国のような世界が存在していたのだ。私も1983年春に青春18きっぷを持って山陽本線を西へと進んだのでチャンスは一度あったのですが、どうして来なかったんだろう。学生だったので私鉄に乗車するお金が勿体なかったんだろうか、そんなに四国に急ぎたかったんだろうか。2軸客車に一度乗ってみたかった。ちなみに別府付近は後で地図を見ると左側に山陽新幹線が並走していたのですが、右側を注視していたので全く気付きませんでした。

D9039681dsc.jpg
明石を出てしばらくすると海岸線に出ます。そして明石海峡大橋が迫ってくる。毎回思うのですがデカい橋です。後で調べてみたら世界最長の吊り橋だったんだそうで全長なんと3,911m。私の見慣れている横浜ベイブリッジ、レインボーブリッジの長さはそれぞれ811m、798mなんだからデカいわけである。この橋も四国新幹線を通す構想だったものの道路専用に計画変更された橋。新幹線は仕方ないにせよ、山陽電鉄さんがこの橋を渡り徳島まで鉄道を敷設することになっていたら、四国への鉄道旅行のアプローチが増えて、面白いことになっていたでしょう。阪神・阪急梅田発山陽徳島行き特急を食堂車付で走らせたい。

D9039685dsc.jpg
明石海峡大橋を潜ってしばらくすると右手にJR山陽本線。この路線で私が一番楽しみにしていた風景です。写真は塩屋の手前か、この辺のマンションに住んだら楽しそうだ。

D9039689dsc.jpg
そして須磨付近。関西の方にとっては普通の光景かもしれませんが。海岸沿いに複々線のJRと複線の私鉄があるなんて、すごい事だと思う。一番山側線路から5本の線路と海が同時に見れるのは初めてでちょっと感動。JRと競争して欲しかったのですが、タイミングが合わず。

かつての阪急・阪神の特急折り返し駅だった須磨浦公園駅は通過(止まると思っていた)、この駅でライバルである阪急・阪神の電車が並ぶ写真を見て、面白いなぁと思ったものですが、同じグループ会社になってしまうとは時代も変わりました。

少しずつ海から離れ、住宅街の中を走るようになって、するすると地下へ入って板宿駅、そして次に通過します西代駅、ごく普通の2面2線の地下駅なんですが、ここが山陽電鉄の起点でして、私の乗りつぶしも一段落。山陽電鉄は規模は大きいながらも、どちらかというと地味、影が薄い鉄道会社かと私は思うのですが、神戸高速鉄道の存在によって起点駅がはっきりしないのも大きな原因かと思います。

これで山陽電鉄の乗りつぶしを完了。次は神戸高速鉄道東西線…と思っていたのですが、2010年から阪神神戸高速線になったそうで、恥ずかしながらこのブログを書いていろいろ調べていくうちに知りました。新開地駅で阪急の電車を見て(この深いマルーン色、車内のシックな雰囲気、関東に住む私は毎回見る度にスゲーよなぁと思うのです)、次の高速神戸駅で下車、これも歴史を感じる古い駅です。1968年の開業時からほとんど変わらないのではないでしょうか。

予約してある近くのビジネスホテルで荷物を置き、夕食はJR神戸駅北口駅前の串カツ屋さんに入ります。関西に来ては串カツをよく食べていますが、2度づけ禁止の正統派?のお店は初めて。ソースはドロドロの中濃やとんかつソースではなく、サラサラのウスターソースだったんだ。なるほど…これは2度づけしたくなる。関西の串カツをちょっと理解したような気分になりました。

その後、ネオンギラギラの繁華街をぶらぶら歩いているうちに神戸電鉄の湊川駅まで来てしまい、明日初乗り予定だった神戸電鉄の一区間と阪神神戸高速線の一区間にまた乗って高速神戸駅に戻りました。明日の朝食の新開地駅高速そばや切符を買いなおす湊川駅の下見が出来てちょうどよかったです。

(乗車は2014年9月)

前の記事:山陽電鉄網干線乗車記
次の記事:神戸電鉄乗車記1(新開地~鈴蘭台)
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR東日本 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 伊予鉄道 温泉 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 新幹線 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 観光列車 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 JR東海 喫煙車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 JR九州 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR