懐かし写真(2010年) JR東日本 253系

このブログサービス、無料ですので文句は言えないのですが、記事を1ヵ月書かないでおくとデカデカと広告が入り、ちょっとうっとうしいのが困りもの。

そこで時々、懐かし写真編として、引退してしまった車両の写真を引っぱり出して記事にしてみたいと思います。

1回目はJR東日本の成田エクスプレスで使用された253系。
「懐かし」と言いながらつい最近なのは、現在アップロードできる手元にある写真が最近のしかないのです。ご勘弁を…

253系は度々お世話になりました。海外旅行の前の緊張した中で、終わった後の思い出に浸りながらの乗車ですので、いろいろと思い入れのある電車です。

V6126211.jpg
これを撮影・乗車したのは2010年の6月中旬、この電車が成田エクスプレスから撤退したのが2010年6月30日なので、引退寸前のお名残り乗車となりました。編成番号はNe-01と読み取れるので、クロ253-1でしょうか。

最近は様々な車両が引退する度に「もう引退しちゃうの?早すぎない!?」とびっくりなのですが、この車両も1991年の登場ですのでもう19年、時が流れるのは早い、あっという間に自分もおじさんになってしまうのだ。急がねば!(何を!?)と毎回感じずにはいられません。

V6126208.jpg
253系の思い出というか私の好きだった所は、まずは1番にボックスシートであった事。大きい窓に広いシートピッチ、前の人とも距離がとれてさほど気にならず、通路側座席でも車窓が良く見えてとても快適でした。しかし世間一般には不評だったようで集団見合い式に改造されてしまいます。これには本当にがっかり。車窓を楽しみたいのに、顔の見えない前又は後ろに座る乗客にピシャンとロールカーテンを下ろされた時の悲しさというか腹立たしさは忘れられないですね。せめてここはロールカーテンを座席ごとに分割して欲しかった。

次に座席は禁煙で喫煙所がデッキにある事。こういうスタイルはこの電車が最初ではなかったでしょうか。喫煙者の私にとっては、周りに気兼ねなく吸えて、他人の煙も気にならなくていいなぁ…だったのですが、実際、非喫煙者にとっては何でこんな空気の悪い所から乗り降りしなきゃならないの!…だったわけです。喫煙に対する世間の考え方も大きく変わり、今はすべてが禁煙ですが、そういう時代もあったんだよなと思わずにはいられません。

V6126212.jpg
この時の最後の乗車ではちょっと奮発してグリーン車に乗ってみました。一人掛けのシートでしたが、新幹線のグリーン座席に比べると、大したことないように感じました。今思えば、登場時の1列+1列シート、または1列+1or2列変則配置の超豪華なシート時代に乗ってみたかったですが、その頃は快速でなく成田エクスプレスに乗る事が贅沢でしたので仕方ありません。

V6126214.jpg
一度も利用する事が無かったグリーン個室も人がいなかったので覗いてみました。座席の上が鏡張り。ヨーロッパのコンパートメント車もこんな感じでしたね。そのうち長野電鉄で利用する事があるかもしれません。

V6126213.jpg
初めて見たグリーン個室前の通路。こんな感じだったのですね。かぶりつきも出来たとは…

V6025970.jpg
こちらは成田空港駅にて、Ne-201とあるので2002年に増備された200番台。今は1000番台に改造されて東武乗り入れ特急で活躍している車両ですね。新しくなった1000番台、なんか中途半端と言うか無理やりの改造で、私は薄命で終わりそうな気がするんです。

(撮影は2010年6月)
スポンサーサイト

懐かし写真(2010年) 京急電鉄 初代1000形

引退した車両の写真を引っぱり出しては何か記事にして見る第2弾は京急電鉄の初代1000形、京急の車両史を語るには欠かせない名車中の名車で多くのファンに愛されてきた車両です。

私も1990年~2001年にかけて横浜市内(東急沿線・京急沿線・相鉄沿線に転々と)に住んでいたので、日常生活の中でおそらく何百回も利用して来たのですが、どちらかというとバズレ的な電車で、特別に注目したり好きになる事はありませんでした。しかし引退するとなれば、お世話になった電車ですので、敬意を込めてちょっとは記録に残しておきたいもの。過去を振り返ってみれば、私の(あまりぱっとしない)半生の様々な(一応それなりに重要な)シーンの中に、度々この電車が登場していたわけなのです。

そんなわけで2010年6月中旬の平日午後、大師線で最後の活躍をしているという情報を元に、横浜で雑用を終えた後にカメラを持って京急川崎駅へ向います。駅に到着しますと、なんと反対のホームに本線各停運用に入っている初代1000形が退避しているではないですか。そこでそのまま乗車して京急蒲田で迎え撃つ事にします。

V6116172.jpg
凄いスピードでホームに進入して、豪快に停車…

V6116174.jpg
片開きドアがビシャンとしまり、特徴ある走行音を残し、慌ただしく出発…
あっという間に見えなくなってしまいました。いかにも京急の本線各停運用らしい、そしていかにも初代1000形らしい情景でした。

沢山の思い出がある電車ですが、これが私の最後に見た姿となってしまいました。その後、大師線へ向かってみるのですが見事に空振りで、走っているのは1500形だけだったのです。

V6116176.jpg V6116178.jpg

(撮影は2010年6月)

懐かし写真(2010年) 京王6000系 その1

引退した車両の写真を引っぱり出しては何か記事にして見る第3弾は京王6000系、引退を前に登場時の塗装になった競馬場線の6416Fです。

京王線の車両といえば私にとっては何といっても5000系なんです。幼い頃、青梅線の駅が見える家で育ったのですが、来る列車は東京直通の101系を除いては旧型国電と旧型電機の引く貨物列車で茶色いのばっかり、そんな中で幼稚園時代に初めて見て乗った京王5000系は、白い車体にエンジ色の帯、美しいパノラミックウィンドウ、そして特急運用、冷房付きでかぶりつき席まであるという、当時の青梅線の電車とは全く別次元の車両というか、その素晴らしさにもう大感激。私にとってはある意味ヒーローみたいな存在でした。親には京王線に乗りに行きたいといつもせがんでいたような記憶があります。

その頃は特急が5000系、急行が登場したての6000系、各駅停車が緑の電車という役割分担だったのですが、そのうちに特急運用が5000系から6000系に交代されます。これが私にとって初めて経験する、好きな車両の引退や花形運用からの撤退となるわけで、この京王6000系は、私が初めて(5000系を特急運用から追いやって)憎い、嫌いという感情を持った車両かもしれません。

1990年代にも増備されていましたのでまだまだ走ると思いきや、時の流れは早いもの。引退を前に競馬場線で昔の塗装で走っているとの事で2010年2月の平日の午後に行ってきました。

V2254583.jpg
東府中駅で待つ事しばらく、2両の6000系が車体をくねらせてやって来ました。ここは動画で撮ったら面白いでしょうね。この日は運良く臙脂帯復刻塗装の6416Fです。

V2254588.jpg
新宿側のデハ6416

V2254586.jpg
競馬場側のデハ6866

V2254591.jpg
改札を出て線路沿いを少し歩いたところでやって来たところを1枚

V2254603.jpg
折り返しの東府中行き

V2254604.jpg
後ろから、これが一番綺麗に撮れた写真か

V2254607.jpg
踏切より競馬場線専用ホームに佇む2連、シンプルで美しい線路の配線です。

V2254610.jpg
ホームすぐ脇の踏切から1枚、菱形パンタグラフ時代にしっかり撮りたかったですが、シングルアームもちょんまげみたいでいい感じです。

V2254615.jpg
新宿方ホームから1枚。
私にとっての競馬場線の光景とは、この写真のみたいに通過する電車から一瞬見える専用ホームにちょこんと停まる短い編成でしょうか、「おっ、いるな」って感じです。

V2254617.jpg
乗客は数名しかいませんが、律義に20分間隔で折り返してゆきます。

この車両、とても残念でならないのは、第2の活躍場所が無い、引き取ってくれる地方鉄道がどこもない所でしょう。鋼製20M車体4扉車の悲しい現実です。5000系が富士急行・伊予電鉄・一畑電車・高松琴平電鉄と、各地でまだしばらくは活躍が見込めそうなのとは対照的です。子供の頃は嫌ったりしてゴメンネと、ちょっと感傷的になってしまいます。

(撮影は2010年2月)

懐かし写真(2009年) 京王6000系 その2

前回記事にしました京王6000系(6416F)を撮影した3か月前にも、この車両目当てに京王競馬場線を訪れていましたので記事にしてしまいます。この日は臙脂色帯でない6417Fでした。

UB253557.jpg UB253556.jpg
新宿側のデハ6417

UB253554.jpg UB253555.jpg
府中競馬正門前側のデハ6867

UB253560.jpg
8000系との並びや

UB253561.jpg UB253562.jpg
こんな写真を撮ったりしてこの日は乗車します。

UB253565.jpg
途中駅で分割する列車の誤乗防止を目的とした黄緑色の吊り輪。子供の頃はカラフルで素敵だなぁ~と思っていました。

UB253566.jpg
抜けるような冬の青空のもと、広い構内の府中競馬正門前駅に遠慮がちにちょこんと停車。

UB253569.jpg
角度を変えてもう1枚。

UB253570.jpg UB253572.jpg
改札を出て適当な所で、この日は寒くてこれだけ撮って帰宅しました。

****************************

上記の写真を撮った2日前にも競馬場線を訪れています。祭日でしたが、この日は東京競馬が開催されていないので2両編成の6000系と出会えるかと思って行ったのですが…

UB233538.jpg
来たのは9000系、諦めて帰る事にします。

UB233539.jpg
しかしここでやって来た本線下り各駅停車は6000系(6717F)!です。府中で降りて1枚撮影。子供の頃は京王線の車掌さんになるのが夢だったんです。カッコいいな~

UB233542.jpg
特急?急行?に乗って先回りしてめじろ台駅に入線するところを撮影。

UB233544.jpg UB233545.jpg
めじろ台から再びこの電車に乗車して高尾山口まで、

UB233549.jpg
ホームの先でハイキング帰りの客をたくさん乗せた、折り返し新宿行きを見送ります。これが私の最後に見た本線を走る6000系になってしまいました。

余談ですが帰りの電車は外国人の方が一杯で、英語・中国語・フランス語?が飛び交っています。高尾山が在日外国人の方に大人気というのをテレビで見ましたが、本当だったんですね。

(撮影はすべて2009年11月)
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR東日本 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 伊予鉄道 温泉 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 新幹線 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 観光列車 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 JR東海 喫煙車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 JR九州 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR