筑豊電気鉄道乗車記

駅前に元大関魁皇の銅像が立つJR直方駅を出て、次の乗り潰し路線の筑豊電気鉄道の筑豊直方駅まで暑い中を歩きます。JRの線路沿いを折尾方面にしばらく進み、右に折れると、全く人通りのないアーケードの終端部があります。これが今の直方を象徴する光景なのか・・・、おそらく多くの地方都市がそうであるように、駅周辺が寂れ、幹線道路沿いは賑やかなのでしょう。東京の多摩地区だって、似たような場所はあります。

G8113678dsc.jpg
数分間ほとんど人とすれ違わずに到着した筑豊直方駅、立派な高架駅ですが駅前にも人の姿はなし。

G8113681dsc.jpg G8113682dsc.jpg
殺風景な階段を上って行きますと、

G8113685dsc.jpg G8113687dsc.jpg
・・・意外にもほっこりとした空間が存在してまして、私の写真ではうまく伝わりませんが、屋根の日陰にはベンチがあって、7,8人の乗客が座って電車を待っています。何よりも線路とホームの段差がほとんど無いことから、皆さん線路際に座り込んでるみたいで、実際には暑くて大変なのですが、実にほのぼのとした光景なのです。

G8113691dsc.jpg
電車が来ます。この写真だけ見ると、背後の山を越えてきたみたい。

G8113700dsc.jpg
やって来た電車のアイスのあずきバーみたいな色は、西日本鉄道の旧塗装に違いない。これはいい電車に当たったぞ。ヘッドマークも付いていまして、「開業60周年、開業当時塗装色電車、旧西鉄電車カラー、マルーン&ベージュ」とのこと。60周年というのは意外にも新しく感じ、西鉄との関係もどうだったのかしっかり理解していませんでして、この鉄道については帰ったらお復習しないといけません。

G8113696dsc.jpg G8113699dsc.jpg
光線は悪いですが、対向ホームのおかげで形式写真みたいのが撮れました。

G8113701dsc.jpg
車内の様子。のんびり外で写真を撮っていたおかげで、かぶりつき席は当然確保できず、仕方なく最後尾の座席に収まります。以下の車内からの写真はすべて後方(筑豊直方側)の景色になります。

G8113705dsc.jpg
15:41に出発です。すぐに高架が鉄橋になって遠賀川を渡ります。吊り掛けの音が素晴らしい。さて、このあずきバー電車は3000形の3005番。車内の製造プレートには「平成元年・アルナ工機」とありますが、足回りはバス窓の2000形からの流用で、2000形というのも元は西日本鉄道の1000形だそうで、Wikipediaでルーツを辿ると1961年生まれの電車になります。

G8113706dsc.jpg G8113707dsc.jpg
とにかくこの路線は線路(路盤や架線柱など)が立派。駅さえ見なければ、ここを西鉄の特急車8000形が100km/h強で走っても全く違和感はないはず。たしかこの路線は福岡まで延伸する計画だったはず。もしもそれが篠栗線全通前に実現していたら、九州の鉄道事情は今と大きく違っていたことでしょう。

G8113709dsc.jpg G8113711dsc.jpg
新幹線を潜ると楠木、ここで初めて対向する電車とすれ違いですが、路面電車のスタンダードになりつつあるリトルダンサーシリーズで来ました。併用軌道区間はもうありませんので、ホームをかさ上げして、普通の電車を走らせてもよさそうですが、一度にすべての車両を取り替えなくてはなりませんし、それ以前に車両限界や架線高さなど素人には見えない複雑な事情があるのでしょう。この駅を出ると小さな車両基地が見えます。現在乗車している3000型の他に、別色のリトルダンサーもいました。

G8113715dsc.jpg G8113716dsc.jpg
筑前香月を出ると細かいアップダウンが多く、路面電車の走る専用軌道らしい光景で、先程の大型電車がビュンビュン走る雰囲気ではなくなってきます。希望が丘高校付近では「廃線跡」とメモを残しているのですが、どんな廃線跡が見えたのかは忘れてしまいました。おそらく国鉄香月線の廃線跡が見えたんでしょう。

後ろ向きだからか、この辺りから初乗車というのにウトウトしてしまいます。JR複々線区間のかぶりつきで集中力を使いきってしまったみたいです。

G8113719dsc.jpg G8113720dsc.jpg
ここは西山駅で、峠にあるみたいな雰囲気の駅。

G8113722dsc.jpg
穴生あたりからは高架区間。この辺りはもうすっかり都市鉄道。
そろそろ黒崎で鹿児島本線が見えて来ます。ちょうどこの場所は鹿児島本線が筑豊本線をオーバークロスする所。

G8113729dsc.jpg
西黒崎の横には車庫があり、3連接車2000形の青いのと黄色いのが見えます。確か半年ほど前に引退したようなニュースを見ましたが、今にも走りだしそうな雰囲気です。

G8113733dsc.jpg G8113734dsc.jpg
16:16、黒崎に到着です。駅員さんはいないようで、乗務員(運転手さん)がバスのように精算しますので、降りるのに時間がかかります。

***

さて、今までよく解っていなかった筑豊電気鉄道について、意外にも浅い歴史と西鉄との関係中心に、自分のためにお復習して記載しておきます。

まずは戦前の時点で、北九州地区には一大軌道路線郡が存在していました。これが戦時中に統合されて西日本鉄道(以下は西鉄と略)北九州線となります。内訳は北九州本線(今の門司港付近~折尾)に、戸畑線、枝光線、北方線の3つの支線で、路線長は合わせて45kmぐらい。

1951年、黒崎から福岡までの鉄道建設を目指し、西鉄が100%出資する筑豊電気鉄道が設立されます。そして1956年に西鉄北九州線の4番目の支線のようなかたちで熊西から筑豊中間まで開通。1958年に木屋瀬、1959年に筑豊直方まで延伸し、現在の状態となります。ところがこの先は資金難により延びることなく、筑豊~福岡を結ぶ鉄道は、1968年の篠栗線全通により国鉄に先を越されてしまいます。直方から福岡までの免許は1971年に失効し、この鉄道は北九州の一つの地方鉄道で終わってしまうのです。また、筑豊電気鉄道は1976年まで車両を保有しておらず、すべて西鉄の乗り入れ車で運行されていました。

親会社の西鉄北九州線に話を戻します。路面電車が各都市で一気に廃止された時代には生き残れたものの、1970年代から製鉄所の事業縮小、そしてなんと国鉄電車の運転本数が増えたことから乗客は減り、路線はどんどん縮小されてゆきます。まずは1980年に北方線廃止(これは後にモノレールに生まれ変わる)。1985年に北九州本線の門司(今のJR門司港付近)~砂津(小倉付近)と戸畑線、枝光線が廃止。1992年に北九州本線の砂津~黒崎駅前が廃止、2000年に北九州本線の熊西から折尾も廃止され、現在の状態となります。

最後に西鉄北九州本線として残ったのは、黒崎駅前から熊西までの0.6kmのみ。この区間はこの時点で軌道から鉄道に変更され、筑豊電気鉄道が第2種鉄道事業者、西鉄が第3種鉄道事業者となります。2015年3月、西鉄の会社分割により第2種・第3種の関係を解消。すべての線路が筑豊電気鉄道のものとなって現在に至ります。

そうか・・・そうだったのか。知ってから乗れば直方駅や熊西駅周辺をもっと違う目で見れたのに惜しいことをしました。他に面白い点は、2016年3月まで全列車に車掌さんが乗務していた。3連接車の2000形は、1編成がまだ現役のようで、運が良ければラッシュ時に走るらしいです。

(乗車は2017年8月)

前の記事:北九州複々線区間お復習&お名残乗車2(折尾~直方)
次の記事:北九州複々線区間お復習&お名残乗車3(黒崎~直方)
関連タグ:筑豊電気鉄道西日本鉄道
スポンサーサイト

西鉄太宰府線乗車記(天神大牟田線も)

福岡市営地下鉄を天神駅で降り、後は本日の宿泊地である大牟田に西鉄に乗って向かうだけです。西鉄(西日本鉄道)は大手私鉄の中では私にとって最も縁のない鉄道会社でして、1995年頃に1度だけ西鉄福岡から大牟田まで特急電車の一番前の座席で乗った事があるのみ。今回は太宰府線に寄り道して、1本だけ乗りつぶしをしておこうと思います。

駅のドトールコーヒーでちょっと一服してホームに上がりますと、特急は出てしまったばかりで次の急行に乗る事にします。ふくれっ面した3000形という電車で、座席は転換クロスシート、2007年にローレル賞を受賞したらしいのですが、帰宅ラッシュ中の満員電車で座ることが出来ませんでしたので快適さは全く味わえず、車窓も見れず、約20分立ちっぱなして西鉄二日市に到着です。

C6202702dsc.jpg
跨線橋を渡って乗り換えますと太宰府行きはすぐに発車。この西鉄太宰府線は2.4kmの短い路線でして単線、西鉄二日市を出ると福岡方面に向けて走り出します。西鉄福岡~太宰府直通列車は(京王動物園線のように)方向転換しなくてはならないのですが、元々この路線は現在のJR二日市駅まで通じていた太宰府馬車鉄道だったそうで、その名残なのかもしれません。唯一の途中駅の西鉄五条で交換します。この時間帯は2本の電車が行ったり来たりしているようです。

C6202703dsc.jpg
6分で終点太宰府に到着。初詣で有名な所ですが、雨も降ってますので切符を買い直してすぐ戻る事にします。

C6202705dsc.jpg C6202707dsc.jpg
乗車するのはさっき乗って来た電車。それにしてもこの西鉄独特の運転席側だけパノラミックウィンドウのこの顔。見れば見るほど不思議というか、角度によっては目の錯覚か車体断面も左右で違うように見えてきます。「助手席側はパノラミックウィンドウにする必要ないか」ってな感じでこうなっちゃったんだと思いますが、素人考えで余計製造手間がかかってしまうような感じもします。

C6202721dsc.jpg
途中駅ですれ違うもう1本の電車は3ドアで田の字窓が並ぶ5000系。

C6202723dsc.jpg
19:24に西鉄二日市に到着。先端は行き止まりですが本線に向かってカーブしており、昔はつながっていた事が伺えます。

さて、乗りつぶしも終えて大牟田へと向かうのですが、30分に1本の特急は行ってしまったばかり、急行が立て続けに3本も来るのですが、途中駅止まりと当駅止まりで20分以上もホームで立って次の特急を待ちます。快適な転換クロスシートで座って行きたいのですが、来たのはロングシートの電車で満員。電車は結構スピードを出して揺れますので、つり革につかまって立っているのもしんどい。今日は疲れたなぁ。さすがにこの年で夜行列車2泊はきついです。

西鉄久留米か花畑で座る事が出来て少しウトウト。それにしても飛ばします。モーターの無いクハに乗車していたのですが、柳川で空席も目立つようになり、隣の電動車に移ってみる事にします。

するとどうでしょう、凄いじゃないか!素晴らしいモーターの音です。全力疾走する抵抗制御車に乗るのは久しぶりかもしれません。京急初代1000系の快速特急、常磐線103系の快速を彷彿とさせるこの走り、小さな駅をビュンビュンと連続して通過するのは何とも痛快。一気に眠気が吹き飛びます。

C6202724dsc.jpg
しかし気付いたのは遅くあっという間に大牟田に到着。特急運用に入る5000系。変な顔していますが、この魅力に早く気付けば良かったです。

この日は駅近くの旅館に宿泊、かつては炭鉱で栄えた街ですが、最近も新幹線が通らなくなってますます寂れてしまったようで、駅周辺(西鉄側)には一人で適当に食事が取れそうな店は全く無く、旅館に聞いて繁華街まで歩いて行って昔ながらの店構えの中華屋さんでちゃんぽんと餃子の夕食(とても旨し)。明日も早起きして三井化学専用線を訪問しますので、お風呂に入ってすぐ寝る事にします。

(乗車は2013年6月)

前の記事:西鉄貝塚線乗車記 
次の記事:三井化学専用鉄道訪問記 

西鉄貝塚線乗車記

香椎線の和白駅を出て、ここからは西鉄貝塚線の乗りつぶしをします。双方の路線のホームはほぼ並んでいるのですが、1回改札を出まして、

C6202656dsc.jpg C6202657dsc.jpg
香椎線の踏切を渡り、

C6202658dsc.jpg
双方の線路の間の自転車置き場を少し歩いて、貝塚線の駅にたどり着きます。不便だなと思っていましたが、よく見たら遠回りしなくても香椎線西戸崎方面ホーム側の出口を出ればすぐ目の前が貝塚線の駅でした。上の写真に写ってます貝塚行き電車が停車したままですので、これは交換待ちかと急いで行ってみますと、

C6202659dsc.jpg
西戸崎へ向かう時に香椎線から見た、湘南スタイルの古い電車がホームの奥の方で停車しているではありませんか。

C6202660dsc.jpg C6202661dsc.jpg C6202662dsc.jpg
しかし既に扉は閉っており間に合わず、残念。

C6202664dsc.jpg C6202666dsc.jpg
15分ほど待って次の電車で西鉄神宮を目指します。今度は両開きドアの新し目の電車です。

C6202668dsc.jpg
1駅走って次の三苫でほとんどの乗客が下車してしまい乗ってる車両は私一人に、しかもなかなか出発しないのでここが終点かと思うのですが運転手は乗ったまま。この手の路線の交換待ちにしては長いので、この時間帯に15分間隔から10分間隔になるのでそのための時間調整みたいな感じです。

C6202669dsc.jpg
雨に霞む向こうからやってくるのは魅惑の湘南スタイルのこの電車。

C6202671dsc.jpg
本日3回目のすれ違い。乗りたいなぁ~。

C6202672dsc.jpg
やっと動き出しまして終点の西鉄新宮駅に到着。

C6202675dsc.jpg
乗車したのは600系の604F。

C6202676dsc.jpg
2007年3月まではこの先の津屋崎まで線路が伸びてました。一旦改札を出ますが激しい雨ですので駅前を散策する事もせず、すぐに切符を買い直してホームに戻ります。乗ってきた電車は見送って次のに乗る事にします。

C6202678dsc.jpg
次は湘南スタイルのが来るのを期待したのですが、残念ながら新しいので600系の602F。これで貝塚へと向かいます。1番前の座席に座ってかぶりつきを楽しみます。各駅に停車するたびに乗客はどんどん増えて来ます。それにしても実に味わい深いさっきの湘南スタイルの電車をしっかり撮影しておきたい。この辺ですれ違うかと西鉄香椎で下車。

C6202683dsc.jpg
やって来ました。写真は暗くてぶれてしまいました。本日4回目のすれ違いです。

C6202688dsc.jpg
ボケーッとして焦点が合っていないような目というか困ったような顔というか、いい顔だなぁ。2枚窓で丸みをもたせつつも上方には傾斜をつけないと、こういう顔になってしまうわけで、似たようなので小田急2200形がありましたが、もうちょっとしっかりとした顔つきだったように思えます。そして側面をよく見れば1枚目2枚目のドア間と2枚目3枚目のドア間の窓数が違う。どうしてこんな風になってしまったんだろう。

この電車、いつも予習不足で後から知ったのですが、313型(300型では無い)という1編成だけ残るとても貴重なものでして、カルダン車だしノーシルノーヘッダーですのでそれほど古いとは思っていませんでしたが、何と1952年製で還暦を過ぎているのです。元は2扉の吊り掛け車でして、1984年に3扉化(そのため扉間で窓数が違う)、1992年にカルダン車に改造されたとの事。そして特筆すべき事は、日本で初めてモノコック構造を目指した車両という事で、この車両のデータを元に東急5000系や国鉄90系(後の101系)が生まれたのです。可愛いローカル線の電車だなぁと(見下す感じで)思っていましたが、とんでもない経歴を持っておりまして、この電車に心があれば「ごめんなさい」と頭を下げなくてはなりません。

C6202691dsc.jpg C6202692dsc.jpg
次の電車で貝塚に到着。乗車したのは656。均整のとれたスタイルから新し目の電車だと思っていましたが、車内の製造プレートを見ますと昭和38年(1963年)製。こちらも私よりも年上だったのでした。これまた「ごめんなさい」です。

C6202694dsc.jpg
この駅はホームをそのまま前方に歩いてゆくと、改札を通して福岡市交通局の箱崎線乗り場につながっていまして、いつでも西鉄の古い車両を突き出して直通運転してやるぞという形状になっています。しかし計画は昔からあるようですが実現には至っていません。

C6202700dsc.jpg
1本見送りまして空港線に直通します姪浜行きに乗車して天神まで、この路線も初乗車でした。

(乗車は2013年6月)

前の記事:福北ゆたか線(博多~長者原)と香椎線乗車記 
次の記事:西鉄太宰府線乗車記(天神大牟田線も) 
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR九州 貨物線・短絡線・渡り線 筑豊電気鉄道 西日本鉄道 観光列車 平成筑豊鉄道 喫煙車 新幹線 東武鉄道 JR東日本 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 温泉 伊予鉄道 琴電 吊り掛け電車 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 モノレール 京成電鉄 新京成 流鉄 夜行列車 JR東海 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR