伊予鉄道 市内線乗車記

F8219622dsc.jpg
19時過ぎ、伊予鉄道郊外線をすべて乗り終え、次は市内電車で松山市駅から本日の宿のあるJR松山駅前まで乗車します。ちょうど環状線の松山市行きが出発するところで、時計回りか半時計回りか確認せず、飛び乗ってしまいます。逆だとしても、フリー切符を持ってますので、また戻ってこればいいやと思っていたのですが、やはり結果は目的方向と逆の半時計回りの電車でして、二つ目の市役所前で下車。上の松山市駅で撮った写真は、私が乗車した電車の後続でして、行き先表示が緑なことから、これに乗ればよかったのでした。

F8219623dsc.jpg
市役所前で見送ります乗車した電車。昔は京都を走っていた電車です。空がきれいだったのは写真で気付きます。

反対の乗り場へ移動し時刻表を確認しますと、次の電車は19:15発でちょうどJR松山駅前行き、そしてその次に19:18発で30分に1本しかなく乗り潰しのスケジュールを組むのに苦労します本町線に直通する電車が来ます。元々今回の旅行では、伊予鉄道市内線の乗り潰しの予定は、日も暮れて暗いですし、ゆっくり食事もしたいですし、また松山に来る楽しみをとっておこうとも考えて組んでおらず、素直にJR松山駅前行きに乗車しました。しかし乗車してみれば日は暮れても路面電車ですので外はよく見えますし、何よりこの時間帯に吊り掛けの音を聴きながら見るお堀沿いの景色が素晴らしい。そんなわけで気が変わり、次の南堀端で下車し、本町線に乗ってみることにします。

F8219625dsc.jpg
南堀端のデルタ線をJR松山駅前方面から松山市へ向かう電車。信号が青になって、吊り掛け音を響かせ、車輪をキィキィ軋ませながらダダダダっとポイントを渡るのは映画でも見ているみたい。

しかし、3分後に来た本町線に直通する電車が悪かった。初めて乗車しますリトルダンサーこと超低床路面電車、1段高くなったかぶりつき席には前も後も先客がいて、車体中央低床部分のロングシートに座ったのですが、窓ガラスが明るい車内を反射してしまって外がよく見えません。さらに低床ですので車に囲われてしまうとほとんど見通しも効きません。隣にボックスカーが並びますと見下されているみたい。向こうからはよく見えるんだろうなぁ。西堀端で分岐しますと単線になり、かろうじてお堀沿いを走っているのがわかるぐらい。この手の電車は、今後の路面電車の将来を担う大きな存在なのですが、乗り鉄として楽しむには明るい時間帯でないとダメなようです。

F8219627dsc.jpg
電車はいくつかの停留所で客を下ろしながらまっすぐ走り、19:30に終点の本町六丁目に到着です。降りた乗客数は片手で足りるか足りないぐらい。みなさん30分に1本の電車を上手く乗りこなしています。

F8219628dsc.jpg F8219629dsc.jpg
本町線の車止めのすぐ先は、同じく伊予鉄道市内線の城北線踏切があり、延伸すれば伊予鉄道3つ目の平面交差が生まれる形になります。すぐに踏切が鳴りホームへ急ぐと、反時計回りに回る電車がやって来ます。この駅の城北線ホームの配置は変わっていて、道路を挟んで上下線それぞれのホームを配置する場合、道路を渡る前のホームに停車するパターンが普通だと思うのですが、ここは道路を渡った後のホームに停車します。単線だとこの方が効率的とか理由があるのでしょうか。

乗車した電車もガラガラで、空いていた運転席後のかぶりつき席に座って出発。こちらは前がよく見えて嬉しい。この区間は軌道線ではなく鉄道線、線路は単線でカーブも多く、住宅と住宅の間の路地みたいな所をすり抜けて走るのはとてもスリリングで楽しいのであります。古町で交換し、高浜線を斜めに横切り、軌道線に変わって、JR松山駅前に到着、19時40分になってしまいました。後から知るのですが、この電車は松山市駅から最初に乗車した電車だったのでした。

まずはJR駅近くのビジネスホテルにチェックインします。夜は道後温泉に行く予定なので、選んだホテルの部屋は浴室がないタイプ。和室部屋で今日これからの行程を確認して再出発。本町線にも乗ったことですので、市内線もすべて乗ってしまおうと思います。ちなみに市内線も郊外線同様に、20年以上前の旅行の道後温泉駅で撮った写真がアルバムにあるのですが、どこをどう乗ったか全く記憶に残っていませんので、全部乗らないといけないのです。

再びJR松山駅前へ、20:10発の時計回りの電車は、また新型のリトルダンサーが来てしまいました。1本見送ろうか、いや乗ってしまおう。やっぱり車窓はよくわかりません。低床部の座席に座ってますと、古町の平面クロスは窓が開けば線路が手が届きそうで、タクシーで線路の上を走るみたいです。本町六丁目の本町線の停留所には電車は無し。単線ですので次の木屋町駅で交換しますが、ここでも隣に並んだ電車の乗客からは見下されてるみたいです。途中で後ろのかぶりつき席に座れましたが、やはりここもガラスの反射で車窓はよく見えません。今回リトルダンサーで乗車した区間は、乗り潰しの地図は赤く塗りつぶしておきますが、また松山に来る機会に乗り直そうと思います。上一万駅では地下道を潜って乗り換え、今度は普通の旧型高床車で道後温泉へ。到着後はまっすぐ温泉に向かいます。

それにしても空腹です。考えてみれば、朝にコンビニサンドイッチ一つ、ところてん1杯、お昼にコンビニおにぎり2個しか食べてません。こんなんで温泉に入ったらぶっ倒れるかもしれないと、コンビニに入ってイートインコーナーで唐揚げを買って食べておきます。こんなところまで来て何やってるんだろうと思ってしまいます。

道後温泉は、8月最後の日曜日らしく入浴券の売場付近はラッシュアワーの新宿駅並みの混雑、浴槽も人一杯で正に芋を洗っているような状況。でもこの温泉は、私が来る時は毎回こんな感じで、そこがまたいいのかもしれません。そこそこに温まって、外に出てもビールはまだ我慢。乗り潰しの続きをするために駅に戻ります。

F8219632dsc.jpg
JR松山駅前行きの68。車体側面のリブは旧社会主義国の車両みたい。これでホテルにまっすぐ帰れるのですが、南堀端のデルタ線の1辺を乗り残してしまうので、一旦松山市駅へ向かいます。

F8219634dsc.jpg
こちらが道後温泉21:36発松山市駅行きの77。古いので良かった。

F8219635dsc.jpg
かぶりつきを楽しんで21:56に松山市駅に到着。

F8219636dsc.jpg
最後は車両基地のある22:00発の古町行きで車番は52。これが素晴らしい車両でした。

F8219637dsc.jpg
歴史の詰まった木造の内装に感激。私しか乗客がいませんでしたので写真撮りまくりです。

F8219640dsc.jpg F8219641dsc.jpg
F8219642dsc.jpg F8219643dsc.jpg
製造プレートは「ナニワ工機 昭和26年製」。昭和62年じゃなくて26年だぞ。65歳のお爺さんだ。

最後もかぶりつき。ここは動画撮影をやってみました。アップロードはしませんが、扉を叩きつけるように勢いよくバチャンと開閉する音、鼓動のような床下からのコンプレッサー音と空気の抜ける音、運転席マスコン?の何万回と鳴らしてきたガチャガチャ音、一人で聞いていると妙に緊張感のあるアナウンスの女性の声、そして金属と金属が擦れ合う音からスタートし甲高く吠えます吊り掛け駆動の音、とにかく一つ一つの音が大袈裟で昔の電車が一生懸命走っているんだよというのを存分に感じられます。そしてこの52は特にいい音出てると感じたのは間違いありません。

F8219649dsc.jpg
22:09にJR松山駅前に到着。また今度来た時にも出会いたい。

さぁ夕食...の前にやることがあって、まずはJR駅に行き明日の切符、松山から高知までで使用します四万十・宇和海フリー切符を購入。そして遅い夕食、この時間だと居酒屋しかないかなぁと駅周辺を歩いて回れば、お好み焼屋さんを発見。生ビールにおつまみの冷奴、広島風お好み焼を食べて満腹、今日初めてのまともな食事です。明日も6時前に出発しますので、また駅に行き、コンビニで朝食のおにぎりを買っておいて、ホテルの戻って就寝です。とても充実した1日でした。

(乗車は2016年8月)

前の記事:伊予鉄道 郡中線乗車記
次の記事:予讃線(松山~伊予長浜経由~八幡浜)キハ185系3100番台乗車記
関連タグ:伊予鉄道路面電車
スポンサーサイト

福島交通飯坂線乗車記

F7318615dsc.jpg F7318618dsc.jpg
次は福島交通飯坂線です。この路線は、私の乗り潰し地図で既に赤く塗られているのですが、乗車したのは20年以上前ですし、そろそろこの元東急7000系車両も引退との事なので、スケジュールに組み込んでみました。あ、それともう一つ、JR東日本の週末パスがあれば、山形鉄道に続き福島交通もただで乗れてしまうというのも大きな理由です。やって来ましたのはピンクの帯の7000系2両編成。

F7318620dsc.jpg
東急9000系と共通化との事でこうなった?らしいですが、素人にはやっつけ仕事としか思えないこの窓配置も、1991年6月から走っているので25年にもなります。ちなみにこの車両7206は1964年に中間電動車7123として製造されたので52歳。

14:15、それでは出発、すぐにJR側からの渡り線がありまして、ここからまた東急から中古車が入ってきます。次の曽根田は島式ホームの片側線路を撤去して棒線化された駅。ローカル線ではよくある光景ですが、市街地の中の駅なので妙に生々しい。

F7318623dsc.jpg
まだしばらくは東北本線と並んで走ります。気持ちのいい直線ですがスピードは出せずすぐに駅。

F7318624dsc.jpg
次の美術館図書館前という1面2線の駅ですが、分岐する線路のカーブがきつく、鉄道模型の線路みたいです。

F7318626dsc.jpg
この駅を出ますと一旦方角を飯坂温泉側と反対方向に坂をウンウンと上がり(写真)、左カーブで東北本線をオーバークロス。この辺が線路好きには福島交通一番の見どころでしょうか。

F7318633dsc.jpg
6つ目の駅笹谷、交換のようで向こうから電車がやって来ます。狭いホームの中にあります小さな小さな駅舎、こういうのも今では珍しいのではないでしょうか。写真に写ってませんが、踏切を左に渡るとすぐ道路で横断歩道、線路と道路に挟まれたスペースは子供にはちょっと危険。

F7318635dsc.jpg
交換しますのは同じくピンク帯の7000系2連。

F7318636dsc.jpg
桜水到着前に右手に車庫が広がり、非冷房の3両編成の7000系が見えます。今の季節、本当はこれに乗車して、開け放った窓からの風を久々に感じてみたかったのですが、平日の朝しか走りませんので私には無理。

F7318638dsc.jpg
こうした小さな踏切が連続しますのは、軌道時代の名残なのかなぁ。

F7318641dsc.jpg
この橋は、撮影で有名なところだ。

F7318643dsc.jpg
23分の乗車で終点の飯坂温泉に到着します。2面1線のくし形?ホームにゆっくり進入して停車、ドアが開いて一番に改札を出ます。さぁ温泉に行ってみよう。昨日は沿線に温泉だらけの陸羽東線に乗っても足湯だけ、あつみ温泉で降りても温泉には浸からず、村上に宿泊しても瀬波温泉には行かず。せっかくの東北旅行、どこかに浸かっておきたいのです。

F7318645dsc.jpg
駅はこんなにきれいになったんだ。もっとも昔はどうだったのか全く思い出せません。

F7318646dsc.jpg
橋から温泉街を眺めます。こちらは何となく見覚えのある光景です。

F7318649dsc.jpg
たどり着いたのは駅から一番近い共同浴場。
ずいぶん新しくなりました。2011年に改修したとの事。昔は本当に古びた木造の建物で、浴室と脱衣場が一体で、温泉に浸かりながら、自分の荷物や衣類が目視できてなんか安心感のあるものだった記憶ですが、今は当然脱衣場と浴室が別室の普通の入浴施設になっています。お金を払って中に入ると、昼の3時前というのにけっこう混んでいます。体をさっと洗い流すも、とにかくこの暑さだったので、正直お湯に浸かりたい気分ではありません。熱い湯とぬるい湯があり、ぬるい方に入って5秒、もうきつい。飯坂温泉の電車の発着時間は、この時間帯は25分間隔で到着して2分で折り返し出発します。なので滞在時間は27分、52分、77分のパターンがあり、一般的だろう52分のコースを考えていたのですが、今から急いで着替えて駅に向かえば27分コースに間に合うかもしれないぞ。出る決断をします。温泉から飛び出し急いでタオルで体を拭いて服を着て、濡れたタオルは頭に巻いて走って駅へ向かいます。

F7318652dsc.jpg
ホームに降りればちょうど次の電車が入線。25分で温泉に行ってきたことになります。

F7318657dsc.jpg
無事に予定より1本早い電車に乗れました。冷房の効いた車内が最高に気持ちいい。往きの道中では、非冷房の電車に乗りたかったなんて書いたばかりですが訂正します。どうせ元は地下鉄直通車両、下段窓はほんの少ししか開かず、爽やかな風なんてたいして入ってこないのだ。そういえば昔、非冷房時代の東横線でさんざん乗ったのです。

F7318660dsc.jpg
戻ります。これは気に入ったスナップ写真。

F7318666dsc.jpg
車庫のある桜水駅で途中下車します。
福島側を望みます。左が平日朝のみ走ります非冷房3両編成、中央が前面窓に「休車」の貼り紙のある非冷房2両編成、右は乗車してましたピンク帯冷房車2両編成。

F7318669dsc.jpg
飯坂温泉側車庫にも2編成、青帯が非冷房3両編成、ピンク帯が冷房2両編成です。

F7318670dsc.jpg
のんびりしていられません。一つ福島側の笹谷駅で交換した上り列車を撮影するのに、小走りで改札を出て踏切を渡り道路の反対側へ、何とか間に合いました。

F7318671dsc.jpg
お見送り写真。山々がきれいで望遠レンズがあれば良かったかな。

F7318672dsc.jpg
留置車両に近づいてみます。車が途切れるタイミングを見計らって道路を挟んで撮影します。

F7318678dsc.jpg F7318683dsc.jpg
デハ7210側面とデハ7109台車。この輝きは古さを感じさせません。まだまだボディーは現役で行けそう。

F7318685dsc.jpg
桜水名物の旧型車サハの倉庫。これも今度はペンキの塗り替えが不要な7000系の車体に変わるのでしょうか。駅に戻ります。

駅前の閉まった商店の前の自動販売機で清涼飲料を買います。飯坂温泉を出てから初めて水分を口にするのですが、イッキ飲み出来ないぐらいキンキンに冷えています。今の私にはありがたいことなんですが、これが夏の福島の自販機の標準なのでしょうか。

F7318689dsc.jpg F7318692dsc.jpg
25分後の次の電車に乗車し、笹谷駅で交換し、

F7318695dsc.jpg
福島到着。隣の電車に乗り換えます。

(乗車は2016年7月)

前の記事:山形鉄道フラワー長井線乗車記
次の記事:阿武隈急行阿武隈線乗車記

くま川鉄道乗車記

次はくま川鉄道湯前線に乗車します。この路線のダイヤは肥薩線吉松方面、特に「いさぶろう」「しんぺい」号との接続が非常に悪く、スケジュールを組むのに苦労したところです。もっともこの路線と肥薩線吉松方面へ乗り継ぐ客なんてのは、私のように鉄道に乗るのが目的のごく少数の観光客しかいないわけですので、それも当然なわけで、温泉にでも浸かってちょっと待ってなさいという事でしょう。

駅に併設された案内所に尋ねると、駅前のお土産屋さんの横で入浴できるという。いやいやありがたい。しばし人吉温泉を堪能。駅横には駅弁屋さんもあり、そろそろお腹も空いてくるだろうと鮎すしを買っておきます。

さて、JRと第三セクター鉄道との関係、元は同じ国鉄だったのですが経営が分離され、駅舎等の建造物やホーム、果ては乗客の通る通路までもきちんと分離され、お互い協力し合う形で、少しは共有すればよいのになと思う事がよくあるのですが、ここは最たる例かもしれません。

CB154895dsc.jpg
こちらはJR九州の人吉駅。中にはくま川鉄道の出発時刻等の案内はもちろん、くま川鉄道の文字さえなかったような気がします。

CB154894dsc.jpg
JRの駅舎とビルの影にひっそりと存在するくま川鉄道の事務所?くま鉄ゲストハウス。

CB154900dsc.jpg
のりばの案内に沿って進むと、左がJR、右がくま鉄、それぞれの跨線橋が2本並んでるのです。

CB154901dsc.jpg
ちょっと無駄だよな。しかしこの鉄道が出来たのは20数年前、当時の役人さんなりの考えで跨線橋を2本作っておかなくてはならない理由があったのでしょう。ちなみに左のJRのはバリアフリー化の影響でか構内踏切に切り替えられ、今は使用されていません。

CB154903dsc.jpg
跨線橋から見下ろす湯前・吉松方面。ちょうどこれから乗車する列車が入線してきました。

CB154910dsc.jpg CB154907dsc.jpg CB154905dsc.jpg
乗車するのは17:27発の湯前行きで3両編成。日も暮れかけて月も出てきたところで出発。

駅場内を過ぎると肥薩線の線路と交わります。跨線橋はしっかり作り分けていたものの、線路はJRと共用の部分があるみたいです。3両編成でも夕方なので通学帰りの高校生で30%ぐらいの乗車率、しかし乗っているのは男子高生だけなのがちょっと不思議。

肥薩線とポイントが分岐してすぐの、以前は東人吉駅だった相良藩願成寺駅、ここでまた高校生達がたくさん乗り込んで来ます。今度は女子高生が多い、ここで男女比率が半々になって、納得というか少し安心します。

CB154914dsc.jpg
球磨川を渡ります。写真では空が明るいですが実際はもうほとんど真っ暗。乗り潰しは景色の見える明るい時間にとスケジュールを組んだつもりで、冬至までまだ1カ月あるし、九州だから日の暮れるのも遅いと思っていたのですが甘かった。

昔は免田駅だったあさぎり駅で交換。やって来た列車は水戸岡先生デザインの車両だ。この鉄道にもあったんだ(知らなかったです…)、ミュージアムトレイン・KUMA1/KUMA2というんだそうだ。制服の女子高生たちが木質系の素材がふんだんに使われた室内、いや車内、特にボックスシートのテーブルでノートを広げて宿題?なんかやっているのを見ると公民館とか図書館でも覗きこんでいるようです。

ところですれ違った反対方向の人吉へ向かう列車も、帰宅する高校生達で3両編成という長編成にもかかわらず満員だったぞ。空いていると思った戻りの車内で人吉駅で買った駅弁を食べようと思っていたのですが、そんな雰囲気ではないかもしれない。幸い私の座っているボックスシートは(周りの高校生たちは遠慮してか)私一人だけ。今急いで食べちゃおう。

背開きにして酢で締めた鮎の押寿司。情緒があっていいのですが、味わっている余裕は全く無く、鮎の香りさえ確認する事無く食べ終えてしまいました。この頃には既に日は完全に落ち、窓の外も暗闇しか見えません。残念ですが車窓をしっかり見ておきたいという諦めもついたところで、短い車体の数両連結特有の(うまく表現できませんが→)タタッタタッ、タタのリズムが心地良く感じます。

CB154920dsc.jpg
終点の湯前駅に到着。

CB154918dsc.jpg CB154919dsc.jpg
ちょっと駅前を散策するも夜なんで何も面白いものは見つけられません。昔は駅名から温泉地を想像し、旅館が立ち並び、道路端の排水溝からは湯気が…そしてほんのり硫黄の香り…なんて雰囲気を想像していたのですがちょっと違います。

CB154923dsc.jpg
駅は単線1本なのですが、ホームは両側にあり、駅舎と反対側ホームは広場になっており床には木材がふんだんに使用されています。昔は木材の積込み基地があって、そのモニュメントみたいなものなのでしょうか。

CB154921dsc.jpg
行き止まり側には暗闇にアーチ見たいのが見えます、何だろう?(新しいデジカメのお陰で割とはっきり写ってますが、肉眼では暗くてほとんど見えなかったのです。)

CB154929dsc.jpg
自販機で切符を買って戻ります。

CB154935dsc.jpg CB154936dsc.jpg
この時点では車内はガラガラ。この日の編成は湯前側から、KT202-KT104-KT201。真ん中の車両だけがボックスシートありでした。

CB154939dsc.jpg
ところでこれは何なんだろう。窓の内側に取り付けられた鉄板に2つのフック、帽子掛けって事は無いはず。ロングシート席にもボックスシート席にも窓一つ置きに付いていました。

多良木を過ぎたところで、右手車窓にブルートレインが飛び込んで来ます。車内の椅子席ではおばさん達が食事しているぞ。熊本県に列車ホテルが出来たというのはここだったのか。調べてみると宿泊費は3000円で温泉入浴付きだそうで、面白そうではないか。

CB154943dsc.jpg
あさぎり駅では再度水戸岡先生デザインの車両とすれ違い。やっぱり公民館とか図書館の雰囲気だ。

人吉行きの列車も、多良木、あさぎり駅で高校生がたくさん乗ってくるも、人吉に近づくにつれて少しずつ下車し、一つ手前の(行きの列車には女子高校生がたくさん乗車した)相良藩願成寺駅ではほとんどの乗客が下車し、湯前出発時と同じようにガラガラになってしまいました。ローカル盲腸線は起点が乗客最大、終点が乗客最小というイメージでいましたが、その考えは改めなくてはなりません。この路線では行きも帰りも中間付近が一番乗客が多かったのですから。

(乗車は2013年11月)

前の記事:肥薩線乗車記2(しんぺい4号・吉松~人吉)
次の記事:人吉~新八代~熊本~新大牟田乗車記(800系つばめ乗車記)

南阿蘇鉄道乗車記

今回の旅行の最後を締めくくるのは南阿蘇鉄道。阿蘇と言えば神話の国、昨年秋にも同じく神話の国の出雲地方も回りましたが、鉄道に乗っているだけでは、駅や列車のラッピング等いろいろイメージ作りに頑張っているんだなぁ~ぐらいしか感じませんでした。しかし今回は上陸した台風が弱まって低気圧に変わった後という独特な風景の中、ちょっとしたハプニングみたいなのも度々起こり、正に神話の国に行ってきたなという感じでした。

C6213069dsc.jpg C6213072dsc.jpg
新水前寺から立野までは大牟田・熊本間でも乗車した815系というロングシートの電車と200系という赤いディーゼルカーを肥後大津で乗り継いで向います。どちらの列車も学校帰りの小中高校生で一杯だったので一番前でかぶりつきをして過ごします。立野までは1990年代後半にSLを撮影しに来た事があるのですが、どこで撮影したのか記憶を辿れないまま木々が深くなりスイッチバックの立野駅に到着します。

列車を降りてそのままホーム進行方向を歩いて行くと南阿蘇鉄道乗り場なのですが、あれっ?無い!ピッとやる改札機が無いではないですか。新水前寺ではsuicaで乗ってしまったのです。右手に財布を掲げてウロウロしていると、駅員さんらしき人が通りかかったので聞いてみますが忙しいみたいで、ICカードが使えるのは肥後大津までだよと答えただけで行ってしまいます。

C6213075dsc.jpg
困りましたが発車時間も迫ってますので、清算しないまま17:14発の南阿蘇鉄道高森行き乗車します。この列車も学校帰りの中高校生で一杯なのですが、ロングシートの一番前が空いていましたのでそこに座ります。昨年秋にさんざん乗ったキハ120と同じタイプみたいですが、前面は貫通路が無く1枚窓ですので見晴らしはとても良いです。さっきの駅員さんらしき人は南阿蘇鉄道の運転手さんでした。

さて出発、軽快に加速して行きます。それにしてもなんて山深い中を走るのか、一般的に山間部を行くローカル盲腸線は、起点が開けていて先へ進むにつれて山深くなっていくパターンが多いですが、いきなり森の中に結構なスピードで突っ込んで行くではないですか。

そして有名な第一白川橋梁にさしかかります。「この鉄橋は**年に製造されて水面からの高さは**m・・・」そんな案内がテープ音声で流れるのですが列車は全く減速する事無く一気に通過。最後に「それではこの景観をごゆっくりお楽しみください」と締めくくる時にはとっくに橋は渡り切っており、列車は長いトンネルの中を轟音をたてて走っているのでした。

何なんだ?この雰囲気は、何処かとんでもないところに連れて行かれるのではないか。全くこの土地や路線の知識無しで乗車したら恐怖を感じるレベル。村上春樹さんの小説に出てくる猫の国行きの列車があるとしたらこんな感じなのではないか。

トンネルを抜け、明るくなった車内を見渡すと、さっきまで中高生だと思っていた乗客は全員タヌキで、全く理解できない言葉を盛んに喋っていた。そして前方を見るとカワウソが運転席に座りマスコンを握っているのであった・・・
映画ならこんな光景が展開されるのではないかと想像してしまいますが、もちろんそんなことは起きず、トンネルを抜けると徐々に周りの視界は開けてきて、外輪山に雲が低くたちこめるというとても幻想的な里山の風景の中を走ります。

C6213076dsc.jpg C6213079dsc.jpg

C6213080dsc.jpg
約30分の乗車で終点高森に到着。途中駅ではぽつりぽつりと下車客がいたものの、ほとんどの乗客が終点高森まで乗り通す感じでした。

C6213083dsc.jpg
昔はC12が走りまわっていたんだろう構内。

C6213084dsc.jpg
木造駅舎の中も中高生で一杯、雨の日の混雑した山小屋にでも入った感じです。外に出ても雨、この辺で夕食をと考えていましたが予定変更。8分後の列車で折り返す事にします。

C6213086dsc.jpg
倉庫?の影にはこんな車両。これは三陸鉄道にいなかったっけ?移籍してきたの??後で調べてみたら同型の車両のようで1998年からここで走っていたんだそうです。

C6213090dsc.jpg
乗車するのは来た時と同じMT2003Aで1986年製。ほぼ同時期デビューの松浦鉄道のは今ミャンマーで走っているとは何とも凄い時代になったものです。

C6213092dsc.jpg
帰りはガラガラでまた一番前の席で前方風景を楽しみます。ここは「見晴らし台」という駅、おそらく晴れていたら素晴らしい景色が見られるのでしょう。

C6213095dsc.jpg
ここは唯一の交換駅の中松駅。

次は「南阿蘇水の生まれる里白水高原」駅という日本一長い駅名、こういう長い駅名は、俗に言う子供につけるキラキラネームみたいに、後になって案内が大変で事業者は後悔しているのではないかと思ったりしなくもない。この駅名を略したような「南阿蘇白川水源」駅というのも別にあってちょっと紛らわしい。

そして次はまたまた長い「阿蘇下田城ふれあい温泉」、駅に温泉があるのか?、駅舎を注意して見ると「ここに温泉あります」みたいな張り紙がしてあったので急遽ここで下車してみる事にします。

C6213099dsc.jpg C6213101dsc.jpg
ホームに降り立ってみると神話の国に相応しい素晴らしい景観の駅、線路際には紫陽花も咲いています。

駅の温泉は地元の人で賑わっており、話題はやはり台風が低気圧になって良かったなぁという事。こういった山間部では都市に住んでいる以上に台風は深刻で恐ろしいものなんだと実感させられます。

いいお湯でしたが立野から折り返してくる列車も見たいので早めに上ります。そして湯上りにはビール!冷たいのをグイーッと飲みたい。しかし駅舎内には牛乳や清涼飲料はあるもののビールが見当たりません。恐る恐る番台に並んで座る夫婦っぽい店員さんに聞いてみますと、ちょっとした沈黙の後で静かに首を振り「ビールはありません」との答え。何だか聞いてはいけない事を聞いてしまったような雰囲気でした。その土地にはその土地のルールがあるのでしょう。仕方ありません。

店内のお土産品を見回していると後ろから細々とした枯れた声が聞こえます。「旅の方よ…、タヌキ酒…、飲んでみっかね…?、村の娘タヌキが丁寧に仕込んだ酒じゃけん、よう効くでぇ~」振り返ると老タヌキが店の奥から大きな黒い瓶を引っぱり出しているのであった・・・なんてストーリーをちょっと思い浮かべてみた。

C6213104dsc.jpg C6213106dsc.jpg
駅を出て観光マップを見て小学校で習った地理を少し思いだしました。ここは広大なカルデラ地形の中、起点の立野があんなに山深かったのはカルデラの入り口だったからです。熊本空港に置いてあった観光客向けのフリーペーパーによるとここは元々はカルデラ湖で神様が転んで隙間が出来た場所が立野で、尻もちをついて神様が「おらー立てん」と言ったのがそのまま訛って地名になったんだそうだ。面白いではないですか。

C6213109dsc.jpg C6213113dsc.jpg
立野からの列車が来ました。ホームには孫をおんぶしたおばあさんが列車を見に来ていて、鉄道写真家にとっては喉から手が出そうなほどの美味しい光景が展開されていたのですが私は上手に撮れず。私も小さい時は母におんぶされて電車を良く見に来ていたそうで、「こんな頃から電車ばっかり見せているとおじさん(←私の事)みたいになっちゃいますよ」と心の中で語ってみる。

C6213119dsc.jpg
帰りの列車がやって来ました。

C6213123dsc.jpg
乗客はゼロ。立野から乗る学生さんたちを迎えに行く列車のようです。

C6213124dsc.jpg
立野の手前の森のトンネルを猛スピードで走ります。ここで神話の国とはお別れ、現実世界に戻るといったところでしょうか。

C6213126dsc.jpg
最後に乗車するのはキハ47、と思いきやエンジンを交換したキハ147。下車した肥後大津でsuicaを清算。新水前寺~立野、立野~肥後大津分を引いてもらいます。これを忘れると東京に帰ってから「お客さん、新水前寺からですので1万****円の不足ですね…」と大変な事になってしまいます。

C6213132dsc.jpg
肥後大津から空港ライナーという運賃無料の快適なジャンボタクシーで熊本空港へ。お腹すきました。搭乗券を受け取ってレストラン街へ直行です。しかし最終便出発前のお腹を空かせた乗客が沢山いそうなのにもかかわらず、もうどこもラストオーダー締め切り時間ではありませんか。こうなったら搭乗口前のチンする焼きそばかたこ焼きしかないか、しかしここも食べ物は全部売り切れ、仕方なくスニッカーズを齧りながら(←やってみて激しく後悔)生ビールを飲む事にします。

今日は食に事に関しては運がありません。何なんだ一体。あまりの空腹に紙コップにビールを注ぐ小柄な女性を見て、そのうちタヌキに化けるんじゃないかと妄想までしてしまいます。

C6213133dsc.jpg
この飛行機で羽田へ、
すでに台風→低気圧となった雲は無く、上空から見えた熊本の夜景は息をのむほどに美しく、今回の旅行は函館の銭湯、貝塚線の古い電車、三井化学専用線、阿蘇下田温泉のビール、熊本空港での食いはぐれ、そして台風、思い通りにならなかった事が多くありましたが、なんだかんだ楽しかったなと余韻に浸れたのでした。

今回の記事の原稿はアルコールを入れながら書きましたのでちょっと暴走してしまいまして、多くの人をタヌキにしてしまいましたがまずかったかなぁ?悪気はありません。

(乗車は2013年6月)

前の記事:熊本市電乗車記2(通町筋駅~健軍町) 

玉里の温泉旅館

台東線のだいたい中間に位置する玉里駅。
ここは朝夕しか運転されないDR2700型ディーゼルカーの普通列車の運用が別れる所で、昼間や夜間は常にDR2700型が駅本屋のある1番線と2,3番線島式ホームの間の中線に留置されている有名な駅。この車両の聖地というか、古い車両を見ては乗っては喜んでいる鉄道ファンにとっては、故宮博物院、九份、太魯閣峡谷に匹敵するほどの重要な場所です。(ちなみに上記3か所、私は全部行った事がありません。)

しかしこの玉里については、地球の歩き方、台湾の鉄道本を見ても全くといっていいほど情報がありません。どうしてもここで1泊したかったのでいろいろネット探してみると、駅前にも民宿があるようなのですが、タクシーでちょっと行った所に日本統治時代からある温泉旅館があったので泊まってきました。鉄道とは関係ないですが旅行記としてうまくつながるように、ちょっと記事にしたいと思います。

チェックインしてまずは内湯で汗を流して食堂へ。お一人様用の夕食はお弁当風容器に盛り付けられた定食なのですが、メインは説明だとイノシシのお肉。中国語では豚肉の事を猪肉と書きますので、そのまま日本語でイノシシと誤訳したのかと思ってましたが、今までに経験した事がない歯ごたえだったので本当にイノシシだったのかもしれません。面白いのはココナッツのお刺身で、わさび醤油で食べます。グルメでない私は説明が無かったらイカだと思って食べてたところです。どちらも美味しく頂きました。

B5162760.jpg B5172766.jpg
露天風呂は水着と帽子着用(これは台湾のルールで日本から持参しました)なのですが、とても良かったです。泳げるぐらいの広さです(泳ぐのも駄目です)。

B5172768.jpg B5172770.jpg B5172771.jpg
保存されている日本式家屋

B5172773.jpg
ワンコ。ちなみに猫もいます。

B5172774.jpg B5172777.jpg B5172782.jpg
朝はホテル前の川を散策、清流とは言えませんが心癒される田舎の風景です。

B5172779.jpg
今まで見た事無い黒いトンボ

朝エレベーターで一緒になった御老人は日本語が堪能。遠い所によく来たねぇ、今度は家族と一緒に来て下さいねと声をかけて頂きました。私は自己紹介で一人で鉄道に乗りに来てここに泊まったというのも恥ずかしく、えぇ…まあちょっと台湾出張で…折角なので温泉に来てみました…とウソをついてしまいました。

来るまでは外国で初めて経験する温泉旅館でとても不安だったのですが、なんと宿の中も日本語が通じ、旅の素人にも優しく、平日で空いていましたので一人客の私にもとても居心地の良い所でした。ちなみに日本語HPもあってWeb予約も可能、平日ならビジネスホテル並みの価格です。「安通温泉ホテル」で検索すると出て来ます。

(訪問は2012年5月)

前の記事:DR2700型ディーゼルカーで台東線乗車記(台東→玉里)3
次の記事:朝の玉里駅でDR2700型の撮影
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR九州 貨物線・短絡線・渡り線 筑豊電気鉄道 西日本鉄道 観光列車 平成筑豊鉄道 喫煙車 新幹線 東武鉄道 JR東日本 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 温泉 伊予鉄道 琴電 吊り掛け電車 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 モノレール 京成電鉄 新京成 流鉄 夜行列車 JR東海 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR