三井化学専用鉄道を再々訪問2(宮浦操車場)

G8134353dsc.jpg
宮浦操車場に到着。仮屋川操車場からでも自転車だとあっという間に着きました。コンテナ車は5両だったのが4両になっていますので、22トン電車の移動作業はあと4回。この後は大牟田駅西口11:06発の三池港行きバスに乗るのですが、この時点で9:57。移動作業は何回見られるでしょうか。ギリギリまで粘ってようと思います。

G8134354dsc.jpg
おっ!早速工場から帰ってきました。今日の22トン電車は11号機です。また会えて嬉しい、来て良かった。

このブログは基本的に乗り潰しブログです。一度来た所は、目的が果たせなかったり状況が変わったりしなければ、来ないし、記事にもしない方針だったのですが例外を作ってしまいました。

G8134356dsc.jpg

G8134363dsc.jpg
直ぐに2両目を工場に引いて行きます。前回来た時は周りの工場の騒音がうるさかったからか、電車の走行音がほとんど聞き取れず、吊り掛け駆動ではなくカルダンなのではないかと思ったのですが、今日は日曜日ですので工場は静か、ちゃんと優しい感じの吊り掛け音を聞くことができました。

G8134374dsc.jpg
次に戻ってくるのはだいたい10分後なので、他の車両の写真もささっと撮影。いつもいい場所に停まっています45トン電車の18号機。

G8134379dsc.jpg G8134383dsc.jpg
南側奥の留置車両郡、ここも歩けばかなりの距離ですが自転車なら直ぐ着きます。また踏切に戻って3両目コンテナ車の引き込みは動画撮影。

G8134392dsc.jpg
また戻ってきまして、

G8134401dsc.jpg

G8134405dsc.jpg
4両目コンテナ車を引き込みます。

G8134408dsc.jpg
また10分後戻って来ます。

G8134414dsc.jpg
あれ?5両目コンテナ車は奥に押し込んでしまったぞ。私も追いかけます。

G8134421dsc.jpg
コンテナ車を連結したまま詰所前の定位置に停車。

G8134415dsc.jpg
乗務員の方々も汗をふきふき詰所の中へ。暑い中本当にお疲れ様です。午前の作業はこれで終わりみたいです。この時点で時間は10:48、大牟田駅に戻ることにします。

さて、帰ってから思い出したのですが、この日見た11号機には「T6-8」という表記がありまして、これが大正6年8月製造を示すものだとしたら、丁度私の訪問した月にこの機関車は100才の誕生日を迎えたことになります。100年前の機関車が現役で活躍しているというのは、とんでもなく凄いことでして、お祝い、何かしらのイベントはあったのでしょうか。いやいや、この鉄道にとっては、そっとしておいた方がいいのかもしれません。この後、18号機が脱線し、仮屋川操車場への第2便にピンチヒッターで22トン電車の重連運転が見られたというのですが、これも鉄道趣味界の大きなニュースにはならなかったみたいです。これからも(東京からですが)この鉄道については静かに見守ってゆきたいと思います。

G8134432dsc.jpg
最後に大牟田駅ではED76 1019が大牟田貨物を従えて待機中。これまで見れてラッキーです。

(訪問は2017年8月)

前の記事:三井化学専用鉄道を再々訪問1(仮屋川操車場)
次の記事:三池島原ライン乗船記
関連タグ:専用鉄道訪問三井化学専用線
スポンサーサイト

三井化学専用鉄道を再々訪問1(仮屋川操車場)

九州鉄道旅行3日目最終日、鳥栖の安めのビズネスホテルの朝食を食べて7時過ぎに出発します。今日の予定は、鳥栖7:25発の門司港行き普通列車で基山へ、そこから甘木鉄道甘木線と西鉄甘木線の計31.6kmの乗り潰しをして、大牟田に出て、船で島原へ渡る予定です。

しかしホテルを出たところで目の前を、短いタンクコンテナの貨物列車(通称大牟田貨物)が通過するではありませんか。お盆休み期間ですが、今日は私のお気に入りの三井化学専用線が走るということ。予定を変更して直接大牟田に行き、こっちを見に行くことにします。

G8134257dsc.jpg G8134266dsc.jpg
朝から大牟田行きは、元々「本日の予定第2案」として暖めていたプランでもあったのですが、鳥栖駅でもこれを後押しすることがありまして、7:25発門司港行き普通列車は415系ステンレス車、7:26発熊本行き普通列車は同じ415系ながら鋼製車。後者もロングシートのやつだったのですが、乗車できるのはこれが最後かもと、約45分MT54の音を楽しみ大牟田に到着、早速西鉄大牟田駅に行って自転車を借ります。

G8134272dsc.jpg G8134268dsc.jpg
自転車はすごい、前から来たいと思っていました三井化学専用線の見学スポットの一つである仮屋川操車場の一番奥にあっという間に着きました。西鉄の新栄町駅からだって、歩けば相当時間がかかるはず。第1便の機回しでここの先端部まで来る45トン電車の姿を捕らえたいと思っていたのですが、来るのが遅かったので第1便は到着済み、また移動します。

G8134280dsc.jpg
仮屋川操車場の大牟田駅側から見渡せるポイントに到着。写真は三井化学専用線からJRに引き継がれる第1便。今日は6両で、うち1両が黄色いタンクコンテナ。海上コンテナを積んだ車両はありません。

G8134285dsc.jpg
待つこと40分、やっとJRから三井化学専用線と引き継がれ第2便となる列車が一番手前の線路に到着。

G8134288dsc.jpg
今日の牽引機はDE10 1202、国鉄色です。

G8134297dsc.jpg
すぐ切り離して、

G8134299dsc.jpg
中線を戻り、

G8134304dsc.jpg
手前から3番目の線路へ、

G8134309dsc.jpg
おっ!田の字窓の西鉄5000形だ。

G8134311dsc.jpg
今度は三井化学専用線からJRへ引き継がれる方に連結です。

G8134317dsc.jpg
連結作業終了。

G8134325dsc.jpg
その5分後に真打登場、今日の三井化学専用線の第2便の45トン電車は18号機です。

この18号機、私の訪問した2週間後、ここ仮屋川操車場でなんと脱線事故を起こしてしまいます。古い車両ですので一時はどうなるかと心配しましたが、その後無事に復活しています。その記録は右リンクのブログ「眠れないマクラギを数えて」に詳細に記録されています。とにかく良かった。

G8134326dsc.jpg
さて、いつ来てもここの電車(機関車)はきれいなんだよな。

G8134329dsc.jpg
こちらも連結。

G8134334dsc.jpg
しばらくしてDE10側の方が停止位置の修正で少し前へ、いい位置で並んでくれます。

G8134337dsc.jpg
もう1枚。

その後の45トン電車の出発シーンは動画で記録しました。自転車で宮浦操車場へ追いかけます。

待っている時間思ったことですが、この日も暑い1日でして、どっちの機関車も冷房がありませんので乗務員の方々は本当に辛そう。古い機関車の写真を撮って喜んでいるのが、何だか申し訳ないような気がしてきました。

(訪問は2017年8月)

前の記事:唐津線(山本~久保田)乗車記と鍋島
次の記事:三井化学専用鉄道を再々訪問2(宮浦操車場)
関連タグ:専用鉄道訪問三井化学専用線

福島臨海鉄道訪問記

2014年の年末、福島県いわき市で昼までには終わる用があり、午後は福島臨海鉄道でも見てこようかと、カメラ持参で行ってきました。

福島臨海鉄道は常磐線泉駅から小名浜駅まで伸びる全長5.4kmの貨物専用線。腕木信号機がまだ残っている事と、エンジ色で渋いDD13スタイルのディーゼル機関車が走っている事が魅力の路線です。JR貨物時刻表を見るとここを貨物列車が走るのは6時台から13時台までに3往復、時間の都合により最後の1往復しか見られませんが、せっかく行くのですからしっかり記録に残したい。

泉駅13時前着の普通列車を降りて、メインでない山側の出口を出て線路際を歩くこと数分、駅近くで非常にありがたい腕木信号機とからめて撮れる有名な撮影場所にたどり着きました。快晴で風もなく割と暖かい中で待つことしばらく、遠くからホイッスル音が聞こえ、運転されている事が分かりホッとします。

DC253199.jpg
赤いディーゼルが姿を現した時は、機関車後ろにコンテナが積まれていなかったので一瞬単機かと思ったのですが結構長い。貨物列車がゆっくり通過の後しばらくして、ガチャンという腕木信号機の動く音が青い空に気持ちよく響く、久しぶりにこの音を聞けたなぁ。いいなぁ。しかし写真を見ると背景がごちゃごちゃ、もっと工夫して撮るべきだった。

次は46分後に折り返す下りを撮ります。下りの撮影場所も泉駅近くなのでありがたい、しかも両方常磐線の線路の山側、線路沿いを歩くと数分で着きます。それにしても大逆光だ。ここは朝早い下りに適した撮影場所、常磐線をアンダークロスした海側にでも移動しようかとも考えますが、今日はここで撮影するために一眼レフに重たい望遠レンズを持って来たのだ。ここで待とう。

泉駅にはEH500の引く貨物列車が上野方面から到着、この貨車が福島臨海鉄道に受け渡されてここを走る事になります。到着した列車は泉駅の配線の関係でか、駅構内から完全に仙台方にはみ出して一旦停車し、バックして戻ります。列車はEH500が牽くとしてはとても短いですが、福島臨海鉄道のDD13タイプが牽くとすればけっこう長い。

DC253228.jpg
猫が踏切で日向ぼっこ、そろそろ来るか。

DC253237.jpg
DC253245.jpg
DC253249.jpg
来た来た、何度も連写、順光で撮りたかったなぁ、またチャンスがあったら出直そう。

福島臨海鉄道、常磐線の踏切を渡って海側に大回りする形でのんびり歩いて駅に戻ります。お腹すきました、駅前で何か食べて帰ろう。そば屋でかつ丼でも食べたいな。しかし特急列車の停車駅だというのに駅前には飲食店が全く無いではありませんか、あるのは駅構内コンビニのおにぎりぐらい、それを買ってベンチに座って食べるのも空しい。水戸まで戻って食べるか、そうだ、バスに乗って小名浜まで行ってみよう。ついでに福島臨海鉄道の小名浜駅も見に行こう。

という事で小名浜方面バス停に行くとバスは行ったばかりで約30分待ちます。やっと来たバスは前後にドアがあって、右は2人掛け、左は1人掛け+補助席というのでなんか懐かしい。小名浜は10年ちょい前に車で来たことがありますので、少し土地勘があります。だいたいこの辺かなというところで降りて、海側へ少し歩くとドンピシャ、すぐに小名浜駅の泉側踏切にたどり着きました。だいぶ日が傾きはじめ、寒くもなってきましたので、食事より撮影を優先させます。

DC253267.jpg
踏切から小名浜駅側を望む、腕木信号機が2本並びます。ここで出発風景を撮るのも良さそうだ。

DC250949dsc.jpg
泉側、こっちにも腕木信号機が2本。

DC250961dsc.jpg
車庫もすぐそばにあり、左がお昼にも見たDD55 31、右がDD56 1。(フェンスの外から撮影しています)

DC250960dsc.jpg
こんなのもいた。昔はお邪魔虫とか呼ばれていた貨車移動機。メインの機関車と同じカラーに塗ってもらえたとは幸せな奴である。ボンネット上にパレットが乗せられてますが現役っぽい。

DC250963dsc.jpg
本社前に保存された昔の機関車の台車。ボディーはどんなんだったんだろう。

本社と道路を挟んで反対側にあります昔ながらのラーメン屋さんでの遅い昼食。ここで食べたおばあちゃんの作る味噌ラーメンは、空腹だったのと外が寒かったのもあるのですが、スープの栄養分が体に染み渡るのを実感するほどに美味しかった。またバスに乗って泉に出て、上野まで普通列車で帰ります。今回は青春18きっぷで来たのです。

(訪問は2014年12月)

6月の米タン写真

遅くなってしまいましたが米タンの6月撮影分です。第2週目から個人的に忙しくなってしまい、たった4回しか撮りに行けませんでした。



6/3
この日は青梅短絡線で撮影しようと思っていたのですが、拝島で入換作業(拝島駅から横田基地への輸送)にあたるディーゼル機関車の回送を確認しますと(これが来ないと米タンの運転は無い、立川を9時半ぐらいに発車します)、いつものDE10でなく、DE11 2002号機!こりゃ珍しいという事で拝島に行くことにしました。

D6038390.jpg
横田基地への単機回送は長い車体が解るようにとちょっと引いて横から撮影。防音のためのスカートが実に物々しいです。

D6038407.jpg
基地から空タンクを引いてくるところは2号踏切にて

D6038420.jpg D6038422.jpg D6038425.jpg
八高線ホームからEF65の連結シーンを見て、

D6038435.jpg
今度は青梅線ホームから。今まで撮っていそうで撮っていなかった拝島駅出発シーン。牽引するのはEF65 2085。



6/5

D6058168dsc.jpg
この日はオリジナル塗装の2121号機との事で、午後に時間を作って行ってみます。まずは東中神駅通過します8079レ。

D6058178dsc.jpg
追っかけて拝島駅に到着しますと、タンク車の姿は既に無く、EF65のみ停車しています。拝島駅でのEF65というのは、8078レ出発前にしても、いつも半分日陰に隠れる中途半端な場所に停車するような感じです。

D6058208dsc.jpg D6058216dsc.jpg
続いて横田基地への輸送は、雨ですので入場券買って西武線のホームから。またDE11 2002だ。

D6058223dsc.jpg D6058234dsc.jpg
ちょっと雨が小降りになったので、単機回送も傘さして撮ってみる。4号踏切にて。

D6058239dsc.jpg D6058256dsc.jpg
拝島駅に戻ってお休み中のDE11 2000番台。私にとっとこの機関車は今までなかなか縁が無く、こうして眺めるのは初めて。車体の長さと、足回りの防音スカートばかりが気になっていましたが、ボンネット上のクルクル回る排気口はこの機関車には無く、DE10、11の一般型とは全然スタイルが違うんだと実感。カメラを高く挙げてハイアングルで撮って見る。



6/19

D6198385dsc.jpg
東中神駅を通過する8078レ。2127号機。前面扉もからし色のEF65PFは初めての撮影になります。確か岡山に配置されていた更新機がこの塗装でしたっけ?



6/25

D6258419dsc.jpg
東中神~中神間を行く8078レ。また2127号機でした。

(撮影は2014年6月)

ところでこの米タン、大きな変化がありまして、5月までは火曜日と木曜日の週2回の運転だったのですが、「貨物ちゃんねる」や他の方の書かれたブログを見ますと、6月は火・水・木曜日と週3日も運転されたようです。どうしたんだ一体!?

原油価格が高沸しているみたいですので、今のうちに貯め込んでおこうというのか。いやいや、ひょっとしたら、これは何処かでドンパチおっぱじめる準備なのか。うーん…困った事だなぁ。(←・・・なんて6月に下書きしていたんですが、7月になって世界情勢がますます本当におかしくなって来た。もう始まっちゃったと言ってもいいのかもしれません。私の地元の青梅線を走る最後の貨物列車、短い距離ながらもほのぼのとした住宅街の中の専用線という事で、米タンを見続け、撮り続けてきましたが、世の中が平和で無い、全くほのぼのでない現実を感じて、なんだかその熱意も少し冷めてしまいました。7月19日にはオスプレイも横田基地に初飛来し、給油して札幌の航空イベントに行ったとの事。この列車に関してはこれ以上運転回数が増えて欲しくないものです。)

5月後半の米タン写真

(5/20)
D5208216.jpg
まずは拝島へのDE10送り込み回送を、特徴ある東中神駅で。拝島駅~横田基地間の作業に当たるのは、最近このDE10 1749号機ばかりでして、もう専用機と言っても良いくらい。しかし先週と向きが変わっています。この機関車を追っかける形で拝島へ向います。

D5208226.jpg
いつも同じ機関車ですし、出来るだけ毎回違う場所で記録したいと思いまして、横田基地への単機回送は遮断機も警報機も無い6号踏切で。

D5208234.jpg D5208236.jpg
タンク車を牽いてきて来た所は5号踏切に当たる砂川街道踏切で。ここは結構交通量の多い道路で、滅多に閉まる事の無い踏切。この路線を知らないドライバーさんからしたら、こんなタンク車がいきなり来てびっくりするんだろうなぁ。

D5208256.jpg
8078レはまた東中神駅で、この日はEF65 2096号機。



(5/22)

D5228289.jpg
この日は拝島へは行けず8078レのみ撮影。またまた東中神駅で。曇りだったのでこの駅の特徴である木造屋根と木製ベンチが良く見えるかな。この日はPFの最終ナンバーの2139号機でした。



(5/27)

D5278158dsc.jpg
拝島へ向かう途中、立川駅の一番南側の線路で一休みするDE10。現在の中央線の主役達と並びます。

D5278338.jpg D5278344.jpg
一休みの後、青梅短絡線へと中央線をオーバークロスする坂を登ってゆきます。普通の撮り鉄さんは、こんな所では撮らないと思いますが、私はなかなか好きなシーンなのであります。前の記事にも書きましたが、DE10の乗っかっている線路は、南武線~青梅短絡線を直通する、現在では米タン関連の列車しか走らない線路。青梅短絡線も元は五日市鉄道として開業、そして南武鉄道と合併という歴史があるわけで、米タン輸送ルートはその頃の唯一の名残、なんて言うのはこじつけに過ぎないか…

D5278359.jpg
さぁ、この日は青梅短絡線で撮影しようと、思っていたものの、暑いので駅前のマクドナルドで時間をつぶし、立川南口ペデストリアンデッキでEF65単機回送を撮影。モノレールやあずさなどと共演して立川らしい光景になって欲しかったのですが残念。クレーン車が見える所は第一デパートのあった場所(立川知らない人には関係ないですが、いろいろ思い出があるんです)で、今度はなんと高層ビルが建つんだそうだ。


D5278363.jpg D5278378.jpg
せっかく来たのですから、暑いですが8078レは青梅短絡線で撮影しようと線路沿いを行ってみます。上り列車を撮るいい場所はなかなかありません。それにしても歩いてみて気付くのは、小さな可愛らしい踏切がいくつもある事。ここは「裏通り踏切」という安直な名前の歩行者自転車用の踏切。ここの標識を見ると、この路線の名前は「おうめだいさんせん」とも言うらしい。

D5278365.jpg D5278376.jpg
時間も迫ってますので、ここで撮影する事にしました。



(5/30)

D5298381.jpg
都合により拝島には行けず、8078レのみ西立川・東中神間で撮影。菱形パンタグラフのが来ればいいなと思っていたら来たよ!(2040号機)

(上の撮影はすべて2014年5月)




D5304848b.jpg
今回はあんまりいい写真が無いのでおまけ。1981年か1982年、中学生時代にほぼ同じ場所で撮影した米タンです。牽引機はEF15 199、タンク車はタキ3000になります。
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさん鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は3,700km以上あり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

路面電車 JR西日本 JR東日本 観光列車 蒸気機関車 真岡鐵道 名鉄 東海交通事業 上田電鉄 アルピコ交通 長崎電気軌道 JR九州 島原鉄道 船旅 三井化学専用線 専用鉄道訪問 国鉄時代 松浦鉄道 地下鉄路線 貨物線・短絡線・渡り線 西日本鉄道 筑豊電気鉄道 平成筑豊鉄道 新幹線 喫煙車 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 温泉 伊予鉄道 琴電 吊り掛け電車 ケーブルカー 猫登場 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 モノレール 京成電鉄 新京成 流鉄 夜行列車 JR東海 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 芝山鉄道 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR