松浦鉄道乗車記3(有田~伊万里)と国鉄最後の日の思い出

佐世保発の普通列車を有田で降りて、3区間に分けた松浦鉄道の乗り潰しの最後、有田から伊万里まで乗車します。

G8124129dsc.jpg
15:48発の伊万里行きは自動車学校のヘッドマークをつけています。乗客は10名ぐらいか。進行方向右側座席は、伊万里→佐世保では4人掛けボックスシートでしたが、有田→伊万里では伊万里駅の関係で1人掛け転換シートになります。気を使わずに座れるので助かります。

有田~伊万里間は、松浦鉄道の中ではあまり車窓が面白くない区間かもしれません。美しい海は見れませんし、石炭輸送の重い歴史も感じなければ、佐世保みたいなエキゾチックな街も走らない、いい意味で正しく枯れきった感じの日本のローカル線です。午後ですので車窓をしっかり見てやろうという集中力も切れ、ボーッとしてるうちに伊万里に着いてしまいました。おっ!と思って撮った写真は下の2駅。

G8124130dsc.jpg
古い駅舎の蔵宿駅(ぞうしゅくと読む)。Wikipediaによると1913年に建てられたんだそう。こちらも後で知るのですが、石炭ではなく陶磁器の運搬のために建設されたという有田~伊万里間は、松浦鉄道では最も歴史が古く、なんと1898年の開業。ちなみに佐世保軽便鉄道はその22年後の開業であります。

G8124131dsc.jpg G8124132dsc.jpg
ホームが自然に帰りつつある夫婦石という駅。ここで交換。写真を撮った2駅は、1898年の開業からある駅みたいです。

G8124134dsc.jpg
16:13、伊万里に到着です。

G8124136dsc.jpg
改札を出て道路を渡って16:23発の筑肥線に乗り換えです。7時間前に乗車した区間ですので少し寝ます。

(上記の乗車は2017年8月)

***

これで記事が終わってしまうのも寂しいので、国鉄最後の日の鉄道旅行の思い出話を…

 長崎県と佐賀県は、私にとって46都道府県で最も縁がなかった県でして、鹿児島本線と九州新幹線で何度か鳥栖付近を通過したのを除けば、一度しか来たことがありません。それは忘れもしない1987年の国鉄最後の日に発売された全線フリー切符を利用した最悪の旅行でして、その行程は…
 まずは前日夜発の大垣夜行の臨時続行便(167系、座れない)で名古屋へ、次に名古屋始発のひかり(座れない)で博多へ、博多からは長崎行き特急かもめでこれまた座れない。そして肥前山口で隣のホームにガラガラの715系普通佐世保行きが停まっていたのを見て乗り換え。これが佐賀県で外の空気を吸った唯一の経験になります。とにかくやっと座れる。しばらく元寝台特急581系の広いボックスシートに身を委ねて早岐へ。次もガラガラ大村線普通列車で長与経由で長崎へ。とても穏やかな大村湾の景色が印象に残ってます。長崎到着後は直ぐに特急かもめ自由席の列に並んで、なんとか座席を確保して博多へ。次に予定していたひかりは超満員、先行するこだまで小倉だったか広島まで行って、満員のひかりに乗り換えます。ひかりでは長い時間食堂車でヒレカツ定食を注文して粘った記憶もあります。新大阪で降り、最後は485系急行きたぐに臨時続行便。なんとか座れたました。きたぐに乗車中に国鉄はその歴史を閉じます。JR幕開けの翌日は、青春18きっぷに切り替え、新潟からいろいろ回る予定でしたが、もうクタクタ。長岡で下車し、上越線でまっすぐ東京に帰りました。若かったからやり(乗り)遂げられた感じの旅行でしたが、もうこの手の全線乗り放題キップは懲り懲りです。
 今回の旅行で長崎県と佐賀県の鉄道は乗り潰してしまう予定ですので、また当分来ることは無いのかもしれません。

前の記事:佐世保線乗車記(佐世保~有田)
次の記事:唐津線(山本~久保田)乗車記と鍋島
関連タグ:松浦鉄道国鉄時代
スポンサーサイト

徳島駅で見られる車両たち(2016年と1984年)

F8230403dsc.jpg
徳島駅の構内、なんか懐かしいなぁ。この風景というのは私が前にここに来た1984年の春から全然変わっていないのではないか。車両だけは入れ替わっていますが。

F8230401dsc.jpg
キハ47の2連

F8230405dsc.jpg
キハ40の2連
キハ40はトイレなしだ。

F8230408dsc.jpg
今やローカル線のスター?キハ185の2連。

F8230414dsc.jpg
こうして見ると徳島はまだまだ国鉄型が大活躍。

F8230410dsc.jpg
タラコ色キハ47も存在します。

F8230420dsc.jpg
このカエルみたいな気動車は、1000形の徳島地区のカラーかと思ってましたが違って、1000形を最新の1500形に連結できるように改造した1200形という別形式の車両。

F8230435dsc.jpg
見た目の印象と違って、なかなか素敵な車両の1500形は、行き先表示幕の有無や、スカートの色など、製造時期によってバラエティーがあるみたい。

F8230437dsc.jpg

F8230432dsc.jpg F8230436dsc.jpg
F8230425dsc.jpg F8230430dsc.jpg
徳島地区の一番のネタ列車が来ました。アンパンマンカー連結の特急剣山。行楽客はあまり乗らなそうな列車ですが、車両ばかり見ていましたので、どんな客層がこの車両に乗車するのかは見損なってしまいました。とにかく中間車のキロハが残っているのが嬉しい。そしてキロハのフォントは可愛いなぁ。

もう一つ徳島駅で印象に残っているのは構内にある駅そば。うどんのエリアなのにそばなの?...と入ってみましたが本格的なそばでとても美味しい。

(以上の撮影は2016年8月)

***

せっかくなので昔を懐かしみ、1984年春の徳島駅の写真を出してみます。

Image0502.jpg Image0551.jpg
東側の雰囲気は昔もこの通り同じ。車両については気動車と客車だけでなく、まだ貨物輸送も健在だったようでワム80000やコキの姿も見られたのでした。気になった後ろの林は、地図で調べたら徳島城の跡地でして、これならこの先も高架駅とかにしなければ、この景色は変わることなく、車両だけが入れ替わってゆくことでしょう。徳島気動車区の前に停まっているのはキハ45 42。

Image0548.jpg Image0549.jpg
一般形気動車はキハ20ばかりでつまらなかった気がします。阿波池田から乗車した普通列車はキハ20の3連でした。左の写真はどこ行きか解りませんがキハ20+キハ45+キハ20の3連。あららキハ30もいたんだ。

Image0494.jpg Image0496.jpg
徳島に来たのは小松島線と旧型客車が目当てでした。運良くスター的存在の元特急車スハフ43(スハフ43 3)の形式写真は撮れたし、その後高徳本線で乗車も出来ました。乗車してウトウトしていたら途中で下からコンコンと金属を叩くような音がしてびっくり。音の発生源は床下ではなく座席の下で車両の端から端まで歩くぐらいのスピードで移動してきます。どうやら蒸気暖房の供給が今開始され、カップ焼きそばのお湯をシンクに捨てた時のように、鉄の配管が温まって誇張して出た音のようです。右写真のスハフ43の後方で半分ワムに隠れた車両もレアなやつでして、元スロ53のオハ41 455。

Image0500.jpg Image0556.jpg
急行阿波とよしの川。可愛いヘッドマークを付けたキハ28・58の2連。今となっては最高の被写体のはずですがちゃんと撮影してないのはなぜ。右は露光もしてしまっているので、フィルムカウンターが1になる前の写真みたいです。

前の記事:JR牟岐線乗車記
次の記事:JR鳴門線乗車記
関連タグ:JR四国国鉄時代

懐かし写真(1984年) 東海道新幹線開業20周年記念号

先日は東海道新幹線開業50周年の記念日、早朝からいろいろと催し物が行われ、各駅は賑わったようですが、なんと30年前の10月1日、偶然にも東海道新幹線20周年記念号というのを田町駅の東京側先端で撮影しておりましたので、ここに掲載します。

BW101_35.jpg
今でこそ鉄道ブームですし、最近妙に増えたなと思う、日本人の功績を称え、日本の技術の優秀さを扱うテーマにもぴったりですので、テレビやさまざまな書面で新幹線が取り上げられていますが、30年前の国鉄時代は、新幹線なんてただ速いだけで全くつまらない乗り物という扱いがほとんどだったように記憶しています。

鉄道ファンだって、新幹線を趣味の対象としていた人はほとんどいなかったと思います。私もそうでして、この頃の東海道山陽新幹線は0系しか存在せず面白くなく、新型の0系だって3人席の半数は後ろ向きという、今では考えられないほどの低スペックの車両でぜんぜん魅力がなかったのです。この写真を撮ったのも本当に偶然、私の本来の目的は下の列車の写真を撮りに来ていたようです。

BW101_34.jpg
東海道本線を下るEF65PF+サロンエクスプレス東京なのですが、この頃はまだEF58が現役でしたので、東京駅に回送される時点で牽引機がPFと解り、皆さん関心を失ったようで、人気列車が走る時はいつも人一杯の田町駅もガラガラ。この列車が通った後で新幹線20周年記念列車が通ったのですが、撮影していたのは4,5人で、皆さんついでに撮っておくといった感じでした。

この記念列車、写真をよく見れば国鉄側もやる気のなさを感じさせる面もあり、今でしたら最新型の車両(といっても小窓の0系)を使用すると思われますが、大窓の古いやつ、しかも12両編成で食堂車無しのこだま編成。

しかしこの半年後の1985年3月、新幹線も国鉄民営化を数年後に控え劇的な変化を遂げます。20年たって初めてのフルモデルチェンジ車・100系が登場するのです。登場してすぐは、私はまだ学生の身分で乗車する事が出来ませんでしたが、1990年代になって晴れて社会人になり、小遣いにも余裕が出来て趣味の旅行で新幹線にも乗れるようになり、そして食堂車で食事やお酒も楽しめるようになり、100系って素晴らしいじゃないか!特に2階建て食堂車は最高!と、新幹線に対する認識を180度改めるのでありました。
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさん鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は3,700km以上あり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

路面電車 JR西日本 JR東日本 観光列車 蒸気機関車 真岡鐵道 名鉄 東海交通事業 上田電鉄 アルピコ交通 長崎電気軌道 JR九州 島原鉄道 船旅 三井化学専用線 専用鉄道訪問 国鉄時代 松浦鉄道 地下鉄路線 貨物線・短絡線・渡り線 西日本鉄道 筑豊電気鉄道 平成筑豊鉄道 新幹線 喫煙車 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 温泉 伊予鉄道 琴電 吊り掛け電車 ケーブルカー 猫登場 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 モノレール 京成電鉄 新京成 流鉄 夜行列車 JR東海 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 芝山鉄道 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR