京成千原線乗車記

F3257120dsc.jpg
次は京成千原線です。千葉中央駅ホームからちはら台方面を望みます。一見複線に見えますが、新京成線の新津田沼駅と同じで、右の新京成8800形が止まっているのは当駅折返し列車用の引き上げ線、左の下り線を逆走してるみたいに向かってくる京成3000形の走る線路が、単線の京成千原線になります。

F3257126dsc.jpg
乗車します11:32発のちはら台行き電車も京成3000形で来ました。さぁ出発、線路が片側にしかない複線高架路盤を進みます。JR本千葉駅をすり抜け、JR線をオーバークロス、次の千葉寺が凄い駅でした。

この路線が全線複線の路盤が完成しつつ未だに単線というのは、JR内房線外房線からも架線が片側しか張られていないので伺い知ることが出来ましたが、駅まで完璧に複線分出来上がっているとは乗車して初めて知りました。

千葉寺駅は1992年開業のドーム型屋根を持つ2面2線の立派な高架駅。しかし現在のところ敷いてある線路は1本、使用するホームも1面のみ。20年以上使用されず、将来も電車が発着する時が来るのか微妙な感じの、無人の上りホームは、通常なら白線が引かれる位置に駅名票が立ち、床の一部分は雨水の捌けが悪く誰も歩かないからか苔が生している。実にシュールな光景です。

F3257133dsc.jpg
交換可能な大森台駅でかぶりつき席が空きましたので座ります。完全に複線の路盤が完成しているのに単線という、線路の状況が良く見えます。バラストの厚みというのはこんなにもあったんだ。

F3257135dsc.jpg F3257136dsc.jpg
学園前で交換するのは、6連➡8連化で余った3600形クハを電動車化と付随車化して組成されたレアな編成ではないですか。

F3257138dsc.jpg F3257140dsc.jpg
おゆみ野駅も千葉寺に続き、片側しかホームを使ってない状況。

F3257142dsc.jpg
11時44分、ちはら台に到着します。到着寸前に右側に広がる車両留置用のスペースは、太陽光発電パネルが並んでいます。僅か12分の乗車でしたが、中身の濃い乗り潰しだったように感じます。

F3257148dsc.jpg
改札を出てみますと駅コンコースは集会が出来そうなくらいに広い。外に出てお昼ご飯でもと思ってましたが、駅周辺に飲食店は見当たりません。車に乗らない私にとって、この駅周辺に住むのは苦労が多そう、千葉県に引っ越すなら新京成線沿線の方が良さそうです。

F3257145dsc.jpg
千葉急行電鉄の夢、海士有木まで延伸する事はあるのでしょうか。たぶん無いでしょう。確か小湊鉄道の海士有木駅は、この駅とは次元が違うと言ったくらいローカルな駅だったと思います。

F3257151dsc.jpg F3257150dsc.jpg
11:53発の乗ってきた電車の折返しで戻ります。幸いにかぶりつき席が空いています。再び完璧な複線路盤の上の単線路線を見て進むのですが、建設当時はそれが正しかったのですからそれでよし。

F3257153dsc.jpg
帰りに交換するのは3000形。

F3257154dsc.jpg
ここが往きにホームに苔が生えているのを見て衝撃を受けた千葉寺駅。

F3257158dsc.jpg F3257159dsc.jpg
再びJR本千葉駅をすり抜け、複線の片側がブッツリ切れたような新京成線電車の止まる引き上げ線を見て、千葉中央駅に到着します。

F3257162dsc.jpg F3257163dsc.jpg
降りたところの上りホーム上野側先端は、下り列車の撮影に適した駅。せっかくだから10分後に来る新京成線電車の写真でも撮っていこう。さぁ何が来るか。

F3257165dsc.jpg
F3257168dsc.jpg
本命の8000形ではありませんでしたが、旧塗装の8800形を運良く記録することが出来ました。まじまじと見れば田舎っぽい塗装です。塗装が変わって文句言うのは鉄道オタクぐらい、会社や沿線のイメージアップのため、利用客のためにも、なかなか素敵な新塗装にとっとと更新すべきでしょう。余談ですが8000形は、ピンクになる部分を黒くすれば、パンダみたいになって絶対に人気が出ると思うのですがいかがでしょうか。

(乗車は2016年3月)

前の記事:京成千葉線乗車記
次の記事:千葉都市モノレール乗車記
スポンサーサイト

京成千葉線乗車記

次の乗り潰し路線は京成千葉線、北初富から乗車しました新京成線の電車がそのまま乗り入れますので効率がいい。

F3257103dsc.jpg
11時05分、京成津田沼を出発します。写真の先に見えるポイントで京成線に入るのですが、これが親会社子会社を結ぶ唯一の線路。
改めてこの京成津田沼駅を見ますと、本線と千葉線(路線同士)は立体交差するのに、本線下り線と千葉線上り、それと千葉線➡新京成線直通列車も千葉線下り線と平面交差が発生するという、近鉄西大寺には敵いませんが、線路マニアにとってはなかなか面白い配線ではないかと思います。

F3257106dsc.jpg
京成津田沼を出るとすぐに、JR総武線との並走区間になります。ここをJRで乗車する時は、幕張車両センターばかり注目してしまい、反対側の京成千葉線はほとんど見ない区間。しかしやっぱり今日も車両センターに注目。中は209系がすごい数で、千葉県のローカルエリアは完全制覇したと言えるでしょう。この電車は前面展望が良いので、乗るんだったら113系や211系より断然楽しいと私は思ってます。

F3257107dsc.jpg
この京成千葉線、快速や急行といった優等列車の設定は一切無し、都心直通列車も朝夕のみで、京急のようにJRと張り合う気力は数十年前に失ってしまったようで、JR接続駅の幕張本郷では、敗北感、格下感を感じてしまうのは私だけでしょうか。

F3257109dsc.jpg
幕張本郷を出ても車両センターは続き、485系改造のニューなのはなの姿も見えます。そろそろ引退だそうで、一度はこの手の車両にも乗ってみるべきでした。

F3257110dsc.jpg
車両センターが終わると右にカーブしJR線と離れ、京成幕張駅に到着、ここで春休み中の鉄道好き小学生と、幼稚園ぐらいの子とそのお母さんがやって来まして、私は運転室後ろを離れ座席に座ることにします。小学生の子は幼稚園児の子に知識をひけらかすかのように、何かぶつぶつ言っている。私も昔はそうだったかもしれません。と、検見川付近で習志野のタヌキこと新京成8000形とまたすれ違い、ついさっきまで運転室後ろでカメラ構えていたのに何とも残念。

その後はあまり記憶に残っていないのですが、北側の座席で南側を向いて座っていたので、ずらりと並ぶ似たような大きさの、戸建て住宅の裏側(北側)をひたすら見続けたような感じです。

F3257111dsc.jpg
京成千葉に着きます。ここで小学生や幼稚園児含めほとんどの乗客が下車し、再びかぶりつき。

F3257114dsc.jpg
JRと並んでちょろっと走り11時22分、終点の千葉中央に到着します。すぐ横のJRには駅がないので、昔の東急東横線の高島町駅みたいです。

F3257116dsc.jpg
長い時間乗車しました8800形。

F3257118dsc.jpg
フェンス越しに209系を撮ったりしながら、後続のちはら台行き電車を待ちます。

(乗車は2016年3月)

前の記事:新京成電鉄新京成線乗車記
次の記事:京成千原線乗車記

芝山鉄道乗車と昔の京成成田空港駅

山万ユーカリが丘線の次は芝山鉄道、ユーカリが丘駅から京成成田までは8駅ですが、普通京成臼井行、快速京成佐倉行、特急成田空港行と3本の列車を乗り継がなくてはなりません。しかも末端部なので全部各駅停車、30分以上もかかる。京成成田でも次の芝山千代田行きまで30分待ち。構内にパン屋さんがあったのでそこで昼食にします。こういうパン屋で飲み物も注文すると高いんだよな、でも仕方ない。

D9120092dsc.jpg
やっとやってきました京成成田12:32始発の芝山千代田行き、車両は新型の3000系、サボは「(東成田)芝山」となっています。かぶりつきをしたかったのですが先客がいまして座って過ごします。

D9120096dsc.jpg
だいぶ走ったところで両方複線の平面交差の分岐、ここから先は現在の成田空港駅へのルートが出来る以前に乗ったきりですので23年ぶりになります。この右へ分岐する線路もスカイアクセス線の開業によりメインルートではなくなり、最後に乗ったのは2008年ぐらいだ。この界隈は短期間で2度もメインルートの変更がされましたが、メインでなくなった方も廃線になったりせず、きちんと有効活用されているのは嬉しい。

D9120099dsc.jpg D9120100dsc.jpg
東成田でかぶりつきをしていた人が降り、今度は私がかぶりつき、ここからが全長2.2㎞、日本一短い私鉄の芝山鉄道で、私の初めて乗る区間。出発してしばらく続く地下区間前方を見ていると、確かに不自然なカーブがある。空港敷地内に残ってしまった住宅を避けているというのがここだろう。そして地上に出て高架を一気に駆け上がり芝山千代田に到着。

D9120102dsc.jpg
現在の線路の終わり。九十九里海岸まで延伸する計画があるようですがどうなるのでしょう。千葉県の鉄道については、今度のJRダイヤ改正の特急列車の削減がとても痛い、完全に高速道路にやられてしまった訳で、ブルートレインが毎年1本1本消えて行ったように、これからもどんどん削減されそうな気がします。

D9120106dsc.jpg
駅を出てみます。駅前にはいかにも簡単に建てられたかのような売店があり、中にはカウンターがあって人が何か食べてる。壁には「しょうが焼き定食600円」の貼り紙、こういう店に入ってみたかった。さっき成田駅でパンなど食べるのではなかった。

D9120109dsc.jpg
すぐに駅に戻ります。ホームは長く、京成上野行きの直通列車が来る時は一杯に停車するのでしょう。

D9120108dsc.jpg
上野方面を見ると、もうすぐそこが成田空港、右に見えるのは第1ターミナル。

D9120110dsc.jpg
近くに駐機しているのはLCCの春秋航空だ。この辺に第1、第2とは非常に格差の激しいLCC専用の第3ターミナルを造って、この駅は空港第3ビル駅に昇格したら面白いなと思いましたが、そんなに格差のない、フードコートがあって、むしろ楽しそうなのが第2の横に出来るんだそうだ。

D9120119dsc.jpg
乗ってきた電車で戻りまして、次の東成田で降ります。

D9120121dsc.jpg
2面4線、昔の成田空港駅です。インターネットで、この駅の使われていない側のホームが時間が止まってしまったかのように、昔のまんまで残っているというので興味を持って来たのですが本当だった。

D9120118dsc-1.jpg
使用されていないホーム側の駅名板は成田空港のまま。1989年の夏に初めて海外に行くのに期待と不安一杯で降り立った駅の現在の姿、いいものが見れたなという気はあまりしない。

D9120122dsc.jpg D9120123dsc.jpg
この木目調で真中が水色のベンチを見るのも久しぶり、昔は至る所にあったような気がします。これは両方のホームにある。

現在使われていない静寂に包まれたホームは照明が落とされ誰一人いない。そして現在使われているホームも私一人なので、うーん、何と言ったらよいのだろうか、この雰囲気。考え方を変えれば、ここが厳重警備が敷かれてなく自由に居られる場所であるならば、座禅でも組んで瞑想にふけるには最高の場所ではないだろうか。長居する場所ではないので外に出ます。

D9120127dsc.jpg
コンコースは半分に仕切られている。壁の向こうには飲食店が昔のままで残っているそうだ。

D9120128dsc.jpg
改札を出ると第2ターミナルへの500メートルもの地下道。今日は第1に用があるのでこっちには行かない。

D9120131dsc.jpg
そして地上へ出る広い階段、そうそう思い出したぞ、階段を上がると広い駐車場があって空港へ向かうバス(バスは路線バスと同じ)が何台も並んでいて、係員にこっちこっちと、どんどん詰め込まれるように乗り込んだんだっけ。

D9120132dsc.jpg
広い階段側を出たところはこんな感じ、こちら側は地元の利用者用で空港へは行けない、なのでセキュリティーチェック無しで出られる。空港へはまた階段を下りて別の小さい出口からセキュリティーチェックを受けて出る。今日は歩いて第1ターミナルまで行ってみようと思います。昔連絡バスに乗った時はとても時間がかかったような気がしますが、地図を見るに数分歩けば着くはず。それに昔は必ずバスに乗せられて歩くことは出来なかった(←もしかしたら歩けたのかもしれません)、今日はこれを体験してみたい。でもその前に無料循環バス乗り場にも行って見てみよう。

D9120135dsc.jpg
こんなに遠回りするのか、これなら歩いた方が絶対に早い、と思ったらバスが来てドアが開いたんで乗り込んでしまった(バス停にいたのは私一人)。バスは予想通りのろのろ走り、第2で2回、その都度数分停車し、やっと第1に到着。失敗したなぁ。

(乗車は2014年9月)

***

DC220915dsc.jpg
おまけ写真で、別の日に撮った第1ターミナル展望デッキ南端からの風景、FedExの飛行機の鼻先に芝山鉄道の高架と芝山千代田駅が見えます。

前の記事:山万ユーカリが丘線乗車記

京成金町線乗車記

東武大師線の次は、北千住へ出て千代田線に乗り換えて金町へ、同じく大手私鉄の小さな支線、京成金町線に乗車します。その前にお腹すきましたのでJR金町駅ホームの立ち食いそばで昼食。常磐線で駅そばを食べるなら、から揚げそばでしょう。330円ととても安い。

D8309551dsc.jpg
京成金町駅はこんな感じ。駅名板よりもテナントの看板の方が目立ってしまっていて駅だと分かりにくい。これはビルの屋上にデカデカと「京成金町駅」と看板ないしネオンサインを揚げるべきでしょう。お手本は関西の私鉄の駅にたくさんあるのではないかと…

D8309552dsc.jpg
駅に着くと電車は行ったばかり、15分間隔なので少し時間がありますので周辺を散策。写真は京成金町駅ホームすぐ横の踏切で、下町らしい光景に出会えます。

D8309553dsc.jpg
駅構造も1面1線、大都市の小さな支線で想像する通りの佇まい。

D8309557dsc.jpg
そろそろホームに上がります。S字カーブをくねくねと電車がやってきました。

D8309561dsc.jpg
古い鋼製電車が来ればいいなぁと思っていたものの、来たのは3500系の更新車で残念。しかし今ではこれも古い電車の仲間入りでしょう。それにしてもこの顔はどうも好きになれない、更新前も好きになれなかった、3300系だってそんなに好きな顔ではない。この辺は私が京成電鉄とはほとんど馴染みがなかった、遠くへ行って見られるといったものでもなかったことから、そう感じるのでしょう。この電車に罪はありません。

さて出発。一番前のドア付近に立って、控えめにかぶりつきを楽しみます。混んでましたので写真は無し。下町らしい風景の中を走るのかと思えば、駅を出たらすぐ終わりで、両側に2車線程度の広さの道路に挟まれて進みます。そして柴又駅、ここでは下り列車と交換します、交換するのは同じく3500系の更新車。ここは言わずと知れた映画で有名な駅で、この路線に乗ったら途中下車して団子でも食べていくのが王道かと思われますが、そのうち機会があるでしょう。そのまま乗り通します。ちなみにここですれ違うのが古い電車だったら降りるつもりでした。柴又駅を出るとすぐにポイントがあり右側の線路に転線、この線が2010年に高架化された京成高砂駅に通じる線路で、左は回送列車だけ通る京成本線につながる線路。しばらく並走しますので、複線区間を逆走するような感じです。そしてS字を切って高架を駆け上がり1面1線の高砂線専用ホームに到着です。

D8309575dsc.jpg
こういう駅が登場するのも、建築・土木の技術が進歩したおかげなのでしょう。上野東京ラインも来春開通ですのでもうすぐ。楽しみであります。

次に京成本線で京成八幡へ向かうのですが、下りホームへ降りると、同時に2本の成田空港行きが入線してきました。片方は京成上野発の京成本線経由、もう片方は羽田空港発のスカイアクセス線経由、こういうダイヤが組まれていたんだ。成田に行くのはいつもJRなので知りませんでした。40分に1回、この光景が展開されるのですが、車内放送では想像するにこんな案内がされるのでしょうか。上野発の方では「次の京成高砂駅ではスカイアクセス経由の成田空港行きに乗り換えが出来ます。こちらの電車に乗り換えますと、この列車よりも15分早く成田空港に到着しますが、運賃が高くなりますのでご注意ください。上野からですと310円高くなります…」と、そして羽田空港発の方は「隣の電車だと***円お得ですよ」と。同時に到着した電車で乗り換える人は少なく、スーツケースを持って移動する人は一人も見かけませんでした。混み具合は、本線経由が座席はすべて埋まり立つ人も多数。座席はスーツケースを抱えた人がずらりと並びます。スカイアクセス経由の方は空いていて7人のロングシートに2,3人といった程度。両列車は運転手さん同士で、何かの合図でタイミングを合わせたかのように、ぴったり同時での出発でした。とてもかっこよかったです。

(乗車は2014年8月)

前の記事:東武大師線乗車記
次の記事:都営新宿線(本八幡~浜町)乗車記
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR東日本 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 伊予鉄道 温泉 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 新幹線 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 観光列車 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 JR東海 喫煙車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 JR九州 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR