千葉都市モノレール乗車記

この日最後の乗り潰しは千葉都市モノレール。京成線千葉中央駅からちょっと歩いて1号線中間駅の葭川公園へ、途中お昼ご飯でも食べようと思っていたのですが、オフィス街でもあり繁華街でもありますこの界隈の飲食店はランチタイムでどこも人一杯、お昼は後にします。

駅に着いて券売機で平日は10時から18時まで限定のフリー切符を購入します。こういう時はポケットの財布からSuicaを忘れずに抜いておかないと、無意識に改札でピッとやってしまい、フリー切符を買った意味が無くなってしまうので要注意です。

F3257169dsc.jpg
葭川公園駅ホームでしばらく待ってやって来たのはキラキラの新型車0形。

F3257171dsc.jpg F3257172dsc.jpg
12:45に出発、中途半端な駅からの乗り潰しのスタートになってしまいましたが、運転席横から展開される前方の風景はとても爽快。高さはビルの7,8階に相当しますでしょうか、ゆらゆらとカーブを進む様子はまるで空中散歩でもしているかのよう、実に面白い。しかし2分で終点の県庁前に到着、その後、千葉➡千城台➡千葉みなとと全線に乗るのですが、かぶりつきが出来たのはこの1区間だけでした。

F3257175dsc.jpg F3257174dsc.jpg
フリー切符を持ってますので改札を一旦出ること無く、そのままホームで時間を潰し、乗ってきた電車の折返しで戻ります。こうして見ると懸垂式モノレールのホームはけっこう危ない。ホームと走行路の段差は階段1段半ぐらいで極めて小さいのですが、走行路の先端には柵が無く(ここに柵を作ったらモノレールが走れない)、ここを踏み外せばビル7,8階の高さから下の道路に墜落してしまいます。そういう事故は起きないのでしょうか。

F3257177dsc.jpg
12:50発でしたのでこの駅には3分の滞在で折り返します。キラキラの外装が実に近未来的なイメージですが、車内もなかなか洗練されたデザインであります。運転席横のかぶりつき立席には、一眼カメラを首にかけ、頭にスカーフを巻いた2名の外国人女性観光客。出発しますとサクラサクラ!と歓声を上げ、前から横からバシバシシャッターを切り、ニコニコ顔で楽しんでいらっしゃるようで、「これはサクラじゃないんですよ」とは言いませんでしたが、こっちも嬉しくなる光景です。私は進行方向右側座席から体をねじって下を見下ろします。とにかく千葉駅手前のJR線を跨ぐ個所が一番の見所でしょうか。JR線に乗っていてもいつも思うのですが、どうしてこんなに高いところに作ったんでしょう。特にこの部分は1号線と2号線で複々線みたく見えるところですので威圧感があって、どうだ千葉って凄いだろう!とでも主張しているかのようです。
6分で1号線2号線分岐駅の千葉に到着します。乗車しました県庁前と千葉間は、1号線といえど千葉都市モノレール全体で見ると、「ヒゲ線」と呼ぶに相応しいおまけのような僅か1.7kmの路線でして、車内はガラガラでした。wikipediaを見ると、運賃の安いJRと京成が並走してますし、真下には更に運賃の安いバスが頻繁に走っている、それにモノレールは乗降ホームが高層階にありすぎて昇り降りが大変なのよと敬遠され、運転本数は開業時より削減されてしまっているとの事。計画の甘さが千葉急行電鉄みたいでもあります。通勤交通費がきちんと支給される県庁勤務者のための路線みたいです。

F3257181dsb.jpg
2号線下りホームに移動しますと、1号線県庁前行きで旧型の1000形が来たので写真を1枚。
この車両、引退してからも(失礼かもしれませんが)何故か人気で、自社車両基地含めポッポの丘、那珂川清流鉄道で計5両もきちんと静態保存され、他にも飲食店やら幼稚園に博物館と(wikipedia参照)、解体された車体は無いのではないかと思われるぐらいに引き取り手が現れるのであります。私はどちらかと言うと、線路の上を走る鉄道車両に比べ、モノレール車両にはあまり魅力を感じないのですが、解る人には解る、手元に置いておきたい魅力があるのでしょうか。あるいは販売価格、もしくは車体長が短いことから輸送費が安く上がる事、その構造から線路を敷かずに設置できる事が人気の秘密でしょうか。幸せな車両です。ちなみにこの写真を撮っている時、下に新京成8000形が見えました。

F3257182dsb.jpg
せっかくモノレール千葉駅で降りましたので、県庁前・千城台側の豪華4線区間をホームの端から見ておきたい。行ってみましたが期待していたような迫力のある絵は得られません。

F3257185dsb.jpg
乗車します13:07発の千城台行きはラッピング無しの旧型車で来ました。1号線は終日15分間隔、2号線はこの時間帯は12分間隔での運転でして、乗り換え時間は2分、5分、8分、11分のどれかになるのですが、私の乗り換えは最も最悪な11分待ち。車内は混んでいて座れません。かぶりつきも運転室扉に小さな窓があるだけで、先ほど乗った新型車に比べ楽しみの少ない車両です。

F3257186dsb.jpg
ドア横に立って、千葉都市モノレール一番の見所だと私の思う、JRを見下ろす所を写真に収めておきます。

F3257187dsc.jpg
そしてすぐに展開される千葉公園を見下ろす光景。

その後はあまり印象に残ってないのですが、思い出してみますと、千葉公園から数駅目で座れ、スポーツセンター駅ではスポーツ帰りの男女高校生がどっと乗ってきた。そして旧型の1000形はまだまだたくさん走っていた(実は0形の方がまだ4編成しかなくレアな存在だったのでした)。車内放送を録音するマニアが、雑談する乗客にうるさいと怒鳴ったで話題になった、萌え系アニメのラッピング車ともすれ違った。そんなところです。

そして終点千城台到着前、ポイントを渡って転線するのですが、遠心力でグワンと振り子が傾くように大きく揺れ、連結車両同士が大きくずれる事から、窓から隣の車両の妻面が思いっきり見えます。懸垂式モノレールでは緊急時以外は貫通路が通行禁止なのは、こういう理由もあるのでしょう。

F3257191dsb.jpg
24分乗って13:31、千城台に到着、ちょっと外に出てみます。

F3257194dsc.jpg
モノレールの面白いところはポイントか、少し写真を撮ってみます。

F3257195dsb.jpg
まずは旧型の1000形が出発。

F3257197dsc.jpg
そしてポイント切り替え、今、可動部が動いているところ。

F3257200dsc.jpg
新型が到着しポイントを通過します。下から見る限り、車体の傾きはそんなに目立ちません。

F3257207dsc.jpg
帰りに乗車します13:52発の千葉みなと行き。新型車とわかって急いで階段を駆け上がったのですが、人気のかぶりつき席(立席)にはすでに人、座って戻ります。

各駅で乗客が少しずつ増えて行くのですが、動物公園駅で遠足帰りの小学生がどっと乗車して車内は満員に。

F3257209dsc.jpg
小学生達も千葉で降りず終点までの乗車で、席に座って身動きとれないまま、楽しみにしていた千葉を過ぎての1号線2号線交わるポイントもよくわからず、14:21、終点千葉みなとに到着です。JR駅構内の蕎麦屋さんで遅い昼食にします。

***

これで3月下旬の千葉県乗りつぶし旅行の記事は終わりなのですが、自分のための記録ということで、1枚掲載しそこなった写真がありました。
F3257061dsc.jpg
馬橋から松戸まで移動する際に乗車しました東京メトロの6000系(6117F)。まだ頑張っていたんですね。1971年製ですので、この日乗車した一番古い電車ではないでしょうか。

(乗車は2016年3月)

前の記事:京成千原線乗車記
スポンサーサイト

舞浜リゾートライン ディズニーリゾートライン 乗車記

 鉄道路線乗り潰しにおいて困難を極める路線…、例を上げますと、運転本数が少なく接続も悪くスケジュール丸1日潰してしまうJR西日本三江線、朝しか運転されない阪堺電気軌道上町線末端部、乗り潰しだけが目的である場合だとアプローチ費用があまりにも掛かりすぎる沖縄都市モノレール、季節により休業してしまう地方のケーブルカー路線などなど、数え上げれば様々なパターンでいろいろあるのですが、千葉県の舞浜リゾートラインの運営するディズニーリゾートラインもその一つに挙げられると思います。そう、インターネットの世界で語られる「非リア充」というのを自認し、個人行動を好む多くの鉄道ファンにとって、最も敷居が高い鉄道路線はここでしょう。

 そんな私にもディズニーランドには人生で2回行く経験がありまして(自慢)、1回目は25年ぐらい前、2回目は今年の6月。1回目はレンタカー利用でそもそもリゾートラインは開業していなかったのですが、2回目は電車利用、この時に遂に乗車が叶うぞと思っていたものの、ディズニーランドはJR舞浜駅から歩いてすぐだったのですね(シーの方にしておけば良かったのだ)、結局乗り逃してしまいました。

***

 さて、快晴で暖かく絶好の行楽日和の10月後半の土曜日、前回に引続きゆりかもめ沿線に用がありましたので、このついでに困難なリゾートライン乗り潰しに挑もうと思います。ゆりかもめを有明で降り、りんかい線に乗り換えますが、国際展示場駅前は、立派すぎる駅名ながら放置自転車が一杯なのにびっくりし、新木場ではE233系からE233系への乗り換えなのに改札を通らなくてはならない事に違和感を感じたりしながら(とにかくオリンピックまでに改善しなくてはならない問題がこの辺は山積み…)、いざ舞浜駅!

 改札を出ればもうディズニーの世界観、一人スーツネクタイ姿でリゾートライン乗り場へ向かいます。この路線の乗り潰しにおける予習すべき事はただ一つ、路線は円形で単線、列車は反時計周りにグルグル回るのですが、一周した場合の運賃はどのような扱いになるのか、一回途中駅で下車しなくてはならないのだろうか。答えは一周OK、ICカードでもOKなのだ、公式ホームページにちゃんと書かれています。

 玄関口となる正式名称リゾートゲートウェイ・ステーション駅で、駅員さんでなくキャストがにこやかに出迎えてくれる横を、Suicaをタッチして構内入ると、天井が高く、壁や床はクリーム・緑・茶の3色の色使い、そして心をウキウキさせる音楽、なんだかハワイのリゾートホテルみたいな雰囲気でして気分が高揚してきます。当然この辺の設計は京成グループではなく、アメリカなんだろう。長いエスカレーターでホームに上がるとピンクのモノレールがすぐ来た。堂々たる6両編成に「おぉっ」と声が出そうになる。11時頃で中途半端な時間だからか以外とすいていまして、一人ぼっちでは浮いてしまわないかと心配していましたが、沿線でこれから仕事なのか、一人で乗車されている方もあちらこちらに見られます。ホテルで結婚式に参加されるような、スーツ姿の一団も見られました。

 右側に立って景色を見ます。出発しますとふわっと離陸するような感じで、舞浜駅を少し見下すように走ります。これから夢の国を楽しもうという乗客達のウワーイという歓声も聞こえます、なかなかいい感じだぞ、これも一つの演出だろうか。

 すぐにディズニーランド前駅(正式には東京ディズニーランド・ステーション駅)に到着、ここで半数が降りて空いてきます、窓がミッキーマウスの形なので座ると景色が楽しめないからか、ドア横に立つ人が多く、私もそうしますが、今度はディズニーランド内でも見ようかと、今度は進行方向左側に立つ事にします。しかしディズニーランドの内部は見えず、広がる景色はひたすら駐車場の海。右側のアメリカらしいホテル側にすればよかったのですが、立っている人がいますので移れず。

 ベイサイド・ステーション駅を過ぎると、左側景色はディズニーシーのバックヤードで、自然に帰りつつある残土置場だったところみたいな場所では、園内に置かれる大きな植木鉢が大量に保管されるのが見えます。カーブを曲がると右側は東京湾が一望出来る所に出ます。海はキラキラ輝き実に気持ちの良い景色、乗り潰しが目的ですので、昼前の中途半端な時間に乗車出来たわけで、来てよかったなぁと思えてきました。左側のディズニーシーは中は覗けないように作られているようで、楽しんでいる人たちは見る事は出来ませんが、下を走るバス同士がすれ違う時に、運転手が大きなアクションで手を振るので、普通の場所とはやっぱり違う世界です。

 東京ディズニーシー・ステーション駅では、ニコニコ顔のアジア系観光客が沢山乗って来て、左に車両基地を見て、また広大な駐車場を見て、1周完了、リゾートゲートウェイ・ステーション駅に戻って来ました。駅員さん、いやキャストに手を振られ改札を出ると、キラキラ輝くショッピング街。一人で乗るのは恥ずかしくないかと心配していたものの、全くそんな事はなく、当初はすぐに京葉線に直行して帰る予定でしたが、気分も大きくなったところで、夜はバーとして賑わいそうなレストランに一人で入って、パエリアなんぞを注文してしまいました。出てきたパエリアもオリーブオイルのいい香りに完璧な味付けで実に美味しかった。

EA245285dsc.jpg
最後に写真を1枚撮って帰ります。

(乗車は2015年10月)

江ノ電と湘南モノレール

前回の記事の通り、6月の中旬、青梅発の鎌倉あじさい号に乗って鎌倉に行ってきたのですが、行きは江ノ電、帰りは湘南モノレールで江の島なんかをついでに観光して来ました。この利用した二つの鉄道、初乗車ではないのですが、いろいろと感想もありまして(他に書くネタも無いし…)、ちょっと記事にしてみようと思います。

***

まずは江ノ電

江ノ電は小学生時代に2回と高校生時代に1回乗車したので今回で4回目、実に約30年ぶりの乗車になります。過去3回の乗車はいずれも激混みだったのですが、今回もやはり日曜日なので激混み。鎌倉駅のホームはあふれんばかりの人で、列は「つ」の字になって最後尾の人は白線ギリギリで線路にお尻を向けて立っている状態。しかし、私の乗車した日は雨の日だからかまだましだったようで、最近の最も酷い時には入場制限までされてしまうんだそうだ。台湾鉄道とも観光協定を結び、さらに外国人観光客を受け入れようという気のようで、もう地元の沿線住民のための公共鉄道から離脱し、遊園地のアトラクションに近いものになってしまったようにも感じます。

でもまぁ私も観光客なので乗ってみればやっぱり楽しい。可愛らしい小さな駅、民家すれすれ急カーブ区間に、海岸沿い区間、そして併用軌道区間、レトロな電車300型だって健在で、ローカル線の魅力というものをしっかり解っている台湾の人たちも大喜びだろう。他に印象に残った点は、あじさいと絡めて電車の写真を撮れるスポットは凄いカメラの砲列だった。また沿線住民の立てた、通称勝手踏切を閉鎖するためのフェンス設置を反対する看板も凄かった。駅も車内も人一杯でしたので今回は写真を1枚も撮っていません。

***

そして湘南モノレール

これも約30年ぶり、その時の事もほとんど忘れ、気分としては初乗車で、実に面白かった。湘南モノレールの湘南江の島駅は、江の島方面から歩いて、江ノ電の踏切を、渋い味出してる江ノ島駅を右に見て渡り、交通量の多い2車線道路の信号を渡ったすぐ先、もうこの辺では観光客の姿はほとんど見られず、さっきの混雑はなんだったの?というくらい閑散としてきます。雑居ビルみたいな見栄えの良くない5階建ての駅は、1階から2階、4階から5階のホームまではエスカレーターもエレベーターも無いという今時珍しい仕様で、日本を代表する観光地というのに、自治体にも見放されているのかと思ってしまう。(一応wikiによると計画はあるらしい)

階段を上がった先に待っていた電車も凄かった。
E6213204dsc.jpg
500系という車両で、6編成のうち3編成は引退してしまった模様。(写真は大船駅で撮影)

E6213202dsc.jpg
車内はボックスシート。(これも大船駅で撮影)

E6213192dsc.jpg
分厚い背ずりのレトロな座席だ。シートの下の穴の開いた鉄板(ここに暖房機器が隠れているはず)も久しぶりに見る感じ、そして優しい光沢を放つエンジ色のモケット、いいなぁ~昭和の香りだ。

E6213198dsc.jpg
ドアの窓、間に横桟が入っているところなんか旧型国電(101系以前の茶色い電車)みたいだぞ。

そして走りもいい。3両編成の懸垂式モノレールなのですが、最後尾の車両から眺めていると、いくつもの急カーブや登り坂下り坂を、ガクガクゴキゴキ接連部を曲げながら、まるで竹でできた蛇のおもちゃのように走る。(かぶりつきをしたかったのですが、出発間際で最後尾に乗ってしまったのと、このモノレールは非常時しか車内の通り抜けが出来ないのです。)

まぁとにかく、短い区間ですが素晴らしき昭和の車両を堪能してきたぞ。しかしこの記事を書くにあたり、この車両を調べてみると実は1988~1991年製、昭和の雰囲気の平成車両だったのでした。

江ノ電とは違って観光客はほとんどゼロで地元の客ばかり、途中駅での乗降も多くみられます。5月に三菱系から経営共創基盤というバス会社の再生で実績のある会社に売却されたわけですが、なんだか応援したくなってきた。江ノ電よりも面白いぞと言ってみる。

(乗車は2015年6月)
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

平成筑豊鉄道 観光列車 喫煙車 新幹線 JR東日本 東武鉄道 野岩鉄道 会津鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 温泉 伊予鉄道 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 モノレール 京成電鉄 新京成 流鉄 JR東海 夜行列車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 JR九州 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR