くま川鉄道乗車記

次はくま川鉄道湯前線に乗車します。この路線のダイヤは肥薩線吉松方面、特に「いさぶろう」「しんぺい」号との接続が非常に悪く、スケジュールを組むのに苦労したところです。もっともこの路線と肥薩線吉松方面へ乗り継ぐ客なんてのは、私のように鉄道に乗るのが目的のごく少数の観光客しかいないわけですので、それも当然なわけで、温泉にでも浸かってちょっと待ってなさいという事でしょう。

駅に併設された案内所に尋ねると、駅前のお土産屋さんの横で入浴できるという。いやいやありがたい。しばし人吉温泉を堪能。駅横には駅弁屋さんもあり、そろそろお腹も空いてくるだろうと鮎すしを買っておきます。

さて、JRと第三セクター鉄道との関係、元は同じ国鉄だったのですが経営が分離され、駅舎等の建造物やホーム、果ては乗客の通る通路までもきちんと分離され、お互い協力し合う形で、少しは共有すればよいのになと思う事がよくあるのですが、ここは最たる例かもしれません。

CB154895dsc.jpg
こちらはJR九州の人吉駅。中にはくま川鉄道の出発時刻等の案内はもちろん、くま川鉄道の文字さえなかったような気がします。

CB154894dsc.jpg
JRの駅舎とビルの影にひっそりと存在するくま川鉄道の事務所?くま鉄ゲストハウス。

CB154900dsc.jpg
のりばの案内に沿って進むと、左がJR、右がくま鉄、それぞれの跨線橋が2本並んでるのです。

CB154901dsc.jpg
ちょっと無駄だよな。しかしこの鉄道が出来たのは20数年前、当時の役人さんなりの考えで跨線橋を2本作っておかなくてはならない理由があったのでしょう。ちなみに左のJRのはバリアフリー化の影響でか構内踏切に切り替えられ、今は使用されていません。

CB154903dsc.jpg
跨線橋から見下ろす湯前・吉松方面。ちょうどこれから乗車する列車が入線してきました。

CB154910dsc.jpg CB154907dsc.jpg CB154905dsc.jpg
乗車するのは17:27発の湯前行きで3両編成。日も暮れかけて月も出てきたところで出発。

駅場内を過ぎると肥薩線の線路と交わります。跨線橋はしっかり作り分けていたものの、線路はJRと共用の部分があるみたいです。3両編成でも夕方なので通学帰りの高校生で30%ぐらいの乗車率、しかし乗っているのは男子高生だけなのがちょっと不思議。

肥薩線とポイントが分岐してすぐの、以前は東人吉駅だった相良藩願成寺駅、ここでまた高校生達がたくさん乗り込んで来ます。今度は女子高生が多い、ここで男女比率が半々になって、納得というか少し安心します。

CB154914dsc.jpg
球磨川を渡ります。写真では空が明るいですが実際はもうほとんど真っ暗。乗り潰しは景色の見える明るい時間にとスケジュールを組んだつもりで、冬至までまだ1カ月あるし、九州だから日の暮れるのも遅いと思っていたのですが甘かった。

昔は免田駅だったあさぎり駅で交換。やって来た列車は水戸岡先生デザインの車両だ。この鉄道にもあったんだ(知らなかったです…)、ミュージアムトレイン・KUMA1/KUMA2というんだそうだ。制服の女子高生たちが木質系の素材がふんだんに使われた室内、いや車内、特にボックスシートのテーブルでノートを広げて宿題?なんかやっているのを見ると公民館とか図書館でも覗きこんでいるようです。

ところですれ違った反対方向の人吉へ向かう列車も、帰宅する高校生達で3両編成という長編成にもかかわらず満員だったぞ。空いていると思った戻りの車内で人吉駅で買った駅弁を食べようと思っていたのですが、そんな雰囲気ではないかもしれない。幸い私の座っているボックスシートは(周りの高校生たちは遠慮してか)私一人だけ。今急いで食べちゃおう。

背開きにして酢で締めた鮎の押寿司。情緒があっていいのですが、味わっている余裕は全く無く、鮎の香りさえ確認する事無く食べ終えてしまいました。この頃には既に日は完全に落ち、窓の外も暗闇しか見えません。残念ですが車窓をしっかり見ておきたいという諦めもついたところで、短い車体の数両連結特有の(うまく表現できませんが→)タタッタタッ、タタのリズムが心地良く感じます。

CB154920dsc.jpg
終点の湯前駅に到着。

CB154918dsc.jpg CB154919dsc.jpg
ちょっと駅前を散策するも夜なんで何も面白いものは見つけられません。昔は駅名から温泉地を想像し、旅館が立ち並び、道路端の排水溝からは湯気が…そしてほんのり硫黄の香り…なんて雰囲気を想像していたのですがちょっと違います。

CB154923dsc.jpg
駅は単線1本なのですが、ホームは両側にあり、駅舎と反対側ホームは広場になっており床には木材がふんだんに使用されています。昔は木材の積込み基地があって、そのモニュメントみたいなものなのでしょうか。

CB154921dsc.jpg
行き止まり側には暗闇にアーチ見たいのが見えます、何だろう?(新しいデジカメのお陰で割とはっきり写ってますが、肉眼では暗くてほとんど見えなかったのです。)

CB154929dsc.jpg
自販機で切符を買って戻ります。

CB154935dsc.jpg CB154936dsc.jpg
この時点では車内はガラガラ。この日の編成は湯前側から、KT202-KT104-KT201。真ん中の車両だけがボックスシートありでした。

CB154939dsc.jpg
ところでこれは何なんだろう。窓の内側に取り付けられた鉄板に2つのフック、帽子掛けって事は無いはず。ロングシート席にもボックスシート席にも窓一つ置きに付いていました。

多良木を過ぎたところで、右手車窓にブルートレインが飛び込んで来ます。車内の椅子席ではおばさん達が食事しているぞ。熊本県に列車ホテルが出来たというのはここだったのか。調べてみると宿泊費は3000円で温泉入浴付きだそうで、面白そうではないか。

CB154943dsc.jpg
あさぎり駅では再度水戸岡先生デザインの車両とすれ違い。やっぱり公民館とか図書館の雰囲気だ。

人吉行きの列車も、多良木、あさぎり駅で高校生がたくさん乗ってくるも、人吉に近づくにつれて少しずつ下車し、一つ手前の(行きの列車には女子高校生がたくさん乗車した)相良藩願成寺駅ではほとんどの乗客が下車し、湯前出発時と同じようにガラガラになってしまいました。ローカル盲腸線は起点が乗客最大、終点が乗客最小というイメージでいましたが、その考えは改めなくてはなりません。この路線では行きも帰りも中間付近が一番乗客が多かったのですから。

(乗車は2013年11月)

前の記事:肥薩線乗車記2(しんぺい4号・吉松~人吉)
次の記事:人吉~新八代~熊本~新大牟田乗車記(800系つばめ乗車記)
スポンサーサイト
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

JR九州 貨物線・短絡線・渡り線 筑豊電気鉄道 西日本鉄道 観光列車 平成筑豊鉄道 喫煙車 新幹線 東武鉄道 JR東日本 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 温泉 伊予鉄道 琴電 吊り掛け電車 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 モノレール 京成電鉄 新京成 流鉄 夜行列車 JR東海 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR