平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線(北九州銀行レトロライン)乗車記

門司港に到着し、今回の旅行で最初の乗りつぶし路線の平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線(ネーミングライツによって現在の路線名は北九州銀行レトロライン)の九州鉄道記念館駅に向かいます。外に出れば今日はなんという暑さなんだ。次の出発は約30分後の13:20、なんといっても8月3連休初日のお昼のトロッコ列車です、どこかの遊園地のアトラクションのように長蛇の列が出来上がっていて、次の次の列車でないと乗れないみたいなことがあったら、すぐに引き返そうと思っていたのですが、なんと誰も並んでいません。暑い中、列を整理する係のお姉さんが立ってましたので、混みそうですかと聞いてみたところ、ちょっと眉をひそめて、今の時期は混みますので早めに並んでくださいとのこと。油断するなよとのメッセージを受け取りつつも、まだ余裕がありそうですので、ちょっと鉄道記念館の前まで行って陳列されてる車両を見てきます。戻ってきても数人しか並んでいません。

G8113515dsc.jpg
というわけで到着する列車の写真を撮ってから並ぶことに、トロッコ2両という少ない定員ですが、無事に海側の座席を確保しまして出発です。

出発しますと左手は観光客が集まるエリアで、のんびり走るこのトロッコ列車に、たくさんの人が手を振ってくれます。なにせ客層は7割が家族連れで子供達がたくさん乗っているのです。残り3割が様々な年齢のカップルで、おじさん一人なんて私の他に一人か二人だけでした。乗りつぶしを始めて、このブログを書き始めた頃は、こういう列車は恥ずかしくて乗るのを躊躇していたのですが、もう最近は気にならなくなってます。500m走って出光美術館駅、10名ほどの乗客が入れ替わります。私の前には若いお母さんと10才ぐらいの少年が座ります。

G8113523dsc.jpg
この路線一番の景色、港と関門橋。ここは潮の香りがして海辺りに来たという満足感に浸れます。このトロッコ列車の愛称は「潮風号」、JR四国の伝統ある特急列車と被ってしまいますが、どっちが相応しいかということになったら、こちらの潮風号に軍配が上がるでしょう。そのぐらいこの愛称はぴったりです。

2つ目の駅、ノーフォーク広場では降りる人も乗る人も無し。ここを出るとこんな短い路線にもトンネルがありまして、ひとときの涼まで楽しめます。

G8113528dsc.jpg G8113530dsc.jpg
トンネルを抜けたらEF30と旧型客車がお出迎え、終点関門海峡めかり駅に到着です。

G8113532dsc.jpg G8113534dsc.jpg
ホームでちょっと車両の撮影。ここで活躍するDB101という機関車ですが、これは私が少年期の頃の貨物取扱い駅の側線でよく見かけた、シャア専用みたいな赤い色をした貨物移動機というやつで、愛称は「お邪魔虫!」。その頃はまさかこれが牽引する列車に乗ることになるなんて想像すらしませんでした。トロッコ客車はトラ70000からの改造車で、2軸車特有の突き上げるような震動の乗り心地を久しぶりに楽しめると思ったものの、足回りの改造がされたのか、椅子が良かったのか、スピードが遅かったからか、乗り心地についてほとんど印象に残っていません。

G8113531dsc.jpg
終着駅ですが、線路はまだ続いていまして、800m先に車庫があるらしい。Googleマップで探索してみますと、関門海峡の瀬戸内海側もちょろっと見えそうです。乗ってみたい人はたくさんいるはず。

G8113539dsc.jpg
一回外に出て、10分後の折り返し列車で帰ります。今度は山側の座席。こちら側の車窓も、側線が見られたり、古い倉庫やら事業所の建物が所々残り、昔は貨物線だった面影がたくさんで楽しむことができます。

G8113547dsc.jpg G8113546dsc.jpg
九州鉄道記念館に戻ってきました。乗務員や駅のスタッフの方々は、とにかく暑いので本当に大変そう。ここで機関車のボンネットに製造プレートを発見、見てみたら「平成21年改造」でした。これら機関車のDB101とDB102は、南阿蘇鉄道からの転属車なのですが、それ以前のデータを消失してしまっており、何年に製造されたのか、どこに配属されていたのか判らないらしい。それも個性として面白いではありませんか。

G8113549dsc.jpg G8113551dsc.jpg
最初の踏切で折り返し列車の写真を撮って、門司港を後にします。

(乗車は2017年8月)

前の記事:のぞみ喫煙グリーン車で九州へ
次の記事:10月から更新します
関連タグ:観光列車平成筑豊鉄道
スポンサーサイト

のぞみ喫煙グリーン車で九州へ

2017年夏の乗り潰し旅行は九州へ、8月3連休の一番混んでる3日間で回ることになりました。1ヶ月前の指定券発売初日の夕方にサイバーステーションを覗いてみますと、この日の朝の東京から小倉までの通し指定券はほとんどがすでに×(満席)、慌てて立川駅指定席券売機に並び、東京7:13発のぞみ155号喫煙グリーン席を確保しておいた次第です。窓際はこれしかありませんで、グリーン券の出費が痛いですが、取り敢えず喫煙者で良かった。

ところで年末の帰省ラッシュで一番混む日に、私は東京から京都まで何度か新幹線に乗った事があるのですが、グリーン車だけは3,4日前でも窓際が空いていました。博多行きってこんなに混むのか、サイバーステーションでこの列車の区間ごとの状況を見てみますと、
⬛東京→新大阪:○空席あり
⬛新大阪→新神戸:△空席残りわずか
⬛新神戸→岡山:Ⅹ満席
⬛岡山→広島:△空席残りわずか
⬛広島→博多:○空席あり
なるほど!新神戸~岡山間が最初に埋まってしまうのか。首都圏から大阪を越え中国地方への乗客と、関西地方から中国・九州地方への乗客が重なってしまう区間ということで、こうなってしまうのでしょう。

G8113482dsd.jpg G8113487dsd.jpg
さて当日の東京駅、自由席に並ぶ列は階段下まで続く状況で、今頃テレビの取材が来てるのかもしれません。出発したらおにぎりの駅弁を食べ一服。700系も引退が発表されましたので、こうして約5時間も喫煙座席で過ごせるなんて、これが最後かもしれません。後は新大阪までほとんど寝て過ごします。

新大阪では、前を走る列車の混雑の影響により、駅手前で10分程停車したので、12,13分の遅れで出発。いつも指定券を取る時は対向列車の見える進行方向右側ですが、今回は左側にしました。数少ない上り山陽新幹線に乗車する時は、今まで夜間か山側でして、下り列車の左側、つまり海側の景色というのを私はほとんど見たことがないのです。

印象に残った光景を列記しますと、まずはかつての宮原操車場。並ぶ車両は、スカイブルー103系、EF65PFの原色とトワイライトエクスプレス塗装、もちろん原色のDD51、サロンカーなにわ、なんだか国鉄時代にタイムスリップしたかのような光景でして、これが大阪の中心部で見られることに驚きです。山陽電鉄並走区間は、防音壁があって見えるのは半分ぐらいでしたが、いろんな電車が見られて楽しい。相生の赤穂線分岐箇所のカーブとトンネルは、山陽本線から見ると独特の雰囲気があって私は大好きなのですが、新幹線から見てもよい。広島手前の車両基地では、EF67はまだ現役、でも電車の半分が茜色の227系になっている。新岩国ではカーブした錦川鉄道の線路がちらっと見える。これ乗るときはここで乗り換えてギャップを楽しみたい。5年前に岩徳線に乗車した時に見えると思っていて全然見えなかった徳山の工場地帯は、新幹線からは良く見える。それと徳山駅が海がこんなに近かったとは知らなかった。駅前が港ではないか。

思った以上に車窓を楽しめて、遅れは8分までに回復し、12:15に小倉到着。急いで階段を駆け降りて改札を抜けJR九州の窓口へ向かいます。混んでなくて良かった。ここで長い時間並ぶことになって、乗る電車が遅れると面倒なことになるのです。買う切符はJR九州の普通列車と私鉄3日間乗り放題の「旅名人の九州満喫きっぷ」。旅名人なんて言葉を発するのはちょっと恥ずかしいな。ホームへ降ります、まだ時間があるぞ!かしわうどん行っちゃおう。ゆるゆるのうどんを食べ切ったところで、乗車予定の12:29発門司港行きが入線。でも大丈夫、ここで5分停車するようです。かしわうどんは、最後に飲み干す汁が美味しいのだ。

G8113492dsd.jpg
余裕で車内へ、かしわうどんには、次から次へと客が来ます。こういう食文化は、いつまでも続いて欲しい。

G8113498dsd.jpg
門司港に到着です。

(乗車は2017年8月)

次の記事:平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線(北九州銀行レトロライン)乗車記
関連タグ:新幹線喫煙車

日本の鉄道乗車記録 2017年分 目次と予告

2017年2月
G2281515ind.jpg G2281627ind.jpg G2281629ind.jpg
G2281846ind.jpg G2281862ind.jpg
東武6050系快速乗車記1(浅草~下今市)
東武6050系快速乗車記2(下今市~会津田島)
会津鉄道乗車記
日光地区の東武6050系
特急日光8号乗車記

***これから書く記事***
2017年8月
G8113515ind.jpg G8113700ind.jpg G8113826ind.jpg
G8123841ind.jpg G8123911ind.jpg G8123993ind.jpg
G8134342ind.jpg G8134448ind.jpg G8134684ind.jpg
とりあえず行ってきました。忙しいので記事を連載できるようになるのは、まだ先です。

特急日光8号乗車記

G2281862.jpg
東武6050系快速お名残乗車と鬼怒川温泉~会津若松乗り潰し旅行の最後は、これに乗って帰ります。東武日光16:39発の特急日光8号新宿行き。この車両も乗るの初めてでして、元成田エクスプレス用253系最終ロット2編成を、VVVF化の上で観光特急に改造した253系1000番台。

G2281877.jpg G2281864.jpg
私の印象としては、この253系1000番台は、あまり上手な改造をされなかった車両。顔はダサいし色もダサい、シートピッチを広げて窓と座席が合わないのも良くないし、最悪なのは元荷物置き場部分に出来た座席は、窓が戸袋窓だということ。253系のドアの窓は小さいので、写真右のようにドアが開いている時は外が見えないのだ。

G2281879.jpg G2281884.jpg
しかし新宿寄りの6号車だけは元グリーン車なので、グリーン車のシートピッチのまま普通座席を配置しており、窓と座席がぴったり合っています。この車両に乗車します。どの車両も1両に4,5人の乗車でしたが、この車両は日光出発時点で私一人だけ。

G2281889.jpg
出発してすぐにJR日光駅を見下ろすように走ります。JRの駅から見たら、どうしてJRの電車が東武の線路を走ってるの?となるのですが、この直通運転も開始されて11年、もうすっかり馴染んだと言えましょう。

G2281895.jpg G2281894.jpg
せっかく先頭車両に乗ってますので下今市までかぶりつき。新宿側元クロ先頭車の最前部はこんな風になっていて、かぶりつきが可能。グリーン個室だった部屋は、今は車販準備室。しかし今日は車内販売は無し。この事は東武日光駅の駅員さんに確認して、アルコール類は駅の売店で買ってきた。おっ!6050系の2連。東武日光駅で見たダブルパンタグラフの6174+6274だ。

G2281896.jpg
今日は3回目の下今市駅。座席に戻ります。車内放送は英語・中国語・韓国語もあるので成田エクスプレスとあまり変わらないみたい。下今市を通過しますとすぐに6050系6連とすれ違い。もう少し粘っていれば良かった。新栃木でスーツを着たビジネスマンが一人乗車。

G2281900.jpg
最近の鉄道旅行は夕日が良く見えている。そろそろ栗橋、東武→JRの渡り線は初めての体験。車内放送では照明が消えますとの事。直流同士なのに会社が違うので照明を消さなくてはならないようなデットセクションがあるのか。これは知らなかった。

G2281903.jpg G2281905.jpg
ここがその渡り線、左写真の右側に見えるホームは東武のもの。そして本当に照明が消えた。その後すぐ停車して乗務員の交換が行われます。

ここからは東北本線をビュンビュン飛ばします。栗橋からのJR区間は会津東武フリーパスの区間外なので栗橋から新宿までの普通乗車券を買ってあります。これならフリー切符を使用しないで普通に切符を買った方が良かったのかも。後から計算するのは止めておこう。大宮で新栃木からのスーツの人が降りてこの車両はまた私一人になります。せっかくだから前の座席をひっくり返し、ボックス席にして寛ごう。シートピッチが広いので前の座席には踵しか乗らない。これは想定外でした。ここからは並走する電車や停車する駅のホームは帰宅ラッシュで人一杯。凄い優越感を感じていいはずですが、ちょっと恥ずかしい。今の東北本線特急は、浦和に止まって赤羽を通過するというのも知らなかった。

G2281912.jpg
18:36、新宿に到着。いい平日休みを過ごせました。

(乗車は2017年2月)

その後の新規乗車はありませんので、ブログ更新はしばらくお休みします。

前の記事:日光地区の東武6050系
関連タグ:東武鉄道JR東日本

日光地区の東武6050系

(以下は2017年2月の記録になります)

G2281749.jpg
会津若松から乗車して来たAIZUマウントエクスプレスは14:53に新藤原に到着。下車して見送りますと、裏から東武6050系登場。ここからタイトル通り、6050系劇場になります。

G2281752.jpg G2281753.jpg
留置線からノコノコと2両編成のが出てきまして、新藤原15:18始発の会津田島行になります。浅草側は前パン車なので格好いい。

G2281761.jpg
1番線にも6050系がいるので2本並び。(2017年2月の時点で)首都圏では6050系は見られただけでラッキーなレアな車両ですが、この界隈では2本並びは当たり前の光景で、3本並びだって普通にみられるのです。

G2281762.jpg G2281772.jpg
次の列車まで時間がありますので改札の外に出てみます。東武鬼怒川線終点のこの新藤原駅が何でこれ程までも人気のないところにあるのかというと、前々回の記事に書いた通り、この路線がダムの建設資材の運搬軌道から歴史がスタートした事に関係すると思うのですが、野岩鉄道開業前の終着駅時代の新藤原駅がどんなだったのかというのも気になります。

G2281766.jpg G2281765.jpg
車両は冬の夕暮れ前のいい日差しを浴びていますが、お顔の写真は撮れず、すぐに駅に戻ります。

G2281782.jpg G2281775.jpg
次に乗車します15:16発の区間快速浅草行は4両編成。

G2281785.jpg G2281786.jpg
まずは15:13に浅草発区間快速が来まして、ここで6050系が2本並び、

G2281789.jpg
苦しいですが一応3本並び。

G2281793.jpg G2281798.jpg
浅草行きは先頭車両に私一人という状態で出発。かぶりつき席に座ります。ただこの6050系のかぶりつき席は、高運転台なので中腰にならないと前方は見えません。鬼怒川温泉駅では大学生男女の団体が乗車して座席はほぼ埋まり、車内は一気に賑やかになります。こういう時はクロスシートがいいんだよな。若い人たちで賑わうクロスシート車両は久々に見たような気がします。休み期間中の昔の急行アルプスなんかこんな感じでした。それとクロスシートに一人で座ってなくてよかった。

G2281801.jpg G2281802.jpg
G2281805.jpg G2281807.jpg
まったり過ごしているうちに15:48、下今市駅4番線に着きます。留置線ではJR253系の特急日光が退避し、進入する線の前方には東武日光からの6050系2連が待っています。一旦停止して徐行して連結。

この時は下今市駅でも6050系3本並んだ状態でして、2番線に新栃木発会津田島行き4連、1番線に下今市始発東武日光行2連がいます。ゆっくり写真を撮って行きたいところでしたが、次に乗る東武日光行は15:51発で3分しかありません。駆け足で跨線橋を渡り、乗り込んだところでドアが閉まって出発です。

G2281809.jpg G2281812.jpg
G2281814.jpg G2281816.jpg
G2281817.jpg G2281818.jpg
車内はガラガラで終点東武日光までかぶりつき。早速下今市行6050系2連とすれ違い。6050系ばっかりだなぁ。細い鉄製部材で組んだ架線柱は、東武鉄道独特のもの。おそらく開業時代からのものではないかと思います。クリーム色やうす緑色に塗られていたことが多かったようですが、この辺のは茶色です。東武日光駅はホームがV字型2群に分かれている面白い構造でして、長い列車が停まれる群の4番線に16:00到着です。停車中にヘコヘコヘコヘコと弱々しい音を立てる東武日光側クハのコンプレッサー音は、昔の電車そのもので懐かしさを感じます。ちなみに浅草から乗ったのとは音が少し違うようにも感じました。音をカタカナで表現しますと、今回乗ったの6260は「ヘコヘコ」、往きに乗った6268は「ヒョコヒョコ」。気のせいでしょう。

G2281821.jpg G2281823.jpg
外に出るとサボ回し中でして、「団体専用」「たびじ」なんて面白いのもあったのですが、今は無くなってしまった区間快速浅草行を貼っておきます。

G2281825.jpg G2281832.jpg
4両分しかホーム長さがない割には大屋根がある、1,2番線にはダブルパンタグラフ車の下今市行が停車中。この6174は台車が新しいことから、6000系時代のない6050系として製造されたグループの車両。

G2281839.jpg G2281840.jpg
左写真は1,2番線と4-6番線の間の広いスペース。終着駅なのにどんなが経緯があって、このような配置になったのでしょう。ここらで一回外に出て駅前の喫煙所で一服。

G2281841.jpg G2281846.jpg
構内に戻りますと下今市を出てすれ違ったのが帰って来て、1,2番線に2本の下今市行が並びます。

G2281849.jpg G2281848.jpg
4番線にもいますので3本並んでいる。

G2281858.jpg G2281860.jpg
ダブルパンタグラフ車の下今市行が出発。

G2281868.jpg G2281865.jpg
G2281873.jpg G2281875.jpg
続いて16:31発の区間快速浅草が出発。座席はほぼすべて埋まるぐらいの乗車率でした。

そういえば東武の電車のもう一つの最近の話題は、8000系の各種リバイバル塗装。この6050系でも、先輩車両5700~6000系の茶系ツートンカラーを再現していただきたい。東武鉄道の事ですから、前面茶色一色ヒゲ付きバージョンまでやってくれることと信じています。

(乗車は2017年2月)

前の記事:会津鉄道乗車記
次の記事:特急日光8号乗車記
関連タグ:東武鉄道
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

平成筑豊鉄道 観光列車 喫煙車 新幹線 JR東日本 東武鉄道 野岩鉄道 会津鉄道 JR四国 国鉄時代 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 路面電車 温泉 伊予鉄道 吊り掛け電車 琴電 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 モノレール 京成電鉄 新京成 流鉄 JR東海 夜行列車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 JR九州 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR