名鉄築港線乗車記

勝川駅から中央線の211系と名鉄の赤い準急電車を乗り継いで大江駅へ、ここから全長僅か1.5kmの、とても個性豊かな名鉄築港線の乗り潰しをします。

H5166597dsc.jpg
築港線の発着する5番線ホームは曲がっていて、本線(常滑線)とは別会社の路線のように、もう分離しています。そして一駅先の終点東名古屋港駅の改札は、ここ大江駅の跨線橋上にあり、東武大師線と同じようなシステムになっています。

H5166601dsc.jpg
こういう特別な1駅間路線には、吊り掛け車とはいかなくても、希少な古い電車が待っていてほしいものですが、4両編成の5000系という名鉄らしくないステンレス車。しかし前面にはLEDの行き先表示機を備えていながらも使用せず、「大江・東名古屋港」の縦長のサボを掲示しているところなんか、やはり特殊な路線に運用される電車を感じます。

H5166604dsc.jpg
大江駅の築港線時刻表です。この路線のもう一つの特徴として、港湾地区で働く方々の通勤列車ですので朝夕しか運転されません。私が乗車するのは16:44発の夕方の一番列車で、私以外乗客はゼロ。今日は短時間に私以外乗客ゼロを1駅間ながら2回体験できました。

H5166609dsc.jpg
先頭のかぶりつき席に座ってしまいます。サボが邪魔でよく見えません。運転席側の仕切り窓は、まだ明るいにもかかわらずカーテンが下ろされてます。前面展望を楽しませてくれる(と私は思ってた)名鉄らしくありません。それでは出発。

H5166611dsc.jpg
右にカーブして勢いよく殺風景な中を走り、しばらくして減速、見えてきましたのはこの路線最大の見どころ、名古屋臨海鉄道東築線との平面交差です。通過する時の音は、ひときわ大きく「ツタタン♪」でした。

H5166612dsc.jpg
平面交差通過直後の右側車窓です。名古屋臨海鉄道東築線から急カーブ90度の渡り線が見えて名鉄築港線へ合流。この渡り線には、今でもとても重要な役目があります。

H5166614dsc.jpg
3分で終点東名古屋港に到着です。仕事を終えた方々が電車の到着を待っています。

H5166615dsc.jpg
乗務員の方が手にしているのは、この写真では判りにくいですが、タブレットみたいな形のスタフ。

H5166620dsc.jpg
大型トラックが頻繁に往き来します広い道路の歩道橋から3分で折り返す大江行き電車をお見送り。ちなみにこの駅周辺にはコンビニ等の店舗は一つもありません。

H5166624dsc.jpg H5166626dsc.jpg
東名古屋港駅から更に続く線路は、名鉄なのに非電化、そして奥の信号は生きていて赤を灯しています。ここは海外へ輸出される鉄道車両が、名古屋臨海鉄道のディーゼル機関車にサンドイッチにされて通ります。その列車は、先ほどの平面交差の名古屋臨海鉄道東築線側を通過し、90度急カーブの渡り線を通り、そして写真のこの踏切では遮断機がないので職員が数名立って車を止めて通過させます。生で見れたら楽しそうです。「名鉄築港線」で動画検索をしますと、その貴重なシーンを見ることが出来ます。鶴見線大川支線とは違って、まだまだ現役の港湾地区の貨物?路線なのであります。

H5166627dsc.jpg
夕方2本目の電車が来ました。

H5166629dsc.jpg
どんどん乗客が吸い込まれます。4両編成なんて過剰かと思ってましたが、2両だと相当混雑しそうです。

H5166633dsc.jpg
大江駅に戻ってきました。跨線橋の階段が狭いのでホームは大混雑。階段から遠い位置の乗車だと、乗り換え時間は数分を要しそうです。電車から降りず、空くのを座って待っている人もいます。

***

(おまけ追記)
H5166584dsc.jpg H5166586dsc.jpg
H5166587dsc.jpg H5166588dsc.jpg
あの最後の吊り掛け車天国だった瀬戸線がすべてステンレス車になってしまった今、赤い名鉄電車はもう三河線や広見線といった支線に行かなくてはなかなか見られないものと思ってましたが、金山~大江~名鉄名古屋と乗車して、まだまだ大量に走っているのに嬉しくなりました。常滑線は準急でも100km出しますので、けっこう楽しいです。

(乗車は2018年5月)

前の記事:東海交通事業城北線乗車記
関連記事:名鉄
スポンサーサイト

東海交通事業城北線乗車記

用があって名古屋に来ました。午後にちょっと時間がつくれましたので、2本の面白い小路線を乗り潰ししてきました。まずは東海交通事業城北線。枇杷島14:46発の勝川行きに乗車します。

H5166526dsc.jpg H5166523dsc.jpg
来たのはキハ11 305でJR東海の所属車両。枇杷島駅の城北線ホームは東海道本線の貨物線上に設置されたとのことですが、この列車が到着する寸前に、下り貨物列車が旅客線を通過します。

H5166520dsc.jpg
これがその偶然撮れた貨物列車で、EF64+赤ホキ。いいものが見れました。青梅線から姿を消して何年になるんでしょう。撮り鉄もしようと欲を出して、貨物時刻表で下調べをしていたら、貨物線側に構えていて撮り損なっていたはず。この辺の線路はどうなっているのかよくわかりません。

さて、城北線の乗客は私含めて4名。かぶりつきは止めてボックスシートに座ります。それでは出発。すぐに分岐して複線になって東海道本線をオーバークロス。そして高度を上げて、架線柱の無いスッキリして見通しのよい非電化の高架複線路線を進みます。これは楽しい。こんな路線があったんだ。これはここでしか見られない独特の車窓ではないでしょうか。ちなみにこの路線が複線だと知ったのは、乗車する数日前でして、それまでは京成千原線のように片側だけ線路が敷かれてるものと思ってました。

1駅目の尾張星の宮で、私以外の乗客全員3名が下車。これがこの路線の昼時の現実のようです。

H5166533dsc.jpg
尾張星の宮を出てからの車窓が凄かった。上下線がダイナミックに別れ、高低差もこんなに。これこそ中京地区の武蔵野線になれなかった瀬戸線の夢の跡、ここで稲沢方面からの線路が合流し、デルタ線が形成される予定だったところです。2本の単行軽快ディーゼルカーが行来するだけなのに、贅沢な路線です。しかも昼間の時間帯は1本しか走らないので、すれ違いは無い。

H5166535dsc.jpg
ここで名鉄犬山線をオーバークロスしますが電車は見られず。小田井に到着し、3名の乗客あり。この路線の中間駅のホームは、ちょっとした展望台のような高い位置にあるので、上ってくるのは大変だろうな。この駅にはエレベーターがあるようでしたが、無い駅もある。

H5166536dsc.jpg
ちょっと最後尾からの景色を見てみます。架線柱のない複線区間はスッキリして気持ちいい。もしも中央西線の山間部が今も非電化で、特急しなのがキハ85系で運転されていたら、バイパス線として成り立つこの線路を、最高速度で駆け抜けていたかもしれません。その後は進行方向左側(この写真では右側)に高速道路がピタッと並びます。

H5166540dsc.jpg
名鉄小牧線をオーバークロス、ここでも電車は見られず。

H5166541dsc.jpg H5166544dsc.jpg
もうすぐ終点の勝川、運転席後ろに立ちます。本線上にポツンと留置されるみたいな、もう1両の車両が見え、最後は単線となって駅ホームに着きます。

H5166548dsc.jpg H5166554dsc.jpg
16分の乗車、15:02に勝川に到着します。開業して28年になりますが、今だ中央西線勝川駅とは500mも離れている仮設駅。そしてすぐ脇を走る中央西線は、長い211系10両編成という格差です。ホームで待っていた枇杷島方面への乗客がいつまでたっても乗車出来ないので、?と思ってたところ、中央線勝川駅方の奥へと引っ込んでしまい・・・

H5166557dsc.jpg H5166558dsc.jpg
本線上にいたキハ11 302が入線して車両交換です。一旦引っ込んだキハ11 305は、2時間以上休憩して勝川17:18発の列車から再活動するようで、ここから2本体制となり、複線上でのすれ違いが実現するようになります。出てきたキハ11 302は、東海交通事業所属車。ステンレスボディーに窓回りがオレンジというカラーは、日本では今までありそうであまり無かったカラーではないでしょうか。

H5166564dsc.jpg H5166566dsc.jpg
ホーム末端から、中央本線勝川駅へと通じる連絡通路を進みます。車両検査施設があって、これも仮設らしい。

H5166573dsc.jpg H5166576dsc.jpg
城北線の高架がプッツリ切れるところです。中央西線も高架になってしまったので、将来立体交差とするなら大工事が必要になります。

H5166577dsc.jpg H5166580dsc.jpg
ブラブラ寄り道しながら辿り着いたので何分かかったかはわかりませんが、到着した中央西線の勝川駅は、城北線が乗り入れるスペースはしっかり確保されています。そのうちにビックリするような変化が見られるかもしれません。

(乗車は2018年5月)

次の記事:名鉄築港線乗車記

日本の鉄道乗車記録 2018年分 目次

2018年2月
H2085602ind.jpg H2085744ind.jpg
H2085857ind.jpg H2085903ind.jpg H2085967ind.jpg
E351系スーパーあずさ5号お名残乗車記
アルピコ交通上高地線乗車記
上田電鉄別所線乗車記
上田電鉄7200系7255編成 下之郷出庫シーンの撮影
上田電鉄7200系7255編成 お名残り乗車記

2018年5月
H5166560ind.jpg H5166600ind.jpg
東海交通事業城北線乗車記
名鉄築港線乗車記

これから書く記事
2018年6月
H6026697ind.jpg H6026834ind.jpg

上田電鉄7200系7255編成 お名残り乗車記

H2085919dsc.jpg
それでは元東急7200系の7255編成で運転されます①運用、下之郷15:38始発の上田行き電車に乗車します。

H2085922dsc.jpg H2085923dsc.jpg
昔の上田交通のマークは親会社東急と同じでしたが、今の上田電鉄のマークは、エンブレムと言っていいぐらいに格好いい。下之郷出発時点での乗客は私一人で、駅で見かけた撮り鉄さん2名は乗車せず、撮影に徹するようです。

H2085933dsc.jpg H2085928dsc.jpg
このなんちゃって丸窓は、車内から見れば邪魔な装飾でしかありません。広告スペースはすべて7255編成引退のお知らせで、「製造から50年が経ち老朽化のため平成30年5月に引退します」とのこと。ちなみに私も製造から50年ですが、まだまだ働かせてもらう予定です。

H2085934dsc.jpg H2085931dsc.jpg
車内の内装が更新されてきれいですので、老朽化している実感はありませんでしたが、この狭い運転室と、薄緑色の内装パネルに昭和の電車を感じることができました。

それでは出発。スピードは出しませんので走行音は静か。ここでも製造から50年経った電車という感じはいたしません。次の大学前で学生さんが10名程乗車して、私の貸切運転状態は終わり。

H2085940dsc.jpg H2085942dsc.jpg
15:53、せっかくですので写真も撮っておこうと、上田の一つ手前の城下で下車します。2面2線の長閑な無人駅です。喫煙所があるのがありがたい。自動販売機で暖かいお茶でも買おうかと思いましたが、駅にトイレがないので止めておきます。

H2085948dsc.jpg H2085949dsc.jpg
20分弱待って上田行き6001編成のさなだどりーむ号が入線。

H2085951dsc.jpg H2085954dsc.jpg
そして上田からの折り返し7255編成が来ます。撮影した電車に乗車しますので、こんな写真しか撮れないのですが、一眼レフと望遠レンズを持ってくるべきだった。

H2085957dsc.jpg H2085960dsc.jpg
本日3回目の下之郷駅。1004編成まるまどりーむ号は奥に引っ込んでしまっています。

H2085962dsc.jpg
この電車も何とか撮れました。上田電鉄(交通)といえば、デハ3300形、5000(5200)系、7200系、1000系と4代に渡って東急中古車を受け入れてきたわけですが、この路線に見合った中型車は1000系で終わってしまいましたので、次はどうなるのでしょう。1000系は1988~1992年の製造ですので、今だいだい30才。あと20年は頑張ってもらいたい。

H2085966dsc.jpg H2085967dsc.jpg
別所温泉まで行っても、たいした写真は撮れないし、折り返し時間は4分しかないので、2つ手前の舞田で下車。ここでも望遠レンズを持ってくるんだったなぁと後悔。右の写真は大トリミングしてます。

H2085969dsc.jpg H2085975dsc.jpg
ここにも鉄道むすめさん。駅周囲を少し散策してみると上田側はいい写真が撮れそう。しかし1編成しか走ってないので乗ったら撮れないし、撮ったら乗れない。それとこの駅もトイレがないのですが、喫煙所はある。ありがたい。

H2085980dsc.jpg H2085982dsc.jpg
別所温泉から折り返してきた7255編成に乗車。

H2085983dsc.jpg H2085985dsc.jpg
再び車内は私以外誰もおらず貸し切り状態。

H2085990dsc.jpg
7255編成を充分楽しんで上田駅に到着です。

H2085995dsc.jpg
17:21発のあさま626号で帰ります。自由席は余裕で窓際に座れました。E7(W7)系は初めての乗車。新幹線の世代交代のスピードは速く、赤いラインのE2あさまがもう走っていないなんて信じられません。まずはトイレ。次にタブレットの充電(100Vで60Hzなんだ)。そしてビール。上田駅の売店で買った軽井沢ビールというのが、家で飲んでるのの3倍の値段なのですが、めちゃくちゃ旨かった。2本買っとけば良かった。安中榛名なんてマイナーな駅にも停車しつつ、大宮までは1時間5分とあっという間に到着。5180円も払っているので、もっと乗っていたい。後はむさしの号で座って帰宅です。

(乗車は2018年2月)

前の記事:上田電鉄7200系7255編成 下之郷出庫シーンの撮影
関連タグ:上田電鉄

上田電鉄7200系7255編成 下之郷出庫シーンの撮影

H2085876dsc.jpg H2085875dsc.jpg
15:21、下之郷に到着し、降りてみます。左は乗車してきた上田行き1001編成、右は交換する別所温泉行き6001編成。

H2085880dsc.jpg H2085881dsc.jpg
2本の電車が出発しますと、下之郷15:38始発の電車が出庫します。東側に1004編成、西側に1002編成、どっちもパンタグラフを上げています。どっちが来るんでしょう。

H2085883dsc.jpg
元東急7200系7255編成の写真も撮っておこうと、ホーム別所温泉側に行ってみますと、撮り鉄さんが2名います。そして7255編成は・・・、あーっ!こっちもパンタグラフを上げて、ヘッドライトまで点しているではないですか。こんなところに押し込められて、今日は動くことがなさそうと諦めていたのですが、予定通り出庫するみたいです。嬉しい‼

それにしても上り電車・下り電車ともこの駅を出発したばかりで、この駅にいる残り3編成も合わせて、合計5編成も同時にパンタグラフを上げて電気を消費して大丈夫なのでしょうか。別所温泉行きがちゃんと坂を登れるのか心配ですが、まぁ大丈夫なんでしょう。電気のことは全く勉強しなかった。

H2085889dsc.jpg H2085890dsc.jpg
まずは1004編成が動きます。一旦上田方に引き上げて、上田方面ホームに。

H2085892dsc.jpg H2085893dsc.jpg
そして7255編成が動きます。

H2085895dsc.jpg H2085899dsc.jpg
こちらも上田方面に一回引き上げて、

H2085903dsc.jpg
別所温泉方面ホームに入線するところを、ド順光でいただきです。

H2085904dsc.jpg H2085908dsc.jpg
7255編成が別所温泉方面ホームに入ると、すぐに1004編成が上田方面に引き上げ、

H2085910dsc.jpg
留置線に戻る1004編成もド順光でいただきです。東急1000系のこのカラーもなかなか似合ってます。

H2085911dsc.jpg H2085912dsc.jpg
苦しいですが新旧(なんちゃって)丸窓電車が並びます。

H2085917dsc.jpg
7255編成の出庫シーンは、思っていた以上にいい画が撮れました。もう一本のパンタグラフを上げていた1002編成はどう動いたかというと、車庫の中に入ってしまっています。それでは7255編成に乗車します。

(撮影は2018年2月)

前の記事:上田電鉄別所線乗車記
次の記事:上田電鉄7200系7255編成 お名残り乗車記
関連タグ:上田電鉄
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさん鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は3,700km以上あり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

名鉄 東海交通事業 上田電鉄 アルピコ交通 路面電車 長崎電気軌道 JR東日本 JR九州 島原鉄道 船旅 三井化学専用線 専用鉄道訪問 国鉄時代 松浦鉄道 地下鉄路線 貨物線・短絡線・渡り線 筑豊電気鉄道 西日本鉄道 観光列車 平成筑豊鉄道 喫煙車 新幹線 東武鉄道 会津鉄道 野岩鉄道 JR四国 阿佐海岸鉄道 バスの旅 土佐くろしお鉄道 温泉 伊予鉄道 琴電 吊り掛け電車 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 モノレール 京成電鉄 新京成 流鉄 夜行列車 JR東海 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 芝山鉄道 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 くま川鉄道 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 真岡鐵道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR