東武6050系快速乗車記2(下今市~会津田島)

G2281551dsc.jpg
浅草7:10発の乗車しました快速列車が下今市の2番線に9:03に到着します。ここで切り離し作業が行われ、後続の特急けごん1号と接続して、会津田島・新藤原行が9:11、東武日光行が9:15にそれぞれ出発します。この列車はここで単線の鬼怒川線上り列車と交換もします。隣のホームの4番線では6050系普通列車の連結作業も繰り広げられます。

G2281549dsc.jpg G2281559dsc.jpg
左が9:05着の東武日光発4連、右が9:09着の会津高原尾瀬口発の2連。どっちも前パン車が先頭です。格好いいなぁ、じっくり写真を撮ってみたい。この列車は新栃木行でして、前パン車は浅草には行かない運用に基本入るみたいです。霜取り用のパンタグラフですのでこの姿が見られるのは冬だけなのでしょうか。

G2281561dsc.jpg
6050系が2本並んで、そろそろ出発です。停車中には行先表示幕が回され、3段の表記で上段から東武日光・(新藤原)・会津田島だったのですが、東武日光がなくなり2段になります。途中「たびし」「林間学校」なんてレアなのも出てきます。下今市からは各駅停車になりますが、快速の表示はそのまま。

下今市まではモーターの音を聴こうと2両目のクモハ(正式にはモハ)に乗車していたのですが、ここからは先頭のクハに移ります。1歩車内に足を踏み入れてみて「おぉっ」と声をあげてしまうほどびっくりな事がありまして、それは床下から響くコンプレッサーの音。とても古いもののようで、ヒョコヒョコヒョコヒョコ・・・と、こんなんで複々線区間をノンストップで爆走していたのかと思うほど弱々しい音なのです。これは地方ローカル電鉄の電車でもなかなか聞けないような古い音。6050系のコンプレッサー含む電動機や台車等の主要機器は6000系からの流用なのですが、Wikipediaによるとこの流用されたコンプレッサーは、DH-25という形式の、なんと戦前に設計されたものらしい。クハに乗り換えて良かった。

青帯スペーシアのけごん1号が到着。こちら会津田島行に移ってくる乗客はなし。そして同時に出発します。右に急カーブして鬼怒川の支流の大谷川を渡ります。左車窓に男体山がドーンと見え、乗客のみなさん一斉にシャッターを切っています。1両目の乗客の半分は観光客だったのでした。川を渡りきったら大谷向(だいやむこうと読む)に停車、静かな車内に突如ヒョコヒョコと壊れかけたみたいなコンプレッサー音が響くのは風情があってちょっと感動もの。ドアはボタン式ではないので乗客の乗り降りが無くてもすべて開いてしまいます。

ちょっとトイレに行って用を足してきます。このトイレの臭いもなんか懐かしいなぁ。縦長のトイレ明かり取り窓の内側は縦桟が入り、少しは豪華な造りにしようという設計時の気持ちが伺えます。小さな手洗い台には鏡もついている。トイレ反対側は座席が無くちょうど車椅子を置けるスペースで、分別しない古いタイプの「くずもの入れ」があります。

車窓はというとローカル線らしい風景の中をのんびりと走ります。とにかく急カーブが多くて全然スピードが出せません。路面電車の専用軌道を走っているみたいです。新高徳ではスペーシアと交換しますが、急なポイントのカーブで車体をくねらせ、狭い島式ホームに入線する様子は、江の電に新幹線車両を入れたというか、小川に鯨が迷い混んだみたいです。日光線は全線複線であれだけ立派なのにどうしてこうなのか。国鉄と競合しない区間なので建設費をけちってこうなったのか。

実はこれ、帰ってからWikipedia見て知るのですが、鬼怒川線は、元々鬼怒川発電所建設のための762mm資材運搬用軌道を下野軌道が1917年に旅客営業を始めたもの。東武日光線が下今市まで延びてくるのは1929年で、鬼怒川線の方が歴史が古い。なるほど、そうだったのか。今夏から蒸気機関車が走るのにピッタリな路線かもしれません。ちなみに東武のローカル区間で見られます、クリーム色に塗った鉄製架線柱は鬼怒川線では見ませんでした。小佐越の先に信号所があり、複線になってちょっとスピードを上げて走り鬼怒川温泉に到着。

この駅は見覚えがあります。25年ぐらい前に鬼怒川線には乗車し、帰りはスペーシアだったのですがほとんど記憶になく、鬼怒川温泉まで行ったのか鬼怒川公園まで行ったのか思い出せないでいたのです。と、いうことでここからが初乗車する区間のようです。駅には会津田島から乗車する後続のAIZUマウントエクスプレスが停車しています。

G2281567dsc.jpg
営業してるのかしてないのか判らないような旅館があったりして、華やかな観光地には見えない風景の中を走って鬼怒川公園に到着。区間快速の浅草行と交換します。一部の特急がここを始発駅としていますが、そうは見えない寂しい駅。若い女性2人が降りて、スマホで記念写真を撮っているのがせめての救い。

鬼怒川線最後の1区間は左車窓がきれい、標高が高くなったのか足元に雪が残るようになります。最後も急カーブを徐行して右に留置線が見えたところで新藤原に到着。なかなかドラマチックな終わり方です。

G2281571dsc.jpg
新藤原では2分の停車。この間で後ろ2両を切り離しします。見に行きたいですがそんな余裕は無し。

G2281572dsc.jpg
ホームに置かれているのは連結器のカバーに見えますが、これを着けた車両は私の撮った写真では見つけられません。なんなんだろうこれは。

新藤原からは野岩鉄道会津鬼怒川線。1986年に第三セクター方式で開業させた新しい路線ですので、打って変わって軽快走りになります。もう最初の加速からして全然違うのです。早速トンネル。いくつか目のトンネルの途中で減速して、最初に停まる龍王峡駅は半分トンネルの中。

G2281573dsc.jpg
車掌さんが検札に来て切符にYG印が押されます。今回の使用した切符は「ゆったり会津東武フリーパス喜多方」というもので、事前に新宿の東武系旅行会社で買ったもの。ペラペラ紙に印刷された切符は久しぶり。船車券なんて書かれた切符は初めて見ます。

G2281574dsc.jpg
川治温泉では東武日光まで行くAIZUマウントエクスプレスと交換。それにしても立派な線路。

G2281576dsc.jpg
トンネルでない箇所は高いところから谷を見下ろす光景。川治湯本も高い所にある駅。また長いトンネルに入ります。

G2281577dsc.jpg
トンネルの中で停車、ここが湯西川温泉駅。出た所は鉄橋のようで、駅を作る場所が、トンネルの中か鉄橋の上のどちらかしかなくて前者を選んだようです。一人のおじさん鉄道ファンがここで下車して写真を撮りまくっています。こんな駅で降りて、次の電車はいつ来るのかという雰囲気ですが、27分後に会津若松行きが来る。

G2281578dsc.jpg
駅=トンネルを出ると、すぐ鉄橋なのですが、なんか眩しい。

G2281579dsc.jpg
川が氷結しています。一駅前では流れていたのに(4つ上の写真)。地図を見ればここは川ではなく五十里湖というダム湖、流れが遅いからか凍っているみたいです。

G2281582dsc.jpg
ほとんどトンネルなのですが、時々一瞬こういう風景が見れます。ここは川なので凍らずに流れています。しかし雪の量が増えてきました。

G2281583dsc.jpg
上三依温泉で新藤原行普通と交換。車内はガラガラ。

G2281584dsc.jpg
車内運転室壁の行先表示幕。括弧書きで(鬼怒川温泉・会津高原尾瀬口)とありますが、鬼怒川温泉はもう過ぎています。紛らわしいなぁと思うのですが、首都圏の客を対象に、日光または鬼怒川方面で乗る車両を間違えないように案内するのが目的ですので、これでいいのでしょう。30年も続いているのです。地元の人は間違えません。でも電車正面幕の括弧書きは(新藤原)でした。どうして統一しないんだろう。写真に写ってませんが左には製造プレートがあり、「昭和61年・富士重工」とありました。

G2281586dsc.jpg
男鹿高原手前の風景。男鹿高原駅は俗にいう秘境駅みたいで周りに何もありません。

G2281587dsc.jpg
長いトンネルを出ますと、福島県であります。

G2281589dsc.jpg G2281590dsc.jpg
会津高原尾瀬口に到着します。ここで野岩鉄道会津鬼怒川線は終わり、ここからは会津鉄道会津線。会社の境目の駅になりますが、電車は直通しますので、雰囲気は普通の中間駅と変わりません。しかし新藤原側にターンテーブルが残っています。これが私の発見できた唯一の国鉄会津線の終着駅だった名残。国鉄時代は会津滝ノ原駅でした。スノボ・スキー板を持ってた人はここで降ります。

G2281593dsc.jpg
路線が変われば、また走りも変わります。谷は広くなりトンネルは無し、この雰囲気は国鉄非電化路線だ。

G2281594dsc.jpg
谷が広くなり、雪も反射して車内は明るい。スピードは速くもなく遅くもなく、バネが優しく揺れます。そしてコンプレッサーの優しい音。いいなぁ、乗り鉄していて至福の時。

G2281596dsc.jpg
雪に埋もれた七ヶ岳登山口駅も完全に昔の国鉄駅だ。その後ジョイント音が、タタンタタンタタンタタン・・・と来た、これは10メートルレール?まだ残っていたのか。とにかくだ、この6050系の快速は、急カーブ浅草駅から隅田川を渡るところから始まって、伊勢崎線の複々線区間、国鉄に対抗して開業時から電化複線の日光線を爆走し、資材運搬用狭軌軌道からスタートした鬼怒川線をまったり走り、日本鉄道建設公団の建設した野岩鉄道を一気に突き抜け、最後は元国鉄非電化路線で終わるという、これだけバラエティーに富んだ路線を走り抜ける料金不要の列車は他にあるか。ちょっと考えてみても私には思いつきません。無くなってしまうのは残念です。

会津山村道場という可笑しな名前の新しい駅。どんな道場があるのかは知りませんが、建物の屋根の勾配がきつく、豪雪地帯に来たことを感じます。普通の靴を履いてきてしまったのですが、今日は会津若松でしか降りませんので大丈夫でしょう。

会津荒海はちょっとした集落にある駅。駅舎に特急リバティを歓迎する垂れ幕。嬉しいだろうなぁ。ここでは2両編成の浅草行と交換。区間快速なので浅草までは4時間かかる、頑張れよと声をかけたくなってきた。この先もうトンネルは無し、線路もほとんど直線、天気は快晴、雪の反射でいつものように車窓を眺めていたら日焼けしそう。

G2281599dsc.jpg
最後も立ってかぶりつき、右にカーブを切ると、ゴールが見えてきました。

G2281602dsc.jpg G2281607dsc.jpg
10:41に会津田島に到着です。浅草を出て3時間31分ですが、長いようで短かった。幕はもう普通新栃木に変わっています。浅草駅も会津田島も行き止まりホームでの発着が共通していますが、車止めホームに雪が溜まりまくっているのに長距離の移動を感じさせられます。

G2281618dsc.jpg
駅舎の勝手口には除雪道具がこんなにあって、スキー場のロッジみたい。

G2281611dsc.jpg G2281612dsc.jpg
この駅には会津鉄道の車両基地があり、面白い車両がずらりと並んでいます。左のAT-401もんぐちはキハ40の改造車、右のAT-351トロッコ車両なのですが最近の顔、ずいぶん新しい車両を改造しちゃったんだなぁと思っていましたが、トロッコ車両として2009年に新製された車両でした。

G2281615dsc.jpg
黄色のは引退したみたいな古い車両で車番不明、窓が大きいお座敷車で会津浪漫と書かれています。

G2281624dsc.jpg G2281620dsc.jpg
中の待合室は広くてきれい。駅舎建物内にどんな施設が入っていたか忘れてしまいましたが、正面中央入口横のベンチに灰皿が置いてあって、おじいさんが一服しています。私も一服。でも喫煙所は隅っこにあった方が落ち着くなぁ。

G2281622dsc.jpg
駅舎はこんなに大きくて立派。新しいので会津鉄道発足時ではなく最近建てられたみたいです。とにかく2両編成の快速列車の駅としては立派すぎ、早く特急リバティを走らせないと、もったいないお化けが出てきそうです。

(乗車は2016年2月)

次はAIZUマウントエクスプレスに乗車して会津若松へ向かいますが、しばらく更新はお休みします。
スポンサーサイト

東武6050系快速乗車記1(浅草~下今市)

昨年夏の四国の記事がまだ終わっていないのですが、一旦お休みして、今旬なこちらの車両の方を先に上げることにします。

G2281515dsc.jpg
2017年最初の乗り潰しは2月の末日、鬼怒川温泉から会津若松までの東武鬼怒川線、野岩鉄道、会津鉄道、JR只見線にまたがる95kmでスタートしました。今回は乗り潰しよりも、昨年秋に発表された新型特急リバティの登場により何かしら動きがあるのではないかと予想される6050系快速に、浅草から会津田島まで一度乗り通してみようというのが、一番の目的でもあります。

ご存じの通り4月21日のダイヤ改正で、快速は廃止、6050系も南栗橋以南は運転されなくなるのですが、この旅行をした日にその旨が正式発表される事となり、帰ってから(何となく予想はしていましたが)お名残乗車になってしまったことを知ります。

G2281518dsc.jpg
さて浅草駅5番線、今日は家を5時半に出まして、浅草発7:10の快速に乗車します。料金不要の快速・区間快速の運転がなくなってしまいますので、このホームの扱いは今後どうなるのでしょう。先ずは空いているうちに6050系をじっくり観察。

G2281524dsc.jpg
G2281521dsc.jpg
G2281520dsc.jpg
この列車の面白い点の一つで、6両編成の2両ユニット×3本すべて行き先が違う事。幕はこんな表示で、東武に縁の無い人には括弧書きがややこしくしているように思えなくもないのですが、これでいいのであります。前から、
「(鬼怒川温泉・会津高原尾瀬口)会津田島」行き
「(鬼怒川温泉)新藤原」行き
「東武日光」行き

G2281523dsd.jpg G2281525dsd.jpg
浅草駅先端部カーブによるホームと車体の隙間。この踏み板も特急と共通だからかサイズがあってません。踏み外せば大人もストンと落っこちる。

G2281526dsc.jpg G2281527dsc.jpg
さぁ車内、昔の急行列車の雰囲気を味わえますクロスシート。かぶりつき席もあります。ただこのかぶりつき席、眺望には優れず、運転室助手席側の窓台に運転手さんに鞄を置かれてしまうと、中腰にならないと線路は見えません。

G2281530dsd.jpg G2281532dsd.jpg
貫通路を通ってみます。運転室ドアの内側には、こんなステッカーが貼ってあり、「通路内での喫煙行為、仕切ドアの施錠行為、仕切ドアカーテンを下げる行為、次のような迷惑行為は罰せられます。」とあります。これはもう、この中にこもって鍵かけてカーテン閉めて煙草吸う人がたくさんいたんでしょう。

FC101041dsc.jpg
前から2両目の会津田島行きクモハに乗車します。クロスシートに座りますと、10代でよく乗った急行列車での旅行を思い出し、気分も盛り上がってきます。実際は国鉄急行形に比べ、背ずりのクッションが厚く、シートピッチも数センチ広いはずで、ちょっと豪華な急行形と言えます。

G2281539dsc.jpg G2281538dsc.jpg
折り畳み式のテーブルがなんか懐かしい。

G2281540dsc.jpg G2281541dsc.jpg
昭和テイストなフォントで彫られた注意書にあるように、この手の可動テーブルは、小さい子供がいじって大怪我をする恐れもありますので、消え行く運命にあるのではと思います。浅草駅ホーム付根の売店で買った朝食のサンドイッチをこれで食べて見ましたが、とても高いテーブルで使いにくい。クロスシートのテーブルってこんなだったんだ。

G2281545dsc.jpg G2281546dsc.jpg
それでは7:10の定刻で出発、3時間31分にも及びます旅のスタートです。浅草駅にちょこんと停まっているスペーシアは20分後の7:30発東武日光行き特急けごん1号、私の乗る快速は2時間後の下今市まで、この特急に先行して逃げ切ります。どんな走りを見せてくれるのか、楽しもうではありませんか。

とうきょうスカイツリーで数名が乗車し、この時点では半分のボックスに1人が座るぐらいの乗車率。6000系時代からの古いモーターの音は優しく、滑るように伊勢崎線を進みます。途中から朝日が差し込んできて眩しい、満員になって他人にロールカーテンを全部閉められるのを防ぐため、北千住に着く前に4分の3閉めておきます。

北千住ホームの快速乗車口は長い列、どっと乗車して4分の3の席が埋まります。出発しますと予想通り進行方向右側の窓のロールカーテンはどんどん閉められて、先にちょっと残して閉めておいてよかった。さぁ春日部までのノンストップ区間の始まり、ぐんぐんスピードを上げます、モーター音はここでも以外にも静か、乗客の皆さんもほとんどが通勤通学客ですので静か。ただ隣のボックスはゴルフバックを抱えた2人組で、一人は朝食の魚肉ソーセージをテーブルに広げて食べ始めます。快速が無くなって一番悲しむのはこの人でしょう。

朝のラッシュの時間帯ですので対向電車とバンバンすれ違います。東京メトロの03系ってこんなにあったのかというぐらい次々に来ます。同形式の地下鉄車両を一度にこんなに見るのは不思議な感じ、走っているのが地下ですので、普段は数本しか見れないからでしょうか。一方そろそろお名残乗車を長距離でやっておかなくてはと思ってます東急8500系を全然見ません。もう走ってないのか、せんげん台でやっと下り待避線で停車しているのを追い越しホッとします。

春日部に到着。曇ってきましたのでロールカーテンは全開にしてしまいます。ここで半分ぐらい降りるかと思いきやほとんど降りない。逆に乗客は増えます。みなさん快速を上手に乗りこなしてます。北春日部の基地は空ではなく、20000系数本の他に、6連の300系が2本並んで休んでます。詳しくは知りませんが、現在の300系の運用は、ホームライナー的運用でどちらか1本が平日夕方にちょろっと走るだけみたいです。

東武動物公園でもそんなに降りない、ここでもまた乗って乗客は増える。ここからは私にとって久しぶりに乗車します区間、クネクネとポイントを渡り日光線に入り、またスピードを出します。ここで東急8500系とやっとすれ違い。

ここからも快速運転の醍醐味で、JTB時刻表の索引地図上では市の代表として◎印駅の幸手を通過、次に30年前に開業した現在の運転上とても重要な駅の南栗橋を通過、以外にも2面4線のシンプルな駅で停車している電車は1本もありませんでした。そしてスピードを落として東北本線をオーバークロスし、JR接続駅の栗橋もさらっと通過。

とにかく南栗橋・栗橋を通過してしまうところが、東武快速50年の伝統というかなんというか、半蔵門線直通列車からの乗り換え客も、JRからの乗り換え客も関係なし。特急が1720系DRC車で快速が6000系の時代から、快速は特急の補完列車を務めてきたのだという、頑固なまでの主張が感じられて楽しい。しかしそれも4月のダイヤ改正で終わってしまうことになります。そして南栗橋の車両基地では元JRのSL列車用の12系客車がいるのが見え、新しい東武鉄道の歴史がスタートするのを実感いたします。また、栗橋ですれ違った6050系浅草行区間快速も、混んでいて立ち客も多い。

大カーブの築堤を駆け上がって利根川を渡り、次に渡良瀬川の堤防を右に見て進みます。堤防はとても高くて見上げるよう、斜面中ほどに道路があって車が走りにくそうに走っています。そして板倉東洋大前に到着、東京の西部に住んでいる者には聞きなれない駅名ですので、改名した駅だと思っていたのですが、帰って昔の駅名は何だったと調べてみれば1997年開業の駅でした。ここでは新栃木行き普通列車に接続。

両毛線沿線らしい平野部の田舎っぽい光景になってきまして新大平下、栃木、新栃木と3駅続けて停車。栃木では宇都宮線8000系4連と両毛線211系がお出迎え、新栃木では宇都宮発の特急しもつけとすれ違い。この350系も面白い電車で、国鉄特急のキノコ型クーラーの偽物を乗せているみたいなのが今も現役。先日曳舟に行く事があり、帰りにとうきょうスカイツリーから浅草までの1駅ですが乗車してみましたが、中はシートピッチが狭めの普通の特急電車です。新栃木を出ると車両基地が右に見えます。ここが凄くて、6050系、350系、宇都宮専用8000系とオール昭和の鋼製電車で占められているという素晴らしい光景。ここまで来ますと乗客は1ボックスに1人か2人と空いてきます。

爆走の快速運転は続きます。揺れも大きい。駅を通過するのを見ていますと、昔の急行電車に乗っているみたいです。この辺からすれ違うのは6050系ばっかり、霜取り前パン車も見ます。これがとてもかっこいい。たぶん開業時からあるのではと思われます細いクリーム色の鉄製架線柱が見えてくるようになります。新鹿沼ではゴルファーが降り、ますます空きます。いつの間にかスノーボードを持った若い人もちらほら乗ってきています。だんだん晴れて来まして、左側に男体山?がドーンと見えます。空の色が東京より青くなってきた、この先もっと青くなるんだろう。

浅草を出発して1時間53分、途中9駅に停車し9:03に下今市に到着します。浅草を20分後に出る特急が途中5駅の停車で所要時間が1時間40分ですので、よく頑張って逃げ切ったと、料金不要の6050系快速を労ってあげたい。

G2281551dsc.jpg
下今市では8分停車、後ろ4両の東武日光行きを切り離し、追いかけてくるスペーシアの特急けごん1号と接続をして、会津田島に向けて再出発します。

(乗車は2017年2月)

その2に続く

とさでん交通 後免線・桟橋線乗車記

F8229974dsc.jpg
伊野から乗車してます電車がはりまや橋の平面交差を通過します。ここからは後免線の乗り潰しです。すれ違うのは日野自動車615。桟橋方面には伊野線では見なかった正面3枚窓の電車がいました。

F8229976dsc.jpg F8229977dsc.jpg F8229978dsc.jpg
後免線に入っても引き続き対向電車の撮影してます。左から旧塗装624、旧塗装601、ANAの623。

F8229979dsc.jpg F8229980dsc.jpg
左からコカ・コーラ625、新塗装630。

F8229981dsc.jpg
知寄町三丁目を出ますと国分川を渡ります。伊野線がそうだったように橋を渡る時は専用軌道で、渡った先からは道路が狭くなります。

F8229982dsc.jpg F8229983dsc.jpg
右が四国電力グループの604、左が621。

F8229984dsc.jpg
伊野から乗車すること1時間2分、18:11にこの電車の終点文珠通に到着します。こんなに長い時間路面電車に乗車し続けたのは、初めてかもしれません。

F8229985dsc.jpg
左奥に一旦後免方に引き上げる私の乗車した608。右の617は鏡川橋行き。この600形は1960年前後に製造された今もとさでんの主力車両でして、私の最も好きな路面電車車両の一つ。正面2枚窓、大きな側面窓、各所に曲線を多用し、一見優雅に見えますが、彫りの深い顔立ちは社会主義国の機関車のようで厳つい感じもあり、正面両側に付いた大型のバックミラーは、おじいさんの長く伸びた白い眉毛みたいで茶目っ気もあり、人によってそれぞれ違った感じ方となるデザインの車両ではないかと思います。ちなみに私は厳つい電車に見えます。

F8229987dsc.jpg
朝倉行きとなって折り返す608。この608の2枚窓にデフロスターを外側に付けたみたいなのは何なんだろう。格好よくていいではありませんか。この608以外では見ませんでした。

F8229988dsc.jpg
「ごめん」サボを下げて後免町行きアンパンマン627が来ました。ちなみにアンパンマンは「ごめん」なんて言葉は使いません、確か「ごめんネ」と、優しい言葉を選んでいたはず。

前の方の座席に座ります。今度の電車627は気持ち吊り掛け音が大きいような気がします。そして今度の運転手さんはマスコン?ブレーキ?ハンドルを軽快にガチャガチャ回すので、その音も聞いていてとても気持ちいい。

F8229990dsc.jpg F8229994dsc.jpg
領石通でかぶりつき席が空きました。またカメラを出しまして前面風景を収めてみます。もうこの辺りは運転本数が少ないので、文珠通までと違って、なかなか対向電車とすれ違いません。右写真は長崎付近でやっと来た高知ケーブルテレビの612。長閑な風景になってきますが、線路は複線のまま続きます。

F8229996dsc.jpg
再び併用軌道になって後免の中心部に入ります。

F8229999dsc.jpg
終点後免町一つ手前の後免東町を出ますと左手に留置線が見えてきます。こういうのはワクワクする展開です。

F822A002dsc.jpg
最後の最後は単線になるようで信号停車、もう目の前の白い建物は後免町の停留所。

F822A003dsc.jpg
ここで交換するのは伊野線・後免線では珍しい3枚窓の801。広告ラッピングの主はJALですが、ずいぶん渋い電車を選んだなぁ。

さて、ここで予想していない事が起こります。ドアが開いて運転手さんから放送(内容は聞き取れなかった)があり、乗客のみなさんどんどん降りるではありませんか。このまま乗車していていいのか、降りなきゃいけないのか、わからない状態で私が最後の一人となってしまい、流れにつられて私も下車。

F822A004dsc.jpg
線路沿いの舗装された歩道を1列になって駅へ歩きます。ほんの70メートルぐらいですが、最後まで乗車したかったなぁ。

F822A005dsc.jpg
私が歩いて後免町に着く頃、遅れてやって来たアンパンマン627。

F822A007dsc.jpg F822A006dsc.jpg
後で写真を見返してみれば、降車口の前のドアが開いていますので、乗車し続けることも出来たのかもしれません。手前で下車させたのは、早く降りたい乗客のためのサービスだったのか。

F822A990dsc.jpg F822A991dsc.jpg
それにしてもアンパンマンはこんな顔してたっけ、頭はいびつだし、口は悪戯小僧みたい、こいつ怪しいぞ。よく見ればパン工場の仲間たちも何か企んでそうな顔をしています。

F822A008dsc.jpg
行き先表示を「ごめん」のままで去って行くアンパンマン。謝っている事だし、もう文句を言うのは止めよう。うろ覚えなのですが、回送列車として出発して行きました。

F822A011dsc.jpg
目の前は土佐くろしお鉄道阿佐線の後免町駅。明日の朝はここを通ります。

F822A013dsc.jpg
次の電車は新型車の101で来ました。写真で電車のすぐ横の歩道みたいな所で私は降りたのですが、停車せずそのままやって来ます。

F822A014dsc.jpg F822A015dsc.jpg
お客を乗せたまま、連接車体をこれでもかとねじ曲げて到着。これではりまや橋に帰ります。

F822A016dsc.jpg
中間車と言っていいのか、中間台車の上の連結部分のクロスシートに座って18:59に出発。往きに乗り残した70メートルも無事に乗車完了。座席は快適ですが台車の上だからかよく揺れます。今日も夕日でオレンジ色に染まった空を車内から眺めます。そしてやっぱり、伊予電鉄市内線でもそうでしたが、この手の新しい電車は暗くなってからは外がよく見えません。タブレットでニュース見ると、四国は今日も1日いい天気でしたが、首都圏は台風で大変だったようで、原宿駅の倒木で山手線は運休、西武多摩湖線は土砂崩れで脱線とのことでびっくりです。その後は少し寝てしまいます。夜は外がよく見えない新型車なのに1本見送らず乗車したのは、この電車は桟橋車庫前行きでして、はりまや橋の渡り線の一辺を走るから。昔ははりまや橋を名乗っていたデンテツターミナルビル前停留所で2分ほど停車して出発すれば、ぐいっと左に曲がってすぐに南北線上のはりまや橋停留所に着きます。19:36、ここで下車、すぐそばのホテルに向かいます。

(おまけの桟橋線記事)

せっかく1日乗車券を持ってますので、ホテルに荷物を置いて夕食に出かけるついでに桟橋通五丁目まで往復。やっぱり吊り掛け車はいいなぁ。夜中にガラガラの広い道路をかっ飛ばすのは実に痛快。

F822A022dsc.jpg F822A019dsc.jpg
桟橋通五丁目にて。一応桟橋線は20年前に乗車していまして、この停留所の事も記憶があります。写真では暗くて解りませんが、高い防波堤の横にちょこんと止まるのです。

F822A024dsc.jpg
乗車した591の車内。はりまや橋に戻り、観光客向けの食堂で、生ビールとカツオのたたきとくじらの唐揚げの付いたセットメニューの遅い夕食。値段は高かったですが美味しかった。

F8230025dsc.jpg F8230030dsc.jpg
四国旅行4日目の朝も早起きして、急いで朝食をとってはりまや橋へ、高知駅前までの区間もちゃんと乗っておきます。昨日は見なかった3枚窓700形の701、昭和50年代デザイン1000形の1002が見れました。

F8230034dsc.jpg
やって来た3枚窓の電車に乗ります。0.8kmの区間ですのですぐに着いてしまいますが、高知駅前の停留所は、昔は駅前広場の手前で右に曲がってJR線と平行に配置されていなかったっけ。今は直進で乗換がしやすくなっています。そういえば昔のJR高知駅は地上駅でしたので、この辺一帯大々的に再開発がされたみたいです。

F8230039dsc.jpg F8230037dsc.jpg
時刻は6:45、高知駅前に到着。帰って気付くのですが昨日夜に乗車した591です。そしてこの電車の塗装が赤いのは、広告主の関係ではなく名鉄の岐阜市内線や美濃町線で昔活躍していた電車だから。写真を見返してみれば、昔は3扉だった跡が残ってます。知っていたら、もっとよく観察していたのに、残念な事をしました。

(乗車は2016年8月)

前の記事:とさでん交通 伊野線乗車記
次の記事:奈半利へ向かいます。更新しばらくお休みします。
関連タグ:路面電車

とさでん交通 伊野線乗車記

F8229904dsc.jpg
アンパンマン特急を伊野で降り、次の乗り潰しはとさでん交通の伊野線。改札を出ると、ちょうど吊り掛け音を響かせてはりまや橋方面に電車が発車したところ。

F8229905dsc.jpg
しかし間に合ったとして、こちらのJR駅前にある伊野駅前停留所から乗るわけにはいかず。

F8229907dsc.jpg F8229908dsc.jpg
伊野駅前停留所から100か200メートルぐらい西に歩いたところにあります終点の伊野停留所から乗車しないと、乗り潰しにはなりません。写真の伊野停留所は、2線あるのですが、今は1線しか使用していないみたい。そして昔の車庫へ通じた線路も撤去されずに残っています。

F8229909dsc.jpg F8229912dsc.jpg
これが車庫へ通じた線路。併用軌道で勾配があるのでスイス登山鉄道みたいな雰囲気で、追跡してみると何だかとてもワクワクします。そんな線路は駐車場(ここが車庫跡?)でプッツリ切れます。

F8229921dsc.jpg
停留所に戻り、こちらは車止付近の写真。車止と最後の架線柱の間を通って入る店舗が、ピンクの外装にチカチカネオンでして、昭和の時代の如何わしいお店みたいで素敵であります。(念のため、今は普通のスナックのようです。)

F8229926dsc.jpg
とさでん名物の「いの」のサボを下げた電車がゴロゴロやって来ました。とさでんらしい2枚窓の旧塗装の旧型車です。

F8229930dsc.jpg
伊野停留所17:09発の文珠通行き電車、ここで乗る乗客は私の他は女性一人のみ。早速1日乗車券を購入してかぶりつき席に座っちゃいます。このかぶりつき席、座席が運転室に若干食い込んでる感じで、機器に手が届いちゃいそう。そして2枚窓なので前面展望はとても良い。運転席に置かれる輪っかみたいなのは、もちろんタブレット。それでは出発。

F8229932dsc.jpg
伊野駅前停留所を過ぎますと線路部分の舗装がなくなり一応専用軌道になります。右の道路と左の生活道路を結ぶ車が通れる道も沢山あるので、見かけ上は4分の1が併用軌道みたいです。

F8229936dsc.jpg
住宅が途切れたところで中山信号所、交換する628の運転手さんは若い女性で、笑顔でタブレットを交換。

F8229938dsc.jpg
宇治団地前を過ぎると両側から山が迫ってきて、これはちょっとした峠越え区間。吊り掛け音が豪快に響き、こりゃ最高です。路面電車でこういう区間は珍しいのでは。坂を上りきった所が土佐市と高知市の市境で、ここだけ駅間距離が0.9kmと伊野線の中ではずば抜けて長い。頭上にそびえるのは高速道路。

F8229940dsc.jpg
峠越え区間は立体交差もしやすいようで、次は土讃線が伊野線をオーバークロス。

F8229941dsc.jpg
県道386号線の北側をずっと走っていましたが、朝倉駅前停留所の手前で県道を斜めに横切り、脇道に入って行きます。

F8229943dsc.jpg
ここからがまたいい雰囲気でして、旧街道っぽい生活感ある細い道を進みます。写真は朝倉停留所で伊野行き602と交換します。ここ朝倉は朝夕は折返し電車の設定のある停留所で(安全地帯が線路の間にもある)、今までは22分に1本の運転でしたが、ここからは22分に2本運転になります。

F8229945dsc.jpg
神輿とか山車とか似合いそうなこの道は直線で1kmぐらい続き、小まめに停留所に停車して行きます。

F8229948dsc.jpg
スナックともこ前信号所(本当は市場前信号所)で朝倉行きのサボを下げた631と交換。

F8229954dsc.jpg
旧街道っぽい併用軌道が終わると広い道に飛び出ます。伊野からの県道386号線はここでは国道33号線に吸収されていて、交通量も3倍増えている。鏡川を渡る橋は独立していて、ここだけ専用軌道です。

F8229956dsc.jpg
鏡川橋停留所に着きます。ここからは複線、ラッシュ時は22分に5本の電車の走る過密区間になります。627アンパンマンラッピング車と交換。この電車には文珠通から乗車することになります。

F8229959dsc.jpg
石畳の上を走ります。けっこう揺れます。よく線路を見れば、線路両側の舗装がボロボロに欠けている箇所もあったりして、かなり傷んでいます。乗客はいつの間に増え、立ち客も一杯、観光客も乗っています。せっかくのかぶりつき席、どんどんやってくる対向電車の写真を撮っておきます。

F8229960dsc.jpg F8229961dsc.jpg F8229964dsc.jpg
右は新車101号、これにも後で乗車することになります。後で知るのですが、この手の新型車はとさでん交通には、まだこの1両しかない。中は618。右は611で後ろにも1両いるのですが、続行運転ではないみたい(Wikipediaによると、続行運転の場合、電車正面に黄色い円盤サボが付くらしい)。右側3両はとさでん交通になってからの新塗装、けっこう増えています。

F8229965dsc.jpg F8229966dsc.jpg F8229967dsc.jpg
左から622、626、609ほんわかアンパンマン。左2両の土佐電気鉄道時代からの塗装もまだまだ健在です。

F8229968dsc.jpg F8229969dsc.jpg
左から、616サイバラ電車?、新塗装614。こうして写真を並べてみると、伊野線を走るのは600形ばっかりなんだな。

F8229970dsc.jpg
周りに商業ビルが立ち並ぶ都会の景色になりまして、17:56、はりまや橋に到着です。東西線と南北線の平面交差にそれぞれをつなぐ4辺の渡り線は今も昔もとさでん、高知の市電を象徴する風景。この渡り線の運転形態というのも実に興味深く、複線になっているのは高知駅前方面~伊野方面のみで、他3線は単線なので右折出来ません。どう右折するかというと、直進→方向転換→左折、または左折→方向転換→直進と同じ系統でも2パターンあるとの事。この辺に興味ある方はrailway様のブログ、はりまや橋ダイヤモンドクロッシングの記事(2013年秋①2013年秋②2014年冬)をご覧あれ。

今回私はこの電車でこのまま後免線に進みます。

(乗車は2016年8月)

前の記事:土佐くろしお鉄道宿毛線乗車記
次の記事:とさでん交通 後免線・桟橋線乗車記
関連タグ:路面電車

土佐くろしお鉄道宿毛線乗車記

次の乗り潰し路線は、国鉄時代に工事が凍結されるも第3セクター方式でめでたく開業できた土佐くろしお鉄道の宿毛線。宿毛での長い待ち時間を活用して、中間駅の東宿毛から終点宿毛へ向けて1駅乗車し、終着駅に到着するというのをちょっと味わい、それから改めて起点の中村へ行って乗り潰しを完了させようと思います。

F8229862dsc.jpg
さて、この東宿毛駅、私にとって気になるのが、宿毛の町の中心部にありながら、どうして普通列車しか停まらない駅なのでしょう。私は宿毛市役所前というバス停から数分歩いてここまで来たのですが、この鉄道に出資している宿毛市の職員は鉄道に乗らないのでしょうか、高知県庁に打合せに行く時も車なのでしょうか。自治体の内情はよく解りませんが、東京都が大江戸線の中心ターミナルを都庁の真下に設けたり、千葉県が他に交通機関が沢山あるにも関わらず県庁までモノレールを強引に引っ張ってくるのをちょっと見習い、市役所近くの駅に特急ぐらいに停めてもいいんじゃないかと思うのですが、実際のところはどうなんでしょう。ちなみに宿毛線に乗り入れる特急は、1997年の開業時は6往復だったのが、現在1.5往復にまで減ってしまっています。

F8229867dsc.jpg
乗車します東宿毛13:57発の下り列車が元気よくトンネルから出てきます。

F8229869dsc.jpg
1両のワンマンカーですので後ろから乗車。宇和島駅で見送った海洋堂ホビートレインに乗車すれば、宿毛線起点の中村からこの列車に乗れたのですが、どっちが良かったんだろう。

F8229870dsc.jpg
新しい路線ですので高架線を3分走り、

F8229872dsc.jpg
行止り構造の終点宿毛に到着、東宿毛からの乗車で、終着駅に到着するのを味わうという目的は一応達成。

F8229878dsc.jpg F8229884dsc.jpg
この顔の軽快気動車も全国的に見れば数を減らしているはず。赤黄カラーの、今までの鉄道車両の既成概念にとらわれないブッ飛んだ塗装っぷりは、もう見事であります。

F8229888dsc.jpg
駅の外へ、明るく軽快なデザインの駅ですが、手前の方の建て替えられた箇所は、強烈な印象を残した10年前の事故の痕跡。中は地元で採れた農産品などを販売する一角もあります。

F8229889dsc.jpg
改札が開きホームに上がると、次の14:34発の中村行き普通列車は赤黄ぶっ飛び塗装の方。

F8229890dsc.jpg
土佐くろしお鉄道の普通車といえば、車体中央部が大窓になっていて、そこは転換クロスシートというのが特徴ですが、この車両はオールロングシート。一番前の席に座ります。乗客はどんどん増えてほとんどの座席が埋まり、立つ客もちらほら。愛南からのバスで一緒になったお遍路さん親子もいます。混んできましたのでカメラは控えることにします。

それでは出発。高架区間を一走りで先程の東宿毛駅。ここではキャップを被ったおじいさんが一人乗車。トンネルに入ります。長い長い、ひたすらトンネル。出たところが平田駅で、ここでお遍路さん親子は下車。息子の顔には少し疲れも感じられましたが、二人の後ろ姿はとても格好いい。「頑張れ!息子」と声をかけたくなります。次はちょっと走って工業団地という駅に到着。駅名の通り、工業団地の中にあります。ほとんどの窓が空いている工場はどんな会社なんだろう。ここも自治体が造成して企業を誘致して出来たものと思われますが、特急を停車させて利便性をアップさせようという考え・・・は無いというか、車が当たり前なんだろうなぁ。またトンネルで次の有岡は宿毛線中間駅で唯一の交換駅。その後は、眠ってはいないのですがあまりよく覚えていません。最後に四万十川を渡って中村の街に入ります。内陸部の鉄道路線は一般的に河川に沿って建設されますが、ここ四万十川に関しては全く当てはまらず、中村線予土線との位置関係は地図を見て、なるほどこうなっているんだといつも感じるところ。

F8229891dsc.jpg
30分の乗車、15:04に終点の中村に到着です。

F8229894dsc.jpg
6分の接続で15:10発の特急南風24号に乗り換え、ここから先の中村線は約20年前の鉄道旅行で乗車済みでして、どうして末端部の宿毛線に乗っていないかというと、その時は宿毛線は開業していなかったから。

F8229898dsc.jpg
中村を出てすぐ四万十川の支流を渡ります。この場所には20年前に中村での長い待ち時間あまりに暇なので来たことがあります。トラス橋なのでいい写真は撮れません。しかも撮ったのは単行普通列車1本のみ。

F8229900dsc.jpg
土佐白浜から土佐佐賀にかけての海岸沿いの景色といい、ループ線付近の深い森の景色といい、中村線の景色は予讃線西端部に負けないぐらい海山川3点揃って本当にダイナミック。

F8229903dsc.jpg
私の持つフリー切符は高知までですが、16:46、途中の伊野で下車。列車を見送ります。今回と前回の旅行ではJR四国の2000系特急に3回乗りましたが、3回ともアンパンマン特急に当たりました。

(乗車は2016年8月)

前の記事:宇和島バス(宇和島~宿毛)乗車記
次の記事:とさでん交通 伊野線乗車記
関連タグ:土佐くろしお鉄道
プロフィール

QJ7000

Author:QJ7000
おじさま鉄道ファンの日本の鉄道乗車記録。ふと日本の鉄道全線に乗ってみたいと思うようになりました。未乗区間は4,000km以上もあり、今の生活パターンではおそらく不可能な領域なのですが、路線や車両に愛情を込めながら、少しずつ記録に残しておこうと思います。古い記事順にご覧になりたい方は下の「月別アーカイブ」からどうぞ。
(2013年2月より海外編も始めました。)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
(古い記事順に表示されます)
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ

会津鉄道 野岩鉄道 東武鉄道 路面電車 土佐くろしお鉄道 バスの旅 JR四国 伊予鉄道 琴電 吊り掛け電車 ケーブルカー 猫登場 JR西日本 新幹線 阿武隈急行 福島交通 山形鉄道 JR東日本 観光列車 モノレール 新京成 京成電鉄 流鉄 夜行列車 JR東海 喫煙車 船旅 近鉄 伊勢鉄道 新交通システム 貨物線・短絡線・渡り線 江ノ電 ブルートレイン 北越急行 伊豆箱根鉄道 岳南電車 専用鉄道訪問 芝山鉄道 地下鉄路線 上信電鉄 近江鉄道 阪神電鉄 阪急電鉄 神戸電鉄 北条鉄道 駅そば 山陽電鉄 国鉄時代 水島臨海鉄道 西武鉄道 南海電鉄 北近畿タンゴ鉄道 のと鉄道 JR九州 くま川鉄道 名鉄 南阿蘇鉄道 熊本電鉄 西日本鉄道 JR北海道 京王電鉄 京浜急行 台湾の鉄道 東急電鉄 小田急電鉄 鹿島臨海鉄道 ひたちなか海浜鉄道 蒸気機関車 福井鉄道 えちぜん鉄道 遠州鉄道 

QRコード
QR